鏡を見て頬を気にする女性の画像

朝、メイクをした時にはバッチリ隠れていた毛穴の悩みが、午後になるといつの間にかポツポツと目立っている…という経験はありませんか?

毛穴の部分がポツポツと目立つ「毛穴落ち」や「毛穴浮き」は、厄介な化粧崩れです。

毛穴を隠してきれいな肌を見せるために時間をかけたメイクが、かえって肌を汚くみせるなんて嫌ですよね。

本記事は、毛穴落ち・毛穴浮きの特徴やスキンケアの方法、おすすめのメイク法や毛穴落ち・毛穴浮きを防げる化粧品を紹介していきます。今日から実践して、一日中毛穴知らずの肌になりましょう。

「毛穴落ち」「毛穴浮き」とは

化粧崩れをしたときにチェック!あなたの毛穴の形は?

まずは、あなたの毛穴の状態をチェックしましょう。メイクをしていて、「毛穴が目立つようになったな…」と思ったときに、毛穴はどんな形をしているのかよく見てみてください。

毛穴のタイプ別にメイクによって引き起こされる毛穴の悩みが変わってくるので、まずは自分の毛穴タイプを見極めることが重要です。

毛穴が丸く開いている

メイクが崩れた時に、メイクが毛穴の中に落ち込んで見えるという人は、毛穴が開いている状態。

脂性肌タイプはもちろん、乾燥した肌が自らのうるおいを守るために皮脂を過剰に出すことによって毛穴が押し広げられて、開いたように見えてしまうのです。

1-2:「毛穴落ち」へ

毛穴がたるんでいる

毛穴がしずくのような形に見え、毛穴の中にメイクが溜まって見えるという人は、肌全体が加齢によるたるみによって皮膚が下がり、毛穴も一緒に垂れ下がって開いて見える状態です。

1-2:「毛穴落ち」へ

毛穴が詰まっている

化粧崩れの時に、毛穴がポツポツと飛び出して見えるという人は、毛穴が詰まっている状態です。

毛穴の中に、角栓といわれる古い角質と皮脂が混ざって蓄積した汚れが詰まっているため、メイクが角栓の上に乗っかって浮いて見えてしまうのです。

毛穴の詰まりをそのままにしておくと、黒ずんだ毛穴になってしまい、余計に目立つようになります。

1-3:「毛穴浮き」へ

毛穴落ちの特徴

鏡をのぞきこむ外国人女性

毛穴が開いている、または毛穴がたるんでいる状態だった人は、メイクによる「毛穴落ち」を引き起こしやすくなります。

開いた毛穴にファンデーションが落ちてしまうのです。

メイクをした直後は目立たなくても、時間がたって皮脂が分泌されると、毛穴が本当にぽっかりと開いた「穴」のように目立ちます。

さらに、毛穴の中で皮脂や汗とファンデーションが混ざりあい、毛穴が白く目立ってしまうこともあります。

【毛穴落ちの原因とは】

毛穴落ちの原因は、毛穴が開いていしまっていることです。

そして、そもそも毛穴の開きの原因の多くは、皮脂が過剰にでてしまっているために起こるのです。

皮脂は毛穴から肌表面へと出ていきますが、肌が自ら必要以上の皮脂を分泌してしまい、毛穴が押し広げられて毛穴がぽっかりと開いて見えてしまいます。

皮脂が過剰に出てしまうのは、もともと皮脂が過剰に出やすいオイリー肌の人だけではなく、肌が乾燥している場合も考えられます。

皮脂は、肌を乾燥や外部の刺激から守る「肌のバリア機能」の役割を持ち、肌の乾燥を防ごうと防御作用が働いて、必要以上に皮脂を分泌してしまうのです。

毛穴浮きの特徴

鏡を見る女性

毛穴が詰まっている、また毛穴の黒ずみが目立つという人は、「毛穴浮き」を引き起こしやすくなります。

毛穴に角栓が詰まっていたり角栓が毛穴から飛び出してしまったりしている状態なので、ファンデーションを上から塗って隠そうとしてもなじまず、ポツポツと毛穴が浮いているように目立って見えてしまうのです。

毛穴浮きの原因とは

毛穴浮きは、毛穴の詰まりを引き起こす「角栓」が原因で、角栓ができてしまう理由は主に2つあります。

  • 皮脂の過剰分泌
  • 肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーが乱れ、古い角質が肌表面からうまく剥がれ落ちずに肌表面に留まる

肌のターンオーバーが正常に行われると、古くなった角質が自然に肌から垢として剥がれ落ちますが、肌荒れや加齢によるターンオーバー周期の乱れで古い角質が肌表面から剥がれ落ちにくくなります。

角栓は古い角質と分泌された皮脂・その他空気中のほこりなどで作られる汚れなので、古い角質が溜まってしまうと角栓が溜まりやすい肌状態をつくりやすくなってしまうのです。

また、古い角質が肌表面に溜まっていると肌がゴワつき、乾燥しやすくなるため、皮脂がさらに過剰に分泌されてしまいます。

毛穴落ち・毛穴浮きしにくい肌になるスキンケア

コスメがたくさん並んでいる

毛穴落ちと毛穴浮きの元凶である、「皮脂の過剰分泌」の改善と「古い角質」を除去するために、日頃のスキンケアで気を付けなければいけないことをご紹介します。

正しい洗顔

ヘアバンドを付けて水で頬をすすぐ女性

不十分な泡立てが古い角質を溜め込む原因に

肌悩みが起こる理由の一つである、「間違った洗顔」。

間違った洗顔というのは、十分に洗顔の泡を泡立てずに顔をゴシゴシと洗ったり、洗顔を必要以上にしたりすることを指します。

まず、泡を十分に立てないで洗顔をしてしまうと、肌と手の間のクッションの役割を果たす泡がない状態なので、肌への摩擦による負担が生まれてしまいます。

肌を摩擦しながら洗うと、古い角質だけではなく、まだ剥がれ落ちるべきではない新しい角質を無理やり剥がしかねません。

肌はダメージを受けると、古い角質を肌表面に残して厚くし、肌内部を外部から守ろうとするので、さらに古い角質をため込む原因になってしまうのです。

ゴシゴシ洗顔で皮脂を取り過ぎる原因に

皮脂の分泌量が多くテカリやすいから・毛穴の汚れが気になるからといって必要以上にゴシゴシと顔を洗うことは、摩擦を生むだけでなく、必要な皮脂まで肌から奪うことになってしまいます。

皮脂を過剰に取りきらないようにするには、手が直接肌に触れないくらいにしっかりと泡立てた洗顔料を使い、くるくると優しく肌をなでるように洗いましょう。

また、時間をたっぷりかければ汚れが落ちやすいというわけではないので、洗顔にかける時間は約1分半~2分以内におさめて、すすぎをしっかり行ってくださいね。

毛穴の悩み解決におすすめな洗顔石鹸を紹介している記事はこちら

しっかり保湿

化粧水を手にのせる女性

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴落ちや毛穴浮きの原因となります。

肌が乾燥しないように、メイクの前には化粧水や乳液・保湿ジェルなどを欠かさず使って保湿ケアをしましょう。

たまに、「乳液やクリームはベタつくから…」と、化粧水だけで保湿を済ませる人もいますが、化粧水だけでは保湿は不十分です。

化粧水は、洗顔を行うことによって失われた水分を補う役割を果たしますが、水分が蒸発しないように守ってくれる油分を含まないので、肌に与えた水分を保つことができません。

化粧水を塗ったあとは、肌質にあわせて乳液やクリーム・保湿ジェルを使って保湿を行ってくださいね。

肌質別|化粧水後におすすめな保湿化粧品を紹介している記事はこちら

<オイリー肌:油分が少ない保湿ジェル・さっぱりタイプの乳液>

<乾燥肌・敏感肌:油分や保湿成分がたっぷり配合された保湿クリーム>

毛穴落ち・毛穴浮きしにくいメイクに必要なこと

パウダーファンデ3個画像

毛穴落ちや毛穴浮きなどの化粧崩れを避けるには、日々のスキンケアが欠かせませんが、スキンケアで肌を根本的に改善するまでには時間が必要です。

ここでは、正しい洗顔と保湿を行ったうえで、毛穴落ち・毛穴浮きになりにくいメイク法をご紹介します。

化粧下地を使う

メイクの際に保湿をしたあとの肌に何も塗らず、そのままファンデーションを重ねていませんか?

化粧崩れに悩んでいる人は、皮脂の分泌や毛穴の凹凸を均一に整える化粧下地を塗ってからファンデーションを重ねるのがおすすめ。

化粧下地は、肌とファンデーションの密着を高める効果を持ち、皮脂による化粧崩れを防ぐ成分配合の化粧下地を選べば「毛穴落ち」を、毛穴の凹凸をならす化粧下地を選べば「毛穴浮き」を防ぐことができますよ。

毛穴落ち・毛穴浮きを防ぐ化粧下地の付け方

化粧下地を付けるときにはパール大ほどの量を目安に、指やスポンジを使って毛穴落ち・毛穴浮きをしやすい箇所を中心に薄く丁寧に塗るのがポイント。

特に毛穴が目立ちやすく、塗りにくい部分である小鼻の部分は、指やスポンジでトントンと軽くたたきこむようにして塗っていきましょう。

また、化粧水や乳液・クリームなどの保湿剤が肌になじみきらずに化粧下地を塗ってしまうと、化粧が余計に浮いてしまって毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

保湿剤を塗って肌になじませたら、肌にティッシュを軽くあててティッシュがすぐに落ちる程度まで5分ほど待ってから化粧下地を付けてくださいね。

おすすめの毛穴カバー化粧下地

コスメデコルテ ラクチュール パーフェクト ポアカバー

15g  2,916 円(税込)

コスメデコルテ ラクチュール パーフェクトポアカバー

【商品の特徴】

  • 軽いクリーム状で伸びやすい
  • 皮脂分泌量の調整や毛穴の凹凸を均一に整えるシリコン配合の化粧下地
  • あらゆる毛穴をカバーするポアカバー粉体配合

コスメデコルテのラクチュール パーフェクトポアカバーは、コスメデコルテ独自の毛穴カバー成分であるポアカバー粉体で、開き毛穴やたるみ毛穴・詰まり毛穴までカバーしてくれる化粧下地です。

シリコンが配合されているので、化粧崩れの大きな原因である皮脂をコントロールする効果もあり、テカリ知らずのさらさらな肌をキープしてくれます。

ビーグレン ヌーディーヴェール

20g 5,076円(税込)

ビーグレン ヌーディーベル

【商品の特徴】

  • 毛穴の凹凸や皮脂をカバーするシリコン系化粧下地
  • 美容成分配合で潤いが続く
  • SPF36PA++でUVカット効果がある合

ビーグレン ヌーディーベールは、シリコン配合で毛穴の凹凸と皮脂をカバーしてくれることはもちろん、メイクをしている間も肌のうるおいを保つ美容成分(ヒアルロン酸・コラーゲン)が配合されています。

毛穴のカバー効果や保湿効果に加えて、紫外線カットの日焼け止めの役割も果たしてくれる、優秀な化粧下地です。

また、光をコントロールして肌をきれいに見せる効果もあるので、毛穴だけではなく、シミやシワなどの肌悩みがある人にもおすすめですよ。

ファンデーションの選び方と塗り方注意ポイント

 液状のファンデーションがおすすめ

毛穴落ちや、毛穴浮きで悩んでいるなら、ファンデーションはリキッドファンデーションや、クリームファンデーション、BBクリームなど、液状のものを選びましょう。

液状のファンデーションは、パウダータイプのファンデーションよりも粒子が細かく、保湿効果もあるため肌にしっかりと密着するので、毛穴の凹凸をより綺麗にカバーしてくれます。

おすすめのファンデーションを紹介している記事はこちら

厚塗りせず薄く均一にのばす

ファンデーションを塗るときには、厚塗りしすぎないことを意識しましょう。

毛穴を隠すためにファンデーションを厚塗りしてしまうと、皮脂や汗が分泌されてファンデーションと混ざり合い、毛穴を白っぽく見せてより目立ちやすくなってしまいます。

液状のファンデーションを使う際は、手の甲に液状のファンデーションを出し、「顔の中心から外側」を意識して指で手早く伸ばすのがポイントです。

化粧下地と同じように、皮脂の分泌量が多い小鼻の周りの塗り残しがないか、ムラがないかのチェックもしましょう。

毛穴の凹凸が気になる場合は、柔らかく目の細かいファンデーションブラシを使って液状のファンデーションを塗っていくと、厚塗り感なく毛穴をカバーしてくれるのでおすすめですよ。

外出先でのメイク直し方法

外出先で毛穴落ちや毛穴浮きに気づいた場合でも、簡単にできるメイク直し方法をご紹介します。

用意するもの

  • ティッシュ または コットン
  • 乳液
  • ファンデーション
  • ルースパウダー

メイク直しの仕方

毛穴落ち・毛穴浮きに限らず、化粧崩れに気が付いたときにやってはいけないことは、化粧崩れをしている部分の上からさらにメイクを重ねることです。

化粧崩れした肌にそのままメイクを重ねてしまうと、余分な皮脂や汚れが肌の上に残っているため、またすぐに化粧崩れをしやすくなってしまいます。

メイク直しをする時は、乳液を使うのがおすすめ。

乳液に配合されている油分で崩れた化粧をオフしながら、保湿の役割も一緒に果たしてくれますよ。

【メイク直しの手順】

  1. まず、毛穴浮きや毛穴落ちが目立つ部分に、乳液を浸したティッシュやコットンを滑らせるように軽く当てて、余分な皮脂や崩れたメイクを取り除く。
  2. 乳液が肌になじんだら化粧下地や液状のファンデーションを薄く均一に伸ばす
  3. ルースパウダーを重ねて肌を均一に見せつつ、皮脂崩れも防止

毛穴落ちと毛穴浮きの大きな原因の一つは皮脂の過剰な分泌です。

「余分な皮脂や油分を取り除き、保湿を行う」ことがメイク直しで大切なポイントになるので、油分や保湿成分が配合されている乳液はメイク直しのお供にぴったり。

100円均一などで購入できるトラベル用の詰替え容器に手持ちの乳液を入れて、ポーチにしのばせておくと、外出先の化粧崩れによる毛穴トラブルも解決することができますよ。

毛穴の目立たないメイク直しのやり方を詳しく見たい人はこちら