寝ながら集中ケア!ほうれい線に貼る2種類のシートパックを検証

ほうれい線 - update2019.02.08
寝ながら集中ケア!ほうれい線に貼る2種類のシートパックを検証
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

顔にうっすらと現れたほうれい線、気になりますよね。

子育てや仕事で忙しくても充実した毎日を過ごしているはずなのに、加齢のサインが現れたら…このまま一気に老け込んでしまうのではと不安になってしまうことでしょう。

インスタやfacebookなどのSNSで美容情報を得ている方も少なくないと思います。

SNSの美容情報の中には、ほうれい線に貼るだけの「シートパック」もあり、貼るだけなら試してみてもいいかな、もっと詳しく知りたいと興味を持ってしまいますよね。

シートパックは貼るだけでたるみやほうれい線にアプローチするほうれい線ケアです。

「自分のスキンケアにかける時間なんてない」という方でも、夜寝る前や家事をしながらほうれい線に貼るだけなので、時間がなくても大丈夫ですよ。

本記事では、貼るだけでほうれい線ケアができるおすすめのシートパックや、シートッパックにどんな効果が期待できるのかを詳しく解説していきます。

実際に、ほうれい線に貼るシートパックを4週間試した効果の検証も紹介しています。

ぜひ、最後まで読んでほうれい線の悩みを解消してくださいね。

ほうれい線に貼るシートパックが効く?

下のイラストを見てください。

同じイラストでもほうれい線があるとないとでは、見た目の印象が全く違いますよね。

ほうれい線はシワのように見えますが、実は頬のたるみと口元の境界線にできる溝のことなのです。

年代によるシワの変化

ほうれい線が深く刻まれる前であれば、頬のたるみを手で持ち上げたり、横になったりするとほうれい線は自然と消えてなくなります。

つまり、頬のたるみを引き上げれば、ほうれい線のない若々しいフェイスラインを保つことができるのです。

ほうれい線の原因は、顔の筋肉「表情筋」や表皮や真皮で構成される「肌(皮膚)」と関係があります。

表情筋」は、一つひとつが細かい筋肉で40種類以上もあり、それぞれの動きを組み合わせて笑ったり怒ったりといった表情を作っています。

普段の生活では全ての表情筋を使うわけではないので、使わない表情筋は衰えてたるみの原因となるのです。

表皮や真皮から構成される肌(皮膚)は、加齢によって肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが減少します。

ハリや弾力のなくなった肌は、頬の肉を支えきれなくなってたるみ、重力によって引き下げられていくのです。

ほうれい線ができる主な原因

  • 表情筋のおとろえによる頬のたるみ
  • 真皮のコラーゲンやエラスチンの減少による肌のハリや弾力不足

では、シートパックによるほうれい線ケアがたるみやほうれい線にどうアプローチしていくのか、詳しく見ていきましょう。

ほうれい線の原因たるみにアプローチ

たるみは、表情筋の衰えや加齢による真皮のコラーゲンやエラスチンの減少によって、肌のエイジングが進んで現れます。

ハリや弾力が失われてたるんだ肌は重力に負けて下がり、ほうれい線となって刻まれていくのです。

シートパックは、真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を促進する美容成分を角層の奥まで届けます。

肌のハリと弾力を高めることで、ほうれい線の目立たない肌へと改善する効果が期待できますよ。

上のイラストのように、表情筋は皮下脂肪や真皮・表皮を支える働きをしています。

身体の筋肉と同じで表情筋を使わなければ筋力が落ち、重力に引っ張られてたるんでしまうのです。

シートパックでは、残念ながら表情筋の衰えは防げないのですが、肌に美容成分を届けて角層の奥まで浸透させハリと弾力を高めることはできます。

表情筋の衰えを防ぐアプローチと合わせながら、肌のハリと弾力を保って、たるみに負けない肌へと整えてあげましょうね。

肌のハリと弾力を高める美容成分が配合

実験

頬のたるみやほうれい線には、肌の乾燥を防いで保水力を高める保湿成分や、真皮のコラーゲンやエラスチンの減少を防いで肌のハリと弾力を高める美容成分が効果的です。

肌の乾燥を防ぎ保水力を高める保湿成分
セラミド
ヒアルロン酸
コラーゲン
アミノ酸
肌のハリや弾力を高める美容成分
レチノール
ビタミンC誘導体

シートパックには、肌の保水力を高めるセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、肌のハリや弾力を高める効果のあるレチノールやビタミンC誘導体が豊富に含まれているものが多いので、寝ている間にじわじわと角層の奥まで美容成分を浸透させて、肌のハリや弾力を高めてくれますよ。

ほうれい線に貼る2つのシートパックを検証

ほうれい線に貼るシートパックは、肌に接するシートの形状から2つのタイプに分けられます。

シートパックには、ほうれい線に直接貼るタイプだけでなく顔全体を覆うマスクタイプのパックもありますが、ほうれい線のように表情筋の動きが大きい部分を集中してケアするなら、ほうれい線に密着する貼るシートパックがおすすめです。

それぞれの貼るシートパックの特徴を見ていきましょう。

ほうれい線をケアするシートパック

ヒアルロン酸針シート・・・マイクロニードルという針状のヒアルロン酸針を採用
ほうれい線密着シート・・・美容成分に合わせて肌に密着させるシールタイプ

2つのシートパック

ヒアルロン酸針(マイクロニードル)シート

ヒアルロン酸針(マイクロニードル)シート

ヒアルロン酸針シートは、ヒアルロン酸でつくられた溶ける針を何百本も敷き詰めたシートパックです。

就寝前にほうれい線や気になる部分に貼って寝るだけで、寝ている間(5時間程度)に美容成分を含んだヒアルロン酸針がゆっくりと溶けて、シートの範囲内まで広がって肌にうるおいを与えます。

マイクロニードルというヒアルロン酸でつくられた溶ける針が、美容成分を角層の奥までダイレクトに届けて浸透させ、肌のハリや弾力を高める効果が期待できます。

マイクロニードルは、医療現場で使用されている技術を美容に応用した技術で、2016年11月放送の「ホンマ!?でっかTV」で女医の森智恵子先生が「最新医療」として紹介したことで注目を集めました。

今では「刺すヒアルロン酸」として美容雑誌や各メディアで取り上げられる人気商品で、さまざまなメーカーから化粧品として商品化されています。

製造元である「北の快適工房」の広報開発担当者田辺さんにインタビューして、マイクロニードルの美容効果や使用方法、気になる痛みについて詳しく教えてもらいました。

宮本
ヒアルロン酸の針ってなんですか!?
痛そうなイメージがありますが…詳しく教えてください。
田辺
ヒアルロン酸の針は「ヒアルロン酸」から作られている溶ける針なんです。
針のような形をしているので「針」と呼んでいますが、1mmよりも小さいミクロ単位の細い突起で筋肉や神経を傷つけたりはしないですよ。
宮本
傷がつかない?
痛みはない…ということでしょうか。
田辺
チクッとした痛みはありますが、マジックテープを手で触ったような感触です。
すぐに気にならなくなりますよ。
宮本
その程度の痛みなら我慢できそう。
使用感やほうれい線の引き上げ効果はどうですか?
田辺
ヒアルロン酸は高い保水力があるのはわかっていても、分子が大きいので角層の奥まで浸透させるのが難しかったんですね。
それが、マイクロニードルの技術で角層の奥まで浸透させることが可能になったんです。

寝る前に貼るのは、じっくりと美容成分を肌にとじ込めるため。
約5時間かけてゆっくりと肌に届けるイメージです!

宮本
そうなんですね。
ぜひ、試してみたいです!
田辺
一度使ってみてください(^ ^
肌にうるおいが出てハリと弾力が高まります。
寝る前に貼るだけなので、使用方法も簡単ですよ。

田辺さんによると、ヒアルロン酸針付きシートは必ずスキンケアで肌を整えてから使用するのがポイントです。

特に肌が敏感な方は、化粧水や乳液・美容液でたっぷりと保湿した後に使用するようにしてくださいね。

美容成分配合のほうれい線密着シート

ほうれい線密着シート

密着シートパックは、ほうれい線やたるみにアプローチする美容成分が配合されたシートタイプのパックです。

ほうれい線や気になる部分に貼って、美容成分を角質層まで浸透させ、肌のハリや弾力を高める効果が期待できます。

配合されている美容成分や使い方はシートパックによって違いますが、寝ている間の集中ケアと10分程度の短時間集中ケアがあります。

保湿力が高く美容成分がたっぷりと含まれているので、肌の乾燥を防ぎ保水力を高めてくれますよ。

選び方のポイントとしては、下記の美容成分が入っているものがおすすめです。

肌の乾燥を防ぎ保水力を高める保湿成分…セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸

肌のハリや弾力を高める美容成分…レチノール・ビタミンC誘導体

シートパックによっては、気になる部分を引き上げてシートを密着させ、美容成分を補いながらリフトアップ効果も期待できシートパックもあります。

重力は寝ている間も止められないので、寝ている間にほうれい線を引き上げることができるのは嬉しいですよね。

特に、横向きに寝ている方は仰向けに寝る方と比べてほうれい線が現れやすい傾向があります。

個人差はありますが、横向きの方がたるみやすくなり、左右どちらかを向いて寝るくせがある方では、左右のほうれい線の現れ方も違ってくるのです。

理想は仰向きですが、寝ている時は意識的に向きを正すなんて難しいですよね。

リフトアップ効果のある密着シートはたるみを引き上げながら寝ることができるので、寝る姿勢や向きを気にせずに、たるみやほうれい線を予防できますよ。

【検証】2種類のシートを4週間使用した結果

実際にほうれい線にシートバックが効くのか気になりますよね。

本記事では、ヒアルロン酸シートパックと密着シートパックを4週間使用した実験を行い、効果を検証してみました。

ヒアルロン酸針シート4週間体験

ヒアルロン酸針の検証に使用したシートは、下記の商品です。

ヒアロディープバッチ写真

ヒアロディープパッチ
約1ヶ月分(2枚入り×4袋)
お試し定期コース 3,980円(税抜)

ヒアルロン酸の溶ける針が、寝ている間に美容成分を角層の奥まで届けて浸透させます。

貼って寝るだけの簡単ケアで、たるみやほうれい線にアプローチしてハリと弾力のある肌へと整える効果が期待できます。

「ヒアロディープパッチ」をハリツヤ研究員の佐藤が4週間試してみました。

実験者プロフィール

  • 30代に入ったばかり
  • 混合肌
  • ほうれい線は目立たないが、少し気になり始めている。

ハリツヤ研究員の佐藤 レビュー

ヒアロディープバッチの評価
使用感(普通)
ほうれい線の引き上げ効果(よくなかった)
肌のハリや弾力のアップ(ややよかった)
佐藤の感想

佐藤
ヒアルロン酸の針が肌になじんで消えていく感じがわかりました。
肌にハリとツヤが出て元気になったので、ヒアルロン酸の効果はあったと思います。
残念だったのは、ほうれい線の引き上げ効果が感じられず、シートがはがれやすかったこと。
粘着力が強過ぎると肌にはよくないのでしょうが、朝取れていると残念な気持ちになりました。
宮本
佐藤の感想からは、ほうれい線が引き上がったとは言い切れない結果がうかがえます。写真を見てもあまり変化は見られませんでした。
ただ、肌にハリやツヤが出たと感じていることからヒアルロン酸の効果はあったといえるでしょう。

ほうれい線密着シート4週間体験

ほうれい線密着シートの検証に使用したのは、下記の密着シートです。

Ravis 口もとパックシート

Ravis口もとパックシート
5セット(10枚入り)
486円(税込)

保湿水溶性成分ヒアルロン酸などの美容成分と3つの保湿オイルを配合したシートパック。肌にやさしい剥がれにくいシートが肌へ密着し、美容成分を角層の奥まで浸透させます。

Ravis 口もとパックシートをハリツヤ研究員のおおくまが4週間試してみました。

実験者プロフィール

  • 30代に入ったばかり
  • 乾燥肌、敏感肌
  • 頬の肉が多く、ほうれい線が気になっている

ハリツヤ研究員のおおくま レビュー

Ravis 口もとパックシートの評価
使用感(普通)
ほうれい線の引き上げ効果(よくなかった)
肌のハリや弾力のアップ(ややよかった)
おおくまの感想

おおくま
ほうれい線の引き上げ効果はあまり感じられませんでした。
頬に寝痕がつきやすいのですが、シートパックを貼っていた分いつもより少なかったかなという印象です。
スキンケアをした後に貼ると書いてありましたが、クリームの油分で剥がれやすかったり、シート上部の痕が残ったりと使用感は今一つ。肌荒れはしなかったのですが、ムズムズとした痒みがあったのも気になりました。
ただ、小鼻の脇の赤みが減っていたので美白効果はあったかなと感じています。
宮本
毎日使用できるタイプの密着シートですが、ほうれい線の引き上げ効果は感じられなかったようです。写真で比較してもあまり変化は見られませんでした。
敏感肌のおおくまは、スキンケアにクリームを使用しているため、シートがはがれやすかったようです。使用しているスキンケアとの相性によっては剥がれやすいといえますね。
シートパックを貼った箇所に痒みがあったようなので、敏感肌の方は必ずパッチテストをしてから使うようにしてください。

ほうれい線におすすめのヒアルロン酸針シート

ここからは、ほうれい線ケアにおすすめの2種類のシートパックを紹介します。

ハリツヤ研究員が実際に試した商品も紹介していますので、シートパック購入時の参考にしてくださいね。

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープバッチ写真

約1ヶ月分(2枚入り×4袋)
お試し定期コース 3,980円(税抜)

ヒアロディープパッチの特徴

  • 保水力の高いヒアルロン酸の針が角層の奥まで浸透し美容成分を届ける
  • 寝ている間にほうれい線やたるみの気になる肌にアプローチ
  • コラーゲン、レチノール、プラセンタなどの美容成分配合でハリと弾力のある肌へ導く

ヒアルロン酸の溶ける針が1シートに750本も敷き詰められ、寝ている間にゆっくりと美容成分を角層の奥まで届けて浸透させるシートパック。

貼って寝るだけの簡単ケアで、たるみやほうれい線の気にならないハリと弾力のある理想的な肌へと整えます。

宮本
実験でも使用したシートは、寝ている間にヒアルロ酸が肌にぐんぐん入っていくヒアルロン酸ニードルのパックです。ヒアロディープパッチは貼った瞬間はチクッとしますが、痛くはないですよ。使用後の肌がふっくらとうるおい、保湿効果が感じられます。

スパトリートメント HAS iマイクロパッチ

スパトリートメント

2枚×4セット/8枚入り
8,000円(税抜)→シャンディ価格3,900円(税抜)

スパトリートメント HAS iマイクロパッチの特徴

  • ヒアルロン酸針つきのポイント用シートパックが美容成分を角層の奥まで届ける
  • ヒト美容成分のヒト由来幹細胞HAS(※)配合でハリと弾力のある肌へと導く
  • 貼るだけの簡単ケアで、たるみやほうれい線の気になる肌にうるおいを与える

ヒアルロン酸と最新テクノロジーによるヒト由来幹細胞HASを配合したシートパック。

キノコやパン酵母の細胞壁に含まれる天然の保湿成分βグルカンが、ヒト由来幹細胞HAS(※)とヒアルロン酸を肌に留まらせて、ほうれい線が気になる肌にハリと弾力を与えます。

幹細胞とは、いろいろな細胞になることができる細胞。ヒト由来は人間の脂肪由来幹細胞の培養液から抽出した成長因子で構成され、豊富なタンパク質が含まれる。細胞分裂を働きかける成長因子が細胞にアプローチして、肌のハリと弾力を高める。

宮本
韓国コスメなどでおなじみのヒト由来幹細胞をヒアルロン酸針に配合。
ほうれい線が気になる肌へコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分を届け、肌細胞を活性化してくれる贅沢なパックです。
価格はお高めですが、翌朝の肌のハリ感が楽しみになりますよ。

針なし!おすすめほうれい線密着シート

ここからは、ヒアルロン酸針がついていない密着タイプのシートパックを紹介しますね。

密着シートには、夜寝る前に貼るタイプ短時間でクイックケアができるタイプに分けられます。

寝ている間にケアする密着シート

ヒアルロン酸針シートと同じ、寝る前に貼ってほうれい線へじっくりと美容成分を届けるシートパックです。

やわらかく肌にやさしい素材で刺激の少ないシートが多いので、ヒアルロン酸針の刺激が気になる方におすすめですよ。

Ravis 口もとパックシート

Ravis 口もとパックシート02

5セット(10枚入り)
486円(税込)

口元パックシートの特徴

  • 3つのビタミンとヒアルロン酸配合で、たるみやすい肌のハリと弾力を高めるパック
  • 頬の乾燥を防いでうるおいを与え、たるみとほうれい線にアプローチ
  • 寝ている間に美容成分を角層の奥まで浸透させて、生き生きとした肌へ整える

3つの美容成分コエンザイムQ10、パルミチン酸レチノール(ビタミンA)、酢酸トコフェノール(ビタミンE)と保湿水溶性成分ヒアルロン酸を配合したシートパック。

剥がれにくい素材で肌にやさしく、肌トラブルを防ぎながら、ほうれい線の気になる肌にうるおいを与えます。

宮本
肌にやさしい素材でピタッと密着。翌朝まで剥がれません。
リーズナブルなのに美容成分がたっぷり配合されているのが嬉しい。
劇的な変化は期待できないかもしれませんが、ほうれい線予防としては◎。
疲れがたまっている時や、スぺシャルケア的に使ってもいいですね。

タイムズリターン

タイムズリターン

6枚入り
648円(税込)

タイムズリターンの特徴

  • 肌にハリと弾力を与えるレチノール、ビタミンCなどの美容成分配合
  • 伸縮性のあるシートがほうれい線を伸ばした状態で寝ながら集中ケア
  • オイルシートが美容成分をとじ込め、角層の奥までうるおいを届ける

ほうれい線が気になる肌を引き上げて寝ている間に集中ケア。

オイルシートが密着して、レチノール、ビタミンC、ビタミンE、フラーレン、コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分をとじ込め角層の奥まで働きかけ、ほうれい線の目立たない肌へと導きます。

宮本
指で持ち上げるようにシートが伸びる伸縮性の高いシートパック。
三日月型で貼りやすく、面白いほどほうれい線がピンと引き上がります。
あまり引っ張りすぎるとはがれやすいのでご用心を。
オイルシートなので肌に跡がつきにくく、ほうれい線がふっくらとうるおいます。

短時間クイックケアのほうれい線シート

ここからは、ほうれい線に短時間だけ貼るクイックケアタイプのシートパックを紹介します。

「女子会があるのに夜のほうれい線ケアを忘れてしまった」
「大事なプレゼンの前なのに顔が疲れて見える」

など、すぐにメイクのりを良くしたいという時のクイックケアとして使えるほうれい線シートです。

クリアターン 肌ふっくら 目もと口もと集中ケア

クリアターン 肌ふっくら 目もと口もと集中ケア

32回分(64枚入り)
オープン価格/amazon価格854円(税込)

クリアターン 肌ふっくら 目もと口もと集中ケアの特徴

  • うるおいをとじ込めた極細カプセルが角層に浸透し、ほうれい線の目立たない肌へ
  • レチノール誘導体配合がコラーゲン・エラスチンの生成を促進し、たるみを予防
  • 肌にやさしいコットン100%のふかふかシートが美容成分をとじ込める

気になる目元、口元をケアするシートタイプの特濃美容液マスク。

真皮のコラーゲン・エラスチンの生成を促進するレチノール誘導体や肌のハリと弾力を高めるコエンザイムQ10などの美容成分がほうれい線にアプローチします。

夜寝る前、朝のメイク前におすすめです。

宮本
ほうれい線が気になる部分をクイックケアするシートパック。
10分程度で肌が潤うので乾燥が気になる時やメイク前の短時間でOK。
じっくりと保湿力を高めるパックではないので、一時的なうるおい補給としてのほうれい線ケアがおすすめです。

マジックフェイシャル

マジックフェイシャル

14枚×2箱
1週間トライアル1,980円(税込)

マジックフェイシャルの特徴

  • 特許取得のシワ・たるみに密着して引き伸ばす超極細ナノシートを採用
  • メイクの上から使用できる透明な極薄シートで24時間ほうれい線ケアができる
  • 専用美容液との相乗効果で、美容成分を肌に閉じ込めて長時間うるおいをキープ

人口皮膚にも使用されるナノファイバーシートがたるみを引き上げ、24時間ほうれい線をケア。

肉眼ではわからないほど透過性に優れたシートが肌に密着するので、メイクの上から貼っても目立ちません。

美容成分は入っていないので、美容液と合わせた使用がおすすめです。

宮本
肌になじんで目立たないナノファイバーのシートパック。
ほうれい線を伸ばして貼れるので、一日中ほうれい線の目立たない肌になれます。
メイクの上から使用できて自然でナチュラル。違和感がありません。
速効性はあり!ですが、一時的に使うシートパックという印象です。

ナノファイバーシート

手の平で試してみました!

白くよれて見える部分の下にシートを貼っています。
(わかりやすくするためシートを少し剥がした状態で撮影)

部分的ですが、シワが張った状態になりました。

シートパックの効果的な使い方と注意点

シートパックは貼るだけでたるみやほうれい線にアプローチする簡単ケアですが、効果を高めるためには正しい手順で使うことが大切です。

  1. クレンジングでしっかりとメイクを落とす
  2. 化粧水、乳液、美容液などで肌を整え保湿する
  3. シートパックを肌にのせて密着させる

シートパックをする時は、必ずメイクを落として肌を整えてから使いましょう。

肌を清潔にしてからシートパックを使うことで、美容成分が角層の奥まで浸透しやすくなって、たるみやほうれい線の引き上げ効果が高まりますよ。

宮本
シートパックはとくに肌が清潔で、身体が温まっているお風呂上りがおすすめです。
スキンケアで肌を整えてから貼るようにしてくださいね。

使用方法を正しく守る

指をさす女性

シートパックを使う時は、必ず使用方法を正しく守って使いましょう。

ほうれい線に貼るタイプのシートパックは、美容成分を角層の奥まで浸透させる目的は同じですが、寝ている間の集中ケアするタイプと短時間集中ケアするタイプがあります。

寝ている間の集中ケアシートパック
  1. 肌を化粧水や美容液で整えた後に貼る
  2. 美容成分を角層まで浸透させるため、そのまま就寝
  3. 朝起きたらシートを外す
  4. 朝のスキンケアをする
短時間集中ケアのシートパック
  1. 肌を化粧水や美容液で整えた後に貼る
  2. 使用方法に定められた時間(10~15分程度)を守る
  3. シートを外す
  4. 美容クリーム等で美容成分をとじ込める

寝ている間の集中ケアシートパックは、朝に目が覚めたら外すだけです。

その後は普段どおりのスキンケアでお手入れしてくださいね。

短時間集中ケアのシートパックは、美容成分を長く留まらせたいので、シートを外した後は乳液やクリームなど油分の多いスキンケアで美容成分をとじ込めてあげてくださいね。

使用頻度は週1~2回がベスト

カレンダーにしるしをつけているところ

シートパックの使用上の注意を見ると、毎日使えるものと毎日使えないものがあります。

ほうれい線を早く消したいあまり、毎日使いたいと思うかもしれませんが、貼るシートパックの使用頻度は週1~2回がベストです。

肌質によっては、肌トラブルやダメージの原因となる場合があります。

水分の与えすぎで肌のバリア機能が乱れる

シートパックには、ヒアルロン酸、セラミドなど肌の保水力を高める成分がたっぷり含まれています。

肌に水分を与えすぎると肌細胞の水分バランスが乱れて肌のバリア機能が衰えてしまう可能性があるのです。

お風呂で指がふやけた状態が続くのも、水分バランスが乱れた状態なんですよ。

美容成分の与えすぎによる肌トラブル

シートパックに含まれている美容成分は、肌のハリや弾力を高めてくれますが、与えすぎもよくありません。

毎日肌に高カロリーなごちそうを与えているような状態となってしまい、ニキビなどの肌トラブルの原因になりかねないのです。

シートパックとの接触による肌ダメージ

貼るタイプのシートパックは密着力を高めるため、粘着力が強く、肌に刺激を与えてしまう場合があります。

毎日の使用は避け、肌を休ませてあげましょう。

とくに敏感肌の方はパッチテストをして肌に赤みや痛みがでないか確認してから使用するようにしてくださいね。

敏感肌の方はパッチテストを

パッチテスト

シートパックは肌に直接貼るものなので、敏感肌やアレルギーの心配がある方は必ずパッチテストをしてから使用するようにしてください。

他のパック等で赤みやかゆみが出た方、絆創膏などの刺激に弱い方はとくに気をつけるようにしてくださいね。

パッチテストの方法

  1. お風呂上りに二の腕などの目立たない部分に貼る
  2. 実際の使用方法、使用時間に合わせてシートパックを使用する
  3. シートを外した後、24時間様子を見て赤みやかゆみが出ないことを確認する

もし、シートパックの使用で赤みやかぶれが生じた時は、すぐに使用を中止してよく洗い流して様子を見てください。

赤みが消えない、炎症が治まらない場合は、念のため皮膚科を受診するようにしましょう。

まとめ

ほうれい線に効くシートパックを紹介しました。

シートパックには、2つのタイプと2つの使用方法があります。

2つのシートパック

  • 貼る針で美容成分を肌に届けてほうれい線をケアする「ヒアルロン酸針シートパック」
  • 美容成分を含ませたシートを肌に密着させて美容成分を届ける「密着シートパック」
2つの使用方法

  • 寝る前に貼って就寝中に美容成分を角層まで浸透させる「寝ている間の集中シートパック」
  • 短時間で肌にうるおいを届けるクイックタイプの「短時間集中シートパック」

また、肌トラブルを防ぐためにもシートパックの使用は毎日ではなく、週2~3回の使用を目安にしてくださいね。

ご自身のライフスタイルやシーンによってシートパックを使い分け、ほうれい線を予防しながら若々しいハリ肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

おすすめ記事