クレンジングクリーム アイキャッチ

クレンジングクリーム、意外としっかりメイク落ちます・・・!

あなたは「クレンジングクリーム」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

汚れ落ちが悪そう・・・保湿成分配合でちょっと値段が高そう・・・。そもそも、クレンジングクリームってなに?と、さまざまな疑問が挙がってくるかと思います。

その中でも、クレンジングクリームの汚れ落ちについて疑問に思っている方が多いのではないでしょうか。

では、次に以下の画像を見てみてください。

オイルとクリームの汚れ落ち比較

腕にリキッドファンデーション・アイライナー・ウォータープルーフマスカラ・クリームチーク・口紅を塗って完全に乾かした状態で、クレンジングオイルとクレンジングクリームの汚れ落ちの差を比較した画像です。

上が、メイクの汚れ落ちが良いとされているクレンジングオイル。
下が、メイク落ちについての疑問が多いクレンジングクリームです。

両腕とも、クレンジングにかかる時間の理想とされる「1分30秒」までに、なじませ・乳化し・すすぎを行った状態。

左のクレンジングオイルの汚れ落ちが良いことはもちろんのこと、ほぼ同じ所要時間でも、クレンジングクリームでマスカラとアイライナーが少し残る程度でほとんど落とせるのです。

本記事では、肌に優しく、保湿成分配合で乾燥を防ぎながらメイクもしっかり落とせるクレンジングクリームの秘密を探っていきます。

さらに、人気のクレンジングクリーム7つを実験・比較し、実験結果をもとに、ハリツヤ編集部おすすめのクレンジングクリームTOP3を選んでみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレンジングクリームってなに?

左手のひらのクリームを混ぜる瞬間の画像

そもそもクレンジングクリームって、他のクレンジングと何が違うの?という方もいるのではないでしょうか。

他のクレンジング料との違いを細かく見ていきましょう。

他のクレンジングと何が違うの?

クレンジング料は、テクスチャーや使用感、配合成分などによって大きくタイプ別に分けることができ、シートタイプ・オイルタイプ・ジェルタイプ(油系・水系)・クリームタイプ・ミルクタイプなどがあります。

最近は、容器の中では固形で、肌に乗せると体温でクレンジング料が溶けてメイクと馴染み、メイク汚れや皮脂汚れを落とすバームタイプや、水のようにさらさらとしたリキッドタイプもあるほど多くの種類が存在しています。

クレンジングの種類別に洗浄力をグラフ化したもの

オイルタイプ、油系ジェルタイプの2つのクレンジングは、配合成分によりますが、クレンジング料の中でも、メイク汚れなどを落としやすく、すっきりとした使用感が好みの人にぴったりのクレンジング。

しかし、肌にかかる摩擦による負担や、配合成分に刺激の強い成分が含まれていることなどから、乾燥肌や敏感状態になっている人にはおすすめできません。

一方、ミルクタイプは、クレンジング料の中でも水分量や保湿成分の配合量が多く、肌への負担が少ないことから、敏感肌や乾燥肌の人におすすめのクレンジングです。

そんなクレンジングミルクの唯一の弱点といってもいいのが、洗浄力の弱さ。

メーカーごとに洗浄力は違いますが、基本はウォータープルーフのコスメを使用していないナチュラルメイクや、ベースメイクだけを落とすことに使用するのがおすすめです。

日中はバリバリ働いてしっかり濃いめのメイクをしているけど、乾燥やエイジングケアに向けてクレンジングから見直したい・・・というあなたにぴったりなのが、「クレンジングクリーム」。

オイルタイプ・油系ジェルタイプの洗浄力はできる限りそのままに、ミルクタイプのように肌に優しく保湿もできるクレンジングが、クレンジングクリームなのです。

【メリット①】クリームに配合された成分で乾燥知らず

白いクリーム

クレンジングクリームを使うメリットのひとつは、まず一番に「クレンジング時に起こる乾燥から肌を守る」ということ。

クリームタイプのクレンジングは、こっくりと濃く、重たいテクスチャーであることが特徴のひとつ。

基材(化粧品の形をつくる原料)である水と主成分の油分のほか、うるおいを保つ保湿成分やエモリエント成分など、主成分以外にも油分を含む成分を多く含んでいます。

クレンジングクリームに配合された保湿成分が肌にうるおいを与え、さらに、配合されている油分でメイクを落としながら保湿成分にフタをする

クレンジングクリームはまさに、一石二鳥なクレンジング料なのです。

【メリット②】摩擦が少なく肌に優しい

クレンジングクリームを使うメリット2点目は、「クレンジング時の肌への摩擦を抑えて洗浄できる」ということ。

クレンジングは、配合されている洗浄成分が肌への刺激となってしまうことばかりでなく、クレンジング料と肌の摩擦によって負担が生まれます。

クレンジングクリームのテクスチャーは、配合された油分や保湿成分で重ためではありますが、肌に乗せると体温で適度に弾力を保ったまま柔らかくなる使用感。

クリーム自体が伸びやすく、力をいれずに顔全体に馴染ませることができるので、肌を擦って洗わずともクリームが汚れを吸着して優しく絡めとってくれるのです。

【メリット③】実は汚れ落ちがとても良い

アイメイクをしている女性の画像

クリームタイプはミルクタイプと同様に、肌に優しいことから、汚れ落ちが悪いと思われがちですが、実は「汚れ落ちの良さ」も持ち合わせているのです。

メイクアップ化粧品の主成分である油性成分と、クレンジングクリームの主成分である油分が油性同士で結ばれあうという原理は、汚れ落ちが一番良いといわれるオイルタイプと同じ。

クリームタイプは、主成分は油分ですが、その他に基材である水分や保湿成分などの肌に優しい成分がカバーしてくれるので、「肌に優しく、汚れ落ちが良い」を実現できるのです。

人気のクレンジングクリーム7選でメイク落ちを実験・比較!

クレンジングクリームと一言でいっても、結局どれを選べばいいのかわからないというあなたのために、口コミサイトや使用者の感想などから人気のクレンジングクリームを7つ選定。

さらに、選んだ7品を使用して、汚れ落ち・コスパ・時短の3項目から比較・実験を行い、編集部が選りすぐったおすすめのクレンジングを紹介します。

全7商品を紹介

まずは、口コミなどから人気のクレンジングクリーム7商品のおすすめポイントを見ていきましょう。

POLA モイスティシモ クレンジングクリーム

モイスティシモ クレンジングクリーム 120g/3,780円(税込)
・クリームが肌の温度でとろけてオイルに変わる
・保湿成分配合で肌にうるおいも与える
・敏感肌でも安心の低刺激性

モイスティシモ トライアル詳細はこちら

IGNIS ブラン クレンジングクリーム

イグニスクレンジングクリーム 200g/3,780円(税込)
・柔らかめのクリームが肌を包むこむ
・美肌に有効なコメヌカエキス配合
・大容量の200gでコスパも抜群

イグニス クレンジングクリーム詳細はこちら

ディセンシア つつむ ジェントルクレンジング

つつむクレンジング 100g/通常価格:2,376円(税込)
・弾力があるクリームで肌の摩擦負担を抑える
・角質保護成分配合でうるおいも保つ
・乾燥性敏感肌のために考えられたクリーム

つつむ トライアル詳細はこちら

コスメデコルテ AQリペア クレンジングクリーム

コスメデコルテクレンジングクリーム 150g/10,800円(税込)
・コクのある生クリームのようなテクスチャー
・保湿成分ダブルペプチドでしっとり潤い補給
・メイク汚れや皮脂、肌サビまで落とす

コスメデコルテ クレンジングクリーム詳細はこちら

エリクシール シュペリエル クレンジングクリーム

エリクシール クレンジングクリーム 140g/2,700円(税込)
・こってりクリームが毛穴の奥にも密着
・角層のゴワつきをほぐしてハリを与える
・エイジングケアも兼ねたクレンジング

エリクシール クレンジングクリーム詳細はこちら

無印良品 マイルドクリームクレンジング

無印マイルドクリームクレンジング 150g/1,000円(税込)
・保湿クリームのような伸びの良さ
・天然由来のうるおい成分配合で乾燥を防ぐ
・水が主成分なので洗い上がりも軽い

無印良品楽天ページはこちら

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ちふれコールドクリーム 3000g/702円(税込)
・クレンジング兼マッサージクリーム
・軽い使い心地で肌への負担少ない
・300gで1000円以下という超お手頃クレンジング

ちふれ楽天ページはこちら

【比較①】メイクが一番落ちたクレンジングクリームはこれ!

汚れ落ち部門アイキャッチ

その言葉の意味からも、「メイクを落とす」ということが重要になってくるクレンジング。
人気のクレンジングクリーム7点を実際に購入し、メイク落ちを試してみました。

■メイク落ち実験の条件

・腕にファンデーション・アイシャドウ・クリームチーク・口紅と、ウォータープルーフのマスカラとアイライナーを塗り、乾いてからクレンジングをする
・クレンジングを馴染ませる手も、メイクを塗った腕も乾いた状態で実験
・各商品パッケージに記載された使用量(さくらんぼ粒)でクレンジング

第1位:モイスティシモ クレンジングクリーム

モイスティシモクレンジング汚れ落ち

1番の汚れ落ちを見せた「POLA モイスティシモクレンジングクリーム」は、肌にクリームを乗せた瞬間にとろけて、みるみるうちにアイシャドウ・チーク・口紅などの色物から溶かすように落ちていきます。

全く擦らずにクルクルとなじませていただけだったのに、乳化を行うとウォータープルーフのマスカラもクレンジング料に溶け出していきました。

第2位:コスメデコルテAQリペアクレンジングクリーム

デコルテ汚れ落ち

コスメデコルテのAQリペアクレンジングクリームも、肌に馴染ませてすぐに一番頑固なマスカラも溶かすように馴染んでいき、ほぼ全てのメイク汚れを落とすことができました。

しかし、AQリペアクレンジングクリームは、3分以上もの長時間に渡りクレンジングを行ったことで、肌の摩擦による赤みが出てしまったので、敏感肌のひとはこすりすぎに注意。

第3位:IGNIS ブラン クレンジングクリーム

イグニス汚れ落ち

IGNISのブランクレンジングクリームも、メイクとの馴染みが早かったもののマスカラなどはやはり落としにくく、うっすらとチークも残ってしまいました。

第4位~第7位 エリクシール・無印良品・つつむ・ちふれ

4位から後のクレンジングクリーム4種は全て、マスカラだけでなく、チークや口紅も少し肌に残ってしまい、汚れ落ちが良いとは言えませんでした。

しかし、4種ともに保湿成分や肌を整える成分が配合されていることで、肌への負担が少なくなっているので、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使いやすい商品です。

また、今回は落としにくいウォータープルーフのマスカラを使用したこともあるので、普段からナチュラルメイクをしている人には、肌に負担をかけずにクレンジングができておすすめですよ。

【比較②】コストパフォーマンスNo.1はこれ!

基礎化粧品でのスキンケアは継続が大切。

お気に入りのクレンジングはずっと使い続けるために、予算との兼ね合いも考えて選びたいですよね。

ここでは、1回あたりのクレンジング使用量から、クレンジングクリーム1本で何回使用できるかを割り出した後、1回のクレンジングで使う値段を算出し、7商品で比較を行いました。

クレンジングクリーム1本あたりの使用回数|計算方法

全商品共に1回の使用量が、さくらんぼ粒程度とされているため、
さくらんぼ粒大を計測 ⇒ さくらんぼ粒を「2g」とする

商品名内容量何回分クレンジング1回あたりの価格
つつむ ジェントルクレンジング100g50回分約47円
モイスティシモ クレンジングクリーム120g60回分約63円
エリクシール クレンジングクリーム140g70回分約38円
コスメデコルテ リペアクレンジングクリーム150g75回分約144円
無印良品 マイルドクリームクレンジング150g75回分約13円
イグニス ブラン クレンジングクリーム200g100回分約37円
ちふれ ウォッシャブルクレンジングクリーム600g300回分約2円

文句なしの1位は「ちふれ ウォッシャブルクレンジングクリーム」。

大容量の600gで税込702円のお得さで、一回あたりのクレンジングでかかる費用は約2円と、毎日のクレンジングをプチプラですることができますよ。

次いで、無印良品のマイルドクリームクレンジングと、IGNIS ブランクレンジングクリームが続きますが、1回あたりのクレンジング費用は約13円と、10円台で抑えられます。

イグニスのブランクレンジングクリームも、メイク落ちが良く、コストパフォーマンスもいいので、初めてクレンジングクリームを使う人でも手を出しやすく、おすすめの一品です。

【比較③】時短部門No.1はこれ!

時短部門アイキャッチ

職場でも家でも忙しい働く女性や「少しでも楽したい!」という気持ちを持つ女性にとって大切なキーワードである「時短」。

メイクをしっかり落としながら時間の短縮もできるクレンジングは、あるのでしょうか?

時短クレンジング実験の条件

  • クレンジングを馴染ませてからメイクが落ちるまでの時間を計測
  • クレンジング料塗布後~1分以内に乳化
  • マスカラは別途ポイントメイクリムーバーの使用がおすすめされているため、
    落としきらなくても良しとする

第1位:モイスティシモ クレンジングクリーム

時短部門・ポーラ

メイク落ち部門に続き、ここでも1位に輝いたモイスティシモ クレンジングクリーム。

ものの30秒ほどで、マスカラ以外のほぼ全てのメイクがクレンジングに溶け出し、残りの30秒でマスカラの部分に重点を置いてクレンジングを馴染ませていきました。

すすぎの後のぬるつきの少なさもモイスティシモの魅力で、すすぎの簡単さも含めて【時短部門】1位にふさわしいクレンジングクリームです。

力は全くかけていないのに面白いように落ちていくので、毎日こんな簡単にメイクを落とせたら、クレンジングの時間が楽しくなりそうですね。

第2位:IGNIS ブラン クレンジングクリーム

時短部門・イグニス

IGNISのブラン クレンジングクリームも、30秒ほどでチークやアイシャドウ、口紅などのメイクとなじみ、マスカラとアイライナーも早い段階で溶け出していました。

1分以内に乳化を行い、マスカラやアイライナーがほぼなじんだ状態で洗い流しましたが、すすぎの際の油膜感が気になるポイントでした。

すすぎ時間が、モイスティシモより少し多かった程度と考えていただくと良いかもしれません。

第3位:コスメデコルテ / 第4位:エリクシール

3位、4位のコスメデコルテとエリクシールも1分半ほどメイクとなじませ、洗い流し後はうっすらとメイクが残る程度まで落とすことができます。

コスメデコルテ、エリクシールともに美容成分がたっぷりと配合されており、マッサージもかねてメイクを落とすことがおすすめされているので、週に1度のスペシャルケアとしての使用もおすすめですね。

第5位~第7位 無印良品・つつむ・ちふれ

5位以下の無印良品、つつむ、ちふれは1分ではメイクがなじまず、2分以上時間をかけてもアイシャドウやチーク・口紅も落ちにくいクレンジングクリームのようです。

クレンジングに時間をかけてゆっくりと落としていくタイプで、本来のクリームタイプの特性に近い商品ともいえますね。

ただ、ウォータープルーフのマスカラやアイライナー、濃い色のメイク料を落としにくいタイプの肌に優しいクレンジングなので、ポイントメイクを先に落としておけば、汚れ落ちは問題ないでしょう。

クレンジングは時短だけが全てではありませんが、他の時間を増やして充てたい人は、時短部門ランキング上位の4品から、

普段ナチュラルメイクで、クレンジングはリラックスしてゆっくり楽しみたい人は、無印良品・つつむ・ちふれの各クレンジングクリームも検討してみてはいかがでしょうか。

【比較結果】編集部おすすめのクレンジングクリームTOP3

「メイク落ち」「コスパ」「時短」全ての結果を踏まえたうえで、ハリツヤ編集部が太鼓判を押すクレンジングクリームを、ランキングで発表します。

第1位:POLA モイスティシモクレンジングクリーム

モイスティシモ クレンジングクリーム

モイスティシモ クレンジングクリームは、POLA独自の保湿を重視しつくられた専門ブランドから発売されているクレンジングクリームで、その保湿力は折り紙つき。

重ためでこっくりしたテクスチャーが、体温でなめらかなオイル状に変化して、肌を包み込むようにクレンジングができます。

保湿成分が角質層のすみずみに行き渡り、肌の状態を整えながら、汚れを落として一石二鳥。

メイクとの馴染みのよさはもちろんのこと、すすぎの際の水に溶け出していくスピードの素速さや洗い上がりのぬるぬる感がなく、さっぱりしながらしっとり潤った肌に導いてくれますよ。

第2位:IGNIS ブランクレンジングクリーム

イグニスクレンジングクリーム

IGNIS ブラン クレンジングクリームは、濃厚なテクスチャからハーブのような爽やかな香りが漂うクレンジング料。

メイクとのなじみが早いことが特徴のひとつで、頑固な色つきのメイクもするすると軽いタッチで溶け出してくれます。

国産の米ぬかから取れた保湿成分のコメヌカエキスが、肌をうるおしながらクレンジングするので、洗いあがりは保湿した後かのようなしっとり感で、クレンジング後であることを忘れてしまいそうなくらいですよ。

第3位:エリクシール シュペリエルクレンジングクリーム

エリクシール クレンジングクリーム

エリクシール シュペリエル メーク落としクリームは、まるで保湿クリームかのようにコクのあるクリームが肌のキメの隅まで届き、汚れを浮かして落とします。

コラーゲン&エラスチンエキスGLが、肌のごわつきを柔らかくほぐし、古くなった角質を汚れと一緒に落とすので、肌がワントーン明るくなったかのように見せる効果も。

クレンジングからもエイジングケアを目指すひとにおすすめのクレンジングクリームです。

正しいクレンジングクリームの使い方

下を向いてタオルで顔を拭く女性

せっかく自分にぴったりの、良いクレンジングクリームを買ったとしても、使い方が間違っていると、上手く効果が発揮されなかったりともったいないですよね。

今更聞けない基本的なクレンジング方法についての悩みをここで解消して、毎日の肌のお手入れを確実に楽しく行いましょう。

手と顔は乾いた状態で

手でOKサインを出す女性

クレンジングクリームの中には「濡れた手や顔にも使える」「お風呂場でも使える」と広告が出ている商品もあります。

しかし、どんなタイプのクレンジングを使用したとしても、手や顔に水滴がついている状態でのクレンジングはおすすめできません。

メイク汚れは油性成分がほとんどで構成されており、せっかくメイクを落としやすいように油分が配合されたクレンジング料を使用するのに、水が肌に乗った状態だと、水が油をはじきやすくなってしまい、汚れ落ちが悪くなってしまうのです。

まずは、お風呂に入る前に乾いた顔と、清潔にした乾いた手でクレンジングを行ってから、身体を洗いましょう。

クレンジング後の乾燥が気になる方は、ベビーオイルを手に薄く伸ばし顔につけてからお風呂に入ると、乾燥を防ぐことができますよ。

必ず「乳化」してからすすぎを

乳化の様子のGIF動画

クレンジングクリームを使用してクレンジングを行う際に、汚れ落ちやすすぎやすさに関わってくるのが「乳化」(※)の作業。

(※)クレンジングクリームでは「転相」という言葉を用いることが多いですが、本記事では「乳化」として説明いたします。

メイクとクレンジング料を馴染ませた状態で、水分を少量加え、水分を含んだクレンジング料とメイクを再度馴染ませることを「乳化」といいます。

油分を多く含むことでメイクを落としやすくしているクレンジング料だけでは、汗などの水溶性の汚れは落としにくい状態です。

水溶性の汚れもクレンジングの段階で落としてあげることで、洗顔にかける時間が少なくなったり、一度水分を与えている状態のため、すすぎの時の嫌な油膜感やすすぎ残しを感じることが少なくなりますよ。

乳化の重要性についてはこちらの記事へ

拭き取りタイプより洗い流すタイプを

桶の水で頬をすすぐ女性

クレンジングクリームには、クレンジング後にクリームをティッシュやコットンなどで優しく拭き取るタイプと、洗い流すタイプ、もしくは拭き取っても洗い流しても良いタイプがあります。

どのタイプも一定数商品がありますが、拭き取るタイプは、どんなに優しく拭き取るといっても、ティッシュやコットンと肌の摩擦は避けきれません。

拭き取り時の摩擦が肌荒れに繋がるケースもあるので、なるべく拭き取り専用のクレンジングクリームは選ばず、洗い流しタイプのクレンジングクリームを使用しましょう。

ぬるま湯ですすぎ残しがないように

水の泡

クレンジングは最後のすすぎまで気が抜けません。

洗顔と同様ですが、クレンジングも熱すぎず冷たすぎずの人肌程度のぬるま湯で、クレンジング料をすすぎましょう。

この時すすぎ残しが起きやすいのが、輪郭に沿ったフェイスラインやまぶたのくぼみ、小鼻の横などの、溝になりやすい部分。

薬指や小指を使って優しく撫でるように、何度かすすぎを繰り返し、全体のぬるつきがなくなるまですすぎをすることが大切です。

ポイントメイクは先に落としておくのが美肌のポイント

クレンジングクリームは汚れ落ちが良いとはいえ、ウォータープルーフのメイク料は落ちにくく、メイクを落とすために肌をこすってしまう恐れがあります。

クレンジングクリームだけの力に頼らず、ポイントメイクはポイントメイクリムーバーで先に落としておきましょう。

ポイントメイクリムーバーの使用がおすすめな理由

ポイントメイクリムーバーを使用してアイメイクなどの落ちにくいメイクを別で落としておくのがおすすめな理由は、大きく分けて2つ。

  1. 長時間のクレンジングによる負担を減らす
  2. メイク料による色素沈着を防ぐ

「クレンジング時間の短縮」は、ポイントメイクを別で落とすことで、クレンジング料が肌に乗っている時間を短縮できるということ。

肌に優しいクレンジングクリームとはいえ、洗浄成分や保存料などの化学成分といった肌の刺激になる成分が入っていないわけではありません。

濃いメイクをしている部分は、どうしても長くクレンジングをしてしまいがちなので、ポイントメイクは先に落としておくと、肌全体のクレンジング料による肌への負担を減らせますよ。

さらに、ポイントメイクリムーバーは、コットンや綿棒にリムーバー液を浸してメイクを落とすので、指を使うクレンジングよりも細かいところに手が行き届きます。

指が届きにくい目のキワやまつげの生え際などの汚れも、しっかりとメイクを落とせるので、メイク料が肌に残ってしまって起こる色素沈着の予防もできるのです。

綺麗をつくりだすメイクを、ポイントメイクリムーバーを使って落として、ずっと綺麗な素肌を維持しましょう。

正しいアイメイククレンジングの方法 はこちら

メイクアップアーティスト嶋田式「クレンジング綿棒をつかったアイメイクの落とし方」

編集部おすすめのポイントメイクリムーバー

ビフェスタ うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

145ml 850円(税抜)

マンダム ビフェスタ『うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー』

ビフェスタのうる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバーは、保湿性洗浄成分が含まれる水の層と、保湿効果をより大きくさせるエモリエント層の二層式クレンジング。

ウォータープルーフのマスカラもこすらずに落とせるほどの実力ながら、吸着性ヒアルロン酸やビタミンB・E誘導体が配合され、肌の水分を逃すことなくポイントメイクが落とせますよ。

顔の中では一番薄いといわれている目元の皮膚。

目元をいたわりながらしっかりメイクを落としてくれる「うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー」で、その日のメイクはその日のうちに綺麗さっぱりおさらばしましょう。

まつエクをしている人は「まつエク対応」のクレンジングを

まつげエクステ(以下「まつエク」表記)は、すでに生えているまつげの根元に専用のグルー(のり)で人工のまつげを貼り付けることで、簡単にボリュームや長さを出せて大人気ですよね。

しかし、まつエクのグルー(のり)は、油分に溶け出しやすいタイプのものが一般的に使われており(※)「まつエク対応」のクレンジング料を使用しなければ、まつエクがクレンジングと同時にはがれてしまうのです。

クレンジングクリームは、まつエクを落としやすい油分を主成分としているものが多くあるため、まつエクをしている方のクレンジングには向いていません。

クレンジングクリームの中には、主成分が水である商品もありますが、基本は公式サイトを確認し、まつエクでも安心して使用できるのかどうかを確認してから購入してくださいね。

(※)各サロンによってグルーの種類が違うことがあるため、専属スタッフにグルーの確認をすることがおすすめです。

まつエクを長持ちさせるクレンジングについてもっと知る