頬に手を添える女性

20代で顔にシミができてしまったら、ショックで早くシミをなくしたいと思いますよね。「紫外線対策やスキンケアにも気を配っているにどうして?」と、この先迎える30代、40代とシミの悩みが増える肌に不安を感じていることでしょう。なぜ20代の若さでシミができてしまうのでしょうか。

本記事では、どうして20代でシミができてしまうのか、原因と対処法、シミの改善策を探り、できてしまったシミにアプローチする美白化粧水を紹介していきます。

※記事内の「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐことです。

なぜ20代でシミができてしまうのか

疑問に思う女性

20代でシミができる原因はいくつかありますが、多くの場合は紫外線やストレス、生活習慣が原因です。

できてしまったシミは消えないと思っているかもしれませんが、できて間もないシミであれば薄くできる可能性が高いので、シミができる原因とメカニズムを知り、今すぐシミ対策をはじめましょう。

シミの発生とメカニズム

シミの原因

紫外線やストレスにより肌に刺激が加わると、肌は細胞を守るために皮膚の奥にあるメラノサイトでメラニンを作り出す物質を活性化させます。

このメラノサイトを活性化させる物質がシミの元です。メラノサイトを活性化させる物質は、以下のようなものが挙げられます。

紫外線

紫外線は直接肌を刺激して細胞を傷つけます。

紫外線によって刺激されたメラノサイトでメラニンを作り出す物質が活性化するとシミが発生するメカニズムです。

10代のころは「若いから大丈夫」と油断して、日焼け止めや帽子などで紫外線対策をしないままスポーツやレジャーをしていたかもしれませんが、10代で浴び続けた紫外線によるダメージは、肌の奥深くに眠っています。そのダメージが20代になってシミへと変わる場合があるのです。

活性酸素

活性酸素とは身体に必要な物質で、細菌やウィルスから身体を守り、殺菌や消毒、解毒をする働きをしますが、必要以上に発生してしまうと身体を酸化させて老化の原因となってしまいます。活性酸素を発生させる原因は以下の通りです。

  • 紫外線
  • ストレス
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 睡眠不足

健康な肌であれば、肌の細胞が生まれ変わるサイクル「肌のターンオーバー」が正常に保たれ、使われなくなったメラニンは自然と剥がれていきます。

ストレスや体調、生活習慣の乱れにより肌のターンオーバーが崩れると、メラノサイト刺激ホルモンが分泌し、メラニンが過剰に生成されてシミの原因となってしまうのです。

肌の炎症

ニキビ跡や肝斑による炎症で起こる色素沈着もシミの一種です。

20代でできる大人ニキビは、思春期ニキビと比べると、ストレスやホルモンバランスによる影響が大きく関与するため、ニキビが治りにくい傾向があります。大人ニキビやニキビ跡による皮膚の炎症を回復するために細胞が活性化すると、メラノサイトも一緒に活性化してしまうため、メラニンが生成されて色素沈着の原因となります。

肝斑は、女性ホルモンの影響で頬のあたりにできる左右対称のシミのことです。

20代は、結婚して妊娠、出産をする方が増えるため、女性ホルモンの影響を受けやすく、肝斑ができやすい傾向にあります。

炎症による色素沈着が起こる原因は以下のようになります。

  • 日焼け
  • ニキビ
  • やけど
  • 摩擦
  • 虫刺され
  • 刺激の強い化粧品

このように紫外線や活性酸素、炎症などが原因で20代でも顔にシミが現れる場合があります。タオルによる摩擦や、刺激の強いクレンジング料によって目に見えない肌の炎症が起こり、シミの原因となる場合もあるので気をつけましょう。

20代でシミができてしまうのはこんな人

ムンクの叫び

20代でシミができやすい人

  • 色白の人
  • UVケアやスキンケアが苦手な人
  • ニキビ肌の人
  • ソバカスができやすい人
  • 女性ホルモンが乱れがちな人

20代で顔にシミができてしまう人には、下記のような傾向があります。

色白の人

日焼けで肌が赤くなり炎症を起こしやすい人や黒くなりにくい人は、もともとメラニンが少なく、紫外線に対する抵抗力が弱いため、紫外線対策をしないと肌ダメージを受けやすい傾向があり、シミができやすい肌といえます。

UVケアやスキンケアが苦手な人

もともと化粧品に関心がない人や、スキンケアが面倒に感じている人は紫外線対策も十分でない可能性が高いため注意が必要です。20代は、まだ肌が丈夫でキレイだからと過信してUVケアを怠りがちな人も気をつけましょう。

ニキビ肌の人

大人ニキビやニキビ跡ができると、炎症している部分を紫外線から守ろうとしてメラニンが過剰に生成されるためにシミができやすくなり、ニキビが治りにくく症状が悪化してしまいます。

ソバカスができやすい人

鏡をのぞきこむ外国人女性

ソバカスもシミの一種になるため、10代のころからソバカスがある、遺伝的にソバカスができやすいという人は注意が必要です。

10代のソバカスは遺伝的な要素が大きく原因がはっきりしないのですが、20代のソバカスは紫外線や加齢など後天的な原因で現れる場合があります。

どちらの場合も、紫外線の影響を受けやすく、メラニンが生成されて次第に濃くなり、シミの原因となります。

女性ホルモンが乱れがちな人

女性ホルモンの影響により「肝斑」と呼ばれるシミができる場合があります。

もやもやとしたシミで左右対称にできるのが特徴で、妊娠中やピルを服用している人はホルモンバランスが乱れやすく、シミができやすい傾向があります。

20代ができやすいシミの種類

吹き出物を鏡で確認する女性

ここからは20代にできやすいシミの種類について紹介します。

老人性色素斑(スポット斑)

老人性色素斑は、紫外線の影響でできるシミ。数mm~10mmくらいの丸い色素斑で、加齢により頬や額にかけてみられ、しだいに濃くはっきりとしてくるのが特徴です。

高齢者に多いシミですが、早い人は20代でも現れる場合があります。

炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡などの炎症による色素沈着でおこるシミ。

足や腕の虫刺されの跡が茶色く残ったり、むだ毛処理を毛抜きで抜くと毛穴周りが黒くなったりするのも、このタイプのシミです。

肝斑

肝斑は、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れる褐色のシミ。

日焼けの後に増えやすく、色は茶色や灰色など様々で、妊娠中やピルを服用した時にも表れやすい傾向があります。

雀卵斑(ソバカス)

ソバカスは、メラノサイトという皮膚細胞そのものが変質してできるシミです。ソバカスは、紫外線を浴び続けると増えるため、紫外線対策は欠かせません。頬や鼻のまわり、身体にもできるシミで、遺伝的にソバカスが多い場合は注意が必要です。

20代に多いシミの種類は、「老人性色素斑(スポット斑)」と「炎症性色素沈着」です。

「老人性色素斑(スポット斑)」は高齢者に多いのが特徴ですが、10代で部活や課外活動で紫外線を多く浴びていた人や紫外線対策をしないで一日中過ごしていた人は、20代でシミが現れることが多いようです。

20代で老人性色素斑が現れた人は、シミができやすい傾向があるため、これからの30代、40代のシミ予防のためにも紫外線対策を欠かさないようにしましょう。また、できたばかりのシミは早めにスキンケアを始めることで、改善できる可能性が高まります。

20代のシミにアプローチする美白成分

化粧水を手に出す

美白成分とは、メラニンが作られる際に肌内部で起こる反応を抑える働きを持つ成分のことです。

シミにアプローチする美白成分はいくつかありますが、美白成分には「できてしまったシミにアプローチする成分」と「シミを予防する成分」の2つがあります。

できてしまったシミにアプローチする効果が高いのは「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン」の2つです。

できてしまったシミにアプローチする美白成分

  • ビタミンC誘導体

肌の老化を防ぎ、シミに直接アプローチして改善に導く。ニキビやニキビ跡の炎症を防ぐ。

  • ハイドロキノン

メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスの悩みに直接働きかける。

シミを予防する美白成分

  • アルブチン

コケモモから抽出された美白成分。メラニンの生成を抑え、シミを予防する。

  • カモミラET

カモミールに含まれる美白成分。メラノサイトへの情報伝達を阻害して肌の炎症やシミを抑える。

  • トラネキサム酸

止血剤として使われている人口アミノ酸を美白成分として開発したもの。メラニンの生成を抑えシミを防ぐ。

  • フラーレン

2009年に日本で初配合された成分。ハイドロキノンの2100倍もメラニンの生成を抑える効果を持つ成分。

上で紹介した美白成分が美白化粧品に入っているかどうか成分表示を見て確認し、シミにアプローチする効果が高い化粧品を選びましょう。

また、シミのタイプによっては美白成分の効果が期待できないシミもあります。20代のシミは、まだできて間もないシミが多く、薄く改善できる場合があるので手遅れになる前にシミのケアを始めましょう。

シミのタイプ

美白化粧品の効果

美白成分と効果

老人性色素斑

初期のものに有効で、定着したものは消えない。

炎症性色素沈着

効果あり。ビタミンC誘導体がおすすめ。

雀卵斑(ソバカス)

後天的なものは効果あり。ビタミンC誘導体がおすすめ。

肝斑

効果あり。ピーリングや内服薬と併用すると改善が早い。

20代のシミを予防する美白化粧品3選

20代からのシミには、できてしまったシミにアプローチすると共に、シミを予防するスキンケアが欠かせません。20代のシミにおすすめの美白化粧水を紹介します。

ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレート

ディセンシアサエルトライアルセットの画像

内容量:125ml

価格: 5,000円/定期会員価格4,500円(税別)

トライアルセット:初回限定価格1,400円(税別)

ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレートの特徴

  • 美白成分アルブチンが、シミの原因となりメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制し、シミを防ぐ
  • 美容成分グリチルリチン酸2Kが、シミやニキビの肌内部の炎症を防ぎ、肌の土台を整える
  • 角質のすみずみまで保湿成分を浸透させるヒト型セラミド配合
  • 肌のターンオーバーを整えてシミを発生させないみずみずしい肌を保つ

ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレートは、ストレスにより増えるシミと敏感肌特有のシミのメカニズムに着目した美白化粧水です。

シミやくすみなど、ストレスによるダメージを肌の内側からケアしてバリア機能を高め、透明感のある肌へと導きます。

アスタリスト ホワイト ブライトローション

アスタリフト トライアル

内容量:130ml 

価格:3,800円/定期購入価格3,419円(税別)

トライアル価格:初回限定価格1,890円(税込)

アスタリフト ホワイト ブライトローションの特徴

  • 美白成分アルブチンがメラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぐ。
  • 独自の植物成分「ナノAMA+」(※1)が、肌の奥にあるメラノサイトを休眠化させメラニンの生成を抑え、シミを予防する。
  • 独自成分の「ナノオリザノール」(※2)がメラノサイトの細胞内に存在するメラノソームに働きかけ、シミの原因となる「シミの骨」を分解する。

※1 ナノAMA+とは、富士フィルム独自のナノテクノロジーにより、高い抗炎症作用を持つ美白成分AMAをナノ化したもの。セリ科のハーブ「センテラアジアチカ」に含まれる「アジア酸」「マデカッソ酸」「アジアチコシド」に含まれるAMAをナノ化することで、肌の奥まで成分を効率よく届けることができる。

※2 ナノオリザノールは、富士フィルム独自のナノテクノロジーで、米ぬかや米胚芽から抽出された植物性成分オリザノールをナノ化したもの。ナノAMA+の10倍のパワーでシミにアプローチし、メラノサイトの細胞内に存在するメラノソームに働きかけシミの原因となるメラニンを分解する働きを持つ

アスタリフト ホワイト ブライトローションは、美白成分アルブチンがメラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぐ美白化粧水です。

独自のナノテクノロジーによるうるおい成分「ナノAMA+」をメラノサイトまで届け、シミの原因となるメラノソームに働きかけ、シミを分解します。

アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAO II

アンプルール トライアルセット

内容量:120ml

価格:5,000円(税別)

トライアル価格:初回限定価格1,000円(税別)

アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAO IIの特徴

  • 美白成分ハイドロキノンを熱や光に強い成分として安定化させ、美白効果を高める
  • ビタミンC誘導体など4つの美容成分を閉じ込めたナノサイズのAOカプセルがシミを防ぎ、肌ダメージをリセットする
  • 肌内部で水分を貯えるセラミドが、美容成分をすみずみまで届けてバリア機能を高め、肌のターンオーバーを整える

美白成分の新安定型ハイドロキノンがシミやくすみをたたいて減らし、シミのない肌へと導きます。

アンプルール独自のAOカプセルに含まれる4つの成分「速攻型ビタミンC誘導体」や「α-リボ酸」などが、シミやくすみ、ハリ・弾力の低下による肌の老化を予防し、メラニンをためこまない肌へと改善し、美白効果を高めます。

20代でシミをつくらないための改善策

20代でシミをつくらないためには、美白化粧品でスキンケアをするとともに、日常の紫外線対策や生活習慣の見直しが必要です。

シミを予防する紫外線対策

日差しを避けるために帽子をかぶっている女性

紫外線対策には、日焼け止めが効果的です。クリームや乳液の他、スプレータイプなど様々な日焼け止めがあるので、自分の肌に合った商品を見つけるようにしましょう。

また、汗をかきやすい夏や屋外でスポーツをする時は、1日3回程度は塗り直し、UV効果のある帽子や衣類を身に着けるなど、紫外線を肌に浴びない工夫が大切です。

シミをつくらない生活習慣の見直し

ストレスや睡眠不足、飲酒や喫煙など、生活習慣が乱れると、活性酸素が発生してシミの原因となります。

活性酸素が発生すると、肌の奥にあるメラノサイトという細胞が刺激されメラニンを過剰に生成するため、肌のターンオーバーが乱れてシミができやすくなるので、活性酸素の発生を防ぐ生活を心がけましょう。

活性酸素の発生を防ぐ生活習慣

  • ストレスをため込まない
  • 飲酒は適量にする。
  • 喫煙は控える
  • 良質な睡眠を心がける

ストレスをため込まない

ストレスは、人によってストレス発散方法は様々ですが、友人と電話で話したり、カラオケに行ったりとストレスをため込まない生活をすることで改善できます。

飲酒は適量にする。

飲酒は晩酌程度であれば問題はありませんが、大量のアルコール摂取は肝機能の低下を招き、活性酸素を発生させてしまいます。飲み会など多めにアルコールを飲む日は、アルコールを分解する効果を持つ「ウコン」を摂取するとアルコールの分解を早めてくれます。

喫煙は控える

たばこを吸う女性

喫煙は控えるか、止めることをおすすめしますが、どうしてもやめられないという方は、肌の酸化を防ぐビタミンCを多く摂るようにしましょう。

食品からだけでなく、サプリメントからの摂取も効果的です。

 

良質な睡眠を心がける

良質な睡眠は肌のターンオーバーを整えるために欠かせません。できるだけ規則正しい生活を心がけ、肌のゴールデンタイムと呼ばれる、眠り始めてから最初の3時間はぐっすりと眠れる環境を整えましょう。

シミができにくい肌をつくる食生活

食事をする女性のイメージ画像

肌にシミを作らないためには、シミのできにくい肌を作る食生活が欠かせません。シミにアプローチするビタミンCやミネラル、肌を作るたんぱく質などシミ対策に効果的な食品は以下のとおりです。

シミができにくい肌をつくる栄養素

  • タンパク質・・・肉、魚、卵、納豆、豆腐、豆乳、アーモンドなど
  • ビタミンC・・・ピーマン、パプリカ、レモン、キウイ、いちご
  • ポリフェノール・・・ブルーベリー、イチゴ、アサイーなど
  • カロテノイド・・・トマト、ニンジン、ほうれん草など

美肌を作るためには、ビタミンやミネラルも大切ですが、細胞を作るたんぱく質も欠かせない栄養素です。1日3食バランスよく食べて、シミのない肌を目指しましょう。

▼シミにアプローチする食べ物についてもっと詳しく知りたい方はこちら

エステや皮膚科で専門ケアを受ける

白衣をいた女性の画像

今すぐシミを消したいと即効性を求めるならば、エステや美容クリニック、美容皮膚科で治療を受けるのもおすすめです。

シミの種類や施術内容により異なり、保険適応外となりますので、シミ一つに対して数千円~と費用は掛かりますが、施術そのものが1回から数回で済むため、自宅でのケアより早くシミの悩みが改善されます。

また、シミに効果的なサプリメントや化粧品を処方してくれるクリニックもあるので、関心がある方はカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

最後に、20代のシミにアプローチする美白化粧品とシミ対策をまとめます。

20代におすすめの美白化粧品とシミ対策

  • シミにアプローチする美白成分が入った美白化粧品を選ぶ
  • 紫外線対策は毎日行う
  • シミをつくらない生活習慣を心がける
  • シミができにくい肌をつくる食生活を心がける
  • 美容皮膚科など専門家のケアやアドバイスを受ける

20代のシミ対策が、この先の30代、40代の肌へとつながっていきます。

今からシミ対策をはじめて、シミのない美しい肌を目指しましょう。