混合肌の保湿には乳液が有効!価格別のおすすめ乳液ランキング6選

混合肌 - update2019.02.20
混合肌におすすめ!乳液6選
中山侑花プロフィール

大人ニキビの悩みに特化した美容家

名嘉山 侑花

どんな乳液を選んでも保湿力が物足りなかったり、使用感が重くてベタついたりしてしまうことに悩んでいる混合肌の方はいませんか?

乳液は油分よりも水分の方が多く配合されており、ベタつきもカサつきも気になる混合肌の水分と油分のバランスを整えやすい保湿剤ですが、配合成分や使い方の違いによって、乾燥してしまったり、皮脂の分泌量を増やしてしまったりすることもあります。

本記事では、混合肌におすすめの乳液を配合成分から選出し、その保湿力を検証して、値段別で第3位までのランキングを作成しました。

混合肌の方が乳液を使う際に気を付けたいポイントもあわせてご紹介しているので、混合肌に適した乳液を探している方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

混合肌の保湿ケアに乳液がおすすめの理由

化粧品の成分

化粧水の後に使う保湿剤としては、乳液のほかに保湿クリームや保湿ジェルなどが考えられますが、皮脂分泌と乾燥の両方が気になる混合肌には、乳液を使って油分と水分のバランスを整える保湿方法がおすすめです。

ここでは、なぜ混合肌には乳液がおすすめなのかを詳しく解説していきます。

肌になじみやすい

微笑みながら肌を触る女性

乳液の果たす役割は保湿クリームとほぼ変わらないのですが、乳液と保湿クリームには油分として使われている成分の種類に違いがあります。

保湿クリームに使われる油分の多くは固形油分と呼ばれる、ベタつきやすく、ねっとりとした感触の油分なのですが、乳液に使われている油分は、人の皮脂と似た成分で、肌になじみやすいスクワランやホホバ油、シア脂が大半です。

混合肌は乾燥肌と違って皮脂分泌の多い部分もあり、肌の水分を油分でべったりと覆って守る必要はないため、肌になじみやすく、適度に水分を守れる乳液での保湿がおすすめなのです。

適度な油分で肌を守れる

乳液と手

乳液は保湿ジェルよりも油分の量が多く、保湿クリームよりも油分が少ないため、皮脂の分泌が多い部分でもベタつきが気になりにくく、乾燥が激しい部分でもカサつきが気になりにくいという、混合肌にとってバランスの良い保湿ケアをすることができます。

保湿クリームの場合、多ければクリーム全体の50%を油分が占めることもあるのですが、乳液に含まれる油分は多くても30%程度で、必ず水分の方が多くなるようにつくられています。

混合肌は、油分が多すぎる保湿ケアをしてしまうと、皮脂が分泌されたときに肌の油分が過剰になってしまって、メイクをしていればメイクが崩れやすくなったり、メイクをしていなくても肌のテカリが気になったりしてしまいます。

しかし、保湿ジェルのように、油分が少ない保湿剤では、乾燥部分の水分を守ることができず、乾燥が進んで肌荒れを起こしてしまう可能性があるので、乾燥と皮脂分泌が気になる混合肌には、油分と水分をバランスよく補給できる乳液での保湿がおすすめなのです。

混合肌におすすめの乳液の特徴

指をさす女性

混合肌には乳液を使った保湿ケアがおすすめですが、乳液に配合されている成分も商品によって大きく異なるため、選び方にも注意が必要です。

ここでは、混合肌におすすめの乳液にはどのような特徴があるのかをご説明していきます。

保湿成分が含まれている

頬に手をあてる女性の画像

混合肌におすすめの乳液は、乾燥部分をケアできる保湿成分が含まれていることが第1の条件です。

しかし、混合肌には皮脂の分泌でベタつく部分もあるため、皮脂が分泌されてもうまくなじんでくれる、以下のような保湿成分を使った乳液を使うことがおすすめです。

混合肌におすすめの乳液に使われている保湿成分

セラミド…人の肌に存在する油分の一種で、水分の蒸発を防ぐ働きをする

スクワラン…人の体内に存在するうるおい成分の「スクワレン」を酸化しにくく加工した成分なので、
肌に浸透しやすい

ホホバ油…人間の皮脂と似た構造をしており、肌になじみやすい

など

皮脂を抑える成分が含まれている

頬を気にする女性の画像

混合肌におすすめの乳液は、保湿だけではなく、皮脂の分泌を抑えてくれる成分が含まれていることも条件の1つであるといえます。

混合肌の方の多くは、乾燥する部分と皮脂分泌のある部分のベタつきやテカリなどの差に悩まされています。

皮脂を抑制する成分を含んだ乳液を使うと、皮脂分泌の多い部分のベタつきやテカリを軽減して、乾燥部分と脂性部分の差を埋めることができるので、混合肌の方は皮脂を抑制できる以下のような成分が含まれた乳液を選ぶようにしましょう。

混合肌におすすめの乳液に使われている皮脂抑制成分

ビタミン類…アスコルビン酸(ビタミンC)、トコフェロール(ビタミンE)、
ピリドキシンHCl(ビタミンB6)など。

アラントイン…抗炎症成分。収れん作用を持っており、肌を引きしめる効果が期待できる

など

【価格別】混合肌におすすめの乳液ランキング

混合肌におすすめの乳液レビューイメージ

混合肌の保湿には、以下の条件を満たす乳液がおすすめです。

混合肌におすすめの乳液の条件

  1. 肌になじみやすい保湿成分が配合されている
  2. 皮脂を抑制できる成分が配合されている

本記事では、混合肌におすすめの乳液の条件を満たす乳液を9つ集め、保湿力という観点から混合肌に適した乳液ランキングを作成しました。

乳液の保湿力を検証した方法は以下の通りです。

混合肌におすすめの乳液の保湿力を検証した方法

  1. 室温25~26度、湿度40~50%に保たれた部屋で検証
  2. 餅を均等な大きさに切り、餅の表面に同じ量の乳液を塗る
  3. 餅に乳液を塗った時点から2時間ごとに餅表面を撮影して変化を観察
  4. 8時間後、餅の表面に残っている乳液を拭き取ったとき、餅の表面に最もひび割れがなかった乳液を1位として、保湿力を検証

この検証の結果から、最も保湿力の高かった乳液を1位として作成した、混合肌におすすめの乳液ランキングTOP3を価格別にご紹介していきます。

ハリツヤオリジナルランキング

2,000円以上|実力派乳液TOP3

実力派1位|NOV ACアクティブ モイスチュアミルク

NOV ACアクティブ モイスチュアミルク

内容量:50mL 参考価格:3,240円(税込)

保湿力

使用感

  • 肌に乗せた瞬間は重さを感じるが、さらっと伸びてベタつきがない
  • 乳液を「なじませた」感覚が少なく、自然に潤った肌のように感じられる
  • 匂いはあまりない

品特徴

  • 皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体配合
  • 人の肌になじみやすい「リピジュア」「セラミド」「乳酸」などの保湿成分を配合
  • ニキビや肌荒れを防ぐ抗炎症成分「グリチルレチン酸ステアリル」を配合し、敏感な肌にも優しい

6時間の保湿力実験の結果

ノブ レビュー※6時間後のみ▶乳液拭き取り後

混合肌におすすめしたい実力派の乳液の中で最も保湿力が高かったのは、NOV ACアクティブ モイスチュアミルクでした。

乳液を塗布した直後からの餅表面の変化を見てみると、表面に塗った乳液は蒸発することなく餅表面を潤し続け、6時間後に乳液を拭き取った餅の表面にはひび割れがほとんど見られません。

保湿をしていない側面からの乾燥にも負けず、餅の表面の潤いをキープできていることからも、保湿ケアが重要な混合肌に適した乳液であるといえます。

名嘉山
NOVのACアクティブシリーズには、モイスチュアミルクを含むお得な1週間分のトライアルセットがあるので、まずはトライアルセットで自分の肌に合うかを確認してみることをおすすめします。

実力派2位|ソフィーナジェンヌ 混合肌のための高保湿ジェル乳液

ソフィーナジェンヌ 混合肌のための高保湿ジェル乳液

内容量:50g 販売価格:2,376円(税込)

保湿力

使用感

  • 感触はクリームに近いものの、油っぽさはない
  • スッと伸びて肌にぴたりとなじみ、サラサラになる
  • フローラルな甘い香りがする

商品特徴

  • 混合肌向けに開発されたスキンケアライン
  • 合成セラミドと植物エキス、植物由来成分による保湿で、ノンオイリー処方
  • オウバクエキスやユーカリ葉エキスが肌を引きしめ、皮脂の分泌を抑制

6時間の保湿力実験の結果

ソフィーナ レビュー※6時間後のみ▶乳液拭き取り後

混合肌におすすめしたい実力派の乳液の中で、2番目に保湿力が高かったのは、ソフィーナジェンヌの混合肌のための高保湿ジェル乳液でした。

乳液を塗布した直後からの餅表面の変化を見てみると、乳液塗布直後から2時間でやや乳液が乾いてしまった様子が見受けられますが、4時間後は大きな変化もなく、餅の表面が潤っていることが見てとれます。

6時間後に乳液を拭き取った後も餅の表面は潤っており、保湿していない側面からくるもの以外のひびはほとんど見られないことからも、ソフィーナジェンヌの混合肌のための高保湿ジェル乳液の保湿力の高さがうかがえました。

名嘉山
ソフィーナジェンヌの混合肌のための高保湿ジェル乳液は、油分が気になる混合肌でも使いやすく、しっとりとした肌の潤いを感じられるため、混合肌におすすめの乳液であるといえます。

実力派3位|ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク

内容量:100g 販売価格:2,160円(税込)

保湿力

使用感

  • もったりとしたクリームのようなテクスチャー
  • 肌になじませるとサラサラのふわふわになる
  • 匂いはあまりしない

商品特徴

  • スクワランやセラミドなど、人の肌に元々ある保湿成分が多く配合されている
  • 敏感肌用につくられているため、肌にやさしい
  • 肌を引きしめて皮脂を抑制する、抗炎症成分の「アラントイン」を配合

6時間の保湿力実験の結果

ミノン レビュー※6時間後のみ▶乳液拭き取り後

混合肌におすすめした実力派の乳液の中で3番目に保湿力が高かったのは、ミノンのアミノモイスト モイストチャージミルクです。

乳液を塗布した直後からの餅表面の変化を見ると、表面の乳液はほとんど乾燥しませんでしたが、6時間後に乳液を拭き取った餅の表面にはうっすらとひびが入ってしまっていました。

しかし、ひびの入った部分も、乳液で保湿していない側面以外は割れることなく潤いが感じられたため、保湿力は高く、乾燥しがちな混合肌のUゾーンもしっかり保湿することができますよ。

名嘉山
もったりとしたクリーム状の乳液なので、保湿した!という感覚を味わうことができます。クリーム感がないと物足りないけど、ベタつくのはいや…という混合肌におすすめの乳液です。

2,000円未満|プチプラ乳液TOP3

プチプラ1位|LOVE YOUR SKIN ボタニカルミルクモイストIIリッチ

LOVE YOUR SKIN ボタニカルミルクモイストIIリッチ

内容量:100g 販売価格:1,620円(税込)

保湿力

使用感

  • クリームに近い感触で、伸びが良い
  • もっちりとした潤いが感じられる
  • ボタニカル特有のツンとした匂い

商品特徴

  • 天然ヒト型セラミドやスクワランなど肌になじみやすい保湿成分を配合
  • こだわりの国産オーガニック植物由来成分を配合
  • 皮脂に近い保湿成分のシア脂や肌を引きしめるトコフェロール配合で皮脂に強い

6時間の保湿力実験の結果

ラブ・ユア・スキン レビュー※6時間後のみ▶乳液拭き取り後

混合肌におすすめしたいプチプラの乳液の中で最も保湿力が高かったのは、LOVE YOUR SKINのボタニカルミルクモイストIIリッチでした。

乳液を塗布してからの餅表面の変化を見ると、2時間、4時間経っても乳液が蒸発することなく餅を覆い、6時間後に乳液を拭き取ると、しっとりと潤った、ひび割れのない餅の表面が現れました。

うっすらとひびの入った部分はありますが、保湿されていない側面から入っているひびであることから、ボタニカルミルクモイストIIリッチの保湿力の高さがうかがえます。

名嘉山
やや重ための乳液なので、乾燥が気になりがちな混合肌の方におすすめしたい乳液ですね。ただ、匂いが結構きついので、香りつきの乳液が苦手な方は他の乳液を使うようにしましょう。

プチプラ2位|FANCL アクティブコンディショニングEX 乳液II しっとり

FANCL アクティブコンディショニングEX 乳液II しっとり

内容量:30mL 販売価格:1,836円(税込)

保湿力

使用感

  • 液状なのに濃厚で、伸びが良い
  • しっとり、もちもちな肌になる
  • ほぼ無臭

商品特徴

  • 独自成分のアクティブセラミドが肌の水分の蒸発を防ぐ
  • 肌を引きしめ皮脂分泌を抑制するトコフェロールやローズマリー葉エキスを配合
  • ハリとツヤのある肌をつくるエイジングケア効果も期待できる

6時間の保湿力実験の結果

ファンケル レビュー※6時間後のみ▶乳液拭き取り後

混合肌におすすめしたいプチプラの乳液の中で2番目に保湿力が高かったのは、FANCLのアクティブコンディショニングEX 乳液IIしっとりでした。

乳液を塗布してからの餅表面の変化を見ると、塗布から2時間で小さなひびが見られますが、4時間後にもそのひびが大きく割れる気配はなく、6時間後もほとんど日々の大きさは変わりませんでした。

また、乳液を拭き取った後も潤いが持続していることから、保湿力だけでなく浸透力が高いことがうかがえ、しっかりと肌を保湿してくれる効果が感じられます。

名嘉山
FANCLのアクティブコンディショニングEXには、化粧水や美容液などがついた、1ヶ月たっぷり使えるお得なトライアルセットがあるため、まずはトライアルセットで自分の肌との相性を確かめてから使うようにしましょう。

プチプラ3位|Curel 潤浸保湿 乳液

Curel 潤浸保湿 乳液

内容量:120mL 参考価格:1,944円(税込)

保湿力

使用感

  • ゆるめのテクスチャーで伸びが良い
  • しっとりと潤い、ベタつかない
  • アルコールっぽいにおい

商品特徴

  • 疑似セラミドとスクワランにより肌本来の保湿機能を助ける
  • 皮脂を抑える抗炎症成分「アラントイン」を配合
  • 敏感肌用に開発されており、肌にやさしい

6時間の保湿力実験の結果

キュレル レビュー※6時間後のみ▶乳液拭き取り後

混合肌におすすめしたいプチプラの乳液の中で3番目に保湿力が高かったのは、キュレルの潤浸保湿 乳液でした。

乳液を塗布してからの餅表面の変化を見ると、2時間後、4時間後と、乳液が蒸発するのではなくその場で固まり、6時間後に拭ってみると、乳液が固まっているのは表面だけで、餅に接している部分はしっとりとした潤いをキープしていました。

乳液の潤いに守られていた餅表面に乾燥は見られず、ひび割れも保湿していない側面からのひびであることが見てとれます。

名嘉山
ゆるくて伸びが良いテクスチャーなので、軽い使用感が好きな方で、しっかりと保湿したいという混合肌の方におすすめの乳液です。

混合肌の保湿に乳液を使うときのポイント

スキンケア化粧品ボトルがならんでいる様子

ここまでで混合肌におすすめの乳液を紹介してきましたが、混合肌は顔の部位によって肌質が異なっているため、乳液の使い方によっても肌の潤い方やべたつき方が異なります。

混合肌の方が乳液を使って保湿をする際には、以下の3つのポイントを、上から順番に試してみてください。

顔の部位によって使用量を調節する

マッサージオイルを手にたらす

混合肌の顔は皮脂分泌が多くてベタつくTゾーンと乾燥してカサつくUゾーンに分けられますが、TゾーンとUゾーンでは肌が持つ水分量・油分量が異なるため、スキンケアで与えなければならない水分と油分の量も変わってきます。

洗顔で顔の汚れや皮脂を落とした後は、顔全体に化粧水でたっぷりの水分を与えた後、乾燥しがちなUゾーンには乳液を何度か重ね付けして水分と油分を補い、ベタつきがちなTゾーンには乳液を少量つけて、肌の水分を守れるだけの油分を補給するようにしましょう。

顔の部位によって乳液を使い分ける

化粧瓶

TゾーンとUゾーンで乳液の使用量を調節してもTゾーンのベタつきが気になったり、Uゾーンの乾燥が気になったりする場合には、TゾーンとUゾーンで使う乳液の種類を変えることもおすすめです。

乳液の中には、さっぱりタイプやしっとりタイプ、もっとしっとりタイプ、といったように、保湿力や油分の量を調整している商品があります。

混合肌は顔の部位によって肌質が違い、顔全体で同じ乳液を使うとどちらかの肌質に油分量が合わないこともあるので、油分が多すぎる、もしくは足りないと感じた場合には、さっぱりタイプとしっとりタイプを使い分けるようにしてみてください。

乾燥部分には保湿クリームを重ねる

保湿クリームを両手でもつイメージ図

乳液を使い分けても乾燥部分と脂性部分の差が大きいときには、顔全体にさっぱりタイプの乳液を使ってから、乾燥部分にだけ保湿クリームを重ねるケアをおすすめします。

混合肌は人によっても肌質の差が大きく表れるため、乾燥寄りの混合肌の場合、乳液だけでは保湿が不足してしまうこともあります。

脂性部分がちょうどよく保湿できたからと言って、乾燥部分を放置してしまうと、肌荒れや混合肌の悪化に繋がってしまうため、必ず顔全体がちょうどよく保湿できている状態をつくるようにしましょう。

まとめ

化粧品を選ぶ女性

本記事では、混合肌の保湿には、以下の2つの条件を満たしている乳液がおすすめだとご紹介しました。

混合肌におすすめの乳液の条件

  • 肌になじみやすい保湿成分が配合されている
  • 皮脂を抑制できる成分が配合されている

混合肌は顔の部位ごとに肌質が異なるため、スキンケアが難しいと感じる方も多いかと思いますが、多くの場合、保湿力の高いスキンケア化粧品の使用量を調節することによって、顔全体を1種類のスキンケアラインでケアすることができます。

本記事は、混合肌の気になる肌のベタつきをケアしながら、乾燥部分をしっかり保湿できる乳液と、おすすめの使い方を紹介しているので、スキンケアに悩んでいる混合肌の方はぜひ試してみてください。

保湿効果の高い乳液を使って正しく保湿をし、混合肌の改善を目指していきましょう。

ハリツヤ研究所
https://haritsuya-labo.jp/combination-skin-recommended-cosmetics/

この記事をシェアする

おすすめ記事