オバジC10セラム
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

製薬会社がつくった化粧品ブランド「オバジシリーズ」は、毛穴やニキビ跡・シミといった肌の悩み、美白に効果があると注目の商品です。

オバジシリーズの中でも、「オバジCセラム」や「オバジ酵素洗顔パウダー」といった「オバジCシリーズ」が、毛穴ケアにも効果があると、ネットで話題になっています。

本記事では、オバジCシリーズに含まれる成分や刺激の強さ、使用時の注意事項と共に、どの商品がどのような毛穴の悩みに効果があるのかをお伝えします。

オバジの中でも毛穴ケアに効果的なオバジCシリーズ

美容液と花

目薬や胃腸薬で有名なロート製薬が長年の歳月を経て技術を重ねて作りあげたブランド「オバジシリーズ」は、健康的な美肌を考え、外側からでなく、内側に着目したアプローチで様々な商品を展開しています。

●基礎スキンケア

アクティブベースシリーズ

アクティブサージプラチナイズドシリーズ

●スペシャルスキンケア

オバジC酵素洗顔(毛穴ケア)

オバジCシリーズ(ブライトニングケア)

ピーリングV10シリーズ(角質ケア)

ダーマパワーXシリーズ(エイジングスペシャルケア)

オバジHQ(集中ブライトニングケア)

●ベースメイク

オバジCベースメイクシリーズ(美容液ベースメイク)

●インナーアプローチ

ダーマパワーXインナーリフトドリンク(美容飲料)

オバジシリーズの中でも毛穴ケアに効果があると話題にあがっているのが、オバジCシリーズの「オバジCセラム」と「オバジC酵素洗顔パウダー」です。

「オバジCセラム」は、毛穴のザラザラを改善したり、肌のターンオーバーを整えたりするビタミンCに、皮脂の酸化によって起こる角栓の黒ずみを防ぐビタミンEを高濃度に配合した美容液で、C5セラム、C10セラム、C20セラムの3種類があります。

また、「オバジC酵素洗顔パウダー」は、毛穴の角栓の原因となるタンパク質と過剰な皮脂を強い洗浄力で分解する酵素と、肌表面の皮脂量とターンオーバーを整える性質のあるビタミンCから作られた酵素洗顔です。

オバジCシリーズが毛穴ケアに効果的な理由

皮脂の過剰分泌を抑え、肌のターンオーバーを整えるのに効果的な高濃度のビタミンCが配合されているオバジCシリーズは、C5セラム、C10セラム、C20セラムの3種類あり、含まれるビタミンCの濃度が異なります。

毛穴の悩みは大きく分けると開き毛穴・たるみ毛穴・詰まり毛穴の3つがあります。

毛穴の悩みが起こる原因や、効果的なケア方法も異なるため、より自分の毛穴の悩みに効果のあるオバジCシリーズを選ぶようにしましょう。

理由① 高濃度のビタミンC配合

オバジCシリーズに含まれている高濃度のビタミンCは、毛穴に働きかけてくれる3つの大きな役割があります。

①皮脂の過剰分泌を抑える

ビタミンCは詰まり毛穴や開き毛穴を引き起こす原因の、皮脂の過剰分泌を整えてくれる作用があります。

②肌にうるおいとハリ・ツヤを与える

加齢で肌が重力に逆らえず、下に引っ張られてしまうことが原因で起こるたるみ毛穴に効果的なコラーゲンの生成も、ビタミンCが促してくれるのです。

③肌のターンオーバーを整える

詰まり毛穴の原因の角栓も、ターンオーバーの乱れから古い角質が肌に留まり、皮脂と混ざり合ってうまれています。

ビタミンCによって肌のターンオーバーが促進されると、古い角質も自然と剥がれ落ち、詰まり毛穴を目立たなくしてくれるのです。

理由② ビタミンEの働きで肌に高浸透

炭酸イメージ

オバジCシリーズに含まれるビタミンCは、「ハイパーブライトニングC処方」と呼ばれる角層の奥深くまで浸透するオバジ独自の処方が施されているのですが、更に浸透率(※角層まで)を高めるために、皮脂に溶けやすいビタミンEも配合されています。

また、ビタミンEには毛穴の黒ずみの原因となる皮脂の酸化を防ぎ、肌のターンオーバーを促してくれる効果があるため、ビタミンCと一緒に使用することで、お互いの持っている力を相乗効果で高め合ってくれるのです。

理由③ ビタミンCと酵素パウダーの融合

肌のターンオーバーを整える整肌保湿成分のビタミンCに酵素を配合させた「ビタミンC酵素洗顔パウダー」も、毛穴の黒ずみや角栓に効果があります。

毛穴汚れの原因となる古い角質や過剰な皮脂が、酵素の持つタンパク質分解酵素と皮脂分解酵素の力で分解され、肌のザラザラが消えて肌が柔らかくなっていくのです。

毛穴の悩み別:オバジCシリーズを検証!

実際にオバジCシリーズのオバジCセラムとオバジC酵素洗顔パウダーを使い、3つの毛穴の悩み(詰まり毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴)にはどのような効果があるのか、試してみました。

オバジCセラムシリーズを試してみた

オバジC5セラム、C10セラム、C20セラムのオバジCセラムシリーズの中から、今回はビタミンC10%配合のオバジC10セラムを使用しました。

不快なベタつきはありませんが、しっとりとしたテクスチャーで、3~4滴でも十分に顔全体に広がり、じんわりと肌になじんでいく感覚でした。

香りはビタミンドリンクのような香りもあり、やや独特ですが、使用後は肌がもっちりとしてやわらかくなりました。

また、オバジC10セラムを1ヶ月間使用した肌の変化を肌チェッカーで確認しました。

1ヶ月前の毛穴の開きと比べて、オバジC10セラムを1ヶ月間使用した後の毛穴の開きは小さくなり、数値が小さくなっています。

オバジC10セラムは、1ヶ月以上の継続した使用で開いた毛穴を整え、目立たなく見せられることがわかりました。

オバジC5セラム、C10セラム、C20セラムの違い

オバジC5セラム、C10セラム、C20セラムの違いは、配合されているビタミンCの濃度によります。

オバジCシリーズの中で、最もビタミンC濃度が低いオバジC5セラムは、肌のザラつきやキメが気になる方や初めてオバジシリーズを試す方におすすめです。

オバジC10セラムとC20セラムは、ビタミンCの濃度が異なるのみで、基本的な成分はほぼ同じです。

C10セラムは、肌の刺激性が気になるけれど、C5セラムよりも毛穴の悩みに深くアプローチさせたい方におすすめです。

肌のターンオーバーや、皮脂量のバランスを整えるビタミンCの効果をより発揮させたい場合は20%の高濃度に配合されているC20セラムを選ぶようにしましょう。

【結果】たるみ・開き毛穴にはオバジC10、C20セラムを!

たるみ毛穴は、肌の乾燥や活性酸素が増えることによって起こり、開き毛穴は、皮脂の過剰分泌が原因で起こります。

オバジC10セラム、C20セラムに配合されている高濃度のビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑え、老化現象を引き起こす原因の活性酸素を抑える抗酸化作用があるため、たるみ毛穴や開き毛穴の原因に、ピンポイントで効果を発揮してくれるのです。

オバジC酵素洗顔パウダーを試してみた

オバジC酵素洗顔パウダーも試してみました。

粉末状の洗顔のため泡立てにくいので、泡ネットの使用をおすすめします。

ネットを使用して泡立てると、ふんわりもっちりとした泡になります。

洗顔してすすいだ後は、肌全体がスッキリサッパリした感覚でしたが、酵素による洗浄力の強さからか、水分を拭き取るとややつっぱる感じが気になりました。

オバジC酵素洗顔パウダーを使用後の写真を見てみると、小鼻回りの細かい黒ずみの数が減り、鼻全体がワントーン明るくなりました。

また、肌チェッカーによる皮脂量も、オバジC酵素洗顔パウダーを使用したあとは数値が減少しています。

オバジC酵素洗顔パウダーに含まれる、古い角質と過剰な皮脂を分解する酵素の力と、肌表面の皮脂量バランスを整えてくれるビタミンCの効果が早速あらわれていることが確認できました。

【結果】詰まり毛穴には酵素パワーで毛穴の汚れを除去

酵素には、毛穴の角栓の元となる古い角質と皮脂の分解と、毛穴の汚れやザラつきを取り除く効果があります。

角栓の元となるタンパク質と皮脂を酵素パワーで溶かして洗い流し、ビタミンCで過剰な皮脂を抑えてくれるので、詰まり毛穴にはオバジC酵素洗顔パウダーがおすすめです。

オバジCシリーズを使用する際の注意点

たるみ毛穴、開き毛穴、詰まり毛穴に効果のあるオバジCシリーズは、高濃度で含まれているビタミンCが持つ刺激性の強さがポイントとなっています。

ビタミンCは皮脂の分泌を抑え、毛穴の引き締め効果もありますが、強酸性の性質のため、肌につけると刺激を強く感じる場合があり、使用する前には注意が必要です。

①敏感肌・乾燥肌の人は刺激に注意

オバジCシリーズには強酸性のビタミンCが高濃度で含まれているため、化粧品による敏感肌・乾燥肌で痛みや赤みが出やすい方は、オバジCシリーズの使用前にパッチテストを行いましょう。

乾燥肌の方は、ビタミンCの皮脂を抑える性質により、更に乾燥が進行してしまう可能があり、特に敏感肌の方はビタミンCの強酸性の性質で肌にヒリヒリとした刺激を感じる場合がありますので、ご注意ください。

パッチテストの方法

腕の内側や肌の目立たない場所にオバジCを付けて、30分後と24時間経過後に肌に赤みや痛みが出ていないかを確認します。

パッチテストを行い、少しでも肌に刺激や不快を感じた際は使用することを避けましょう。

②紫外線を吸収すると色素沈着の原因に

オバジCシリーズに含まれているビタミンCは、陽の光にあたると紫外線を吸収しやすい性質があるため、ビタミンCと紫外線が反応し色素沈着やシミの原因に繋がってしまう可能性があります。

季節によって強さは異なりますが、紫外線は1年中降り注いでいるため、オバジCシリーズを使用する際は、外出する予定のある朝の使用は控え、夜のみ使用してくださいね。

化粧水と乳液でたっぷり保湿

頬に手を当てる女性

オバジCシリーズのオバジCセラムは、ビタミンCにビタミンEを配合した美容液です。

アーティチョーク葉エキスという保湿成分が含まれていて、使用した時のテクスチャーはしっとりしていますが、スキンケア用品の中では「美容液」の分類です。

オバジCセラム塗布前にはたっぷりと化粧水を、塗布後には乳液や保湿クリームで保湿ケアを忘れないようにしましょう。

また、オバジC酵素洗顔パウダーも、ビタミンCの力で、洗顔後に肌がつっぱるほどの乾燥を感じてしまう人もいます。

オバジC酵素洗顔パウダーを使用した洗顔の後は、化粧水や乳液・保湿クリームを丁寧に肌になじませ、洗顔による乾燥から肌を守ってあげましょう。