悩む女性
西村陽子プロフィール

エイジングケアとインナービューティーのスペシャリスト

西村 陽子

気がつけば毛穴にポツポツと詰まっている角栓。

角栓は取ってもすぐにまた詰まり、「なかなか毛穴詰まりが改善しない…」と困っている人も多いですよね。

「角栓を作らない」スキンケアをマスターして、毛穴詰まりのないツルスベ肌を手に入れましょう!

目次

毛穴詰まりが起こる原因

マッサージする女性

「小鼻に角栓がポツポツとできる」「角栓が黒ずんで目立つ」・・・など、毛穴詰まりに悩まされている人は多いですよね。

毛穴が詰まるとファンデーションがよれて毛穴が目立ったり、肌のザラつきが気になったりと、化粧ノリが悪くなってしまいます。

私達を悩ます毛穴詰まりは、一体どのようなしくみで起こるのでしょうか?

毛穴詰まりの正体は「角栓」

気がつくとすぐに詰まってしまう毛穴。毛穴を塞いでいるのは、皆さんもよく知っている「角栓」です。

角栓とは、一見皮脂が固まったものに見えますが、角栓は角質が7割、皮脂が3割でできています。

角栓の大部分を占める「角質」とは、私達の肌の一番外側にある組織。

お風呂のときに「垢」となって剥がれ落ちているのは古くなった角質の一部です。

角質は、角質細胞が層状になった組織ですが、古くなった角質は表面から順に剥がれ落ち、28日~55日のサイクルで、肌内部から上がってきた新しい角質細胞に生まれ変わっています(下図参照)。

ターンオーバーのイラスト

角質細胞が新しい細胞に生まれ変わるしくみは、「肌のターンオーバー」と呼ばれています。

肌のターンオーバーによって剥がれ落ちた毛穴の角質と、毛穴の奥の「皮脂腺」から分泌されている皮脂が混ざり合うことで角栓ができるのです。

角栓には、毛穴に細菌などが入らないように守る働きがあり、角栓自体は悪いものではありません。

通常、角栓は毛穴の奥に小さくできているので、毛穴を塞いでしまうことはないのですが、角栓が大きくなりすぎると、毛穴詰まりの原因となってしまいます。

大きな角栓ができる原因

鏡を見る女性

毛穴詰まりの原因である「大きな角栓」はどうしてできてしまうのでしょうか?大きな角栓ができる要因は2つあります。

角質が肌に溜まる「角質肥厚(かくしつひこう)」

角栓の7割は「角質」でできています。大きな角栓ができる原因は、毛穴周りの肌に古くなった角栓が溜まっているからです。

肌のターンオーバーが正常に行われていると、角質は一定の厚さを保っていますが、肌のターンオーバーが滞って、角質が剥がれ落ちないでいると、古くなった角質が肌に溜まり、角質が厚く、ゴワついてきます(下図参照)。

肌の断面図

角質が厚く肌に溜まった状態は「角質肥厚(かくしつひこう)」と呼ばれ、毛穴周りの肌に角質肥厚が起こると、大きな角栓ができてしまうのです。

角質肥厚の原因である肌のターンオーバーの乱れは、紫外線や肌の乾燥、ストレスなどさまざまな要因で起こります。

また、毛穴に詰まった角栓を毛抜きや爪などで頻繁に取り除くなど、外部からの刺激が繰り返し肌に加わると、肌は自らを守るために角質を厚くすることもあるので、お手入れの際は肌に刺激を与えないよう気を付けましょう。

過剰な皮脂の分泌

大きな角栓ができるもう一つの要因は、過剰な皮脂の分泌です。

角栓のうち、皮脂の占める割合は約3割ですが、皮脂の分泌が通常よりも多いと、常に毛穴に皮脂が溜まった状態になり、そこに古くなった角質が混ざることで、毛穴詰まりが起こります。

毛穴詰まりが鼻などのTゾーンに多いのは、Tゾーンは皮脂の分泌が多いことが理由です。

皮脂が過剰に分泌される原因はいくつかあります。

  • ホルモンバランスの乱れ(男性ホルモンが増えると皮脂の分泌が増える)
  • 皮脂の分泌を増やす食べ物の摂り過ぎ(糖質、中性脂肪など)
  • 肌の乾燥

落としきれていないメイクも毛穴詰まりの原因に

毛穴詰まりの大きな原因は角栓ですが、もう一つ毛穴つまりの原因となるのが、クレンジングで落としきれていないメイクです。

特にファンデーションなどは毛穴の奥に入り込みやすく、クレンジングが不十分だと毛穴に残ってしまうことも・・・。

ファンデーションは油分を多く含むので、毛穴にある角栓と混ざると、毛穴詰まりの原因となることがあります。

【検証】あなたの角栓ケア間違っていませんか?

指をさす女性

毛穴詰まりの原因となる大きな角栓ですが、角栓パックを使ったり、毛抜きで角栓を抜いたり・・・「角栓ケアをやっている」という人も多いですよね。

角栓には色々なお手入れ方法がありますが、角栓を取っても「またすぐに毛穴が詰まる」と感じていませんか?

また、インターネットなどには様々な角栓ケアの方法が紹介されていますが、実際に効果はどの程度あるのでしょうか?

皆さんが普段行っている角栓ケアやインターネットなどで紹介されている角栓ケアについて検証してみたいと思います。

角栓パック

角栓パックとは、鼻を水で濡らしたところにパックを貼り付けて、5分から10分ほど置いた後、乾いたパックを剥がすことで、毛穴につまった角栓を剥がし取るというものです。

角栓パックはドラッグストアなどでも売られていて、値段も500円前後と安価なので利用したことがある人も多いのではないでしょうか?

パックを剥がすっと一度にたくさんの角栓が取れているのがわかるので、とてもすっきりしますよね。

角栓パックは、一度に多くの角栓を取ることができるので、とても便利ですが、角栓パックには、角栓をシートに絡めるために強い接着成分が使われています。

角栓パックは、剥がすときに肌表面の角質などもごっそり剥がしてしまう可能性があるのです。

特に、敏感肌の人など肌が弱い人の場合、パックの成分で肌荒れを起こすことも。角栓パックは、肌への刺激という点からあまりおすすめできる角栓ケアではありません。

また、角栓パックは「角栓を取るだけ」なので、「角栓ができないようにする」という根本解決ではないないことからも、毛穴詰まりに対する効果は一時的だと言えるでしょう。

毛抜きや爪を使って角栓を取る

角栓が大きくなって、毛穴からひょっこり頭を出してくると「そのまま引き抜きたい」という衝動にかられますよね。

「目立つ角栓を毛抜きで抜く」というだけなら、毛穴周りの肌を傷つけないようにすれば、毛穴に対して大きな害はありませんが、毛抜きは金属なので、どうしても肌を傷つけがちです。

毛穴にとって良くないのが、「爪を使って角栓を絞り出すようにして取る」というやり方。

爪で毛穴周りの肌を擦ると、肌を傷つけるだけでなく、爪についた雑菌が毛穴に入り、毛穴の炎症を起こす恐れがあります。

また、毛穴周りの肌に繰り返し物理的な刺激を与えていると、肌が自らを守ろうと角質を厚くする「角質肥厚」が起こる可能性があります。

角質肥厚は大きな角栓を作る原因となるので、「爪で角栓を取る」というのは、角栓ケアとしては最もおすすめできないやり方です。

スクラブの入った洗顔料でゴシゴシ洗う

洗顔中の女性

毛穴詰まりを落とそうと、スクラブ入りの洗顔料を使っている人も多いのではないでしょうか。

スクラブとは「小さな粒子(つぶ)」のことで、「マイクロビーズ」「ナイロンパウダー」「こんにゃく」「重曹」「小豆」など様々な素材で作られたスクラブがあります。

基本的に、スクラブは肌を傷めないように丸く、小さく加工されていますが、角栓を落とそうと、毛穴周りをゴシゴシと擦ると肌を傷つけてしまいます。

また、敏感肌の場合、スクラブ自体が肌への刺激となることがあるので、使用は避けたほうが良いでしょう。

スクラブは、なるべく粒子が細かいもの、肌を傷めない弾力性のあるものを使用して、肌に強い力を加えない、という使い方を守れば、角栓を落としたり、角栓の原因である古くなった角質を落とす効果が期待できます。

スクラブの欠点は、角質を傷つける恐れがあることと、スクラブそのものが肌への刺激となり、角質肥厚を招く可能性があることです。

使い方によっては肌を傷めやすい、敏感肌には刺激になると言った点から、あまりおすすめはできない角栓ケアだといえるでしょう。

綿棒とオイルで角栓を取る

インターネットなどで「角栓ケア」を検索すると「綿棒を使って角栓が取れる」という方法が紹介されています。

綿棒を使った角栓ケアのやり方は以下の通りです。

綿棒とオイルで角栓を落とす方法

  1. 蒸しタオルで毛穴を開く
  2. 綿棒にオイルを染み込ませ、優しく毛穴周りをコロコロと転がす
  3. ティッシュなどで優しくオイルを拭き取る

使用するオイルは、ベビーオイル、オリーブ油、ホホバ油などですが、基本のやり方は同じです。蒸しタオルで毛穴を開くことで、毛穴の奥にオイルが浸透して、角栓を柔らかくして綿棒で絡め取る、と言う方法です。

ハリツヤ編集部では、実際に様々なオイルを使って、角栓や毛穴汚れが取れるかどうかを実験&検証しています。

【ホホバオイルでの実験はこちら】

【ベビーオイルでの実験はこちら】

【オリーブオイルでの実験はこちら】

実験からは、綿棒とオイルでの毛穴ケアによって、角栓や毛穴汚れが多少減少したという結果がでていますが、多くの角栓は肌に残ったままでした。

また、綿棒を使った角栓ケアは、肌に摩擦が加わるので、敏感肌の人には適さないと言えるでしょう。

毛穴詰まりを改善するスキンケアとおすすめの化粧品

タオルと小瓶

「角栓パック」や「綿棒での角栓ケア」などはどれも角栓を取るだけの「対症療法」で、角栓をできにくくするための根本解決ではありません。

毛穴詰まりを解消するには、「角栓を作らせないスキンケア」が有効です。

角栓ができにくいスキンケア方法とおすすめの洗顔料や化粧品を紹介するので、ぜひ毛穴詰まり解消のために実践してみてくださいね。

クレンジング・洗顔を見直す

鏡を見つめる女性

毛穴詰まりを改善するためのスキンケアの基本はクレンジングと洗顔の見直しです。

上での紹介したように、「角栓を取る」という対処法は、どうしても肌を傷つけてしまいがち。

毛穴詰まり改善のスキンケアは、角栓の原因である「角質肥厚の改善」と「皮脂の過剰な分泌を抑える」ことを意識して行うようにしましょう。

クレンジングは毛穴に優しく、確実にメイクを落とす

毛穴詰まりを改善するためのクレンジングで気をつけるポイントは、「メイクを毛穴に残さない」ということです。

メイクは指などでゴシゴシと落とすのではなく、クレンジング料に配合されている界面活性剤の力で優しく浮き上がらせて落とします。

メイクや角栓を落とそうと毛穴周りに肌に摩擦や刺激を与えると、角質肥厚が起きたり、肌の保湿因子を洗い流してしまって、肌が乾燥し、皮脂の分泌が増えたりするので注意が必要です。

おすすめのクレンジング

肌に強い摩擦を加えずに、確実に角栓やメイクを落とせるクレンジング料を紹介します。

【こすらなくてもメイクや角栓が落ちる】ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケルマイルドクレンジング公式サイトの写真

ファンケル マイルドクレンジングオイル 120mL 公式価格 1,836円(税込)

ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴

  • 毛穴詰まりの原因になる角栓をこすらず落とせる「毛穴つるスベオイル」配合
  • ウォータープルーフのメイクも短時間でこすらず落ちる
  • 角質層内の保湿因子MNF-PCAをキープするので、クレンジング後もしっとり潤う

ファンケル マイルドクレンジングオイルは@cosmeのベストコスメアワード2016殿堂入りを果たした、高い人気を誇るクレンジングオイルです。

独自の「毛穴つるスベオイル」が毛穴の奥の角栓から、脂肪酸が多く落ちにくい角栓まで、様々な角栓を短時間で落としてくれるので、肌に負担をかけず角栓ケアが叶います。

クレンジングオイルは肌が乾燥しやすいと言われますが、マイルドクレンジングオイルは肌に摩擦をかけず短時間で汚れを落とせるので、肌の潤い成分はしっかりキープ。

口コミでも「毛穴のザラつきが無くなった」「洗い上がりがしっとり」と高い評価を得ています。

【メイク落としと保湿が両方叶う】マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル 200g 初回限定 2,990円(税込)

マナラホットクレンジングゲルの特徴

  • 「オリーブ油」と「メドゥフォーム油」が毛穴汚れを溶かし出し、吸着力のあるゲルが毛穴の詰まりをしっかりオフ
  • 「ノイバラ果実エキス」「アーチチョーク葉エキス」「オウゴンエキス」が毛穴を引き締める
  • 「ヒアルロン酸」「セラミド」「コラーゲン」など豊富な美容液成分配合で、洗い上がりがしっとり

マナラホットクレンジングゲルは成分の94.4%が美容液成分という、贅沢なクレンジングゲル。

毛穴詰まりをオイルが溶かし出し、ゲルが吸着して洗い流すので、肌に摩擦や負担をかけずに角栓を落とすことができます。

これ一本でクレンジングと洗顔が叶うのでW洗顔も不要。

「オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル」がクレンジング後の肌を柔らかく整え、その後に付ける化粧水や美容液の浸透を高めます。

石油系界面活性剤、着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤不使用なので敏感肌の人も安心して使えます。

肌に優しい洗顔をする

毛穴詰まり改善の洗顔で大切なのは、皮脂や角栓を無理に取り去ろうとしないこと。

洗顔料には皮脂や角栓を落とす成分が配合されているので、優しく洗うだけで汚れは十分に落とせます。角栓を落とそうと「ゴシゴシ」と肌をこすらないように気をつけましょう。

肌に優しい洗顔

  1. 洗顔石鹸を泡立てネットや手を使ってしっかりと泡立てる。
  2. 最初にTゾーンに泡を乗せて洗い、その後、顔全体に泡を広げていく。泡をクッションのようにして、肌の上を優しくすべらせるようにして洗う。
  3. すすぎは34度位のぬるま湯で15回ほど念入りに行う。

洗顔時に泡を長い時間肌に乗せておくと、洗浄成分の働きで皮脂や細胞間脂質が分解されてしまうので、肌に泡を乗せている時間は30秒以内にするようにしましょう。

おすすめの洗顔石鹸

毛穴詰まりを改善するには、肌に負担を掛けずに古くなった角質や皮脂を落とすことができる洗顔料がおすすめです。

【超微細シリカパウダーが毛穴汚れを吸着】然-しかり-よかせっけん

然-しかり-よかせっけん

然-しかり-よかせっけん 88g 1,944円(税込)

然-しかり-よかせっけんの特徴

  • 超微細シリカパウダーが毛穴詰まりの原因になる皮脂や角質を吸着して落とす
  • 美容成分を60%も配合したペースト状の練り石鹸
  • 豊富な泡がクッションになり、肌に摩擦を与えずに洗顔できる

然-しかり-よかせっけんはranking ranqueen洗顔石鹸ランキングで1位を獲得している人気の洗顔石鹸です。

クリーミーできめ細やかな泡が毛穴の奥まで入り込み、超微細シリカパウダーが皮脂や角質を吸着して落とすので、肌に負担をかけずに毛穴ケアができます。

石油系界面活性剤、合成香料、防腐剤、鉱物油、エタノール無添加。南九州産の原材料にとことんこだわって作られた洗顔石鹸です。

毛穴詰まり予防は「保湿」と「角質ケア」が重要

実感する女性

毛穴詰まりの原因である「大きな角栓」。

大きな角栓を作らせないためには、「皮脂の過剰な分泌を抑える」ことと「肌のターンオーバーを整えて角質肥厚を起こさない」ことが大切です。

そのためには、肌の保湿と角質ケアが最も重要になってきます。

保湿成分をしっかり補給

毛穴詰まり改善のための保湿で気をつけるポイントは、水分だけでなく、水分を保つ働きをする「保湿成分」を肌に補うことです。

保湿成分でおすすめなのは、肌に本来備わっている「肌の保湿因子」に近い成分です

肌の保湿因子

  • 皮脂膜
    ⇒皮脂と汗が混ざったもの。肌表面を覆って、肌の水分の蒸発を防ぐ。
  • 細胞間脂質
    ⇒角質細胞のすき間を埋め、角質細胞を密着させる。肌の水分の80%を保つ。
  • NMF(天然保湿因子)
    ⇒角質細胞内にある成分。高い保湿機能を持つ。

【肌の保湿因子に近い保湿成分】

成分名

特徴・働き

セラミド角質層にある細胞間脂質の主成分
角質層内で水分を保持する
アミノ酸(アルギニン、ロイシン、セリン、プロリンなど)角質細胞内にあるNMFの主成分
角質層内で水分を保持する
PCA-Na角質細胞内にあるNMFに含まれる成分
角質層内で水分を保持する

以下の成分も、保湿効果が高く肌への刺激も少ないのでおすすめです。

成分名

特徴・働き

ヒアルロン酸人の肌や関節にある成分
高い保湿効果がある
コラーゲン人の肌にある成分
高い保湿効果がある
リピジュア®細胞膜を構成する「リン脂質」をモデルにして作られた成分
高い保湿効果がある

また、皮脂の分泌が多いときは皮脂の分泌を抑える成分を配合した化粧品を選ぶと、過剰な皮脂の分泌が抑えられます。

【皮脂の分泌を抑える成分】

成分名

特徴・働き

ビタミンC安定性を高めた「ビタミンC誘導体」の形で配合されることが多い
皮脂の分泌を抑える
イソフラボン大豆などに含まれる成分で女性ホルモンに近い働きをする
皮脂の分泌を抑える

角質は優しくオフ

大きな角栓の原因となる肌に溜まった角質。

角質は日々の洗顔や保湿を正しく行っていれば、自然と健康な厚さになってきますが、毛穴の詰まりがひどいときや、角栓が大きく目立つときは、化粧品による角質ケアも有効です。

化粧品によって角質を落とすケアは拭き取り化粧水による「ピーリング」があります。作用が穏やかなAHA(フルーツ酸)を配合した化粧水を選ぶといいでしょう。

AHAには色々な種類がありますが、グリコール酸>乳酸>クエン酸>リンゴ酸の順に作用が強くなります。

拭き取りタイプの化粧水は、肌質や使い方によっては刺激を感じる場合もあります。使用する時は、以下の点に気をつけましょう。

使用時の注意点

  • なるべく肌を強くこすらない
  • 使用後は速やかに保湿を行う
  • 肌に刺激を感じたら使用を止める

おすすめのスキンケア化粧品

毛穴詰まり改善に有効な「保湿」「角質ケア」を行える、スキンケア化粧品を紹介します。

【独自技術で毛穴をふっくら保湿】ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

ビーグレン毛穴ケアセット

ビーグレン毛穴ケア トライアルセット

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセットの内容

・クレイウォッシュ(洗顔料) 15g
・QuSomeローション (化粧水) 20mL
・Cセラム (美容液) 5mL
・QuSomeモイスチャーゲルクリーム  7g

ビーグレン 毛穴ケアセットの特徴

  • 美容液に配合したに「ピュアビタミンC」が、毛穴詰まりの原因である過剰な皮脂分泌を抑える
  • 独自技術QuSomeによって保湿成分が肌の奥深く(角質層まで)まで浸透し、毛穴をふっくら保湿
  • 洗顔料(クレイウォッシュ)には毛穴に詰まった角質や皮脂を優しく落とす天然クレイ「モンモリロナイト」を配合

薬学博士開発が開発した「ビーグレン」は、独自技術QuSomeカプセルによって有効成分の浸透率と持続率を高めることにこだわって作られています。

QuSomeカプセルに入ったビタミンCは安定性が高く、毛穴詰まりの原因である皮脂の分泌を長時間抑えることが可能です。

化粧水QuSomeローションには、独自の複合保湿成分「QuSomeアクティベートコンプレックス」を配合。

毛穴周りの肌の角質層をしっかり保湿して、角栓ができにくい健康な角質を作ります。トライアルセットを含め全商品が365日返品返金保証付きなので、安心してお試しできますよ。

【皮脂ケアしながらしっかり保湿】アクポレス 毛穴ケア・スペシャルスターターキット

アクポレス 毛穴ケア・スペシャルスターターキット

アクポレス 毛穴ケア・スペシャルスターターキット 初回限定 1,512円(税込)

アクポレス 毛穴ケア・スペシャルスターターキットの内容

・アクネソープ 8g
・クリアローション 15mL
・モイストバランスミルク 8mL
・オイルコントロールエッセンス 3mL
・ディープモイスチュアローション 20mL

アクポレス 毛穴ケア・スペシャルスターターキットの特徴

  • クリアローション(化粧水)には毛穴詰まりの原因となる角質を取り除く「乳酸」「リンゴ酸」を配合
  • 過剰な皮脂分泌を抑えるオイルコントロールエッセンスには毛穴引き締め成分「ハマメリスエキス」を配合
  • ディープモイスチュアロ―ションには毛穴周りの肌をしっかり潤す「ライスパワーエキスNo.11」を配合

米由来の保湿成分「ライスパワーエキスNo.11」配合の化粧品で有名なライスフォースの毛穴ケアシリーズが「アクポレス」です。

古くなった角質を落とす化粧水と、皮脂を抑えるオイルコントロールエッセンスで大きな角栓が毛穴に詰まるのを防ぎます。

毛穴ケアスペシャルキットには、ライスフォースの看板商品である「ディープモイスチュアローション」もセット。

毛穴詰まりに必須の皮脂ケアと保湿ケアが同時に叶います。

【天然成分で優しく角質ケア】草花木果 透肌トライアルセット・竹

草花木果 透肌トライアルセット・竹

草花木果 透肌トライアルセット・竹 (しっとり)10日分 1,000円(税込)

草花木果 透肌トライアルセット・竹の内容

・透肌洗顔ミルク・竹 15mL
・透肌化粧水・竹(しっとり) 40mL
・透肌マスクジェル 25g
(メイク落としオイルサンプル、美白日中用美容液(医薬部外品)のサンプル、特製コットン20枚入り)

草花木果 透肌トライアルセット・竹 (しっとり)の特徴

  • 洗顔料の濃密な泡が毛穴詰まりの原因となる古い角質や皮脂を洗い流す
  • 天然由来成分「アミノ酸TG」「SB-P発酵素」が古くなった角質を優しくオフ
  • 透肌マスクジェルには皮脂の分泌を抑える「イソフラボン」を含む「ヒオウギエキス」配合

草花木果 透肌トライアルセット・竹は、竹、ゆず、ボタン、あんずといった天然由来成分を贅沢に配合したスキンケア化粧品です。

拭き取りタイプの化粧水は角質を柔らかくして優しく落とす天然由来成分「アミノ酸TG」を配合。肌に負担をかけずに古くなった角質を落として角栓を予防します。

独自成分「清循環植物成分」と温泉水が肌を優しく保湿。香料も100%天然香料を使用しています。

【毛穴詰まり】その他の対処法

悩む女性

毛穴詰まりの原因である「大きな角栓」は洗顔や毎日のスキンケアで十分改善が可能ですが、スキンケアの効果が出て、角栓ができにくい毛穴になるまでには、数週間から数ヶ月がかかります。

とりあえず「今」ある毛穴を目立たなくするメイク法と、毛穴詰まりを早く解消した人のための、美容皮膚科での毛穴治療について紹介します。

毛穴を目立たなくするメイク法

花を髪に飾る女性

毛穴の角栓を隠そうとファンデーションをしっかりつけると、角栓の部分にファンデーションが溜まって、かえって毛穴が目立ってしまう…ということがありますよね。

毛穴を目立たなくするメイクにはコツが必要。以下の3つのポイントに気をつけてメイクをしてみてくださいね。

【ポイント.1】メイクの前にしっかり保湿する

毛穴の詰まりが目立つ人は、皮脂の分泌が多い場合がほとんどです。

余分な皮脂を分泌させないために、メイクをする前は、スキンケア化粧品でしっかり保湿をするようにしましょう。

【ポイント.2】毛穴ケア効果のある化粧下地を使用する

毛穴を目立たなくするメイクで最も大切なのは化粧下地選びです。

化粧下地には、毛穴や角栓による凹凸を目立ちにくくする成分や、皮脂の分泌を抑える成分を配合したものを選ぶことが大切です。

また、化粧下地はファンデーションが毛穴の奥に入り込むのを防ぐ役割があります。

毛穴詰まりが気になる人は、必ず化粧下地を付けてからファンデーションを使用するようにしましょう。

【ポイント.3】ファンデーションを濃く塗らない

毛穴を隠そうと思うとついついファンデーションが厚塗りになりがちですが、ファンデーションは基本「薄付き」にするのが、毛穴を目立たなくするコツです。

毛穴詰まりが気になる場合、クリームタイプやスティックタイプなど重めのテクスチャーのファンデーションは毛穴に詰まりやすいので、サラッとしたリキッドファンデーションか、パウダーファンデーションを選びましょう。

毛穴詰まりを目立ちにくくしたい場合、ファンデーションはブラシで付けると、ムラができにくく、厚塗りにならないのでおすすめです。

頑固な毛穴詰まりには美容皮膚科での治療も

フェイスマッサージ中の女性

毛詰まりがひどい場合や、生まれつき皮脂が多い人などは、セルフケアでは毛穴詰まりがなかなか改善しないこともあります。

また、毛穴詰まりが改善してきても、詰まりが取れた後の毛穴がぱっくりと開いてなかなか閉じない、という場合もありますよね。

頑固な毛穴詰まりは、美容皮膚科で毛穴ケアを受けることも可能です。美容皮膚科では、以下のような治療を受けることができます。

吸引による角栓除去

温かいスチームで毛穴を開いた後、角栓を溶かし出すパックを行い、角栓を浮かせます。

先の細いガラス管のついた機械を使って、角栓を吸引していきます。

吸引は優しく行われるので、痛みなどもなく角栓を根本からしっかり吸い出すことができます。

レーザーによる角質除去

毛穴詰まりの解消にはレーザー治療も有効です。

カーボンピーリングといって、肌にカーボン(炭)の入ったローションを塗布し、レーザーを当てることで黒くなった部分に集中して熱エネルギーを加え古くなった角質を除去します。

皮膚科でのケミカルピーリング

美容皮膚科では、スキンケア化粧品を使って行う自宅でのピーリングよりも強い薬剤を使ったピーリングが可能です。

医師の指導の元、薬剤の選定やピーリング経過の観察などが行われるので、肌トラブルが起きにくく、高いピーリング効果が期待できます。

頑固な角栓が繰り返し出来る、と言う人は皮膚科でのピーリングも効果的です。

毎日のスキンケアで毛穴詰まりとサヨナラ!

上を見ている女性

取っても取っても詰まる角栓…毛穴詰まりを解消するには、「角栓を取る」のではなく、「角栓を作らせない」スキンケアが大切だということが分かってもらえたでしょうか?

毛穴詰まりを放置していると、ニキビができたり、毛穴が大きく開いたりと色々な肌トラブルが起こります。

毛穴詰まりは気がついたらなるべく早く対処してあげてくださいね。

今回紹介したアイテムを使って、毎日コツコツと正しい毛穴ケアをしていれば、きっと毛穴詰まりのないつるスベ肌が手に入りますよ。

この記事を書いた専門家

西村陽子プロフィール

エイジングケアとインナービューティーのスペシャリスト

西村 陽子

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、美肌食マイスター初級取得の美容ライター兼リサーチャー。
得意分野は美しく年齢を重ねるためのエイジングケアと栄養学・薬膳などのインナービューティー。
徹底したリサーチに基づく信頼できる美容情報を発信中。