クリームと青い花
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

敏感肌の人でも肌への負担を感じにくい、肌にやさしいおすすめのクレンジングクリームを紹介していきます。

また、敏感肌に刺激を与えない、正しいクレンジング方法も合わせて説明していくので、「毎日のクレンジングで肌がピリピリと炎症してしまう…」という敏感肌の人はぜひ参考にしてくださいね。

敏感肌にクレンジングクリームをすすめる理由

クレンジングにはオイルタイプ・拭き取りタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプなど、さまざまな種類がありますが、肌がヒリヒリとした痛みや赤みを感じやすい敏感肌の人には「クレンジングクリーム」を使うのがおすすめです。

なぜ敏感肌の人にはクレンジングクリームがおすすめなのか、2つの理由を紹介していきます。

クリームタイプのテクスチャーは肌の摩擦を抑えられる

クリームを掬う女性

敏感肌の人にクレンジングクリームをおすすめしたい1つ目の理由が、クレンジングクリームは肌への負担を抑えてメイクを落とすことができるという点。

クレンジングをおこなうときに、肌に最も刺激を与えてしまう要因の1つとして、肌をゴシゴシとこすったときの摩擦による刺激が挙げられます。

クレンジングクリームは、油性成分と水性成分がバランスよく配合された保湿クリームのようになめらかで伸びのよいテクスチャーが特徴なので、肌をゴシゴシとこすらなくても、肌を丁寧になでる感覚でメイクを落とすことができるのです。

敏感肌に不足しがちな保湿成分も配合されている

敏感肌を引き起こしてしまう原因でもある「肌の乾燥」を補うために、保湿成分が配合されているところも、敏感肌にクレンジングクリームをおすすめしたい理由の1つです。

クレンジングクリームは、ベースとなる基材に油性成分と水性成分の両方をバランスよく配合して、クリーム状のテクスチャーを作り出しています。

配合している成分の中には、メイクを落とすための洗浄成分だけでなく、肌のうるおいを保つ保湿成分も配合されているため、敏感肌の乾燥を防ぎながらメイクを落とすことができるのです。

敏感肌に安心なクレンジングクリームを選ぶポイント

クリームを取る手

敏感肌とは、肌を外部刺激から守る「肌のバリア機能」が正常に働かないことにより、スキンケアをしたり紫外線に長時間当たったりするだけで、肌が刺激に感じて赤みやかゆみなどの炎症を引き起こしてしまう状態。

クレンジングの際に肌が刺激を感じて敏感肌を悪化させないためにも、クレンジングクリームを選ぶときに注目してほしい2つのポイントを紹介していきます。

肌に刺激を与える成分を含む商品は選ばない

クレンジングクリーム含むすべてのスキンケア化粧品にいえることですが、敏感肌の人が刺激に感じやすい成分が含まれる商品は選ばないように注意してください。

アルコールや着色料、防腐剤などの添加物は、敏感肌に合わない場合が多く、場合によっては肌に強い痛みや赤み、ほてりなどを引き起こす可能性が考えられます。

クレンジングクリームを選ぶときには、「アルコールフリー」や「パラベンフリー(防腐剤フリー)」など、添加物を配合していないことを意味する商品を意識して探すように心がけましょう。

また「アレルギーテスト済み」や「パッチテスト済み」と書かれた、商品の開発段階で肌への刺激を実際にテストして合格したクレンジングクリームも、敏感肌の人が安心できるといえますね。

ただ、クレンジングクリームを含む、スキンケア化粧品に書かれている「アレルギーテスト済み」や「パッチテスト済み」の表記は、敏感肌の人すべてが肌に刺激を感じない、というわけではないことも注意してください。

本当に肌に合うかが心配な敏感肌の人は、クレンジングクリームを使う前に、パッチテストを行って自分自身の肌に使っても問題ないかどうか、確認してから使用するといいでしょう。

保湿効果が高い商品を選ぶ

敏感肌の人は、「皮脂膜」と呼ばれる肌のバリア機能を働かせるために必要な肌表面の膜が足りていない状態。

クレンジング料を使ってメイクを落とすと、ただでさえ敏感肌の人にとって貴重な皮脂膜が、クレンジング料の洗浄力によって洗い流されてしまうことが考えられます。

皮脂膜が洗い流されてしまうと、肌内部に存在している保湿成分の蒸発が進み、敏感肌の原因になる肌の乾燥が悪化するので、なかなか敏感肌から抜け出せなくなってしまいます

肌にもともと存在しているセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分が配合されたクレンジングクリームを選び、乾燥した肌状態を作り出さないように注意してください。

敏感肌におすすめのクレンジングクリーム7選

敏感肌の人からの口コミ評価の高さや、配合している成分から、敏感肌の人でも使いやすいクレンジングクリームを7商品、紹介していきます。

敏感肌といっても、どの成分が肌にとって刺激に感じているかは人それぞれ違うため、商品ごとの特徴をよく確認したうえで納得の商品を見つけるようにしてくださいね。

ディセンシア つつむジェントルクレンジングクリーム

ディセンシア つつむジェントルクレンジングクリーム

内容量:100g 価格:通常価格 2,376円 / 定期購入 2,138円(税込)

ディセンシア つつむジェントルクレンジングクリームの特徴

  • クッション性があるクレンジングクリームで敏感肌の大敵である摩擦を防ぐ。
  • 角質層を保護する成分を配合し、汚れを落としながら肌の潤いを保つ。
  • アレルギーテスト済み・無香料・無着色。

ディセンシア つつむジェントルクレンジングクリームは、乾燥によって引き起こされる乾燥性敏感肌を守るために、弾力のあるクリームに仕上げています。

メイクと馴染んだ瞬間にクリーム状からオイル状へ変化するため、洗い流すタイミングも簡単に把握でき、肌に必要な皮脂を必要以上に洗い流すことを防ぐことができます。

つつむジェントルクレンジングクリームには、角質保護成分として「クパス」という種子からとった天然植物由来の油分を配合。

メイクなどの汚れを落としながら肌の潤いを保てるので、敏感肌の人にとって角質を保護する成分が入っているというのはうれしいポイント。

摩擦などの刺激に負けない健康的な肌へ導きます。

つつむジェントルクレンジングクリームを含む5種類の商品とその他5種類の試供品が入った14日間のトライアルセットが1,470円(税込)で購入できるので、つつむシリーズを試してみたい!という方には「つつむトライアルセット」もおすすめですよ。

POLA モイスティシモ クレンジングクリーム

POLA モイスティシモ クレンジングクリーム

内容量:120g 価格:3,780円(税込)

POLA モイスティシモ クレンジングクリーム

  • 肌のバリア機能が低下して乾燥した肌に潤いを与えながらメイクオフできる。
  • 主に2つの植物由来保湿エキス配合で潤いに満ちた肌へ導く。
  • アレルギーテスト済み・低刺激性・着色料フリーで敏感肌でも安心。

POLAモイスティシモ クレンジングクリームは、やや柔らかめのテクスチャーで、クレンジングクリームを肌の上に乗せるとオイルに変化。

マスカラや口紅などはコットンを使い、しばらく馴染ませてから先にオフしておきましょう。

ファンデーションは、指の腹でやさしくクルクルと円を描くようにマッサージするだけで、オイル状に変化したクレンジングクリームがしっかりとメイクを落としてくれます。

2種類の天然植物保湿成分として、ソメイヨシノのサクラエキスとオウレンエキスを配合。

ソメイヨシノの葉から採れるエキスには、保湿効果以外にも抗炎症作用やメラニンの生成を抑える効果が期待でき、オウレンエキスには保湿効果や抗炎症作用に加え、抗菌効果も期待できます。

こちらもクレンジングクリームを含む5種類の商品が入った14日間のトライアルセットが3,456円(税込)で購入できるので、こちらも興味のある方はぜひ試してみてください。

IGNIS ブランクレンジングクリームN

IGNIS ブランクレンジングクリームN

内容量:200g 価格:3,500円(税抜)

IGNIS ブランクレンジングクリームNの特徴

  • 心を満たして肌へのエネルギーを充実させていくというコンセプトのブランド。
  • 11種類のハーブを独自にブレンドした豊かな香りで癒しを与える。
  • 古来より伝わる肌を整える植物成分配合で、潤いがあり健やかな肌を保つ。

IGNISのコンセプトは、ハーブなど天然植物を活かして心も肌もエネルギーに満ちた日々が送れるようにと誕生したブランドです。

心にエネルギーが満ち足りていれば肌も活き活きと輝きを増してくるとの想いから、香り・使い心地・色などにこだわり、五感の隅々に行き渡るよう様々な天然植物由来の美容成分を配合しています。

レモンやオレンジなどの柑橘系から、バジルやローズマリー、タイムなど11種類ものハーブをブレンドしたIGNISオリジナルの香りをブレンド。

まるでハーブガーデンの中で深呼吸しているような感覚に心が癒されます。

米ぬかエキス・クマザサエキス・アシタバエキスなど、日本に古くから伝わる整肌成分に着目し、ブランクレンジングクリームにも配合されています。

成分表の6番目にセテアリルアルコールと表記されていますが、植物や牛脂などを精製して作られており、ベビーローションなどにも配合されるほど安全性が高い成分なので、敏感肌でもさほど心配する必要はありません。

NOVⅡクレンジングクリーム

NOVⅡクレンジングクリーム

内容量:110g 価格:4,320円(税込)

NOVⅡクレンジングクリームの特徴

  • ノブⅡシリーズは、いつも刺激を受けやすく、とても肌が弱い敏感肌用に開発されたシリーズ。
  • 肌にやさしい低刺激でシンプルな成分で作られていて、肌に潤いを与えて保護する。
  • アルコール・香料・着色料フリーの低刺激性。パッチテスト・アレルギーテスト済み。

NOVⅡシリーズは、常に肌に刺激を感じたり、一般的な化粧品を使って赤みや沁みるなどの症状が出てしまう、とても肌が弱い敏感肌の人用に作られたシリーズです。

NOVⅡクレンジングクリームは、乳液のようなテクスチャーで主成分はスクワランなどの保湿成分。

スクワランは、スクワレンというサメやオリーブオイルなどに含まれる成分に水素を添加して安定化させたもので、クリームや保湿剤として使用されている成分です。

スクワランは、肌の表面で様々な刺激から守ってくれる皮脂膜の代わりにもなるので、肌のバリア機能が低下した敏感な肌を守ってくれます。

保湿成分の次に、赤ちゃんにも使えるほど安全性の高い洗浄成分が配合されているので低刺激。

洗浄成分よりも保湿成分の方が多いので、敏感肌にやさしい処方といえますね。

メチルパラベンが表記されていますが、防腐剤の中でも1番肌への刺激が少ないといわれており、成分表を見ても1番最後に表記されているので、敏感肌でも安心して使うことができます。

もし、気になる場合は目立たないところでパッチテストを行ってから使用しましょう。

プレディア スパ・エ・メールファンゴWクレンズ

プレディア スパ・エ・メールファンゴWクレンズ

内容量:150g/300g 価格:2,500円/4,500円(税抜)

プレディア スパ・エ・メールファンゴWクレンズの特徴

  • スパ・エ・メールは海の恵みを活かし、肌に潤いを与えながら整えるシリーズ。
  • 天然ミネラル泥を配合しているので、メイクだけでなく毛穴の汚れも取れる。
  • 酸化した皮脂まで落とすので、ニキビができやすい敏感肌の人にもおすすめ。

プレディアのスパ・エ・メールは、フランス語で「スパと海」という意味になり、スパというのは水からの健康が語源だといわれています。

ミネラル豊富な海洋深層水や地底から湧き出るスパ水(温泉水)、コディウムという緑藻の抽出エキスや、希少なガゴメエキスの抽出エキスで肌を整えながら保湿する成分が、スパ・エ・メールの全シリーズに配合されています。

スパ・エ・メールファンゴWクレンズには天然ミネラルが豊富な泥も配合。クレイともいわれていますが、海の泥には肌にうれしいミネラルなどの栄養成分がたっぷり含まれているのです。

海の泥は粒子が細かく、毛穴に入り込んで汚れや黒ずみ、古い角質を除去する効果があり、汚れに泥が吸着するので洗剤と違って肌への負担が少ないのが特徴です。

酸化した皮脂にも吸着してやさしく剥がすので、インナードライで皮脂が多く分泌してしまい、ニキビなどのトラブルが起こりやすい敏感肌の人にもおすすめ。

クレンジング後はしっとりと肌が潤い、毛穴が目立ちにくく透明感のある肌になると大手口コミサイトでも高評価を受けているクレンジングクリームです。

ウテナ モイスチャーコールドクリーム

ウテナモイスチャー コールドクリーム

内容量:250g 価格:775円(税抜)

ウテナ モイスチャーコールドクリームの特徴

  • 250gの大容量なのに1,000円以下というプチプラ価格がうれしい。
  • アロエエキス、オリーブオイル、ホホバオイルの保湿成分を65%も配合。
  • メイクも汚れも毛穴汚れもきれいに落ちるから肌の透明感が向上する。

ウテナ モイスチャーコールドクリームは、250gも入っているにもかかわらず税抜775円というコスパの良さが大人気のクレンジングクリームです。

昔から肌を保湿するのに使われてきたアロエベラに注目し、肌へ自然に潤いを与えることができるアロエエキスを配合。

肌と同じオレイン酸という成分を持つオリーブオイルや、酸化など変質を起こしにくく皮脂に近いロウを含むホホバオイルなどの保湿成分も65%も配合しているので、肌への負担が少なくやさしくメイクを落とすことができます。

クレンジング以外にもマッサージクリームとして使え、お風呂でリンパマッサージを行うことも可能。

油性タイプのクレンジングクリームなので、クレンジング後もマッサージ後も、洗顔などできれいにすすぎ流しましょう。

油性のクリームがメイクや毛穴の汚れに馴染んで浮かして落とすので、透明感のある肌を目指せると口コミでも評判です。

ハウスオブローゼ ミルキュア ピュアクレンジングクリーム

ハウスオブローゼ ミルキュア ピュアクレンジングクリーム

内容量:100g 価格:2,700円(税込)

ハウスオブローゼ ミルキュア ピュアクレンジングクリームの特徴

  • ミルキュアピュアは、肌に潤いを与え整える保湿ケアシリーズ。
  • ミネラルオイルやパーム油などの脂肪酸などの洗浄成分で肌にやさしく低刺激。
  • 肌に負担をかけない低刺激処方なので、拭き取っても洗い流しても使える両用タイプです。

ミルキュアピュアクレンジングクリームは、ハウスオブローゼの保湿ケアシリーズブランドです。

成分表を見るとカタカナで難しい成分名が表示されていますが、主な成分はミネラルオイル。

つまり石油を精製して作られたオイルですが、ベビーオイルにも使えるほど安全なオイルとして多くの化粧品に使用されています。

ほかには、パーム油などの脂肪酸成分、保湿しながら洗浄できる成分や乳化剤、若干のメチルパラベン(防腐剤)など低刺激の成分で作られています。

潤いを与えながらメイクだけでなく、皮脂汚れなどもスッキリ落とすことができ、肌に極力刺激を与えないように無香料・無着色・エタノールフリーで作られているので、やさしく拭き取るだけでもメイクオフできます。

もちろん洗い流しても大丈夫な両用タイプです。

敏感肌のためのクレンジングクリームの使い方

敏感肌の人は、赤みやかゆみなどの肌トラブルを避けるクレンジング方法を実践することが重要です。

クレンジングのときに肌への負担を極力減らす、敏感肌のための正しいクレンジング方法を紹介していきます。

口紅やマスカラなどは専用リムーバーを使う

マスカラを落とす女性

口紅やマスカラなどのポイントメイクは、クレンジングクリームの洗浄力では落ちないことがあります。

敏感な肌にメイクが残っていると、赤みやかゆみといった炎症を起こす可能性があるため、メイクはしっかり落とすことが大切です。

メイクオフするときは、1番最初にマスカラや口紅などのポイントメイクを、専用リムーバーなどを使って落としておきましょう。

プッシュタイプでない場合は手を洗う

プッシュタイプやチューブタイプなど直接容器に手を入れないクレンジングクリームなら必要ありませんが、フタを回して指などで直接クレンジングクリームを取って使う場合は手を洗いましょう。

肌にやさしい低刺激処方で作られているクレンジングクリームの場合、防腐剤などが入っていない場合は特に、手に付いた雑菌が繁殖してしまうことがあります。

常に清潔な手やスパチュラなどでクレンジングクリームを取り出しましょう。

手に取ってクレンジングクリームを温める

合掌

冷たいままクレンジングクリームを塗ると、一時的に毛穴が引き締まってしまい十分にメイクや毛穴の汚れなどを取り去ることができません。

さらには、肌の体温で温まるまでテクスチャーが固いままなので、肌に馴染むまで余計な摩擦を与えてしまい、肌に負担がかかってしまいます。

手に取って人肌に温めてから使うことで毛穴の引き締めを防止し、クレンジングクリームの伸びが良くなることで少ない摩擦でメイクや毛穴汚れを取り去ることができるのです。

ぬるま湯ですすぐ

水を汲む手

クレンジングクリームを洗い流すとき、お湯の温度が低いと配合されている油分が肌に残ってしまい、お湯の温度が高すぎると肌に必要な皮脂まで取り去ってしまいます。

34~38℃のぬるま湯が良いなどといわれていますが、季節によって感じ方は違いますよね。

肌が冷えていれば38℃でも熱いと感じるかもしれません。

そのときの状態に合わせて、ぬるいと感じる温度で洗い流すことが肌に負担をかけにくい洗顔方法です。

洗顔またはスキンケアへ

泡と手

拭き取り不要タイプのクレンジングクリームの場合はそのままスキンケアへ移りましょう。

洗い流すタイプや拭き取りタイプでも油膜感が気になる人は、軽く洗顔をして肌に残ったクレンジングクリームの油分を洗い流しましょう。

洗いすぎはクレンジングクリームに含まれる保湿成分や皮脂膜まで取り去ることになるので注意が必要です。

スキンケアは、化粧水・美容液・乳液やクリームの順番で肌に保湿成分や栄養を届けましょう。

力を入れずにやさしく手で押さえるようにして、決してこすらないようにすることがポイントです。

まとめ

敏感肌の人にはクレンジングクリームが最適だということが分かりました。

適度なクレンジング力に加えて保湿効果もあるので、肌のバリア機能が低下した敏感肌の人や乾燥肌の人にピッタリです。

良いスキンケア化粧品を使っても、赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こってしまう人は、クレンジングを見直して、1度クレンジングクリームを試してみてくださいね。