成分表示を確認する女性

「ピーリングをしたら肌がワントーン明るくなった」「ピーリングでニキビが治った」などの言葉を聞くと、美肌ケアのためにピーリングを試したくなりますよね?

敏感肌の人がピーリングを行うと、美肌になるどころか肌がガサガサするなど、肌状態が悪化してしまうことがあるのです。

本記事では、敏感肌の人にピーリングをおすすめしない理由と、敏感肌の正しいスキンケア方法を紹介していきます。

敏感肌さんはピーリングをおすすめしない

シミやシワなど肌トラブルに効果的と言われているピーリングですが、敏感肌の人にピーリングはおすすめできません。

なぜ敏感肌の人にピーリングはおすすめできないのか、詳しく説明していきます。

ピーリングで得られる美肌効果

ターンオーバーのイラスト

ピーリングとは、古い角質を落としてターンオーバーを整えるために行われるスキンケアのことです。

肌のターンオーバーとは、約28日周期で肌表面の古い角質が剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わる、肌の新陳代謝のことです。

肌のターンオーバーが正常に働いていれば、古い角質は自然に剥がれ落ち、肌トラブルを引き起こすことはありません。しかし、年齢を重ねることなどが原因で、肌のターンオーバーが遅れがちになり、古い角質が肌に蓄積してしまうことがあります。

ピーリングにより肌のターンオーバーが正常化する

ピーリングは肌に蓄積した古い角質を取り除くので、遅れがちな肌のターンオーバーを正常に戻す効果があります。肌のターンオーバーを整えることは、乾燥やシミなどのあらゆる肌トラブルを予防するため、美しい肌を作るには大切なことなのです。

ピーリングはくすみや黒ずみ毛穴、ニキビにも効果あり

ピーリングは肌のターンオーバーを正常に戻すだけでなく、肌のくすみや黒ずみ毛穴、ニキビにも効果があります。

肌に蓄積した角質は、肌のくすみの原因になるので、ピーリングで角質を除去すると、肌がワントーン明るくなります。また、古い角質が毛穴に詰まることが黒ずみやニキビの原因なので、古い角質を除去するピーリングは黒ずみ毛穴やニキビにも効果的です。

ピーリングで化粧ノリもよくなる

マスカラをつけている女性

ピーリングをすることで、化粧ノリも良くなるため、毎日のメイクが楽しくなります。

古い角質が蓄積している肌は、ざらつきがありゴワゴワしていて肌が凹凸していて、化粧がうまく密着しませんが、古い角質を除去することで凹凸がなくなり化粧が密着するようになります。

その他にも、化粧水の浸透率をあげて肌がモチモチしたり、シミやニキビ跡を薄くしたりする効果もあります。このように、敏感肌でなければピーリングを行うことにメリットは多く、美肌を作るために必要なケアともいえます。

敏感肌にピーリングが逆効果な理由

肌へのメリットが多いピーリングですが、敏感肌の人にとっては逆効果になってしまうことがあります。なぜ逆効果になってしまうのかの理由を説明します。

敏感肌の人は肌のバリア機能がさらに低下してしまう

私達の肌の表面には、元々天然保湿成分やセラミド成分などが存在し、水分を保持することで潤いを保ち、肌を紫外線やハウスダストから守ってくれています。

この働きを肌のバリア機能と呼んでいますが、敏感肌の人は肌表面の天然保湿成分などが少なく、肌のバリア機能が低下している状態にあります。

肌のバリア機能が正常に働いていないため、ちょっとした刺激にも肌が敏感に反応し、すぐ肌がヒリヒリしたり赤みがでてしまったりするのです。

敏感肌の人にピーリングをするのは逆効果

このような肌にピーリングをしたらどうなってしまうでしょうか?

刺激を受けやすく敏感な肌にピーリングを行えば、痒みが出たりヒリヒリしたりするなど、肌の状態が悪化してしまうことは容易に想像できますよね。

さらに、ピーリングを行うことで、肌へダメージを与えるだけでなく、肌の表面にある天然保湿成分などの必要成分まで除去してしまうこともあり、肌のバリア機能がさらに低下してしまうのです。

ターンオーバーが早まりすぎて、未熟な肌が露出する

口をあけている女性

敏感肌の人はターンオーバーが早まりがち

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下しているとともに、肌のターンオーバーが早くなりがちです。

なぜなら、敏感肌の人は、肌へのダメージが蓄積しやすいため、肌が早く新しい細胞に生まれ変わろうとし、新陳代謝が促進されてしまうからです。

ピーリングによりターンオーバーをさらに早める

元々肌のターンオーバーが早い敏感肌にピーリングを行うと、さらに肌のターンオーバーを促進してしまうことになります。

肌のターンオーバーが早まりすぎると、準備のできていない未熟な細胞が肌の表面に出てきてしまうため、外からの刺激に敏感な肌になり、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

敏感肌でもピーリングがしたい!安心できる2つの方法

上を指差す女性

敏感肌の人がピーリングを行うと、バリア機能のさらなる低下やターンオーバーを早めてしまい、肌トラブルに繋がることが理解できたかと思います。

それでも、肌のくすみや角質を除去できるピーリングには肌へのメリットも多く、敏感肌でもピーリングをしたいという人もいるでしょう。ここからは、敏感肌の人も安心してピーリングが行える2つの方法をお伝えします。

医者の判断の元で行うケミカルピーリング

医者に相談している画像

敏感肌の人は医者の判断の元で行うケミカルピーリングを行うことをおすすめします。

敏感肌と言っても原因や症状は千差万別であるため、自己判断でピーリングを行うと、肌へ悪影響を与えてしまうことがあるかもしれません。

専門医に肌の状況を判断してもらい、肌の強さに合わせたピーリング剤の選択やアフターケアのアドバイスをもらう方が、リスクは少なくピーリングが行えます。

ケミカルピーリングは1回1万円程度で受けられ、1回で肌が明るくなったりニキビが改善したりすることもあるので、美容皮膚科の先生に1度相談してみてはいかがでしょうか。

敏感肌専用のピーリング石鹸を使用する

白いオーガニック石鹸とラベンダー

医者の元でピーリングを行うのが一番安心ですが、どうしても自分でやりたいという人は、敏感肌専用の家庭用ピーリング石鹸を使用するのがおすすめです。

通常のピーリング剤を使用してしまうと、刺激が強すぎて、敏感肌の人には逆効果になってしまうことがあるので、敏感肌専用と明記してある低刺激な石鹸製品を選ぶようにしましょう。

おすすめ商品を紹介します。

スキンピールバー AHAマインド

ピーリング 石鹸

販売価格(1個<内容量:135g>):2,000円(税抜)

スキンピールバー AHAマインドの特徴

  • きめ細かな泡が肌への刺激を抑えるため敏感肌の人にもおすすめ
  • 東洋人の肌への刺激が少ないフルーツ酸配合のため敏感肌の人にもおすすめ

スキンピールバー AHAマインドは、ピーリングが初めての人にもおすすめの低刺激なピーリング石鹸で、きめ細かい泡が優しく古い角質を落としツルツル美肌に導きます。

アミノ酸配合で、敏感肌に不足しがちなアミノ酸から構成されている天然保湿成分を補ってくれるため、肌へ潤いを与えつつ、毛穴の汚れや皮脂はしっかりと洗い流してくれるのです。

市販のピーリング剤使用前にはパッチテストを行う

敏感肌専門と記載されている商品でも、使用の前には必ずサンプルなどでパッチテストを行うようにしてくださいね。

実際に使用してみて、思った以上に肌が荒れてしまったということがないように、ピーリングは慎重に行いましょう。

【注意】ピーリング後は必ず十分な保湿を行う

女性が化粧品を手に持っている

ピーリングは、古い角質を除去して、肌の生まれ変わりを促進するものですが、週に何度も行うなど使い方を誤ると、必要以上に肌表面の天然保湿成分などを除去してしまうことがあります。

肌表面の天然保湿成分などは、水分を保持し、肌を刺激から守る効果のある成分なので、ピーリングにより除去してしまうと、肌が乾燥しやすくなってしまいます。そのため、ピーリングの後には、除去してしまった天然保湿成分などを補うために、化粧水と乳液などの基礎化粧品で十分な保湿を行うようにしましょう。

敏感肌におすすめの正しい美肌ケア

両手で頬を触って目を閉じている女性

敏感肌の人がピーリングを行うには、肌状態が悪化するかもしれないリスクがありますよね。

そのため、敏感肌の人は、まずは敏感肌を治すことに専念し、敏感肌を治し終えてからピーリングでスキンケアをする方が、余計な肌トラブルに悩まされなくてすみます。

敏感肌はピーリングよりも保湿が美肌の近道

うるおい・水・保湿のイメージ

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下しているため、外からの刺激を受けやすく、肌にはダメージが蓄積しています。

肌のバリア機能が低下しているのは、肌表面の天然保湿成分やセラミドが少なくなっていることが原因のひとつであるため、日々の保湿によりこれらの成分を補うことで、バリア機能を回復させましょう。

洗顔は低刺激の商品を使用し、洗いすぎない

洗顔泡を頬につける女性

敏感肌の人は、肌表面にある天然保湿成分などの必要成分が不足していることが多いため、ピーリングでさらに除去するよりも、正しいスキンケアを行うことが大切です。

敏感肌の人は、洗顔を必要以上に行うと特に肌を乾燥させてしまうので、洗顔は低刺激の洗顔料を使って洗いすぎないようにし、肌へ負担をかけないようにしましょう。

セラミド成分配合の化粧水がおすすめ

洗顔後は、肌の水分が不足している乾燥状態であるため、なるべく早く化粧水を塗布し、肌の水分を補い乾燥を防ぎます。合成界面活性剤など刺激のある成分を含まない、無添加で、敏感肌への負担が少ない商品が好ましいです。

また、敏感肌の人が不足しがちなセラミドや保湿効果のあるヒアルロン酸を含む化粧水を選ぶと、バリア機能回復に効果があります。

セラミド配合の化粧水に関する記事はこちら

敏感肌の保湿は「セラミド」で!おすすめスキンケア5選

化粧水の後は美容液、最後に乳液とクリーム

スキンケア化粧品が並んでいる画像

化粧水の後は、敏感肌の人が不足しがちなセラミドなどの栄養を補う美容液を塗布します。美容液は刺激の強い商品もあるため、化粧水と同様に無添加の商品を選ぶようにしましょう。

さらに美容液の後には、化粧水や美容液などの美容成分が蒸発しないよう乳液で蓋をしますが、乾燥が気になる人は、さらにクリームを塗布しても良いでしょう。乳液やクリームも、敏感肌の人に優しい、合成界面活性剤フリーなどのスキンケア製品を選ぶようにします。

敏感肌でも大丈夫な肌に優しい角質ケア

ここからは敏感肌の人にもおすすめの、ピーリング以外の肌に優しい角質ケアを紹介していきます。

クレイパック

クレイマスク

クレイは泥のことで、クレイパックはミネラル成分がたっぷり含まれた、天然成分から作られたパックのことです。

クレイは吸着力が高いため、肌に残る古い角質や汚れを取り除き、ワントーン明るい肌に導きます。

天然成分から作られているため、敏感肌の人も安心して使うことができますが、クレイパックの中には、保存料や着色料が含まれている商品もあります。配合成分をしっかりチェックし、肌を刺激する保存料や着色料などの余計な成分が含まれていないクレイパックを選択するようにしましょう。

蒸しタオル+乳液洗顔

蒸しタオルで毛穴を開かせ、乳液でクルクルと洗顔をすることにより、毛穴の角栓を取り除くという方法もあります。

乳液は、油分が含まれているため、毛穴に詰まっている皮脂と結びつき、毛穴汚れを除去してくれます。

ほとんどの乳液には保湿成分が含まれているため、保湿をしながら毛穴の汚れを取ることができ、肌が乾燥しがちな敏感肌の人にもおすすめの方法です。乳液を選ぶ時には、肌への不要な刺激を避けるため、天然由来成分が多く配合されている商品を選択するようにしましょう。

まとめ

敏感肌の人にピーリングが合わない理由と敏感肌の人の正しいスキンケア方法についてお伝えしました。

敏感肌の人が、「肌を明るくしたい」「毛穴の角質を除去したい」と肌をよりよくしたい気持ちは分かりますが、まずは敏感肌をケアすることが、美肌への一番の近道となります。

敏感肌を日々の保湿などでしっかり治してから、ピーリングなどのスキンケアを行うようにしましょう。