笑顔で頬に手を当てる女性
小林なつきプロフィール

脂性肌の研究者

小林 なつき

テレビCMや雑誌での宣伝に加え、ドラッグストアで見かけることも多く、敏感肌向けのスキンケアラインとして知名度の高いキュレル。

キュレルのスキンケアラインは赤ちゃんのデリケートな肌にも使用できるといわれており、化粧品で肌荒れを起こしやすい敏感肌の人でも安心して使えるのではないかと期待が高まりますよね。

しかし、口コミを見るとキュレルで肌荒れを起こしてしまったという人も見られるため、キュレルが使えない敏感肌の人もいることがわかります。

本記事では、どうしてキュレルを使える敏感肌と使えない敏感肌がいるのか、その理由を口コミや成分、キュレルの商品特徴から分析し、キュレルの使用時に気を付けたいことをお伝えしていきます。

敏感肌の人の感想は?キュレルの口コミを調査

口コミ

ドラッグストアなど身近なところで手に入れることができるキュレルですが、敏感肌向けの化粧品で肌荒れを起こしたことがある人は「敏感肌向けとうたわれているけれど、本当に敏感肌でも使用することができるのだろうか」と思ってしまうのではないでしょうか。

キュレルではベーシックラインの潤浸保湿シリーズ、美白(※)ケアシリーズ、皮脂トラブルケアシリーズ、エイジングケアシリーズを敏感肌向けに打ち出しており、敏感肌でも抱えている肌悩みからシリーズを選んでケアをすることができます。

本当にキュレルで敏感肌をケアできるのだとすれば、現在敏感肌でシミやニキビ、肌のたるみなどに悩んでいる人も肌悩みに沿ったスキンケアができるので嬉しいですよね。

(※)メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

ここでは、実際にキュレルを使った敏感肌の人がどう感じたのかを口コミから調べ、使えると感じた人と使えないと感じた人それぞれで多かった感想をお伝えします。

また、敏感肌の人が使って改善できた、もしくは悪化した肌トラブルの例も紹介するので、これまでに敏感肌用の化粧品を使って肌トラブルを起こしたことがある人はあわせて確認してみてください。

○良い口コミ

  • 乾燥がひどくてかなり荒れているときでも全くしみない
  • 肌刺激が少なくてパシャパシャ使える
  • 吹き出物が落ち着いた

×悪い口コミ

  • 塗ったときに肌がピリッと痛んだ
  • ただの水を付けている感じ
  • 肌に合わずニキビが増えた

良い口コミには「肌への刺激が少なく、荒れた肌に使ってもヒリヒリしなかった」という声が多く見られました。

キュレルのスキンケアラインの1つである皮脂トラブルケアシリーズを使った人の中には「他社製品ではすぐにニキビができてしまうのに、キュレルの皮脂トラブルケアシリーズを使用してからはニキビができなくなった」という嬉しい声も。

一方で、悪い口コミで多かったのは「塗ったときに肌がピリッと痛んだ」というものでした。

また、「この成分が自分には合わないようだ」と自分で判断して使用を中断している人なども見られたため、人によっては特定の成分で肌荒れを起こしてしまうこともあるようです。

このように、敏感肌でもキュレルを使える人と使えない人がいるのはなぜなのか、その理由について詳しく説明していきます。

キュレルは乾燥性敏感肌向けのスキンケアライン

キュレルは日本有数の日用品・化粧品メーカーである花王が開発した、乾燥性敏感肌向けのスキンケアシリーズです。

乾燥性敏感肌とは、乾燥が原因で外部からの刺激に敏感になってしまっている肌のことをいいます。

敏感肌と一口に言っても敏感肌には様々な種類がありますので、自分がどの敏感肌なのかを知り、適切なスキンケアをすることが大切です。

敏感肌の種類と傾向

腕がかゆい女性

敏感肌には大きく分けて乾燥性敏感肌、脂性敏感肌、アレルギー性敏感肌、自称敏感肌の4種類があります。

4種類の敏感肌がどんな特徴を持っているのかを表にまとめたので、自分がどのタイプの敏感肌なのかを確認してみてください。

乾燥性敏感肌

肌が乾燥して肌のバリア機能が弱まり、外部からの刺激を受けやすくなっている敏感肌。

肌のバリア機能が弱まった状態で刺激を受けると肌に炎症・肌荒れが起こる。

脂性敏感肌

皮脂が過剰に分泌されて酸化することによって外部からの刺激に弱くなっている敏感肌。

過剰に分泌されてべたべたになった皮脂が酸化して肌にダメージを与え、ニキビやシミ、シワなどの肌トラブルを引き起こす。

皮脂が多く見えるのは表面だけで肌内部は乾燥しているインナードライ肌の可能性もある。

アレルギー性敏感肌

特定の成分に触れると肌に異常が現れてしまう敏感肌。

アレルギー物質に触れたとき、肌にかゆみや赤みなどのアレルギー反応が起こり、バリア機能が弱まった状態で刺激を受けると肌に炎症・肌荒れが起こる。

自称敏感肌

季節の変わり目や生理前などでホルモンバランスが崩れた時や、過度のストレスを感じた時、体調不良の肌荒れが起きやすい敏感肌。

実は、敏感肌であると感じている人の50~70%はホルモンバランスの崩れなど、何かのタイミングで肌が敏感になることがある、という「自称敏感肌」です。

肌が敏感になる時期は誰にでもあるので、自称敏感肌の人は肌が敏感になる時期にそれぞれの肌に合ったスキンケアをするのが適切ですが、乾燥性、脂性、アレルギー性の敏感肌については悩みに応じた敏感肌用のスキンケアが必要になります。

敏感肌用をうたっているスキンケアラインは大抵、肌に刺激を与える成分ができるだけカットされ、低刺激の成分で作られているため、敏感肌で肌が荒れてしまっていても安心して使うことができます。

低刺激の成分で作られたスキンケアラインの中でも、敏感肌のタイプが乾燥性ならば保湿効果の高い化粧品、脂性ならば皮脂が原因で起こる肌トラブルを防止する化粧品、アレルギー性なら自分のアレルギー物質が含まれていない化粧品を選ぶと良いでしょう。

キュレルのスキンケアラインはすべてのシリーズが高い保湿効果で肌の乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を回復させて、肌荒れを起こしにくくしてくれるので、敏感肌の中でも乾燥性敏感肌にぴったりの商品です。

乾燥が原因で敏感肌になってしまっている人は、ぜひ一度キュレルのスキンケアラインを試してみてください。

成分分析|キュレルが乾燥性敏感肌に効果的な理由

実験

キュレルは乾燥性敏感肌向けのスキンケアラインをうたっており、敏感肌の人が刺激として受け取りやすい香料や着色料、アルコールを使用せず、肌と同じ弱酸性の成分でつくられているため、敏感肌の人でも使いやすいスキンケアラインです。

キュレルの主成分は保湿効果の高いグリセリンやユーカリエキス、セラミド機能成分の3種類で、キュレルの4シリーズすべてに配合されています。

キュレルでは配合成分のグリセリンやユーカリエキスが乾燥した肌に水分を行きわたらせたあと、肌の潤いを逃がさないセラミド機能成分が働くことで高い保湿効果を発揮します。

高い保湿効果によって乾燥で壊れてしまった肌のバリア機能を修復し、肌を守ることができるので、配合成分が肌に合わない場合を除けば、キュレルは乾燥性敏感肌でも肌荒れを起こさずに使える安心のスキンケアラインです。

セラミド機能成分とは?

セラミド機能成分は、肌に元々あって、肌の潤いを逃がさずキープするセラミドと同様の効果を発揮する、花王オリジナルの成分のことです。

また、美白シリーズ以外のスキンケアラインに配合されている「アラントイン」という消炎作用を持つ成分は肌荒れやニキビを防いでくれる効果を持っています。

アラントインは肌荒れやニキビを防ぐだけでなく、化粧品の中に含まれている成分の刺激を抑える効果も持っているため、アラントインを配合することによって、敏感肌にやさしい化粧品がつくれるようになります。

高い保湿効果で肌のバリア機能を復活させ、アラントインの消炎効果で肌荒れやニキビを防ぎ、化粧品の配合成分による肌への刺激が抑えられているスキンケア化粧品だからこそ、乾燥性敏感肌の人にはキュレルのスキンケアラインがおすすめなのです。

キュレルの使用前には必ずパッチテストを!

パッチテスト

キュレルではアレルギーテストや乾燥性敏感肌の人の協力によるパッチテストを行い、乾燥性敏感肌の人でも使いやすいとして商品を販売していますが、人の肌質には違いがあるため、すべての人にアレルギー反応や肌刺激などの異常が出ないと言い切ることはできません。

新しい化粧品を使ったときに肌が荒れやすい人は特に、キュレルを使う前にパッチテストを行うことをおすすめします。

パッチテストのやり方

  1. 入浴後など体が清潔なタイミングで、二の腕の内側に自分が使いたいキュレルの化粧品を少しだけ塗る
  2. 30分後、塗った部分に赤みやかゆみなどの異常がないかを確認し、異常がなければ1日そのままの状態で様子を見る
    ※異常が見られた場合には即刻使用を中止し、塗った部分をよく洗い流す
  3. 24時間後、塗った部分に赤みやかゆみなどの異常が見られなければ問題なし

パッチテストを行って肌に赤みやかゆみ、腫れ、かぶれ、刺激、色抜けなどの異常があった場合にはすぐにキュレルの使用をやめ、皮膚科医に相談してください。

アトピー性皮膚炎の人は使用前にかかりつけ医に相談を

アトピー性皮膚炎のある肌はここまでに紹介してきた乾燥性敏感肌などの敏感肌とは異なり、使える化粧品も限られています。

キュレルの公式ページを見てもアトピー症状が出ている肌にはキュレルのスキンケアラインを使用できないことが書かれており、症状の出ていない肌に使う場合も皮膚科専門医への相談が推奨されています。

アトピー性皮膚炎の人はパッチテストを行うより前に、かかりつけ医に相談するようにしてください。

自分の肌悩みに合うミニセットでお試し

キュレルには潤浸保湿、美白、皮脂トラブルケア、エイジングケアという4種類のスキンケアラインが用意されています。

ここからはそれぞれのスキンケアラインがどのような特徴を持っているのかを紹介していくので、自分の肌悩みに合わせて選び、まずはミニセットを購入して自分の肌に合うか確認してから本製品を買うようにしてくださいね。

キュレル 潤浸保湿 ミニセットⅡ しっとり

キュレルミニセット

セット内容

  • キュレル 化粧水Ⅱ しっとり 30ml
  • キュレル 乳液 30ml
キュレル 潤浸保湿シリーズの特徴

  • 肌荒れやカサつきを繰り返しがちな乾燥性敏感肌向けのスキンケアライン
  • 潤い成分であるユーカリエキスが角質層へじっくり浸透
  • 保湿効果の高いセラミド機能成分を肌に与える

キュレルのベーシックラインである潤浸保湿シリーズは、乾燥性敏感肌が引き起こしやすい乾燥による肌荒れや小じわに対して効果を発揮するスキンケアラインです。

潤浸保湿シリーズは、カサつく肌に与えた水分を逃がさず、潤いをキープするセラミド機能成分で肌の水分バランスを整えてくれるのが特徴。

また、配合成分であるユーカリエキスには肌の潤いを守るために元々肌に存在しているセラミドを増やす働きがあるため、高い保湿効果が得られ、肌を外部刺激から守るバリア機能の回復を促してくれますよ。

潤浸保湿シリーズの化粧水はⅠ(ややしっとり)、Ⅱ(しっとり)、Ⅲ(とてもしっとり)の3タイプがあるので、肌の乾燥度に合わせて化粧水の使用感を選べるのもうれしいですね。

キュレル 美白ケア ミニセット

キュレル 美白ケアシリーズ ミニセット

セット内容

  • キュレル 美白化粧水Ⅱ しっとり 30ml
  • キュレル 美白乳液 30ml
キュレル 美白ケアシリーズの特徴

  • シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えるアスコルビン酸を配合
  • 植物由来でメラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐカモミラETを配合
  • 保湿効果の高いセラミド機能成分を肌に与える

キュレルの美白ケアシリーズは、乾燥性敏感肌が原因で刺激の強いスキンケア化粧品が使えない人でも使えるように、植物由来のカモミラETや刺激の弱いL-アスコルビン酸2グルコシドという美白有効成分が配合されているのが特徴です。

美白有効成分であるカモミラETやL-アスコルビン酸2グルコシドはシミの原因となるメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすができるのを防ぐ効果を持っているため、乾燥性敏感肌でも美白ケアができます。

また、配合成分であるビタミンEには毛細血管を広げて血流を良くし、細胞の新陳代謝を活発にして、肌を守っている表皮を健康なものと入れ替えるターンオーバーという働きを整える効果があります。

ターンオーバーが正常に整うと、肌表面にある表皮はおよそ28日周期で健康な表皮と入れ替わり、古い表皮が垢となって落ちるため、肌のくすみが防がれ、ワントーン明るい肌を実感できますよ。

美白ケアシリーズの化粧水にも潤浸保湿シリーズと同様、Ⅰ(ややしっとり)、Ⅱ(しっとり)、Ⅲ(とてもしっとり)の3タイプがあるので、肌の乾燥度に合わせて化粧水を選ぶようにしてください。

キュレル 皮脂トラブルケア ミニセット

キュレル皮脂トラブルケア ミニセット

セット内容

  • キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水 30ml
  • キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル 30ml
キュレル 皮脂トラブルケアシリーズの特徴

  • 過剰に分泌されてしまった皮脂によるベタつきや肌荒れを防ぐ
  • ノンオイリー処方で表面はさっぱり、角層には潤いを与える
  • ニキビや肌荒れを防ぐ消炎剤を配合

キュレルの皮脂トラブルケアシリーズは、インナードライ型の乾燥性敏感肌に効果があるスキンケアラインです。

インナードライ型の乾燥性敏感肌に対し、10-ヒドロキシウンデカン酸という成分が皮脂の酸化を抑えてベタつきを防ぎ、アラントインの消炎効果でニキビを予防してくれます。

また、ニキビは乾燥で肌のバリア機能が弱まり、肌のうるおいを守るために皮脂が過剰に分泌されて毛穴を詰まらせることで引き起こされるので、セラミド擬似成分が肌にうるおいを与えてニキビ予防にも一役買ってくれますよ。

皮脂トラブルケアシリーズは保湿効果が高く、分泌された皮脂のべたつきも抑えて肌荒れを防止してくれるため、インナードライ型の乾燥性敏感肌にはうってつけのスキンケアラインです。

インナードライ肌とは?

テカリなどが出やすく脂性肌のように見えるが、肌が乾燥することによって肌自身がうるおいを保つために皮脂を過剰に分泌しているだけで、実際には肌内部が乾燥してしまっている状態の肌のこと。

トライアルとして使用できるミニセットには含まれていませんが、皮脂トラブルケアシリーズの泡洗顔料には皮脂を溶かしてくれる洗浄剤成分が含まれているため、泡洗顔料を一緒に使えば、過剰に分泌された皮脂を洗浄し、スキンケアの保湿効果を高めてくれますよ。

キュレル エイジングケア ミニセット

キュレル エイジングケアシリーズ ミニセット

セット内容

  • キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水 30ml
  • キュレル エイジングケアシリーズ クリーム とてもしっとり 10g
キュレル エイジングケアシリーズの特徴

  • 植物由来の潤い成分(ユーカリエキス・アスナロエキス)配合
  • 保湿剤であるショウキョウエキスとグリセリンで肌のハリ感をアップ
  • 消炎剤で肌荒れを防ぐ

キュレルのエイジングケアシリーズはセラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキスという3つの高保湿成分を角質層のすみずみまで浸透させ、肌の乾燥によってできてしまう小じわが目立たない肌に整える効果を持っています。

また、ショウガが原料となっているショウキョウエキスは血管を広げて血行を良くし、肌にハリを与える効果を持っているため、若々しい肌作りに一役買ってくれますよ。

キュレルのエイジングケアシリーズは化粧水とクリームという2つのアイテムでエイジングケアを行うことができるので、手軽さも嬉しいポイントですね。