鏡を見て眉間のシワを気にしている女性
おおくまプロフィール

シワの悩みを解決するプロフェッショナル

おおくま 直

シワが目立ち始めると言われる30代、今のスキンケアのままでは心配だけど、そもそもシワ対策って何をしたらいいの?と悩みますよね。

本記事では、30代の肌に起こる変化とシワが現れ始める理由を解説。

さらに30代のシワ対策におすすめのスキンケア化粧品を紹介します。

30代からの肌状態に合った適切なスキンケア方法を知って、シワに対する不安を抱かない生活を送りましょう。

30代でシワが目立ち始める理由

目元を指差す女性

30代を過ぎると加齢によって細胞の働きが弱まり、肌全体の活性が低下するので老化現象が進み、肌状態が大きく変化してシワが目立ち始めます。

肌の水分量や皮脂量の低下だけでなく、コラーゲンの生成が減ったり新陳代謝が低下したり、ホルモン分泌や内臓機能の働きも衰えて肌は乾燥しやすくなり、ハリや弾力を失います。

また、30代以降は体内の酵素が減少して活性酸素を溜め込みやすく、今まで蓄積された紫外線のダメージが現れ始める年代でもあるので、身体の変化に対応したシワ対策が大切です。

以下では30代でシワが目立ち始める理由を説明していきます。

肌の水分量・皮脂量が減ってバリア機能が低下

肌のバリア機能が低下すると起きる問題イメージイラスト

肌表面の角質層ではセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子が水分を保ち、皮脂膜が外的刺激から肌を守っているのですが、肌の水分量は20代前半をピークに、皮脂量は30代をピークに減少します。

 

肌の水分量や皮脂量が減ると、水分保持機能が低下して肌は乾燥し、バリア機能も乱れるので紫外線の影響を受けやすくなり、小ジワやちりめんジワが増えたり、肌内部のコラーゲンが破壊されて肌の弾力が減り、深いシワができやすくなったりするのです。

30代の肌には、化粧水で角質層を保水したあと乳液やクリームでしっかりと肌を保護して、不足した水分や皮脂を補い、バリア機能を高めるケアが重要です。

セラミドなど、角質層で水分を長時間キープする成分が配合されているスキンケア化粧品で肌のうるおいを補給してあげましょう。

真皮層のコラーゲン生成量の低下

エストロゲン分泌量の変化のグラフ

肌内部の真皮層では、線維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出して肌のハリや弾力を支えているのですが、30代を過ぎると減少したり、働きが衰えたりするため、肌を内部から支えるコラーゲンやエラスチンなどの生成能力が低下します。

また、30代以降は活性酸素を除去する酵素や、コラーゲン生成を促す女性ホルモン(卵胞ホルモン)の分泌量も減少するため、真皮層のコラーゲンが急激に減少し、肌は弾力を失って深いシワやたるみによるシワができやすくなります。

肌の弾力を保つには、紫外線を予防したり肌の代謝を上げたりして線維芽細胞の働きを活性化させ、コラーゲンなどの生成を促すことが大切です。

スキンケア化粧品では、ビタミンC誘導体やレチノールなどのエイジングケア成分を取り入れるのがおすすめです。

新陳代謝の低下

年齢を重ねると筋肉量が落ちたり、血管が硬くもろくなったりして血行が悪くなるので、内臓機能の働きが低下して基礎代謝が落ち、皮下脂肪が増えてたるみによるシワができたり、むくみやすくなったりします。

また、血行不良は肌に必要な栄養やホルモンが行き届かなくなり、肌細胞の働きが悪くなるため、肌を内部から支えるコラーゲンやエラスチンなどの生成が減少してハリや弾力が低下し、深いシワに繋がります。

肌の老化を防ぐには、適度な運動を習慣化して筋肉量を増やしたり、バランスの取れた食生活で身体に必要な栄養素を摂ったりして血行を促進し、加齢による基礎代謝の低下を補うことが必要です。

スキンケア化粧品では、肌バランスを整えてバリア機能を高め、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを促進させましょう。

30代のシワ対策に必要なこと

30代は20代の頃と比べて肌の保湿力や弾力が急激に落ちるので、十分な保湿ケアで肌のバリア機能を整え、肌細胞を活性化させるケアで肌を内側からうるおわせて乾燥させないスキンケアが必要です。

脂性肌も乾燥肌も水分と油分のバランスを整える正しい保湿ケアを行い、シワのできにくい肌になるように対策しましょう。

スキンケアの見直し

化粧品を選ぶ女性

やり慣れていても、なんとなく見聞きした情報で行いがちなスキンケアが、肌の乾燥を助長させてシワの原因になっている可能性があります。

肌に最も大切な基本の保湿が正しく行えているか、今一度確認しましょう。

スキンケアの乾燥チェック

①クレンジング・洗顔で必要以上に皮脂を取りすぎていないか

→洗浄力の強すぎるものは避けて、短時間で済ませる。

②熱いお湯やシャワー直当てで洗い流していないか

→32~35度くらいのぬるま湯ですすぐ。シャワーの水圧は肌刺激が強いので厳禁

③洗顔や入浴後、化粧水をつけるまで時間が空いていないか

→肌の内部では水分が不足しているので、なるべく早くつける。

④スキンケア化粧品は肌をパチパチ叩くようにつけていないか

→手のひらで温めてから顔を包み込むようにして肌になじませる。

⑤化粧水だけで終わらせたり保湿が不足していたりしないか

→適量をとり、水分を与えたらクリームでフタをするようにして肌を保護

クレンジングや洗顔の仕方に気を付けて肌の余計な乾燥を抑え、スキンケアの効果を高めてシワを予防しましょう。

角質層の保湿力を高める

水の泡

30代以降に角質層の水分保持機能は急激に減少するので、肌のバリア機能を整えるために、スキンケア化粧品は角質層の水分量や皮脂量を補って肌のうるおいを保てる成分が配合されているものを選びましょう。

おすすめの保湿成分

  • ヒト型セラミド

角質層に浸透してうるおいを保ち、肌の保湿力やバリア機能を高める

  • 加水分解ヒアルロン酸

肌表面を覆って水分が逃げるのを防ぐ

真皮層のコラーゲンを増やす

微笑んでいる女性の画像

加齢によるコラーゲン生成量の低下や紫外線の影響で、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどはどんどん減少してしまい、肌はハリや弾力を失って深いシワやたるみが増えます。

ビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンなど肌細胞を活性化させる成分が配合されているスキンケア化粧品で、コラーゲンの生成を促して肌のハリや弾力を高めましょう。

毎日のUVケアで紫外線から肌を守る

UVケアで紫外線をブロックしている女性

加齢よりも肌に影響を与えてシワを作る一番の原因は紫外線です。

肌が紫外線を浴びると、肌の内部で発生した活性酸素が真皮層の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌が乾燥したり、シワやたるみが生じやすくしたりします。

紫外線は雲やガラス越しでも肌内部の真皮層まで届いて肌の老化を促進し、シワに繋がるので、化粧下地や日焼け止めなどで一年中紫外線を予防しましょう。

30代シワ対策におすすめのスキンケア化粧品

加齢や紫外線の影響で肌の弾力が低下してシワが現れやすくなった30代の肌には、角質層への浸透力が高くしっかり保湿ケアしてくれるスキンケア化粧品がおすすめです。

本記事では、年齢を重ねて働きが低下しがちな肌細胞を活性化させてくれるエイジングケア成分を配合した、30代のシワ対策におすすめのスキンケア化粧品を紹介します。

ビーグレン エイジングケア

ビーグレン エイジングケア トライアルセット

トライアルセット:1,944円(税込)

【セット内容】
クレイウォッシュ 15g/QuSomeローション 20ml/Cセラム 5ml/QuSomeレチノA 5g/QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g

ビーグレン エイジングケアの特徴

  • できてしまったシワ、シワができやすい肌にアプローチするプログラムのセット
  • 独自技術「QuSome」が角質層のすみずみまで有効成分を浸透させる
  • 肌の乾燥やコラーゲンの減少をケアして肌細胞を活性化し、肌機能を高める

ビーグレンは医学的な浸透技術をスキンケアに応用して科学的根拠のもとにスキンケア化粧品を開発したブランドで、肌悩みに合わせて最も効果的なケア方法を展開して肌本来の機能を高めてくれます。

8つあるビーグレントライアルプログラムの中でも、シワに特化したエイジングケアセットは、2種類の美容液「Cセラム」と「QuSomeレチノA」がコラーゲンの生成を促してシワに働きかけ、ハリや弾力を高めて肌自体の保湿力を向上させます。

ディセンシア アヤナス

ディセンシアアヤナストライアルセット商品イメージ

トライアルセット:1,480円(税込)

【セット内容】
ローション20ml/エッセンス10g/クリーム9g/アイクリーム1包

ディセンシア アヤナスの特徴

  • ナノ化したヒト型セラミド「セラミドナノスフィア」を配合
  • 肌本来のバリア機能を高めて保湿する特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」採用
  • 抗酸化、抗糖化作用のあるエイジングケア成分を配合

ディセンシアアヤナスは敏感肌向けのエイジングケアブランドで、肌をストレスから守りながら保湿し、真皮層の線維芽細胞を活性化させて弾力を生み出し、肌本来のバリア機能を高めて肌状態を整えます。

また、リラックス効果を持つゼラニウムとラベンダーのエキスを配合しているので、アヤナスのスキンケアは肌だけでなく心も一緒に癒されますよ。

オルビスユー

オルビスユートライアルセット

トライアルセット:1,296円(税込)

【セット内容】ウォッシュ14g/ローション20ml/モイスチャー9g

オルビスユーの特徴

  • 2018年10月23日にリニューアルされて角質層への浸透力が上がった
  • 独自の高保湿成分「濃密ウォータージェリー」の配合量を旧品より増加
  • 複合成分「キーポリンブースター」で角質層のすみずみまで潤いを届ける

新しくなったオルビスユーでは、旧品より保湿成分を増量した化粧水「オルビスユーローション」と朝夜共通の保湿液「オルビスユーモイスチャー」が角質層の奥まで潤い成分を届けてツヤと弾力のある肌へと導きます。

皮脂汚れを吸着するモロッコ溶岩クレイを配合した洗顔料「オルビスユーウォッシュ」は、化粧水の浸透感を高めるブースターの役割も果たしています。

30代のシワを予防するメイク方法

メイクアップ化粧品

メイク用品による肌の刺激で乾燥や肌荒れが起こると、目元や口元など皮膚の薄い部分は特にシワに繋がりやすく、小ジワやちりめんジワが増える原因になります。

カバー力が高くて落ちにくいファンデーションなどは、クレンジングの時間が長くなって肌を乾燥させたり、肌に負担のかかる成分だったりするので、スキンケア効果がある美容液ファンデーションやミネラルファンデーションなどがおすすめです。

つけまつげなど目元のパーツメイクも肌の弾力が減ってたるみやシワができやすくなるため、スキンケア化粧品だけでなく、メイク用品も肌負担が少ないものに切り替えるとシワの予防になりますよ。

身体の内側からケアすることも忘れずに

女性の横顔

紫外線や乾燥などの外的要因の対策に加えて、身体の内側からケアして内臓機能の働きを高めることもシワ対策になります。

食生活

タンパク質やビタミン類などを積極的に摂って肌老化予防。

ストレス

コラーゲンを破壊する活性酸素の発生を抑える。
睡眠入眠後に分泌する成長ホルモンを増やして肌細胞活性化。

運動

筋肉量の低下を防いで代謝を上げる。

禁煙

ビタミンCの消費やコラーゲンの破壊、乾燥を防ぐ。

まとめ

肌の状態が身体の内側から急激に変化していく30代のシワ対策には、肌に不足した水分や皮脂を補って肌のバリア機能を整えたり、新陳代謝を促して肌細胞を活性化させたりして肌の保湿力を高めるスキンケアが大切です。

また、スキンケア化粧品だけでなく、紫外線の予防や生活習慣の改善にも力を入れて、身体の内側から老化対策をすれば、シワのできにくいうるおった肌に近づくことができますよ。

本記事で少しでもシワ対策への不安が減ることを願っています。