鏡を見て頬を気にする女性の画像
西村陽子プロフィール

エイジングケアとインナービューティーのスペシャリスト

西村 陽子

開き毛穴、詰まり毛穴、たるみ毛穴…など様々な毛穴トラブルを改善するカギとなるのが肌の保湿です。

毛穴トラブルを改善するための保湿方法と、おすすめのスキンケア化粧品、化粧下地を紹介。
正しい毛穴ケアで毛穴レスな肌を手に入れましょう!

毛穴トラブルの改善には保湿が重要

頬に手をあてる女性の画像

毛穴トラブルを改善するためには、「洗顔をして余分な皮脂を取る」「角栓を取り除く」「毛穴引き締め効果のある化粧水を使う」といったスキンケア方法がありますが、「色々と毛穴ケアをしているのになかなか改善しない」という声をよく耳にします。

毛穴トラブルが改善しないのは、毛穴ケアが正しく行われていないのかもしれません。
実は、毛穴のトラブルは原因によっていくつかタイプがあり、それぞれスキンケアのポイントが異なります。

【毛穴トラブル】あなたはどのタイプ?

自身の毛穴タイプが分かるちゃーと表

【毛穴タイプ別】原因とお手入れ法

 

原因お手入れのポイント

開き毛穴

  • 過剰な皮脂の分泌
  • 正しい洗顔
  • 保湿
  • 皮脂を抑える成分を補給

たるみ毛穴

  • 肌の乾燥
  • 真皮内のコラーゲンやエラスチンなどの減少による肌のたるみ
  • 保湿
  • コラーゲンなどの生産を促進する成分を補給

詰まり毛穴
黒ずみ毛穴

  • 過剰な皮脂分泌
  • 肌のターンオーバーの乱れによる角化異常
  • 正しい洗顔
  • 保湿
  • 角質ケア

毛穴のシミ

  • 紫外線や毛穴の炎症
  • 肌のバリア機能を高める保湿
  • 肌の炎症を抑える成分を補給

表を見ても分かるように、毛穴トラブルは原因が様々で、毛穴ケア方法や肌が必要とする成分が異なってきますが、どの毛穴トラブルも共通して保湿が必要です。
では、それぞれの毛穴タイプ別に、保湿が必要な理由を詳しく見てみましょう。

開き毛穴と保湿の関係

オレンジ

みかんの皮のように、ぱっくり口を開いた毛穴が目立つ「開き毛穴」。
開き毛穴とは、過剰に分泌した皮脂が毛穴に刺激を与え、毛穴の入り口の皮膚に角化異常(角質層が新しい細胞に生まれ変わるときに異常が発生すること)が起こり、毛穴がすり鉢状に変形したものです。

皮脂の過剰分泌は、ホルモンバランスの乱れや、食生活の偏りなど様々な原因で起こりますが、間違った洗顔やスキンケアによって皮脂を取りすぎることで肌が乾燥し、肌の乾燥を防ごうと皮脂の分泌が増える場合もよくあります。

開き毛穴が目立つ人で、以下に当てはまる人は肌の乾燥が原因で皮脂の分泌が増えている可能性が高いでしょう。

  • 20代後半以降の人
  • 大人ニキビができやすい人
  • 肌が乾燥しているのにTゾーンなどがベタつく
  • 皮脂が多いのに、肌がごわついている

肌の乾燥が原因で皮脂が分泌した肌は「インナードライ肌」と呼ばれ、次のようなしくみで起こります。

インナードライ肌が起こるしくみ

加齢によって皮脂の分泌が減る、
もしくはスキンケアで皮脂を取り過ぎる


肌が乾燥する

乾燥を改善しようと肌が皮脂の分泌を増やす

皮脂の分泌が気になって、
皮脂を取るスキンケアをする


さらに肌の乾燥が進み、
乾燥を改善しようと肌が皮脂の分泌を増やす

インナードライ肌の人は開き毛穴になりやすいので、皮脂を取りすぎるスキンケアを止め、肌をしっかり保湿してインナードライ肌を改善していきましょう。

肌が十分に水分を保った状態が続けば皮脂の過剰分泌が抑えられ、開き毛穴も改善していきます。

たるみ毛穴と保湿の関係

肌の状態を気にする女性

たるみ毛穴とは、主に30代以降の人の頬などによく見られる毛穴トラブルで、毛穴の形がしずく型(涙型)や楕円形になって目立つのが特徴です。
毛穴周りの肌のハリが失われることや、肌の弾力を作り出す成分が減少することが原因で、どちらも肌の乾燥が大きく関わっています。

肌が乾燥すると、毛穴周りの肌がカサつき、ハリが失われます。
本来毛穴は入り口が少し閉じていて、奥に行くほど穴が大きくなるしずくのような形をしていますが、毛穴の入り口の肌が乾燥すると、毛穴の締りが悪くなって開いたままになってしまいます。

たるみ毛穴は、開いた毛穴にさらに肌のたるみが加わり、重力によってだらんと垂れ下がってしったもの。
肌のたるみは、肌の表皮の奥にある真皮の、肌の弾力を作り出す成分(コラーゲンやエラスチン)の減少が原因です。

コラーゲンやエラスチンは加齢によって減少することがわかっていますが、肌の乾燥もコラーゲンやエラスチンの減少を引き起こすことを知っていますか?

コラーゲンやエラスチンを作り出しているのは真皮にある「線維芽細胞」と呼ばれる細胞。肌が乾燥すると、線維芽細胞の働きが鈍って、コラーゲンやエラスチンの生産量が減少してしまうのです。

肌のハリを取り戻してたるみ毛穴を改善するために、肌の保湿がとても重要なことが分かってもらえたでしょうか。

詰まり毛穴と保湿の関係

毛穴に角栓が詰まってポツポツが目立つ「詰まり毛穴」。
詰まった角栓が酸化して黒ずんでくると、黒いポツポツが目立って「イチゴ鼻」と呼ばれることもあります。

毛穴に詰まった角栓を取ろうと、角栓を取るパックをしたり、毛抜きなどで角栓を取り去ったり、スクラブの入った洗顔料でゴシゴシこすったり…といったケアをしていませんか?

毛穴に詰まった角栓を取りたい気持ちはわかりますが、無理に角栓を取り除こうとすると、毛穴周りの皮膚に強い刺激を与え、皮膚を傷つけてしまうことがあります。

毛穴に詰まっている角栓の正体は、角質と皮脂が混ざったもので、7割が角質、3割が皮脂でできています。

「角栓は目立つし不要なもの」と思っている人も多いかもしれませんが、角栓自体は本来毛穴に外部から細菌や異物が侵入するのを防ぐ役割があり、悪いものではありません。角栓が大きくなって毛穴からはみ出してしまうことが問題なのです。大きな角栓を作らないために気をつけたいのが「角質のケア」です。

大きな角栓を作ってしまう原因の1つが、角質層のターンオーバーが滞って、角質が厚くなってしまう「角質肥厚(かくしつひこう)」。

角質は本来肌のターンオーバーという働きによって28日から55日くらいの間隔で剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わっていますが、肌のターンオーバーが乱れると、古くなった角質が肌に残ってしまいます。残った角質が厚くなったものが角質肥厚で、角質肥厚があると大きな角栓ができやすくなります。

肌のターンオーバーが乱れる原因は加齢やホルモンバランスの乱れなどたくさんありますが、肌の乾燥も肌のターンオーバーを乱す大きな要因です。

角質肥厚を改善するには、肌をしっかり保湿して、肌のターンオーバーを整えることが重要です。
肌のターンオーバーが整って角質肥厚が改善されると、角栓が目立たない健康な毛穴になってきます。

毛穴のシミと保湿の関係

女性が手鏡を持っている写真

頬などにできる「シミ」と同じように、毛穴周りの肌にシミができて、毛穴が黒く目立つことがあります。
毛穴のシミは、見た目は開き毛穴や詰まり毛穴に似ていますが、毛穴を拡大して見てみると毛穴周りの肌が茶色や黒っぽくなっていることでわかります。

毛穴のシミが出来るメカニズム

毛穴周辺の肌に
「紫外線」「毛穴の炎症」「角栓をとるケアなどによる刺激」
といった様々な刺激が与えられる


肌が自らを守るためにメラニン色素を作る

肌のターンオーバーが滞ると
メラニンの排出が上手く行かずシミが発生する

毛穴のシミの原因は外部からの刺激なので、なるべく毛穴に刺激を与えないようにすることが大切です。

また、シミができるもう一つの要因である「肌のターンオーバーの乱れ」を整えることも毛穴のシミの改善や予防に有効です。

肌のターンオーバーが乱れる原因は沢山ありますが、上で述べたように肌の乾燥も肌のターンオーバーを滞らせる要因です。
肌を保湿することで肌のターンオーバーが整えば、メラニンの排出がスムーズに行われて、毛穴のシミができにくくなります。

毛穴のシミができる原因の1つである「毛穴の炎症」には、「ニキビ」や「毛のう炎」などがありますが、毛穴の炎症を防ぐためには、毛穴周辺の肌のバリア機能を高めることが有効です。

肌のバリア機能は角質層が担っています。バリア機能を高めるには角質層を保湿して健康な状態に保つことが重要。
肌のバリア機能が高まると、肌に細菌が侵入しにくくなり、毛穴の炎症を防ぐことができます。

保湿で改善できない毛穴トラブルもある

やってはいけない行動

上で述べたように、ほとんどの毛穴トラブルに保湿は必要かつ有効です。

ただし、毛穴トラブルの中でも、「クレーター毛穴」と呼ばれる、ニキビ跡がクレーターのように大きく凹んでしまったタイプは、炎症が真皮に及んで真皮の組織が変形しているので、表皮にある角質層を保湿しても改善は見込めません。

クレーター毛穴を自分で改善することは難しいので、皮膚科か美容皮膚科などで治療を受けることをおすすめします。

毛穴トラブルを改善する保湿方法

鏡を見つめる女性の画像

「開き毛穴」「詰まり毛穴」「たるみ毛穴」「毛穴のシミ」に、保湿が大切なことが分かってもらえたでしょうか?

「保湿なら日々のスキンケアで行っている」という人がほとんだと思いますが、毛穴をケアする場合の正しい保湿について、一度見直してみましょう。

毛穴ケアの正しい保湿は洗顔から

蛇口で手を洗う

保湿といえば、化粧水や乳液などスキンケア化粧品を肌に付けることを思い浮かべると思いますが、毛穴ケアの保湿を考える場合、まずは洗顔を見直すことが大切です。

毛穴にトラブルがある人は、毛穴の皮脂や角栓を落とそうとスクラブの入った洗顔料を使用したり、洗顔時にゴシゴシとこすったりといった「毛穴に刺激を与える洗顔」を行いがち。
洗顔の時、肌に摩擦や刺激を与えると、肌が本来持っている「肌の水分を保つしくみ」である「肌の三大保湿因子」が失われてしまいます。

肌の三大保湿因子

  1. 皮脂膜…毛穴にある皮脂腺から分泌された皮脂と汗などが混じって膜のように角質層を覆ったもの。角質層の水分の蒸発を防ぐ。
  2. 細胞間脂質…角質細胞と角質細胞をしっかりとつなぎ合わせて、角質層を健康に保つ。
  3. NMF(天然保湿因子)…角質細胞内にある水分を保つ。

毛穴ケアにおける保湿は、肌の保湿因子を失わない、肌に優しい洗顔を行うことから始めましょう。

肌に優しい洗顔

  1. 洗顔料を泡立てる
  2. 毛穴汚れが気になる部分から泡をのせ、泡をクッションにして肌を強くこすらないように優しく洗う
  3. 34度位のぬるま湯で15回以上すすぐ
  4. タオルで水分を優しく押さえるようにして取り、すみやかに保湿する

「毛穴に詰まった角栓がどうしても気になる」という人は、洗顔で無理に角栓を落とそうとしないでください。
スクラブや角栓パックも一時的に角栓が取れてすっきりしますが、毛穴周りの肌を傷つけてしまい、毛穴のシミを作る原因になります。

角栓が気になる場合は、毛穴に入り込んで汚れを吸着する成分(クレイ、シリカパウダーなど)を配合した洗顔料を使用して、摩擦や力を加えずに毛穴汚れを落とすことをおすすめします。

毛穴ケアの保湿に必要な成分

アイテム
正しい洗顔の後は、スキンケア化粧品を使って保湿をしていきます。毛穴ケアの保湿におすすめの成分や保湿のポイントについて解説します。

1.肌のバリア機能を高める「セラミド」を補給する

笑顔で頬に手を当てる女性

毛穴ケアの保湿に最も重要な成分は、角質層内にある「細胞間脂質」の主成分である「セラミド」です。
細胞間脂質は角質細胞をしっかりとつなぎとめる役割を果たしていて、強くしなやかな角質層を作るのに欠かせない成分。セラミドを肌に補給することで、肌のバリア機能を高める効果が期待できます。

セラミドにはいくつか種類がありますが、保湿効果が高いのは「ヒト型セラミド」と呼ばれるタイプ。
ヒト型セラミドは、「セラミド2」「セラミド3」のように「セラミド+数字」で表記されるか、「セラミドNP」「セラミドAP」のように「セラミド+アルファベット」の形で表示されています。

2. 肌の保湿因子に含まれる保湿成分もおすすめ

ミルク 王冠

肌の保湿因子の一つであるNMF(天然保湿因子)。NMF(天然保湿因子)の成分としては「アミノ酸」(アルギニン、ロイシン、グリシン、セリン、プロリンなど)や「PCA-Na」「乳酸Na」などが肌への刺激が少なく、保湿力が高いのでおすすめです。

3.油分の補給は注意が必要

女性が化粧品を手に持っている

スキンケア化粧品の乳液とクリームには、油性成分が含まれていて、皮脂と同じように肌の表面を覆うことで、水分の蒸発を防ぐという役割があります。

毛穴ケアにおいても、肌の保湿因子の1つである皮脂に近い成分をスキンケアの最後に補給することは必要ですが、皮脂が過剰に分泌しているタイプの毛穴(開き毛穴や詰まり毛穴)の人は、油分は控えめにするほうがいいでしょう。

皮脂の分泌が多い人でも正しい洗顔や保湿を続けていると、自然と皮脂の過剰分泌が抑えられてきます。皮脂の分泌が落ち着いてきたら、クリームや乳液で油分を補うようにしましょう。

皮脂に近い成分としては以下の成分がおすすめです。

  • スクアラン…皮脂に含まれるスクアレンに水素を添加して安定させた成分。肌なじみがよく肌への刺激も少ない。
  • ホホバ油…皮脂に含まれるワックスエステルが主成分。肌なじみがよく肌への刺激も少ない。

【毛穴タイプ別】保湿時にプラスしたい成分

毛穴ケアの保湿の基本は上で紹介しましたが、保湿を行う時、毛穴トラブルを改善するために必要な成分も一緒に肌に補給すると、毛穴ケアの改善がスムーズに進みますよ。

毛穴タイプ別おすすめの成分

 

おすすめの成分

働き

開き毛穴

ビタミンC

皮脂の分泌を抑える

たるみ毛穴

ビタミンC
レチノール
FGA

真皮のコラーゲン生成を促す

詰まり毛穴

ビタミンC

皮脂の分泌を抑える

AHA(フルーツ酸)

古くなった角質を落とす

毛穴のシミ

ビタミンC
アルブチン
プラセンタエキス
コウジ酸
エラグ酸など

メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ

【保湿で毛穴ケア】おすすめのスキンケア化粧品

顎を触る女性
毛穴トラブル改善のための保湿方法がわかったところで、実際に毛穴ケアに使えるおすすめの保湿アイテムを幾つか紹介しましょう。
アイテム毎に、どのタイプの毛穴トラブルにおすすめなのかも記載しているので参考にしてくださいね。

毛穴ケアの保湿におすすめの洗顔石鹸

【詰まり毛穴向け】然-しかり-よかせっけん

然―しかり― よかせっけん

然-しかり-よかせっけん 88g 1,944円(税込)

然-しかり-よかせっけんの特徴

  •  火山灰を加工した「超微細シリカパウダー」が毛穴の汚れを優しく吸着
  • 「ローヤルゼリーエキス」「コラーゲン」「アロエエキス」など豊富な保湿成分を配合した練り石けん
  • 防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、エタノール不使用の完然無添加

然-しかり-よかせっけんは、洗顔石鹸ランキングでも常に上位に入る、累計販売個数2,400万個を超える人気の洗顔石鹸です。
クリーミーな泡とミクロ加工したシリカパウダーが毛穴汚れを優しく落とすので、毛穴に刺激を与えず毛穴ケアができます。保湿成分の多い練り石鹸で、洗い上がりがしっとりとつっぱりません。

【全ての毛穴タイプ向け】ココラルムマイルドソープ

ココラルムマイルドソープ

ココラルムマイルドソープ 85g  [2か月毎お届けコース初回半額] 1,536円(税込み)

ココラルムマイルドソープ の特徴

  • 最高級「ヴァージンココナッツオイル」配合で豊富な泡立ち
  • ヴァージンココナッツオイルに含まれる皮脂に近い成分「ラウリン酸」が洗い上がりの高い保湿力を実現
  • 石油系界面活性剤、防腐剤、香料、着色料不使用

ココラルムマイルドソープは、健康食品やサプリメントでおなじみの「さくらの森」が販売する洗顔石鹸です。全成分が「石けん素地、ヤシ油、ステアリン酸、ヒアルロン酸Na、水酸化K、水」というシンプルな構成ですが、洗浄力と保湿力のバランスがよく「しっかり洗えるのに、洗い上がりがしっとり」「毛穴が目立たなくなった」と口コミでも高い評価を得ています。

毛穴ケアにおすすめのスキンケア化粧品

【全ての毛穴タイプに】ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

【全ての毛穴タイプに】ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット
ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット 1,944円(税込)

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセットの内容

  • クレイウォッシュ(洗顔料) 15g
  • QuSomeローション (化粧水) 20mL
  • Cセラム (美容液) 5mL
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム  7g
ビーグレン 毛穴ケアセットの特徴

  • クレイウォッシュには毛穴汚れを優しく落とす天然クレイ「モンモリロナイト」を配合
  • 独自技術Qusomeカプセルによって保湿成分が肌に長時間作用
  • Cセラムには皮脂の分泌を抑え、毛穴のシミ予防に効果のある「ビタミンC」を配合

ビーグレンは薬学博士開発の化粧品で、独自の浸透技術Qusomeによって保湿成分が肌の奥深く(角層まで)に届き、長時間効果を発揮することが可能になりました。毛穴汚れを優しく落とすクレイウォッシュや、サラリとした使用感のクリームなど、毛穴ケアの保湿にぴったりのスキンケア化粧品です。

【開き毛穴・詰まり毛穴におすすめ】オルビス アクアフォース 特別セット

オルビスオルビス アクアフォース特別セット 2,500円(税込)

アクアフォース特別セットの内容

  • アクアフォース マイルドウォッシュ(洗顔料)20g
  • アクアフォースローション(化粧水) 40mL
  • アクアフォースモイスチャー(美容液) 14g
  • アクアローション (化粧水) 180mL
  • オリジナルふわふわ抗菌タオル
オルビス アクアフォースの特徴

  • 保湿成分「ピュアアクアエッセンス」と「ラミナリア」が毛穴周りの肌を保湿
  • 角質層内のすき間に入り込んで、潤いを抱え込む「うるおいマグネットAQ」を配合
  • 開き毛穴や詰まり毛穴におすすめの100%オイルカット処方

オルビス アクアフォースは洗顔料、化粧水、美容液3つのアイテムが雑誌「VOCE」の月間ランキング1位を獲得し、シリーズ累計販売個数が3500万個を突破している人気のスキンケア化粧品です。
皮脂の分泌が気になる開き毛穴や詰まり毛穴タイプの人におすすめのオイルカット処方。オイルは使用していなくても、豊富な保湿成分で角質層をしっかり保湿することができます。

【たるみ毛穴におすすめ】米肌 潤い体感セット

米肌 潤い体感セット

米肌 潤い体感セット (14日分) 初回限定 1,500円(税込)

米肌 潤い体感セットの内容

  • 肌潤石鹸 15g
  • 肌潤化粧水 30ml
  • 肌潤改善エッセンス(美容液) 12mL
  • 肌潤クリーム 10g
  • [特典非売品]肌潤化粧水マスク
米肌の特徴

  • セラミドを生産し、水分保持能を改善する保湿成分「ライスパワーNo.11」が毛穴を目立たなくする
  • NMF(天然保湿因子)の働きをサポートする「ビフィズス菌発酵エキス」とNMF(天然保湿因子)の主要成分「乳酸Na」を配合
  • 保湿効果に優れた「ダイズ発酵エキス」が毛穴周りの肌をふっくら保湿

米肌といえば、コーセーが独自開発したセラミド生産をサポートする成分「ライスパワーNo.11」が魅力の化粧品です。公式サイトでも「毛穴の目立たない肌に導く」と謳っているように、高い保湿力で毛穴ケアができるスキンケア化粧品として人気を集めています。口コミには「毛穴だけでなく、肌のハリが生まれ、キメも整った」と潤いを実感している声が多数ありました。

【たるみ毛穴におすすめ】アヤナス トライアルセット

アヤナス トライアルセット

アヤナス トライアルセット 10日分 1,480円(税込)

アヤナス トライアルセットの内容

  • アヤナス ローションコンセントレート(化粧水)20mL
  • アヤナス エッセンスコンセントレート(美容液)10g
  • アヤナス アイクリームコンセントレート 1包
  • アヤナス クリームコンセントレート 9g
アヤナスの特徴

  • 通常のセラミドの4倍の浸透力のある「セラミドナノスフィア」が毛穴周りの肌を保湿
  • 特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」が角質層を守り肌の乾燥を防ぐ
  • 繊維芽細胞を増加させる「ヒルベリー葉エキス」と、繊維芽細胞を活性化させる「CVアルギネート」配合

アヤナスは敏感肌向けブランド「ディセンシア」のエイジングケア化粧品です。保湿成分「セラミドナノスフィア」や角質を健康に保つ「パルマリン」、血行促進効果のある「ジンセンX」など年齢肌向けの美容成分がたっぷり。肌のコラーゲンやエラスチンを作る「繊維芽細胞」に働く成分も配合した「たるみ毛穴」に最適なスキンケア化粧品です。

保湿しながら毛穴も隠す化粧下地

クリームを手に乗せている写真
毛穴トラブルの改善には毎日の保湿が大切ですが、保湿によって肌のバリア機能を高め、肌のターンオーバーを整えるには、数週間から数ヶ月といった長い期間がかかります。

毛穴トラブルが改善するまでの期間「今、目立つ毛穴を何とかしたい!」という人も多いですよね。毛穴が目立つのが気になる人におすすめなのが、肌を保湿しつつ毛穴を目立たなくする「化粧下地」です。

毛穴の凹凸を目立たなくする成分を配合した化粧下地を使えば、毛穴トラブルが改善するまでの間も、毛穴の目立ちに悩まされることがありません。
「毛穴を目立たなくする効果」と「保湿効果」の両方が期待できる優秀な化粧下地を紹介します。

【毛穴ケア保湿など一本で7役】アヤナスBBクリーム

アヤナスBBクリーム

アヤナスBBクリーム 25g 4,320円(税込)

アヤナスBBクリームの特徴

  • 保湿成分「ナノセラミド」が毛穴周りの肌を保湿
  • コラーゲン生成をサポートする「CVアルギネート」がたるみ毛穴を改善
  • 毛穴を目立たなくする「スムースクリアビーズ」配合

敏感肌向け化粧品アヤナスの化粧下地は、一本で化粧下地、保湿、毛穴補正、UVカット、エイジングケア、薄化粧、外部刺激ブロックの7役をこなす優れもの。毛穴の凸凹を埋める球状粉体「スムースクリアビーズ」と光を反射する板状粉体を配合し、毛穴の目立たないスムースな肌を作ります。

【高保湿と毛穴補正が叶う】エスプリークCCベースモイスト

 

エスプリークCCベースモイスト

エスプリーク CCベースモイスト 30g 2,860円(税込)Amazon参考価格

エスプリーク CCベースモイストの特徴

  • 毛穴を埋める「球状粉体」を配合
  • 白く明るい光を反射して毛穴を目立たなくする「黒ずみ毛穴カバーパウダー」配合
  • 「アミノ酸由来のバーム」が水分をしっかり抱え込んで毛穴周りの肌をふっくら保湿

エスプリークCCベースモイストは、冬の乾燥の気になる季節でもふっくら潤う高保湿タイプの化粧下地です。開き毛穴や詰まり毛穴、たるみ毛穴に対応できる毛穴ケア成分を配合。「13時間も毛穴が見えない」と謳っている、崩れにくい化粧下地です。

正しい保湿で毛穴トラブル予防できる!

頬に手をあてながら鏡をみている女性
毛穴にトラブルがあると、メイクをして目立ったり、老けた印象になったりと憂鬱ですよね。
開き毛穴、たるみ毛穴など色々な毛穴タイプがありますが、どのタイプでも基本は毛穴周りの肌をしっかり保湿することで、毛穴トラブルを改善、予防することが可能です。

毛穴トラブルの改善法として保湿はとても重要ですが、保湿には即効性はありません。
毎日コツコツと保湿を続けることで、毛穴が目立たなくなったり、角栓が気にならなくなったりと、効果は少しずつ見えてきますよ。

また、保湿は毛穴トラブルの予防にとても大切です。毛穴が目立たなくなった後も、予防のためにしっかり保湿を心がけるようにしてくださいね。