手の甲へクリーム
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

肌荒れというと顔の肌荒れが一番に思い浮かぶ人が多くいるかと思いますが、手も顔と同じ皮膚でできているので肌荒れを起こしてしまうことが­­多いパーツ。

しかし、手は肌荒れしてしまうことが多い割に、顔の肌荒れに比べてセルフケアできるスキンケア化粧品が少なく、どんなハンドクリームを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

本記事では、家事でも仕事でもプライベートな場面でも常に外的刺激にさらされがちな「手」の肌荒れに悩む人に、手の肌荒れの原因と肌荒れタイプ別のハンドクリームの見分け方を紹介していきます。

ハンドクリームを使ったおすすめのマッサージ方法も動画付きで解説するので、毎日ケアを続けて肌荒れのない綺麗な手を目指しましょう。

目次

手の肌荒れ別!ハンドクリームの見分け方

顔の肌荒れにニキビや乾燥といった種類があるように、手荒れと一言でいっても種類がさまざまあります。

まずは悩んでいる自分の手の肌荒れがどのタイプなのかを、以下の写真と特徴から見極めましょう。

手荒れ4種

上の4つの写真に分けられる手の肌荒れは、肌荒れの種類別にハンドクリームを選んで使うことで、肌荒れの悩みの解決を早めてくれます。

ここからは、手の肌荒れの種類別にどんなハンドクリームを選べば良いのかを解説していきます。

ガサガサ乾燥には保湿成分・美容成分配合のものを

指の荒れ

上の写真のように手全体が白っぽく、粉が吹くような乾燥がある方には、保湿成分や美容オイルが配合されたハンドクリームがおすすめ。

保湿成分にはさまざま種類がありますが、肌にもともと存在する成分であり、肌に水分を与えて保つヒアルロン酸やセラミドが配合されているハンドクリームを使いましょう。

また、美容成分としてプラセンタエキスが配合されているハンドクリームを使えば、肌の新陳代謝が活性化され、自らの力でうるおいを保持できなくなった肌の機能を再生させるので、肌がうるおいで満たされてハリやツヤが生まれますよ。

ガサガサ乾燥タイプの肌荒れに悩む人におすすめの成分

  • ヒアルロン酸 
  • セラミド
  • プラセンタエキス など

ひび割れ・あかぎれには血行促進成分配合のものを

あかぎれ

手の甲や指先が乾燥によって肌荒れしているだけでなく、指先や関節を中心にひび割れやあかぎれが起こっている方は、血行を促進したり肌の組織の回復を助けたりする成分が配合されているハンドクリームを使いましょう。

ひび割れやあかぎれは、空気が乾燥し気温が低くなる冬場に多い肌荒れで、肌内部に蓄えられる水分の量や肌のうるおいを守る肌のバリア機能が正常に働かなくなってしまうことで、肌が乾燥して硬くなり、関節などのシワに沿ってひび割れてしまう症状を指します。

ひび割れやあかぎれの悩みを少しでも改善させるためには、水分と油分のバランスがとれた保湿をするだけでなく、肌のバリア機能が壊れてしまった肌を修復させる機能を持つ血行促進成分配合のハンドクリームで保湿するのがおすすめです。

肌のバリア機能を修復させるには、血行を促進させて新陳代謝を活性化させるヘパリン類似物質やビタミンE、肌の再生を促し健康に保つビタミンCやレチノールなどの成分が最適。

以下の成分が配合されたハンドクリームを継続的に使って、手のひび割れやあかぎれの悪化を防ぎましょう。

ひび割れ・あかぎれタイプの肌荒れに悩む人におすすめの成分

  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • レチノール
  • ヘパリン類似物質

角質が分厚くなり固い状態には尿素配合のものを

角質肥厚

手の関節や力の負荷がかかりやすい指の先や側面、手のひらなどに何層にも積み重なったような固い皮膚ができてしまっている場合は、肌を柔らかくする効果のある尿素を配合したハンドクリームがおすすめ。

尿素はもともと肌の内側の角質層に存在する保湿成分NMF(天然保湿因子)に含まれている成分で、乾燥して干からび、固くなってしまった肌を柔らかくしてくれます。

また固くなった肌を柔らかくほぐしたら、ターンオーバーを促進させて肌表面に溜まった角質を古い垢として取り除くことが大切。

肌のターンオーバーを促進させるビタミンEやビタミンBが配合されているハンドクリームを使って肌荒れをケアしてくださいね。

角質が分厚くなって固い状態の肌荒れにおすすめの成分

  • 尿素
  • シアバター
  • ビタミンE
  • ビタミンB

かゆみに加えて湿疹がある場合は皮膚科へ

手の荒れ

肌が乾燥しかゆみが出てしまったり、水疱のような湿疹がある場合は、「手湿疹」が疑われます。

手湿疹は、水仕事や手をよく動かす仕事をしていて、手に本来存在して保湿の役割を果たしている皮脂が失われてしまう人や、アトピー体質や刺激を受けやすい敏感な肌質の人に多くできやすいという特徴があります。

手湿疹の症状が出始めてしまったら、少しの刺激や温度差でもかゆみや痛みが出るようになってしまうので、市販のハンドクリームや薬で治そうとせず、皮膚科で最適な処方箋をもらって対処するのが手の肌荒れを防ぐポイントです。

手の肌荒れタイプ別に厳選したハンドクリーム5選を紹介!

大きく4つに分けられる手の肌荒れタイプ別に、効果的な成分が配合されているハンドクリームを全部で5商品紹介します。

5商品ともに市販や通販で購入することができるので、ぜひ手にとって試して手の肌荒れによるストレスから抜け出しましょう。

【固くなった手肌に】ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム

ケラチナミンハンドクリーム

第3類医薬品 60g:1,500円 150g:2,000円

ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリームは、角質が固くなってしまった手の肌荒れタイプにおすすめのハンドクリーム。

尿素とともに配合された保湿成分と油分で肌のうるおいを保ち、固くなった皮膚を柔らかい健康な状態に戻して、すべすべの手肌に導いてくれますよ。

コスメコンシェルジュが実際に使用して紹介!

肌になじみやすい柔らかいテクスチャーで、乾燥して固くなってしまった肌にもしっとりと密着して触りたくなるような手肌に導いてくれます。

ぬるま湯で手を洗ってもヌルヌルせず、一度手を洗っただけでは手のしっとり感が消えなかったので、一日に何度も水を使う職業や主婦の方におすすめですよ。

【ひび割れ・あかぎれ】ユースキンA(指定医薬部外品)

ユースキンAハンドクリーム

指定医薬部外品 70g:830円 120g:1,240円(税抜)

ユースキンAは、手の肌荒れの中でも「ひび割れ・あかぎれ」タイプに効果的なビタミンB2・ビタミンE酢酸エステル・グリチルレチン酸・dl-カンフルが配合された黄色のテクスチャーが目印のハンドクリーム。

毎日の水仕事や手をよく動かす動作によって、繰り返されるひび割れやあかぎれを、やさしく保湿をしながらいたわって手の肌荒れを落ち着かせてくれます。

コスメコンシェルジュが実際に使用して紹介!

ユースキンAはなんといっても濃厚でこってりとした黄色のクリームが特徴的で、スーッとした清涼感のあるにおいがします。

手にとった瞬間は半固形のバーム状にも感じられるほどの重たさですが、肌に塗りこんでいくうちに「するん」という軽い感触に変わるのが分かるので、感触に変化があるまでしっかり塗りこんでくださいね。

【ひび割れ・あかぎれ】アベンヌ 薬用ハンドクリーム

アヴェンヌハンドクリーム

医薬部外品 102g:1,871円(参考価格)51g:758円(参考価格)

アベンヌの薬用ハンドクリームは、炎症を抑えるグリチルリチン酸や血行を促進するビタミンEでひび割れやあかぎれに効果的に働きかけます。

ハンドクリームのベースに肌に優しい温泉水を使用し、天然の油分であるミツロウが配合されているので、手肌に与えた水分を逃さず閉じ込めてくれます。

しっとりなめらかな使い心地なのにベタつかないので、作業中の保湿にもぴったりなハンドクリームです。

コスメコンシェルジュが実際に使用して紹介!

ゆるやかで伸びの良いテクスチャーで、肌にみずみずしい水分を与えながら配合された油分でうるおいを保ち、手の肌荒れが気にならない肌に導きます。

肌になじみやすいのでパソコンを使う仕事をしているときの保湿に使っても、機器をベタつかせることがなく安心して使えますよ。

【カサカサ乾燥に】アトピスマイルクリーム

アトピスマイルハンドクリーム

医薬部外品 50g 通常価格:4,500円(税抜) 定期価格:4,050円(税抜)
      25g 通常価格:2,500円(税抜) 定期価格:2,250円(税抜)

アトピスマイルクリームは、米由来の有効成分ライスパワーNo.11を配合し、肌の水分量を一定に保つことで肌のバリア機能を整えて、乾燥によるかゆみや炎症を落ち着かせる効果を持つハンドクリーム。

肌表面だけに保湿成分が留まるのではなく、肌の角質層までなじんで肌が自らうるおう力を呼び覚まして、乾燥しにくい肌質に導いてくれますよ。

コスメコンシェルジュが実際に使用して紹介!

肌にスーッとなじんでいく感覚のテクスチャーで、塗ってからすぐに肌にうるおいが与えられているような実感があります。

今回紹介した5つのハンドクリームの中で最も柔らかいテクスチャーで肌がなめらかになるので、ハンドマッサージをする時に一緒に使うハンドクリームとしておすすめの商品です。

【カサカサ乾燥に】第一三共ヘルスケア ロコベースリペアクリーム

ロコベースハンドクリーム

30g 1,800円(税抜)

製薬会社の第一三共ヘルスケアから発売されているロコベースリペアクリームは、こってりと油分の多いテクスチャーで肌に密着し、水仕事をしても落ちにくいハンドクリーム。

手肌は皮脂腺が少なく、皮脂の欠乏によって乾燥による肌荒れを起こしやすいため、肌になじみやすい脂質のセラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸が皮脂の代わりになってカサついた手肌をしっとりと保湿します。

こってりとしたテクスチャーなので、水仕事の前の手肌の保護や、おやすみ前の保湿にぴったりのハンドクリームです。

コスメコンシェルジュが実際に使用して紹介!

ロコベースリペアクリームは、とにかく濃厚でコクのあるクリームが特徴。

肌になじむというよりは、肌に強力な油膜を張ってうるおいを逃さないような実感があります。

夜寝る前に手全体に塗りこんで手袋をして寝ると、翌朝には固い角質をしっとりと柔らかくし、うるおいのある肌に導くことができるので、粉が吹くほどの乾燥に悩む人のナイトケアにおすすめです。

動画付|ハンドクリームとマッサージで手の肌荒れ予防

ハンドクリームを使った手の肌荒れのケアは、ただ塗るだけでなくマッサージをして血行を促し、新陳代謝を活性化させることで新しい健康な肌を作り出す効果がさらに引き出されます。

ここからは誰でも簡単に、ひとりでできるハンドマッサージの方法を動画と共に解説していきます。

正しいハンドマッサージの仕方を覚えて、毎日のハンドケアに取り入れて、肌荒れのない健やかな手肌を手に入れましょう。

血流をアップさせるハンドマッサージの仕方

  1. ハンドクリームを手のひらにとり、あたためる
  2. 手全体に満遍なくハンドクリームをなじませる
  3. 指のつけ根から指先に向かって親指でらせんを描くようにさする
  4. 指先まできたら親指の腹で爪の根元を軽く押して刺激を与える
  5. 指の根元から手首に円を描くようにマッサージ
  6. 指と指の間の水かきの部分を5秒押す
  7. 手のひら全体を親指で円を描くようにマッサージする
  8. 手のひらを反らすように手全体をストレッチさせる

血流アップマッサージの仕方|マッサージの前に…

ハンドマッサージ01-02

1.ハンドクリームを手のひらにとり、あたためる
2.手全体に満遍なくハンドクリームをなじませる

コスメコンシェルジュからの一言ポイント!

固めのテクスチャーのハンドクリームでも手のひらの体温で温めることで、テクスチャーが柔らかくなり、手全体に均一に伸ばしやすくなります!

ハンドマッサージ03-04

3.指のつけ根から指先に向かって親指でらせんを描くようにさする
4.指先まできたら親指の腹で爪の根元を軽く押して刺激を与える

コスメコンシェルジュからの一言ポイント!

「押す」のではなく、「さする」をイメージしてやさしくマッサージしていきましょう。

力をかけすぎてしまうと、肌荒れしている部分を刺激してさらに肌荒れを悪化させてしまうことがあるため、強く力をかけるのは厳禁です。

血流アップマッサージの仕方|手の甲のマッサージ編

5.指の根元から手首に向かって円を描くようにマッサージ

ハンドマッサージ06
6.指と指の間の水かきの部分を5秒押す

コスメコンシェルジュからの一言ポイント!

指や手のひらだけでなく、手の甲にも骨と骨の隙間にある筋肉が凝り固まって血液の流れを悪くしていることも。

手の甲は骨と骨の間を沿わせるようにさすりあげて、血行を良くしましょう。

血流アップマッサージの仕方|手のひら編

ハンドマッサージ09
9.手のひら全体を親指で円を描くようにマッサージする

コスメコンシェルジュからの一言ポイント!

血流を良くして手の肌荒れの悩みを解決するために、指先だけではなく手のひらにもストレッチやマッサージが必要不可欠。

ハンドマッサージが終わったあと、手全体がぽかぽかと温まっていれば完了です。

血流アップマッサージの仕方|仕上げ編

ハンドマッサージ10
10.手のひらを反らすように手全体をストレッチさせる

コスメコンシェルジュからの一言ポイント!

マッサージのあとは、手のひら全体の筋肉をゆっくりと伸ばすようにストレッチを行いましょう。

滞っていた老廃物の排出や血行が良くなり、肌が新しく健康な皮膚に生まれ変わるのをサポートしてくれますよ。

ハンドクリームは顔の肌荒れにも使える?

手の肌荒れの悪化を防ぐためにも毎日使いたいハンドクリームですが、手に使うだけでなく、顔の乾燥による肌荒れにも使用することはできるのかどうか気になりますよね。

ハンドクリームは、種類によって顔に使えるものと使えないものが分けられ、使えないハンドクリームを使用してしまうと、さらに顔の肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

ハンドクリームのタイプ別に、顔の肌荒れに使用できるのかどうかを解説していきます。

ビタミン配合・高保湿タイプのハンドクリームは顔も使用可

OKしている女性のイメージ画像

血行を促進して新陳代謝を活性化させる効果のあるビタミンEや、保湿成分や美容成分が豊富に配合されたりしているタイプのハンドクリームは、顔の乾燥による肌荒れの悩みを解消するのに有効です。

ただし、乾燥や肌が敏感状態になることでの肌荒れに悩んでいる人以外には向かず、皮脂の過剰分泌によるニキビの肌荒れに悩む人が、ビタミン配合で高保湿なハンドクリームを使ってしまうと、配合されている油分によってさらに油分が肌表面に蓄積されてしまいます。

肌表面でなじみきらなかった油分は、テカリの原因になるだけではなく、毛穴を詰まらせてニキビの原因を生み出してしまうので、必ず乾燥や肌が敏感状態になり刺激を感じやすい人のみ使用するようにしてくださいね。

尿素配合のハンドクリームは顔への使用禁止

手でバツをつくる女性

尿素が配合されたハンドクリームは、本来肌にある保湿成分のNMFに含まれる成分であることから、肌にやさしく刺激などの負担をかけにくい成分であるといえます。

しかし尿素はその一方で、肌をやわらかくして古い角質として排出する作用も持っているため、手よりも皮膚の薄い顔に毎日塗り続けていると、肌のターンオーバーが過剰に働き、逆に肌荒れを引き起こしてしまうのです。

どんなに乾燥して粉が吹いているような状態でも、顔の肌に尿素配合のハンドクリームを塗ってスキンケアを行うのは避けましょう。

ハンドクリームの選び方以外にも!手の肌荒れを防ぐ方法

手の肌荒れはハンドクリームを正しく選ぶことはもちろんですが、ハンドクリームの選び方以外にも手の肌荒れを防ぐ方法があるのです。

日常生活で何気なく気をつけるだけでできる簡単なポイントなので、手の肌荒れに悩む方は今日から取り入れてみてくださいね。

ハンドクリームはこまめに塗る

クリームを手に乗せている写真

肌荒れタイプ別に選んだハンドクリームは、朝・晩の顔のスキンケアと同時にだけでなく、何度もこまめに塗り直すことが大切です。

習慣的に手を洗ったり食器を洗ったりする水仕事や、手指を大幅に動かすオフィスワークをしている場合、ハンドクリームをこまめに塗りなおして肌の水分と油分を常に一定に保ちましょう。

寝るときに綿・絹の手袋とハンドクリーム

ニベアクリームをとろうとする手

夜寝る前に必ずハンドクリームを塗ってから眠っているという人は多くいますが、せっかく塗ったハンドクリームも寝ている最中の寝返りなどの摩擦で落ちてしまいます。

寝ている間中、ハンドクリームで与えた水分・油分を保つためには、ハンドクリームをつけた手に手袋をはかせてあげるのがおすすめです。

手袋ならなんでもいいの?と思う方もいるかと思いますが、ゴム手袋は通気性がなく熱をこもらせて、かゆみを引き起こす可能性があるので、肌荒れをしている手に使用するとかえって逆効果になってしまいます。

寝ているときは体温管理をしにくいので手からも熱を放出させながら、ハンドクリームで与えた水分・油分を保つことができる綿や絹の手袋をはきましょう。

洗いものをする時はゴム手袋を必ずすること

食器洗いや水を使った仕事が多い人は、水による刺激や乾燥から手肌を守るために、ゴム手袋を必ずつけましょう。

ゴム手袋は水の直接的な刺激を避けため、手の肌荒れに悩む人には必須のアイテムです。

ゴム手袋は大容量パックで売られているものが多く、一対を使い捨てで使ってもコストパフォーマンスは悪くないので、100円均一などで自分の手のサイズになじむ安価なものを探して使うのがおすすめですよ。

手を洗うときは固形石けんで

白いオーガニック石鹸とラベンダー

手が肌荒れしていても、手を洗わないと手指を清潔な状態を維持することはできませんよね。

最近では、ポンプを押すと泡になって出てくるハンドソープもありますが、泡になって出てくるフォームタイプやリキッド状で泡立てやすくしたハンドソープは、肌に強い刺激を起こしやすい合成界面活性剤が含まれている商品が多くあるのです。

手が肌荒れしている時は、手を洗うときに毎回使うハンドソープにも気を配って、無添加タイプの固形石けんを使って、肌をやさしくケアしながら清潔を保ちましょう。

手を洗うときは38~40℃のぬるま湯で

水をすくう手

手を洗うときは冷水でも熱いと感じるほどのお湯でもなく、38~40℃の人肌程度のぬるま湯で行いましょう。

冷たすぎる水は冷たさによる刺激を肌に与え、熱すぎるお湯は刺激を与えるだけでなく、肌を温めて肌の内側の水分を蒸発させて乾燥を引き起こすため、人肌程度のぬるま湯で手を洗うのが最も適切です。

手洗い後は水気をしっかり拭き取ること

手

肌荒れした手を洗う際には、無添加の固形石けんを使うなど使用するアイテムの選び方が大切ですが、手を洗い終えた後は肌に水気を残さないようにしっかりと拭き取るのがポイントです。

手に残ってしまった水分は、肌の表面の水分が乾燥するとともに肌の内側に蓄えられている水分と結合して一緒に蒸発させて、乾燥状態をより悪化させてしまいます。

手の肌荒れに悩んでいる人は、無添加タイプの固形石けんと人肌程度のぬるま湯を使用して手を洗い、タオルでやさしく肌の水分を拭き取ったら、すぐにハンドクリームを塗りなおしてくださいね。

まとめ

左手のひらのクリームを混ぜる瞬間の画像

手の肌荒れは、肌荒れ別に適切なハンドクリームを毎日使って保湿をしてあげることで、肌荒れの悩みの解決を早めることができます。

乾燥して肌が固くなったり、粉が吹いたりといった肌荒れを起こしてしまっている場合は、手をマッサージしながらハンドクリームを塗って血流を促進させて新陳代謝を活性化させましょう。

本記事内で紹介した血流アップマッサージは、誰でも簡単に5分あればできるハンドマッサージなので、手の肌荒れに悩む人は寝る前の習慣のひとつとして取り入れてみてくださいね。