成分表示を気にする女性

テレビCMや雑誌で紹介され、ニキビケア化粧品ブランドとして日本で売上No.1(※富士経済調べ 2013~2015年実績)の「プロアクティブ+」。

言わずとしれたニキビケアの王道として口コミランキングでも常に上位にあがるプロアクティブ+ですが、実はどんなニキビにも効果があるとは言い切れないのです。

本記事では、プロアクティブ+の特徴からみる大人ニキビへの効果や、大人ニキビに本当におすすめしたいスキンケア化粧品を紹介していきます。

大人ニキビに悩んでいて、プロアクティブ+を購入しようか迷っている人は、本記事を参考にしてみてくださいね。

プロアクティブ+の口コミから見る大人ニキビへの効果

プロアクティブの商品画像

CMでは10代のモデルを起用していることもあり、若年層向けのニキビケア化粧品であるイメージが強いプロアクティブ+。

しかし、プロアクティブ+を実際に使用した人から寄せられた口コミを見てみると、大人ニキビに悩む20代後半より上の年齢層の人も使用していることがわかります。

大人ニキビに悩みを抱える20代後半以上の、プロアクティブ+使用者はどのように感じているのでしょうか?

20代後半以上の大人ニキビに悩む人のレビューを紹介します。

プロアクティブ+の大人ニキビへの良い口コミ

  • (40代・普通肌)
    ずっと気になっていた大人ニキビが、継続した使用で徐々に消えていき、肌のくすみもとれて美肌に!
  • (20代後半・混合肌)
    使い始めて数日が経ったが、新しい大人ニキビができにくいように感じる。使用感がさっぱりしていて使いやすい。
  • (30代前半・普通肌)
    フェイスラインやあごの周りにできていた大人ニキビが増えにくくなった。
  • (30代前半・混合肌)
    若い人向けの化粧品だと思っていたが、30代に入った私でも使えた。以前に比べて大人ニキビができる頻度が減ったように感じる。
  • (30代後半・普通肌)
    すっきり洗えて毛穴の奥から洗浄!という感じ。肌がベタつきがちな私にはぴったり。

プロアクティブ+を使用した人の口コミを見てみると、大人ニキビが新しくできにくくなったり、大人ニキビができる頻度が減ったりしたとの声が多いため、大人ニキビの予防に効果があるといえますね。

すっきりとした使用感からか、普通肌・混合肌の人を中心に人気だという印象も見受けられました。

プロアクティブ+の大人ニキビへの悪い口コミ

  • (30代後半・混合肌)
    翌朝起きても肌のベタつきはなかったが、使用中に肌がピリピリと痛み、返品した。
  • (20代後半・混合肌)
    しっとりとした使用感のスキンケア化粧品を普段からつかっている人には、保湿力は物足りないのではないかと思う。
  • (20代後半・乾燥肌)
    デリケートで乾燥が気になる私の肌には合わず、ヒリヒリとした刺激があった。
  • (20代後半・敏感肌)
    大人ニキビへの効果はあまり感じられず、保湿力もいまいちだったので、乾燥が気になる人には向いていないかも。

プロアクティブ+を使用したことがある人からの悪い口コミを確認したところ、乾燥肌や敏感肌の人、また混合肌の中でも肌の乾燥が気になっている肌質の人が悪い口コミを投稿しているとの印象がありました。

プロアクティブ+の保湿力の物足りなさや、使用したときの肌への刺激を感じる人が多く、大人ニキビへの効果を感じる前に使用をやめざるを得なかったという人も。

プロアクティブ+の大人ニキビへの効果は、普通肌やオイリー肌(脂性肌)よりの混合肌タイプの人からは大人ニキビへの効果や使用感への満足度が高いように見受けられます。

反対に、乾燥肌・敏感肌や乾燥が気になる混合肌タイプの人からは大人ニキビへの効果・使用感の満足度ともに低い口コミのまとめ結果となりました。

一見、肌質で大人ニキビへの効果の違いが出ているようですが、実はこのまとめ結果には大人ニキビが引き起こされる原因が隠されているのです。

実は…プロアクティブは大人ニキビ対策には不向き!

指でバツを作る女性の画像

大人ニキビへの効果の有り無しが半々程度のプロアクティブ+ですが、実は大人ニキビに悩む人にとってはできる限り避けたいスキンケア化粧品であることが商品特徴から読み取れます。

大人ニキビ対策に向かない理由を、プロアクティブ+の配合成分から検証していきます。

肌への刺激が強いサリチル酸配合

プロアクティブ+の薬用洗顔料・薬用美容液・薬用クリームの基本3ステップ全てに、ニキビケアの有効成分として「サリチル酸」が配合されています。

サリチル酸は古い皮膚を剥がして落とし、さらに油分となじみやすい性質を持つため、毛穴の奥に詰まったニキビの原因となる皮脂汚れをすっきりと洗い落とすピーリング作用を持つ成分。

大人ニキビは、いらなくなった古い角質(垢)が肌の表面に溜まって毛穴を塞ぎ、毛穴の中で皮脂汚れをエサにするアクネ菌が増えることによってできるので、サリチル酸は大人ニキビのケアには効果的であるといえます。

しかし、サリチル酸は肌に強い刺激を与えることもあるため、大人ニキビができている肌のバリア機能が弱っている状態で使うと、より大人ニキビの炎症を悪化させたり、肌荒れを起こしたりすることがあるのです。

泡立たない洗顔で肌への負担が生まれる

大人ニキビに悩む人は必ずしも皮脂分泌の多い脂性肌(オイリー肌)タイプに多いわけではありません。

普通肌・混合肌・乾燥肌・敏感肌など、どんな肌質でもホルモンバランスの乱れやストレスによって肌のバリア機能が低下すると、大人ニキビができやすくなってしまいます。

中でも、乾燥肌や敏感肌は肌のバリア機能が低下し、肌のうるおいを自ら保ったり、紫外線や外部の微粒子から肌を守ったりすることができなくなっている状態。

そのため、肌への刺激が強いサリチル酸が配合されていたり、肌への摩擦による負担が多い泡立たない洗顔料を使用したりすることで、さらに肌のバリア機能を低下させ、大人ニキビや肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

乾燥が原因の大人ニキビのケアには、低刺激で保湿力の高いスキンケア化粧品を使用することが大切です。

乾燥肌・敏感肌は要注意

大人ニキビに悩む人は必ずしも皮脂分泌の多い脂性肌(オイリー肌)タイプに多いわけではありません。

普通肌・混合肌・乾燥肌・敏感肌など、どんな肌質でもホルモンバランスの乱れやストレスによって肌のバリア機能が低下すると、大人ニキビができやすくなってしまいます。

中でも、乾燥肌や敏感肌は肌のバリア機能が低下し、肌のうるおいを自ら保ったり、紫外線や外部の微粒子から肌を守ったりすることができなくなっている状態。

そのため、肌への刺激が強いサリチル酸が配合されていたり、肌への摩擦による負担が多い泡立たない洗顔料を使用したりすることで、さらに肌のバリア機能を低下させ、大人ニキビや肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

乾燥が原因の大人ニキビのケアには、低刺激で保湿力の高いスキンケア化粧品を使用することが大切です。

大人ニキビの原因が皮脂過剰か乾燥かを見極めて

疑問に思う女性

プロアクティブ+の向き不向きは、肌質によって変わってくるということが使用者の口コミ結果から見受けられましたが、実はニキビの原因が皮脂過剰なのか乾燥なのかで効果があるかどうかが分かれてきます。

自分のニキビがどちらのタイプなのかを見極めて使ってくださいね。

皮脂過剰が原因の大人ニキビ                  

思春期ニキビは皮脂過剰が原因で引き起こされることがほとんどですが、思春期を過ぎた大人ニキビ世代(20代後半~)でも、皮脂過剰が原因のニキビができることがあります。

思春期を過ぎても肌がベタつきやすかったりテカリやすかったりするオイリー肌(脂性肌)タイプの人に起こりやすいニキビです。

乾燥が原因の大人ニキビ

肌のターンオーバーサイクルを乱して肌を乾燥させ、古い角質が肌表面に留まって毛穴を塞ぎ、毛穴の中で皮脂が炎症を起こすことによりできる大人ニキビ。

ストレスやホルモンバランスの乱れによって肌のターンオーバーサイクルが変動し、食生活が偏ったり睡眠時間が短くなったり、生理周期になるとできやすくなるニキビが、乾燥が大元の原因の大人ニキビです。

プロアクティブ+は皮脂過剰の大人ニキビに向く

プロアクティブ+に配合されるニキビへの有効成分の「サリチル酸」は、皮脂が過剰に分泌されて毛穴の中に大量に発生するアクネ菌を殺菌する効果を持つことからも、皮脂過剰が原因のニキビには効果的であるといえます。

しかし、乾燥が原因となる大人ニキビには、サリチル酸で古くなった角質を剥がし落とす作用はあるものの、サリチル酸自体が元々刺激の強い成分であることから、肌のバリア機能が低下したデリケートな大人ニキビ肌への使用は避けるべきなのです。

また、プロアクティブ+の保湿化粧品は、どちらもさっぱりとみずみずしい使用感で、乾燥肌・敏感肌の人が使ってみて保湿力の物足りなさを感じたという口コミが多く見受けられたことからも、乾燥が原因で引き起こされる大人ニキビのケアには不向きなのです。

乾燥が原因の大人ニキビには低刺激・保湿成分でケア

ミルク背景をバックに女性が頬に手をあてている

プロアクティブ+は大人ニキビのケアには不向きであることがわかりましたが、大人ニキビの対策にはどのようなスキンケア化粧品を使用するのが良いのでしょうか。

大人ニキビに悩んでいるときに使いたいスキンケア化粧品のポイントや、大人ニキビでも安心して使えるスキンケア化粧品を紹介します。

大人ニキビが選ぶべきスキンケア化粧品のポイント

クレンジングが3つ並んでいる

大人ニキビができている肌は、健康な状態の肌よりも肌のバリア機能が低下している状態のため、肌の状態に合わせてスキンケア化粧品を選ぶことが大切です。

大人ニキビができてしまった肌のバリア機能が低下している状態の肌は、デリケートでさまざまな刺激に弱いので、スキンケア化粧品は肌にやさしい低刺激タイプを選びましょう。

また、大人ニキビの主な原因のひとつが乾燥であることから、保湿力の高い成分配合のスキンケア化粧品を選ぶと、乾燥を防いで肌のバリア機能が整った大人ニキビの悩みがない肌に導いてくれますよ。

大人ニキビにおすすめのスキンケア化粧品

大人ニキビができている時でも安心して使えるスキンケア化粧品のポイントとしてあがった、低刺激性と肌へのうるおいを両立した、おすすめの大人ニキビケア化粧品を紹介します。

ルナメアAC / フジフィルム

大手写真メーカーであるフジフィルムから発売されている「ルナメアAC」シリーズは、大人ニキビが生まれる「毛穴」に着目してつくられている、大人ニキビ用のスキンケア化粧品。

肌のバリア機能が低下した大人ニキビに悩む肌でも安心して使えるように、大人ニキビに有効な成分を毛穴よりもさらに小さなサイズにナノ化して配合。

配合成分による肌への負担を最小限に抑えながら、大人ニキビにしっかりアプローチしてくれて、デリケートな大人ニキビ肌にぴったりなのです。

さらに、大人ニキビの原因である乾燥に働きかけるように、肌にやさしい植物由来のうるおい成分「ハーバルモイストエキス」を配合しているので、乾燥が気にならないうるおった肌に導いてくれますよ。