隠れたシミに悩む女性
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

シミを消したり、薄くしたりするために、美白成分が配合された化粧品を使いたいと思っても、何が最も効果を発揮する化粧品なのか、分からず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、シミを消すために有効な美白成分が配合されたスキンケアラインを5つ選び、トライアルセットを1週間使用して、シミが消せるのかどうかや、肌の状態がどれだけ変わるのかを本音でレビュー。

シミや肌のくすみに悩んでいる人は、どの美白化粧品を選ぶのが良いのか是非参考にしてみてくださいね。

シミは消せた?おすすめ美白化粧品5つを本音でレビュー

美白成分配合のスキンケアラインの中でも特に口コミの投稿数が多く人気が高い、アスタリフト・ビーグレン・サエル・アンプルール・HAKUの5シリーズを、シミに悩む女性5人にそれぞれ使ってもらい、使用感や肌への効果を本音でレビューしてもらいました。

今回の実験では、5シリーズの1週間トライアルセットを使用して、1週間でシミは消せるのか、5シリーズの美白効果をお伝えしていきます。

富士フィルム/アスタリフト ホワイトトライアルキット

アスタリフトホワイト トライアル

初回限定価格:1,080円(税込)

アスタリフト ホワイトトライアルキットお試しキット

  • ブライトローション(美白化粧水)18ml
  • エッセンス インフィルト(美白美容液)5ml
  • クリーム(美白クリーム)5g
  • パーフェクトUVクリアソリューション(UVクリア美容液 兼 化粧下地)5g
  • ジェリーアクアリスタ(先行美容液)10包

アスタリフトのホワイトシリーズは、シミの原因であるメラニンに働きかける美白有効成分の「ビタミンC誘導体」が配合されている薬用化粧品。

また、富士フィルムの独自成分「ナノAMA」がメラニンを作り出すメラノサイトにアプローチして、メラノサイトの働きを妨害し、メラニンの生成を抑えます。

さらにもう一つの富士フィルムの独自成分であるナノオリザノールが、シミの根本まで届いて蓄積されたメラニンを分解してシミが濃くなったりするのを防いでくれますよ。

アスタリフトホワイトトお試しキットを使ってみた

■使用者プロフィール

  • 研究員H 40代前半/乾燥肌
  • 頬にできたシミに悩み、レーザー治療を考えている

1:1週間の使用で気になっていたシミに効果はありましたか?

研究員H
正直、1週間ではシミが薄くなったという実感はなかった。

2:1週間使用して、顔色が明るくなったように感じますか?

研究員H
朝の洗顔後に化粧をしていない状態の自分の肌を見ていると、
顔色が少し明るくなったように感じます!

3:アスタリフトホワイトケアの使用感はいかがでしたか?

研究員H
先行美容液のジェリーアクアリスタは、つけたあとのベタつきが気になりましたが、クリームは滑らかなテクスチャーで、乾燥が気になる肌も翌朝までしっとりしていたのが嬉しい。
付属されていた化粧下地も肌なじみが良く、使いやすかったです。
アスタリフトホワイトお試しキットの口コミまとめ

  • シミが1週間で消えるということはなかったが、顔色がトーンアップした
  • 乾燥肌でも刺激を感じることなく、うるおいも持続していた

アスタリフトホワイトお試しキットを1週間使用してもらった結果、すでに頬にできていたシミを薄くする効果は感じられませんでした。

しかし、化粧をしていないすっぴん状態の肌で、肌色が明るくなったという感想が得られたので、継続した使用をすることで、シミやくすみが出やすい肌におすすめのスキンケアラインであるといえます。

また、美白化粧品はさっぱりとしたイメージがあったが、使用している1週間は乾燥が気にならなかったという保湿力の高さも実感できる感想もあり、乾燥肌でシミやくすみに悩む人にぴったりですね。

ディセンシア サエル

サエル トライアル

初回限定価格:1,480円(税込)

ディセンシア サエル トライアルキット

  • ホワイトニングローション コンセントレート(美白化粧水)20ml
  • ホワイトニング エッセンス コンセントレート(美白美容液)10ml
  • ホワイトニング クリーム コンセントレート(美白クリーム)9g

敏感肌用につくられたブランドのディセンシアから発売されている美白ケアラインのサエルは、敏感肌にも刺激の少ない植物由来の美白成分やうるおい成分でシミにアプローチ。

サエルに含まれる美白成分には、シミの原因のメラニンを生成する指令を出す酵素チロシナーゼの働きを抑えるアルブチンが配合されているので、新しくシミができるのを防ぐ効果があります。

さらに、シミやくすみの原因のメラニンが黒くなってシミが濃くなるのを防ぐムラサキシキブエキスや、メラニンを無色化するデイリリー花発酵液も配合されているので、いまあるシミや肌のくすみの悩みにもアプローチしてくれますよ。

ディセンシア サエル トライアルセットを使ってみた

■使用者プロフィール

  • 研究員Y 20代後半/乾燥肌
  • 紫外線によるなかなか消えないシミと肌のくすみに悩み

1:1週間の使用で気になっていたシミに効果はありましたか?

研究員Y
若干ですが、薄くなった実感があります。
「消す」にはまだ程遠いので、1か月以上継続して使ってみたい。

2:1週間使用して、顔色が明るくなったように感じますか?

研究員Y
肌全体のくすみが消えたように感じます。
朝起きたときの「疲れた感」「肌が再生していない感」が 以前より感じられなくなったので、メイクでくすみを隠す手間が大分楽になりました。

3:サエルの使用感はいかがでしたか?

研究員Y
ベタつきすぎず、さらさらすぎず、使い心地がとても良かった。
ただ、乾燥肌には保湿力が物足りなくも感じ、メイクする前にはもう一度保湿をしなおしました。
いつも使用しているスキンケア化粧品が高保湿タイプなので、その商品に比べると保湿力は低いと思います。
サエルトライアルセットの口コミまとめ

  • 紫外線によるシミは消すことはできなかったが、少し薄くなったように感じられた
  • 肌のくすみが消え、メイクで肌色を補正する手間があまりかからなくなった
  • 乾燥肌には保湿力が物足りなく感じる

サエルは1週間の使用でもシミが若干薄くなったようにも感じられたが、シミを「消す」ということは難しいとの口コミがあがりました。

しかし、シミを消すことはできないものの、気になっていた肌のくすみが抑えられ、メイクで肌のくすみや色ムラを隠していた手間が減ったという、女性に嬉しい口コミも。

ただ、乾燥肌である研究員Yは保湿力の物足りなさを感じていたので、乾燥が気になる人よりも、敏感肌だけど美白ケアをしたい人や普通肌から脂性肌タイプの肌質でシミへのケアをしたい人におすすめのスキンケアラインであるといえますね。

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレン ホワイトケア トライアル

初回限定価格:1,944円(税込)

ビーグレン ホワイトケア トライアルキット

  • クレイウォッシュ(洗顔料)15g
  • Qusomeローション(美白化粧水)20ml
  • Cセラム(美容液)5ml
  • Qusomeホワイトクリーム1.9(美白クリーム)5g
  • Qusomeモイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)7g

浸透テクノロジーを掲げるビーグレンのホワイトケアラインは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、黒くなったりするのを防ぐ働きを持つビタミンCと、メラニンの黒色を無色に戻す美白作用を持つハイドロキノンが配合されています。

また、ビーグレン独自のQusomeという技術によって、配合されたハイドロキノンの効果をシミの根本に届けて効果を持続させることができるため、できてしまったシミの集中ケアができますよ。

ビーグレン ホワイトケアトライアルセットを使ってみた

■使用者プロフィール

  • 研究員M 20代後半/乾燥肌
  • ニキビ跡などのシミや、黄色くくすむ肌に悩み

1:1週間の使用で気になっていたシミに効果はありましたか?

研究員M
できてしまっているシミは消すことができませんでした。

2:1週間使用して、顔色が明るくなったように感じますか?

研究員M
夕方だけでなく、朝から肌が黄色くくすみがちでしたが、ビーグレンのホワイトケアを使ってから顔色が良くなっているように感じます。

3:ビーグレン ホワイトケアの使用感はいかがでしたか?

研究員M
化粧水は少しとろみがあって肌なじみが良く使い心地が良かったといえますが、乾燥肌には保湿が物足りないように感じます。
Cセラムはつけた瞬間じんわり温かくなり、肌になじんでいくような感覚が楽しく、ホワイトクリームは比較的さらっと、モイスチャークリームはこってりとした使用感で、全てをつけ終わった肌はツヤがでていました。
化粧水だけでは保湿できていないように感じましたが、クリームまであわせて使えば保湿力も申し分なかったです。
ビーグレン ホワイトケアの口コミまとめ

  • 1週間の使用ではシミを消したり薄くしたりすることはできなかった
  • 黄色くくすむ肌が気になっていたが、ワントーン明るくなったように感じる
  • スキンケアラインをすべて漏らさず使うことで保湿も実感できた

ビーグレン ホワイトケアは、できてしまったシミの原因であるメラニンを無色化する働きを持つハイドロキノンを配合しているため、シミを消す効果を期待していましたが、1週間の使用ではニキビ跡のシミも消したり薄くしたりすることはできませんでした。

しかし肌のくすみには効果をもたらし、黄ぐすみが気になっていた肌にも透明感が出ていたので、継続して使用すればシミやくすみの改善がより期待できます。

乾燥肌タイプの肌質でも、ビーグレンのホワイトケアラインを全て使えば保湿力も申し分ないと感じることができたので、乾燥肌で美白ケアを取り入れたいと考えている人にぴったりのアイテムですね。

資生堂 HAKU

HAKU トライアルセット

(※2018年4月25日現在 数量限定販売につきトライアルセットの製造中止)

資生堂HAKU トライアルセット2

  • アクティブメラノ リリーサー(薬用美白化粧水)30ml
  • メラノフォーカス3D(薬用美白美容液) 6g
  • インナーメラノディフェンサー 30ml

資生堂から発売されている美白ケアラインのHAKUは、美白成分の「4MSK」と「m-トラネキサム酸」の2つを組み合わせてつくられた「抗メラノ機能体」を配合して、シミの根本にアプローチ。

メラニンが過剰に生成されるのを防いだり、メラニンを生み出すメラノサイトの活発化を抑えたりして、新しくシミができるのを予防してくれますよ。

HAKUトライアルセット2を使ってみた

■使用者プロフィール

  • 研究員Y 20代後半/混合肌
  • 日焼けによるシミが頬やこめかみにできてしまっているのが気になる

1:1週間の使用で気になっていたシミに効果はありましたか?

研究員Y
シミを消したり、薄くするといった効果は感じられませんでした。

2:1週間使用して、顔色が明るくなったように感じますか?

研究員Y
今まではくすみ気味だった、肌全体が白くなったような気がしました。
特にファンデーションを塗ってみて少し明るくなったかも?と感じました。ファンデーションの厚塗りをしなくなったのが嬉しいです。

3:HAKUの使用感はいかがでしたか?

研究員Y
肌なじみが良く、ライン使いしたからか肌が整っている印象で、化粧水、美容液、乳液いずれもべたつかず、意外とさっぱりとしています。
普段は保湿力の高いオールインワンゲルを使っているので、いつもより肌のもちもち感やしっとり感は物足りなく感じました。
肌がつっぱるほど乾燥することはなかったので、乾燥肌の人でなければ使いやすい使用感だと思います。
HAKUの口コミまとめ

  • 1週間の使用ではシミを消したり薄くしたりすることはできなかった
  • 最近くすみがちだった肌が、ワントーン明るくなったように感じる
  • ライン使いすることによって肌が整えられたように見える

資生堂独自の美白成分が配合されたHAKUシリーズの化粧水・美容液・乳液の3つをラインで揃えて使用してみましたが、1週間ではできてしまったシミへの効果は感じられませんでした。

しかし、メラニンの生成を抑える美白成分の効果から、肌のくすみが改善されたように感じられ、ファンデーションの厚塗りをしなくなったというレビューも。

HAKUでのスキンケアで乾燥することはなかったが、もう少し肌にもちもち感やしっとり感が欲しかったという感想もあったので、乾燥肌タイプよりも普通肌から脂性肌の肌質の人におすすめなスキンケアラインであるといえます。

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

アンプルール トライアル

初回限定:1,890円(税込)

ラグジュアリーホワイト トライアルキット

  • コンセントレートHQ110(スポット美容液)3ml
  • ローションAOⅡ(化粧水) 20ml
  • 薬用アクティブフォーミュラ 8g
  • ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX 10g

アンプルールのラグジュアリーホワイトは、シミの原因であるメラニンを無色にして、シミを薄くしていく効果を持つ美白成分のハイドロキノンを主とした美白スキンケアライン。

ハイドロキノンは肌になじみにくい成分なので、アンプルールが独自に「新安定型ハイドロキノン」に改良し、シミの根本までハイドロキノンの効果を届けることができますよ。

ラグジュアリーホワイト トライアルキットを使ってみた

■使用者プロフィール

  • 研究員D 20代後半/敏感肌
  • 日焼けによるシミと肌のくすみに悩み

1:1週間の使用で気になっていたシミに効果はありましたか?

研究員D
シミを消したり薄くするといった効果は感じられませんでした。

2:1週間使用して、顔色が明るくなったように感じますか?

研究員D
1日目に使ったときは、肌の明るさを実感しましたが、
4日目程度から赤みがでてしまいました。敏感肌にはちょっと刺激が強いのかも・・・

3:アンプルールの使用感はいかがでしたか?

研究員D
普段から敏感肌で乾燥しがちなので、高保湿タイプのスキンケア化粧品で保湿しているからか、保湿力は物足りなく感じました。
生理などの時期的なものもありますが、敏感気味の肌には赤みが出てしまったので、敏感肌の人は使用する際に注意が必要です。
アンプルールの口コミまとめ

  • 肌が明るくなる感じは実感できた
  • 敏感肌には刺激をもたらし、赤みやかゆみが出る場合も
  • 保湿力が高いわけでもないので、保湿力重視の人は別途クリームなどで保湿を

アンプルールはシミへの効果を計測する前に、肌が乾燥して荒れていたり、成分によって赤みやかゆみが出たりする敏感肌が使うと、赤みがかゆみを生じることがあります。

すべての敏感肌の人が使えないというわけではないので、敏感肌でアンプルールが使えるか不安な人は事前にパッチテストをして、アレルギー反応がでないか確認してから使用しましょう。

保湿力に物足りなさを感じる人は、別途クリームなどをプラスして保湿するのがおすすめです。

できてしまったシミは美白化粧品でもすぐには消せない

指でバツを作る女性の画像

美白化粧品のトライアルセットをライン使いしても、1週間という短い期間ではシミを消したり、薄くしたりといった効果を実感することはできませんでしたが、短い期間ではシミへの効果が感じられないのには、シミのメカニズムに理由があるのです。

シミができるメカニズムから、美白化粧品を使ってもすぐにシミへの改善効果が期待できない理由や、シミの改善のためにどんなアプローチが必要なのかを説明していきます。

シミの原因・メラニンの生成から排出までは約28日

カレンダー

美白成分が配合されたスキンケア化粧品をライン使いしても、肌表面にできてしまったシミはそう簡単には消したり薄くしたりすることができません。

シミの主な原因は紫外線で、紫外線を浴びた肌は自らを紫外線による刺激から守るために、角質層の一番深いところにあるメラノサイトからメラニンを生成します。

メラニンは生成された後に角質層にとどまりますが、通常は肌のターンオーバーによって約28日間で表皮まで押し上げられ、メラニンが沈着した古い角質が排出されるため、シミの元ができてしまってもシミが残らない美肌を保つことができます。

しかし、紫外線を浴び続けメラニンが過剰に生成されたり、肌のターンオーバーが正常に行われなかったりすると、メラニンが角質層に蓄積されて排出できなくなり、シミができてしまうのです。

一度できてしまったシミを排出する肌のターンオーバーは約28日周期なので、美白化粧品を使用していても、すぐにはシミへの効果を感じられないのです。

どんな美白化粧品でも最低1か月以上の使用がおすすめ

鏡でスキンケアをしている女性

角質層に蓄積されたメラニンが排出されるのは、肌のターンオーバー周期である約28日。

そのため、シミを消したり薄くしたりする効果があるとうたわれている美白化粧品を使っても、シミへの効果が目に見えてわかるのは約1か月程度経ってからであるといえるのです。

「約1か月間使ってみてもシミを消したり、薄くしたりできなかった・・・」という人も、焦って他の美白化粧品を買いなおすのではなく、本品にまだ残りがあるのならばそのまま使い続けてみましょう。

肌のターンオーバーは通常約28日周期で行われますが、年齢を重ねたりストレスなどでホルモンバランスが崩れたりして最大で50日前後まで周期が遅れてしまうことがあるため、「1か月以上継続して使用してやっと効果が出た」という人も少なくありません。

また、配合されている美白成分がメラニンの生成や黒色化を防ぐ働きを持つものであれば、継続して使うことで、新しくシミができたりシミが濃くなったりするのを予防する効果が期待できるので、美白化粧品は最低1か月以上使い続けてみてくださいね。

1週間程度で肌のトーンアップが可能なのはなぜ?

美白化粧品のスキンケアラインの1週間トライアルセットを使った人の中に「1週間使っただけでも肌のくすみがとれ、顔色が明るくなった」と答えた人が多いのは、美白化粧品に配合されている美白成分だけでなく、血行促進成分が効果的に働いているから。

美白化粧品には肌のターンオーバーを整えるために、新陳代謝を促す血行促進成分が配合されていることが多く、血行促進成分が血流を良くして全身に栄養を届けたり、肌表面の温度を高めたりして肌の血色を良く見せて、顔色を明るく見せる効果があるといえるのです。

シミができる前に!日常的にできる予防法

日差しを避けるために帽子をかぶっている女性

紫外線を浴びることでできてしまうシミは、一度できてしまうと少なくても約1か月間は薄くすることも難しく、目立たなくなる程度まで消すのにはさらに多くの時間がかかってしまいます。

そのためシミができる前に、どれだけシミができる原因を予防できるかが大切なポイントです。

シミができる前に毎日取り入れられる簡単な予防ポイントを4つ紹介していくので、今日から実践してシミに負けない肌に導きましょう。

シミの原因となる紫外線は必ずブロック

サングラスや日焼け止めなど紫外線対策のアイテム画像

シミができたり濃くなったりする原因のメラニンは、紫外線を過剰に浴びることで生成される物質なので、紫外線を浴びないように対策するのが大切です。

顔のシミを防ぐ場合は顔用の日焼け止めや、日焼け止め機能の付いた化粧下地、ファンデーションを使用して、紫外線が肌に届かないようにしましょう。

日傘やつばの広い帽子を用いるのも、肌に直接日光が当たるのを防いでくれるので、日焼け止めや日焼け止め機能付きの化粧下地・ファンデーションと併用すれば、さらに紫外線をガードすることができますよ。

美白成分配合の化粧品を通年継続して使う

カレンダー

美白成分配合の美白化粧品は、紫外線の強い春や夏だけでなく、一年を通して使い続けましょう。

紫外線は季節を問わず一年中降り注ぎ、紫外線によって生成されたメラニンがシミになってしまうので、メラニンの蓄積を防ぐためにも美白化粧品を通年使い続けることが大切です。

また、美白成分によってシミへの効果が違うので、「すでにできてしまっているシミを消したり薄くしたりしたい場合」と「新しいシミを予防したい場合」で、配合されている美白成分を見極めて使うと、より自分のシミの悩みに合った美白化粧品を選ぶことができますよ。

すでにできてしまっているシミを消したり薄くしたりしたい場合

  • ハイドロキノン・・・メラニンの黒色が濃くなるのを防ぐ・メラニンを無色化する
  • トラネキサム酸・・・色素沈着を防ぐことで肝斑の改善に期待
  • ビタミンC誘導体・・・メラニンの酸化を押さえ、無色化する

新しいシミを予防したい場合

  • ビタミンC誘導体・・・メラニンの生成を抑える
  • アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・4MSK・・・メラニンを生成するメラノサイトを活発化させる酵素チロシナーゼの働きを抑える

食生活は栄養素に注目

食事をする女性のイメージ画像

シミができにくい肌にするには、紫外線対策や美白化粧品の使用といった体の外からのアプローチも大切ですが、体の内側から肌のターンオーバーを整えてシミを予防することも可能です。

シミ予防のために摂り入れたい栄養素は「ビタミン類」。

ビタミン類は普段ファストフードやコンビニでの簡単な食事で済ませている人には摂取しにくい栄養素であるため、食生活の改善やサプリで効果的に摂り入れましょう。

■シミ予防に効果的なビタミンについて詳しく知りたい人はこちら

■シミ予防に効果的な食事について詳しく知りたい人はこちら

本当にシミが気になるなら生活習慣も改善しよう

ベッドの上に本や毛布が散らばっている様子の写真

シミを予防するには必要な栄養素を摂取したり、美白化粧品でのスキンケアをしたりするが大切ですが、すでにある「シミを消していきたい」「もうこれ以上シミを増やしたくない」ならば、根本的に生活習慣から改善しましょう。

睡眠時間が短い人は、眠り始めから3時間は熟睡できるように、睡眠時間を確保しましょう。

眠り始めから3時間に熟睡できると、成長ホルモンが豊富に分泌されて新陳代謝を促し、肌のターンオーバーのサイクルを整える働きをサポートするため、シミの改善に効果的であるといえます。

またタバコを吸う人は、禁煙するだけでシミができにくくなったり、増えなくなったりするのでシミの予防に効果的。

喫煙するとタバコの煙に含まれるニコチンやタールが血流を悪くさせて、肌の新陳代謝が低下し、肌内部にできてしまったシミを排出させる肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、シミができやすくなってしまいます。

さらに、タバコには活性酸素というシミの原因となるメラニンの生成を活性化させる物質が含まれているので、タバコを吸うだけでメラニンの生成量が多くなり、シミが増えたり濃くなったりしてしまうのです。

タバコを吸うことによってメラニンの生成が増えたり、肌のターンオーバーが正常に働かなくなったりするのを防ぐにはビタミンCの摂取が有効ですが、活性酸素がビタミンCを破壊していくので、シミのない美肌に導くには禁煙するのが一番の近道。

少しずつ禁煙を始めながら、ビタミンCを豊富に含む食生活に切り替えたり、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケア化粧品を使ったりしてシミのケアをしていきましょう。

この記事を書いた専門家

中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

スキンケアやコスメが大好きで2017年に日本化粧品検定1級と2級を、2018年2月にはコスメコンシェルジュの資格を取得。
美のプロフェッショナルである美容家や美容部員からもスキンケアやメイクの悩みを相談されることが多く、適切な化粧品を勧めることで何人もの肌悩みを救ってきた“ハリツヤ研究所のスーパーアドバイザー”

肌質乾燥肌、敏感肌