オイリー肌におすすめの乳液6選|選び方から使い方まで徹底解説

脂性肌 - update2019.02.20
ミルク背景をバックに女性が頬に手をあてている
中山侑花プロフィール

大人ニキビの悩みに特化した美容家

名嘉山 侑花

オイリー肌は皮脂の分泌が多く、肌の油分が十分にあるから乳液を使った保湿は必要ないと考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、オイリー肌でも乳液で肌を保湿しないと、皮脂の分泌が過剰になってしまったり、肌が乾燥して混合肌になってしまったり、ニキビなどの肌荒れができやすくなったりと、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になりかねないので、乳液での保湿が必要です。

しかし、どうしてもべたつきやテカリが気になって乳液を使うのが苦手…というオイリー肌の方もいるかと思います。

そこで本記事では、オイリー肌でもべたつきにくく、高い保湿効果が期待できる乳液を10種類集め、何種類かの検証を通して、本当にオイリー肌におすすめしたい乳液はどれか、価格別にTOP3を決定しました。

また、オイリー肌の方が乳液を使う際に気を付けたいポイントもあわせてご紹介しているので、乳液に悩んでいるオイリー肌の方はぜひ参考にしてみてください。

オイリー肌に乳液が必要な3つの理由

三本の指をたてる女性

オイリー肌は油分の多い肌質で、肌の潤いは守られているように感じられますが、なぜ乳液を使った保湿が必要不可欠なのでしょうか。

ここでは、オイリー肌に乳液が必要な理由を3つお伝えしていきます。

油分で肌の潤いを守る

両頬に手を添える女性

オイリー肌は皮脂の分泌が多く、油分の多い肌質ですが、乳液を使うタイミングは肌の油分を洗顔で落とした後になるので、肌の潤いを守るだけの油分が不足している状態です。

肌の油分が不足していると、肌に化粧水を与えても蒸発してしまって潤いを保つことができないので、皮脂分泌の多いオイリー肌の洗顔後には、皮脂が分泌されるまでの間に肌の水分を保ち続けてくれる油分の補給が必要不可欠なのです。

乳液は化粧水の後に使う保湿剤の中でも油分の配合量は少なく、配合された油分もべたつきにくい性質を持っているものが多いため、オイリー肌の一時的な油分補給には乳液が最適の保湿剤であるといえるのです。

肌を柔らかくし美容成分を行きわたらせる

スキンケアをする女性

肌は水分と油分のバランスを調整することによって潤いが守られ、きめ細かく柔らかな肌を保つことができるのですが、オイリー肌は肌の水分と油分のバランスが崩れてしまっているため、キメが乱れたり、肌が固くなったりしている可能性があります。

乳液は肌の調子を整える水分と油分が適度に配合されているため、崩れてしまった水分と油分のバランスを整え、肌を柔らかくする機能を持っています。

肌が柔らかくなると、保湿成分だけでなく、シミ対策の美白成分なども肌に行きわたりやすくなるため、乳液を使って肌を柔らかくすることは、オイリー肌にとって大切な役割を果たすのです。

外部の刺激から肌を守る

保湿 肌 バリア イラスト

乳液は水分と油分が適度に配合された保湿剤なので、肌を覆って保護する膜のような働きをして、肌への摩擦や細菌、紫外線などの外部ダメージから肌を守ってくれる効果が期待できます。

オイリー肌にとって、肌に刺激を与えることは皮脂の分泌を促進してしまう可能性がある行為なので、肌を刺激から守れる乳液は重要な役割を果たします。

また、皮脂は紫外線や空気と結びついて肌に害を与える成分に変化する可能性があり、皮脂ではなく乳液によって肌に膜を作ることで肌荒れを防ぐ効果があるので、オイリー肌でも忘れず乳液で肌を保護するようにしましょう。

オイリー肌におすすめの乳液の選び方

オイリー肌は皮脂の分泌が多く、乳液を使った際のべたつきや肌のテカリが気になってしまうという方も多いかと思います。

そこで本記事では、オイリー肌でもべたつきやテカリが気になりにくい乳液を選ぶためのポイントをご紹介していきます。

保湿成分が含まれている

うるおい・水・保湿のイメージ

オイリー肌は皮脂の分泌が多く、肌に潤いが感じられますが、実際は肌の乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されるようになっている可能性もあるため、乾燥を防ぐ保湿成分が含まれた乳液を選びましょう。

オイリー肌におすすめの保湿成分には、以下のようなものがあげられます。

オイリー肌におすすめの保湿成分

・セラミド ・スフィンゴ脂質 ・リピジュア ・アミノ酸 ・レシチン
・低分子ヒアルロン酸 ・低分子コラーゲン など

オイリー肌でも、肌の乾燥は皮脂の過剰分泌や、肌トラブルの原因となってしまう可能性があるため、上記の保湿成分が含まれている乳液を選ぶことをおすすめします。

皮脂抑制成分が含まれている

ポイント

オイリー肌は皮脂の分泌が多い肌質なので、皮脂を抑制してくれる成分の含まれた乳液を使うこともおすすめです。

乳液には、皮脂を抑えてくれる、以下のような成分が含まれているものがあります。

オイリー肌におすすめの皮脂抑制成分

・ピリドキシンHCl(ビタミンB6) ・ライスパワーNo.6 ・ビタミンC誘導体 ・ローズマリー葉エキス ・チョウジエキス ・オウレン根エキス など

皮脂の分泌を抑えてべたつきやテカリを軽減させるためにも、オイリー肌の方は、上記の成分が含まれている乳液を選ぶようにしましょう。

べたつきやぬるつきがない

二の腕にクリームを塗る女性

オイリー肌は皮脂の分泌が多く、肌のべたつきやテカリが気になりがちな肌質ですが、べたつきやすい肌には、べたつきやぬるつきのある乳液がなじみにくいという性質があります。

オイリー肌でもなじみやすい乳液はさっぱりとした、べたつきのないテクスチャーの乳液なので、乳液を選ぶ際には、テスターやサンプルなどを実際に使ってみて、自分の肌になじむかを確認してから選ぶようにしてください。

オイリー肌におすすめの乳液を徹底検証

白衣を着ている女性

オイリー肌におすすめしたい乳液の条件をまとめると、以下の3点が上げられます。

オイリー肌におすすめの乳液の選び方

  • 保湿成分が含まれている
  • 皮脂抑制成分が含まれている
  • べたつきやぬるつきがない

そこで本記事では、上記3点に当てはまる乳液を、美容情報サイトや口コミでオイリー肌からの人気を集めている商品から10種類選出し、以下の方法で保湿力を検証、本当にオイリー肌におすすめしたい乳液はどれなのかを調査しました。

オイリー肌におすすめの乳液の保湿力を検証した方法

  1.  室温25~26度、湿度40~50%に保たれた部屋で検証
  2.  餅を均等な大きさに切り、餅の表面に同じ量の乳液を塗る
  3.  5時間後、餅の表面に残っている乳液を拭き取ったとき、餅の表面に最もひび割れがなかった乳液を1位として、保湿力を検証

餅と人間の肌は性質が全く異なるものですが、餅の表面は乾燥しやすく割れやすい性質があり、乳液が水分を守る力を観察するのに適しているため、今回の検証では餅を使用しています。

保湿効果の高い乳液を使った場合と、保湿効果の低い乳液を使った場合の餅の表面の変化は以下のようになります。

レビュー 餅実験

保湿効果の高い乳液を使えば、餅の表面は左の画像のようにひび割れや欠けがほとんどない、綺麗な状態を保つことができますが、保湿効果の低い乳液を使ってしまうと、右の画像のように全体的にひび割れや欠けが見られるようになります。

今回の検証では、左の画像のように表面にひび割れがあるかないかから保湿力を調査しました。

今回検証に使用したオイリー肌向け乳液の全10商品はこちら

商品画像ランキング用 NOVランキング用 アルビオンランキング用 無印良品ランキング用 レモン乳液ランキング用 アクアレーベルランキング用 キュレルランキング用 dプログラムランキング オードムーゲランキング用 クリニーク
商品名NOV
ACアクティブ
モイスチュア
ミルク
(医薬部外品)
アルビオン
エクサ―ジュ
ホワイト ピュア
ホワイトミルクI
(医薬部外品)
無印良品
乳液 敏感肌用
さっぱりタイプ
明色化粧品
レモン乳液
アクアレーベル
アクネケア&美白乳液
(医薬部外品)
キュレル
乳液
(医薬部外品)
dプログラム
バランスケア
エマルジョンR I
(医薬部外品)
オードムーゲ
薬用
スキンミルク
(医薬部外品)
クリニーク
ドラマティカリー
ディファレント
モイスチャライジング
ジェル
内容量
価格(税抜)
50mL
3,000円
110g
3,000円
200mL
537円
158mL
700円
130mL
1,500円
120mL
オープンプライス
100mL
3,800円
100g
1,200円
48g
3,500円

※スクロールで一覧が見られます

オイリー肌におすすめの実力派乳液3選

NOV ACアクティブ モイスチュアミルク

NOV ACアクティブ モイスチュアミルク

内容量:50mL 価格:3,000円(税抜)

NOVのAVアクティブシリーズはニキビを中心とした毛穴対策、皮脂対策、美白、保湿など、大人の女性が抱える肌悩みに働きかけるスキンケアシリーズです。

中でも乳液は皮脂分泌の抑制やシミを予防する効果を持つビタミンC誘導体が配合されており、皮脂分泌が多く、できたニキビが跡になって残りやすいというオイリー肌の方におすすめしたい乳液です。

ACアクティブ モイスチュアミルクの保湿効果

レビュー 餅実験 NOV

NOVのACアクティブ モイスチュアミルクは、餅の表面に乳液を塗って5時間経った後も餅の表面にひび割れや欠けが現れることなく、開けたばかりの餅の状態をキープできていました。

乾燥しやすい餅の表面に割れが出ることなく、綺麗な状態を保てていることから、NOVのACアクティブ モイスチュアミルクは保湿力が高く、オイリー肌もしっかりと保湿できる乳液であるといえます。

アルビオン エクサージュホワイト ピュアホワイトミルクI

アルビオン エクサージュホワイト ピュアホワイトミルクI

内容量:110mL 価格:3,000円(税抜)

アルビオンのエクサージュホワイト ピュアホワイトミルクIは、乳液としては珍しく洗顔後すぐ、化粧水の前に使用するタイプの乳液です。

皮脂分泌を抑制し、シミを予防するビタミンC誘導体が配合されている他、皮脂の分泌抑制に役立つトコフェロールやビタミンEなどの成分が含まれており、オイリー肌の保湿ケアにはうってつけです。

エクサージュホワイト ピュアホワイトミルクIの保湿効果

レビュー 餅実験 アルビオン

アルビオンのエクサージュホワイト ピュアホワイトミルクIは、餅の表面に乳液を塗ってから5時間後も、餅の表面にひび割れはほとんどなく、乳液を塗っていない外周近くに小さな割れが生じただけで、綺麗な状態をキープすることができていました。

オイリー肌用に作られており、肌なじみがよく、ベタつかずにさっぱりとした使い心地なので、オイリー肌の方にはまさにぴったりの乳液であるといえます。

キュレル 乳液

キュレル 乳液

内容量:120mL 価格:オープンプライス

キュレルの乳液は、乾燥がもとで引き起こされる敏感肌向けの乳液ですが、ベタつきは少なく、オイリー肌でも使いやすい成分が含まれているため、肌が敏感なオイリー肌の方におすすめしたい乳液です。

キュレルの乳液に含まれる消炎剤のアラントインには、ニキビなどの炎症を抑える効果だけではなく、肌を引きしめて皮脂の分泌を抑制する収れん効果が備わっているため、皮脂の分泌が多いオイリー肌でもさっぱりと使いやすい乳液であるといえます。

乳液の保湿効果

レビュー 餅実験 キュレル

キュレルの乳液は、餅の表面に乳液を塗ってから5時間後、乳液を塗っていない外側から侵食するような欠けと、うっすらとした小さなひびが見られましたが、おおむね餅表面は綺麗な状態に保つことができていました。

敏感肌用に作られているため、オイリー肌の中でも特にニキビができやすかったり、肌荒れを起こしやすかったりする方におすすめの乳液です。

オイリー肌におすすめのプチプラ乳液3選

オイリー肌の保湿には乳液が有効ですが、高価な乳液ではコストパフォーマンスの面で続かなかったり、使用量を少なくしてしまったりする方もいるかと思います。

ここでは、気兼ねなく使いやすく、続けやすい価格帯である1,500円以下のプチプラ乳液をご紹介します。

無印良品 乳液 敏感肌用 さっぱりタイプ

無印良品 乳液 敏感肌用 さっぱりタイプ

内容量:200mL 価格:537円

無印良品の乳液 敏感肌用 さっぱりタイプは、敏感肌用に作られており、ベタつかずさっぱりとした使用感が特徴的です。

肌を引きしめる効果を持つアラントインや、血行を良くして細胞を活性化させ、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりを防いでくれるアルギニンなどの成分が配合されているため、皮脂分泌が多くニキビができやすいオイリー肌の方におすすめしたい乳液です。

乳液 敏感肌用 さっぱりタイプの保湿効果

レビュー 餅実験 無印良品

無印良品の乳液 敏感肌用 さっぱりタイプは、餅の表面に乳液を塗ってから5時間後、乳液を塗っていない外側からうっすらとした小さなひびが入っていましたが、餅表面は全体的に綺麗な状態を保つことができていました。

餅の表面がほとんど綺麗なまま保たれていることからも保湿効果の高さがうかがえ、特に乳液のべたつきが苦手で、さっぱりとした使用感が好みだというオイリー肌の方におすすめの乳液であるといえます。

明色化粧品 レモン乳液

明色化粧品 レモン乳液

内容量:158mL 価格:700円

明色化粧品のレモン乳液はさらりとした使用感で肌のベタつきや脂浮きを抑えることができる、脂性肌向けの乳液です。

5種類の自然由来の植物エキスが皮脂の分泌と酸化を防ぎ、皮脂分泌によるニキビや肌荒れを防ぐ効果を発揮するため、皮脂の分泌に悩まされがちなオイリー肌にはぴったりの乳液であるといえます。

レモン乳液の保湿効果

レビュー 餅実験 レモン乳液

明色化粧品のレモン乳液は、餅の表面に乳液を塗ってから5時間後、乳液を塗っていない外側から小さな欠けと、うっすらとしたひびが見られましたが、餅の中央は綺麗な状態に保つことができていました。

さらりとして伸びがよく、肌になじませるとさらっとしてべたつきを感じさせない使用感は、皮脂による肌のベタつきが気になりがちなオイリー肌の方には特におすすめしたい乳液です。

アクアレーベル アクネケア&美白乳液

アクアレーベル アクネケア&美白乳液

内容量:130mL 価格:1,500円(税抜)

アクアレーベルのアクネケア&美白乳液は、大人ニキビやシミを予防することを目的としてつくられた乳液で、大人の女性が持つ様々な肌悩みに働きかけてくれます。

皮脂の分泌を抑えつつ、シミの予防効果も果たすビタミンC誘導体と、ニキビを予防するグリチルリチン酸塩、凹みが気にならない肌をつくる冬ベゴニアやグリセリンなどの保湿成分も含まれているため、ニキビやニキビ跡に悩みがちなオイリー肌におすすめの乳液です。

アクネケア&美白乳液の保湿効果

レビュー 餅実験 アクアレーベル

アクアレーベルのアクネケア&美白乳液は、餅の表面に乳液を塗ってから5時間後、乳液を塗っていない外側から小さな欠けと、ひび割れがいくつか見られましたが、餅表面の中心部はおおむね綺麗な状態に保つことができていました。

皮脂分泌だけでなく、シミやニキビ、ニキビ跡にも働きかけてくれる成分が多く含まれているため、肌悩みが多いオイリー肌の方におすすめしたい乳液であるといえます。

オイリー肌をテカらせない乳液の使い方

オイリー肌の保湿には肌になじみやすい乳液がおすすめですが、乳液の使い方次第では、肌のテカリやべたつきが悪化してしまう可能性もあるため、乳液を使うタイミングや乳液を塗る量の調整なども重要です。

ここでは、皮脂分泌の影響で肌のテカリやべたつきが気になりがちなオイリー肌の方が乳液を使う際、特に気を付けてほしいポイントを解説していきます

皮脂分泌の多い部分には薄めに塗る

鏡を見て眉間のシワを気にしている女性

オイリー肌の方は皮脂の分泌により肌の油分が多くなることによって肌のテカリやべたつきが現れるため、皮脂の分泌が多くなりがちなTゾーンなど、普段皮脂が出やすいと感じられる部分に使う乳液の量を少なく、薄めに塗るようにしてください。

乳液の最大の役割は、肌に与えた化粧水や美容液の成分が蒸発してしまわないように、油分によってふたをすることにあります。

しかし、オイリー肌の方は元々の皮脂分泌量が多く、肌の潤いを守る働きが活発なので、皮脂の分泌が多い部分では、乳液の油分に重ねて皮脂が分泌され、油分量が多くなってしまうことが考えられます。

肌の油分が多くなってしまうとテカリやべたつきなどの肌悩みに繋がるため、普段から皮脂の分泌が多い部分に使う乳液の量を減らし、肌の水分と油分のバランスを整えるよう心がけましょう。

化粧水、美容液が肌になじんでから使う

化粧水を手に取る女性

オイリー肌の方が乳液で肌の保湿を行う場合は、化粧水や美容液など、肌に潤いを与える基礎化粧品がしっかりと肌になじんだことを確認できてから、乳液を使うようにしてください。

化粧水や美容液などの水分が肌になじまない状態で乳液を使ってしまうと、肌の上で乳液と水分が混じり合ってしまい、肌になじみにくくなるだけではなく、肌が水分不足に陥って乾燥の原因となったり、メイクのヨレの原因となったりする可能性があります。

スキンケアの時間が満足に取れず、化粧水や美容液を塗った後すぐに乳液を使ってしまいがちなオイリー肌の方は、ハンドプレスなどで肌に水分を定着させて、肌を触っても手が濡れないという状態までなじませてから、乳液を使うようにしましょう。

ハンドプレスでしっかり肌になじませる

保湿する女性

オイリー肌の方が乳液を使った後は、ハンドプレスをしてしっかりと肌に乳液をなじませることを心がけるようにしてください。

乳液は肌に油分を与える役割がありますが、油分は化粧水や美容液などの水分となじみにくい性質を持っているため、ただ肌の表面に塗っただけでは肌になじまず、浮いてしまうことがあります。

乳液を使って、肌の水分蒸発を防いだり、肌への刺激を軽減したりするためには、乳液が肌になじんでいることが必要不可欠なので、肌になじむまで何度もハンドプレスで肌に押し込み、乳液をなじませるようにしましょう。

まとめ

両手で顔を抑える女性

本記事では、オイリー肌の方におすすめの乳液の選び方や使い方実験した結果保湿力が高くべたつきにくかった乳液をご紹介しました。

オイリー肌は過剰な皮脂分泌により肌の油分が多くなりがちな肌質ですが、保湿方法を変えるだけでも肌状態を改善できる可能性があります。

皮脂分泌の影響でスキンケアに悩んでいるオイリー肌の方は、ぜひ本記事でご紹介した商品や使い方を試し、自分の肌に合ったスキンケアを探してみてください。

オイリー肌に合った乳液を使って正しい保湿を心がけ、皮脂分泌の気にならない肌を作りましょう!

この記事をシェアする

おすすめ記事