【実証】マウスピースはほうれい線に効果あり!おすすめ5選を紹介

ほうれい線 - update2019.01.11
しわやほうれい線を気にして鏡を見ている女性
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

「最近、ほうれい線やマリオネットラインが気になる」
「口の横がたるみはじめてほうれい線がくっきりと目立つ」
「片側の口元にだけほうれい線が目立って、顔が歪んで見える」

自分の顔にほうれい線やたるみ、マリオネットラインが現れはじめると、鏡を見るたびにため息が出て気持ちが沈みますよね。

何とかほうれい線を解消できないものかと悩み、化粧品を変えたり、表情筋を鍛えるエクササイズを試してみたり、サプリメントも試した方がいいかしら…と服用してみたり。

できる限りの手は尽くしたのに全然効果がない!という方も少なくないでしょう。

そんな中、ほうれい線に悩む女性たちのブログ記事や、ドラックストアで変わらない人気を保っているのが「マウスピース」です。

マウスピースは、口にくわえたり、口の中に入れたりする美容グッズ。

顔の筋肉を鍛えてほうれい線を引き上げる効果が期待できます。

本記事では、マウスピースでほうれい線をケアする方法を詳しく解説していきます。

実際にマウスピースでほうれい線を引き上げることができるのか、1週間試して検証した結果も紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

※マウスピースには、美容や医療の他、楽器や喫煙、通信機器などに使われるものがありますが、本記事では美容や歯科矯正用として使うマウスピースについて解説します。

マウスピースを使ったほうれい線対策

美容や矯正歯科のマウスピースは、口にくわえる、歯に装着することで口元の左右の筋肉を等しく鍛えて整える器具です。

マウスピースには、美容用として販売されているタイプと矯正歯科用に販売されているタイプがあります。

美容用のマウスピース

歯科矯正用のマウスピース

左右の表情筋をバランスよく鍛えてたるみを防ぐ

歯の噛み合わせを整える、歯ぎしり・食いしばりの矯正をする

スリムマウスピース

医療用と美容用のマウスピースの違いについて説明します。

美容用のマウスピースは、たるみやほうれい線への効果を高めるために、バネが入っていたり、口を大きく開いたりする形状をしているものです。

歯の矯正用マウスピースは、歯科医の診断によって患者の歯型に合わせて作成する、歯に直接装着するものです。

宮本
今では、歯並びの矯正だけでなく顔の歪みを整える美容用のマウスピースとしても販売されているんですよ。

美容用のマウスピースと矯正用のマウスピースの目的は異なりますが、どちらのマウスピースも歯の噛み合わせや食いしばりによる左右の顔の歪みを整える効果が期待できます。

ほうれい線をケアするマウスピースとは

ほうれい線をケアする美容用のマウスピースは、口周りの情筋を鍛えて頬のたるみを防ぐ効果が期待できます。

表情筋とは、顔の筋肉のことです。

顔には表情を作る筋肉が40種類以上もありますが、日常的に使うのは全体の30%程度と言われています。

身体の筋肉が運動不足により衰えていくように、表情筋は使わなければだんだんと衰えてたるみ、重力で引き下げられてほうれい線となってしまうのです。

また加齢によって肌のハリや弾力も失われていくため、頬の肉を支えきれなくなり、ほうれい線が現れやすくなっていきます。

顔の筋肉3種類

口周りに集まっている大頬骨筋、小頬骨筋、口輪筋などの表情筋をマウスピースで鍛えれば、左右均等にバランスよく負荷がかかり、顔の歪みを整える効果が期待できます。

宮本
美容用マウスピースを実際に試しましたが、強制的に口の周りの表情筋を使うので、たるみやほうれい線へのアプローチが期待できそうです。

ほうれい線の原因「たるみ」にアプローチ

艶のある若い肌と老化した肌

ほうれい線ができる主な原因は、表情筋の衰えによる頬のたるみです。

ほうれい線は、しわではなく頬と口元の筋肉との境界線のことで、表情筋の衰えや加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少で肌のハリや弾力が失われて、深く刻まれていきます。

ほうれい線ができる原因

  1. 表情筋の衰えによる頬のたるみ
  2. 真皮のコラーゲン・エラスチンの減少による肌のハリや弾力の低下

ほうれい線は、見る角度によっては薄く見えたり、濃く見えたりしますよね。

まだできて間もないほうれい線であれば、指で横や上に引っ張ったり、横になったりするとほうれい線が目立たなくなるのはしわではないからなのです。

マウスピースで表情筋を鍛えれば、以下の効果が期待できますよ。

左右の表情筋を等しく鍛えてバランスを整える
表情筋の衰えによりたるんだフェイスラインを引き上げる
ほうれい線が目立たない口角の上がった理想的な口元に整える

宮本
深く刻まれたほうれい線をケアするのは難しいので、早めにほうれい線対策をはじめるのがポイントですよ。

たるみを引き上げる表情筋トレーニング

頬に手を当ててリフトアップしている女性

マウスピースによるほうれい線ケアは、表情筋の衰えによる頬のたるみを引き上げるトレーニングです。

表情筋を鍛えるトレーニングは、身体の筋トレやエクササイズと同じ効果が期待できますよ。

表情筋トレーニングに期待できる効果

  • リンパや血液の流れが促進されて肌の代謝が上がる
  • 血行アップにより老廃物が流れやすくなるため、肌に酸素が行き渡る
  • 肌細胞が活性化するため、肌のハリや弾力が高まりたるみにくい肌になる

マウスピースは表情筋の衰えを予防してたるみをケアする美容器具ですが、たるみの原因となる真皮のコラーゲンやエラスチン不足にもアプローチができます。

表情筋を鍛えると肌の代謝がアップして肌細胞が活性化するので、コラーゲンやエラスチンの生成が促され肌のハリや弾力アップが期待できるのです。

宮本
30代の肌はエイジングによる肌の乾燥やうるおいが不足するので、表情筋を鍛えるアプローチと合わせて、肌のエイジングを防ぐスキンケアでほうれい線やたるみを予防するようにしましょう。

ほうれい線などエイジング対ができるスキンケアは、下記の記事で詳しく説明しています。

ほうれい線やたるみの状態を確認しながら、表情筋を鍛え、肌のハリと弾力を高めて若々しいフェイスラインを保ちましょう。

通販で買えるおすすめのマウスピース5選

ここからはほうれい線ケアにおすすめのマウスピースを紹介します。

ハリツヤ研究員が実際に試したマウスピースもあるので、購入時の参考にしてくださいね。

スリムマウスピース

スリムマウスピース

スリムマウスピース/ストロング、スーパーストロング、ウルトラストロング、レギュラー
918円(税込)/Amazon参考価格

スリムマウスピースの特徴

  • バネ入りのマウスピースが左右の表情筋をバランスよく整える
  • 口周りの表情筋に負荷をかけて、左右の表情筋を鍛えて引き上げる
  • 1日2~3分の強制エクササイズで口角の引き上がった理想的な口元へ

1日2~3分の表情筋トレーニングで左右の表情筋をバランスよく整える。

マウスピースに内蔵されたバネの力で強制的に表情筋が鍛えられ、たるみを解消してほうれい線の目立たない肌へ。

口角が上がったバランスのよい口元へ整えるため、矯正歯科でも取り扱っている商品です。

「スリムマウスピース」をハリツヤ研究員・宮本が1週間試しました。

「バネ入りのスリムマウスピースで1日2~3分のトレーニングを1週間続けました。

咬筋に軽い筋肉痛を感じて、表情筋が鍛えられているのがわかります。

レーニング後は口角が上げやすくなり、頬のたるみが持ち上がった気がしました。

宮本
1週間では、ほうれい線が解消されるまではいきませんでしたが、このまま続ければほうれい線が薄くなるのではと期待大です

フェイスストレッチ

フェイスストレッチ

830円(税込)/楽天参考価格

フェイスストレッチの特徴

  • 口にくわえて大きく呼吸するだけの表情筋エクササイズ
  • 頬の動きにマウスピースの凹凸が連動して表情筋を鍛える
  • 丸洗いできて衛生的なシリコンゴム製

口にくわえて吸って吐いてを繰り返し、表情筋を鍛えるマウスピース。

シリコンゴムの凹凸とペコポコという音が連動していて、音と目で確認しながらエクササイズが楽しめます。

TVを見ながら、お風呂に入りながら、たるみとほうれい線をケア。

ホウレイセン ストレッチャー

ホウレイセンストレッチャー

1,669円(税込)/楽天参考価格

ホウレイセンストレッチャーの特徴

  • 美容整形外科医が考案した美容理論に基づいたマウスピース
  • 1日5分、大小26個の突起がほうれい線を口の中からストレッチ
  • 立体形状で深く刻まれたほうれい線を口腔内から引き伸ばす

美容整形外科医Dr.福岡考案のほうれい線ケア。

口の中からほうれい線を押し上げて、たるみをピンと引き伸ばすマウスピース。

「20秒唇を閉じ40秒開ける」を1日5分繰り返す簡単ストレッチで若々しいフェイスラインへ。

プーペコ

プーペコ

2個セット 1,296円(税込)/Amazon参考価格

プーペコの特徴

  • 口にくわえて「吸って吐く」を繰り返すだけの簡単エクササイズ
  • 鍛えにくい頬の表情筋にアプローチしてスッキリとしたフェイスラインへ
  • 口輪筋を効率よく鍛えるベストなサイズ感

口にくわえて息を吸って吐くだけで頬の表情筋を鍛えるマウスピース。

適度なサイズ感で口輪筋を鍛えてたるみを引きしめ、ほうれい線を引き上げる効果が期待できます。

アロマスポット付きで好みの香りを楽しみながらのエクササイズもおすすめ。

※アロマは別売りです。

マウスピースのメリット・デメリット

〇×どちら

マウスピースは、口の中から強制的にたるみやほうれい線を押し上げて表情筋を鍛え、ハリのある肌へと整える効果が期待できます。

シリコンゴムややわらかい素材でできているため、口の中に入れても違和感がなく表情筋のトレーニングができるのがメリットです。

マウスピースのメリット

  • 口の中から強制的にたるみやほうれい線を押し上げ若々しい印象を保つ
  • やわらかい素材でできているため違和感なくトレーニングできる
  • 美容用マウスピースは比較的リーズナブルな価格で購入できる

マウスピースは、口の中に入れるものなので清潔に保つ必要があります。マウスピース使用後は、水洗いして乾燥させて、いつも清潔な状態で使えるように手入れをしましょう。

正しくない使用方法やたるみの原因によってほうれい線を悪化させてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

マウスピースのデメリット

  • 口の中に入れるので、使用後は洗って乾燥させ常に清潔な保つ状態を保つ
  • 矯正用マウスピースは保険が適用されない場合が多く、費用がかかる
  • 正しくない使用はたるみを悪化させる、ほうれい線を深くする可能性がある(4-1へ
  • たるみの原因によってはマウスピースの効果が感じられない場合がある(4-2へ

デメリットについては、それぞれ詳しく説明していきますね。

マウスピースでほうれい線が深くなる?

ほうれい線が気になっている女性

美容用のマウスピースには、表情筋を強制的に動かしたり負荷をかけたりして鍛えるタイプがあります。

早くほうれい線を引き上げたいからといって、必要以上に表情筋を鍛えるのはおすすめできません。

急に表情筋を鍛えると、顎に負担がかかりすぎて顎がガクガクとする顎関節症を引き起こしたり、表情筋に負荷をかけすぎると左右のバランスの整わないフェイスラインになってしまったりというデメリットがあります。

また、30代の肌は真皮のコラーゲンやエラスチン不足によって肌の乾燥も進んでいる状態。

表情筋の衰えが原因のほうれい線でない場合は、肌が乾燥しているうえ、肌のハリや弾力も不足しているので、肌トラブルの原因にもなりかねないのです。

逆に、しわやたるみ、ほうれい線が深くなってしまう可能性もあります。

肌が乾燥しているな、ハリや弾力が足りないな…と思ったら、スキンケアで保湿をしっかりと行って肌の状態を整えてからマウスピースを使うようにしましょう。

宮本
マウスピースを使う時は、肌の状態を確認してから使用方法を正しく守って、肌トラブルを引き起こさないよう気をつけてくださいね。

マウスピースを使う時に気をつけること

チェックの文字を指差している

マウスピースを使用する時は、使用上の注意を守って正しい使い方を心がけましょう。

パッケージ裏や別紙の使用方法をチェックして、使用時間や使用上の注意点などをチェックしてから使用してくださいね。

マウスピースの形状や使い方の好みには個人差がありますが、自己判断による使い方や使いすぎには注意しましょう。

逆にほうれい線を濃くしてしまう可能性がありますよ。

口の中に入れるものなので、衛生面にも気を付けてカビや臭いが発生しないように手入れを怠らないようにしてください。

マウスピースを使用する時に気をつけること

使用方法を守り正しい使い方をする
衛生面に気を配り、手入れを怠らないようにする
宮本
マウスピースの使用上の注意や手入れ方法を守って気持ちよく表情筋を鍛えましょう。

番外編!矯正歯科用マウスピースによる対策

医者に相談している画像

歯の矯正用のマウスピースは、歯に透明なマウスピースを装着して、歯並びや食いしばりの治療用として使われています。

矯正歯科や口腔外科で診断を受けて歯型を取り、一人ひとりの歯型に合わせたオーダーメイドのマウスピースによって歯の噛み合わせ矯正を行う治療法です。

噛み合わせが整うと、顎や口周りの表情筋の疲労も緩和されるため、表情筋の緊張が緩んで口角が上げやすくなり、ほうれい線のリフトアップ効果も期待できます。

また、食いしばりや顎関節症の治療が必要な方は、左右のどちらかの歯で噛むくせがある方が多く、片方の表情筋が発達して顔に歪みが生じやすくなります。

表情筋のバランスが悪いと、ほうれい線の現れ方も左右のどちらかが深く濃くなってしまうのです。

マウスピースの装着は、顔の歪みを整えて左右のバランスがとれた表情筋に整えてくれる効果もきたいできます。

歯の矯正の場合は保険が適用されないため実費となる場合がほとんどです。

しかし、食いしばりや顎関節症の治療は保険が適用されるので、8,000円~1万円程度でオーダーメイドのマウスピースが作れます。

宮本
歯ぎしり・歯の食いしばりが気になる方は、一度矯正歯科に相談してみてはいかがでしょうか。

市販のオリジナルマウスピースで対策

歯ぎしりや歯の食いしばりが原因のほうれい線には、歯に直接装着するタイプのマウスピースがおすすめです。

歯に装着するマウスピースは、矯正歯科や口腔外科の診療を受けてオーダーメイドで作成する方法と、市販のマウスピースを購入し自分の歯型に合わせて形成する方法があります。

歯に装着するタイプのマウスピース

矯正歯科・口腔外科の診療によるオーダーメイド
市販のマウスピースを購入して自分でオリジナル形成する

市販のマウスピースの中から、オリジナル成形ができるマウスピースを紹介します。

小顔ジェンヌ

小顔ジェンヌ
2,000円(税込)/Amazon参考価格

小顔ジェンヌの特徴

  • 寝る前に装着して表情筋の緊張をゆるめるマウスピース
  • 歯ぎしりを緩和してたるみやほうれい線をリフトアップ
  • 自分の歯型に合わせてフィットするオリジナル成形型

小顔ジェンヌは、フェイスラインやたるみが気になる方におすすめのマウスピースです。

シリコン素材でできているので、就寝時の歯ぎしりや食いしばりを軽減してくれる効果にも期待できます。

使い方は簡単で、沸騰したお湯にマウスピースを入れてやわらかく戻し、水である程度冷やしてから歯に装着するだけで、自分の歯型に合わせて成形できますよ。

マウスピースが歯にぴったりとフィットして透明で目立たないので、就寝時だけでなく昼間の使用も可能で歯の食いしばりによるほうれい線を防ぎます。

歯科矯正に通う前にマウスピースを試したい、できるだけリーズナブルな方法で歯ぎしりを改善したいという方におすすめです。

「なーんだ、高額な矯正歯科に行かなくても買えるのか」と思った方も少なくないと思いますが、市販されているマウスピースは、歯ぎしり、食いしばりを緩和する効果は期待できますが、歯の矯正はできません。

歯ぎしり・食いしばりの対策用として、顔の歪みを整えフェイスラインを引き上げる美容効果を目的として使うようにしてくださいね。

まとめ

マウスピースには、美容用と矯正用がありますが、どちらも顔の歪みを整えてたるみを引き上げ、ほうれい線を目立たなくする効果が期待できます。

美容用のマウスピース

  • 表情筋の衰えによるたるみやほうれい線が気になる方向き
  • 表情筋を鍛えてたるみやほうれい線にアプローチする
  • 口腔内に入れて、強制的にほうれい線を押し上げたり引き上げたりして使用する
  • リーズナブルな価格で購入でき求めやすい
歯科矯正用のマウスピース

  • 歯並びや噛み合わせ、歯ぎしり・食いしばりによるほうれい線に悩む方向き
  • 歯の矯正や歯ぎしり治療の医療用と美容目的に使われる美容用タイプがある
  • 直接歯に装着して、顔の歪みを整える。表情筋を鍛える効果はあまりない
  • 歯の矯正用は矯正歯科の診断が必要で高額な場合が多い

気になるたるみ・ほうれい線にどのタイプのマウスピースが合うのか、自分の肌と相談しながら選んでくださいね。

この記事をシェアする

おすすめ記事