鼻を気にする女性

鼻のシミの正体

顔の中心にある鼻にできるシミは、すごく気になってしまいますよね。

鼻のシミには4つの種類があり、自分のシミの種類を知って適切な対策をしていくことが大切です。

紫外線が原因の老人性色素斑(日光黒子)

老人性色素斑はいわゆる日焼けによってできるシミのことです。

シミの原因であるメラニン色素は紫外線から肌を守る役割があり、通常は肌が生まれ変わるターンオーバーで排出されます。

強い紫外線を過剰に浴びるとメラニン色素も過剰に生成されるためターンオーバーで排出しきれず、そのまま肌内部に残ってシミとして現れてしまうのです。

また、加齢や睡眠不足などで新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが乱れている場合も、肌内部にメラニン色素が沈着してシミになります。

日焼け止めなどで紫外線対策をしていなければ肌内部にメラニン色素が大量に蓄積されるので、加齢とともに新たなシミが肌表面に現れたり、今あるシミが大きくなったり濃くなったりすることは避けられません。

鼻は顔の中でも高い位置にあるため紫外線を受けやすく、皮脂分泌が過剰でシミができやすい部位なので、紫外線対策をはじめ肌のターンオーバーを整えたり美白化粧品を使ったりして肌のバリア機能を高めてシミの色素沈着を抑えましょう。

ニキビ跡などの炎症後色素沈着

炎症後色素沈着はニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が治った時にできるシミをいいます。

鼻は皮脂分泌が多いためニキビができやすく、特に炎症を起こした赤ニキビは肌を刺激してシミの原因となるメラニン色素を生成します。

そのため肌のターンオーバーが正常に行われないと、ニキビ跡が肌に色素沈着してしまう場合があるのです。

炎症後色素沈着は美白化粧品のケアが有効で、肌のターンオーバーが整うと美白有効成分の働きかけでメラニン色素を排出してシミを目立たなくすることが可能です。

ただ、炎症後色素沈着によるシミを気にしすぎて触ったり、スキンケア時にごしごしと擦ったりしてしまうとメラニン色素の生成が高まるので、肌に刺激を与えないように気を付けましょう。

老人性いぼとも呼ばれる脂漏性角化症

老人

脂漏性角化症は老人性いぼとも呼ばれ、長年浴びた紫外線が角質層の遺伝子に異常をきたしたことが原因の「盛り上がったシミ」です。

鼻にできる脂漏性角化症は、遺伝子異常によって増殖した角質層の肌細胞が肌の表面に盛り上がって、シミを作る工場のメラノサイトを刺激することで、大量のメラニン色素が作られて濃いシミとなります。

主に30代以降に現れるシミで、脂漏性角化症の一部は日焼けによるシミの老人性色素斑からも盛り上がって発生します。

脂漏性角化症は角質層の遺伝子異常なので美白化粧品などでは改善できず、治療は液体窒素やレーザー治療でシミを除去する方法が有効です。

紫外線を浴びることで脂漏性角化症が出現・悪化してしまうので、日焼け止めなどで紫外線対策を行いましょう。

遺伝による雀卵斑(そばかす)

両頬を手で押さえる女性

雀卵斑(※以下、そばかすと表記)は直径2~3mmの小さな点状に広がる三角や四角の茶色いシミで、遺伝的な要因で幼少期から思春期にかけて現れます。

鼻から頬にかけて左右対称にできるのがそばかすの特徴で、紫外線を浴びるとメラニン色素が反応して濃くなる傾向にあります。

遺伝的要因のため、美白化粧品ではそばかすの改善効果は現れにくく、レーザー治療など美容皮膚科での施術がそばかすの解消に一番有効です。

なぜ鼻にシミができる?

顔の中心に位置していて目につきやすい鼻にシミができるのには、以下の理由があります。

さらなるシミに悩まされないためにも、原因を知ってしっかり予防しましょう。

紫外線を受けやすい

日差しを避けるために帽子をかぶっている女性

鼻は顔の中で一番高い位置にあるので紫外線を多量に浴びてしまい、肌のバリア機能が低下してメラニン色素を生成しやすい部位です。

地上の紫外線の約9割を占めるUV-A(生活紫外線)は、一年を通して量の変動が少なく、ガラスも雲も通り抜けて肌内部に侵入するため、日常生活を送っているだけで紫外線の影響を受けてシミの原因となるメラニン色素を生成させます。

また、夏場に特に強くなるUV-B(レジャー紫外線)は、主に肌の表面にダメージを与え、直接的に肌細胞の遺伝子を傷付ける作用があり、シミ・そばかすだけでなく肌の炎症を起こします。

鼻は紫外線を受けやすい分、肌を守るためのメラニン色素が大量に作られやすく、シミとして色素沈着する可能性が高いのです。

紫外線の影響を最小限に抑えるために、日焼け止めなどで紫外線対策を怠らないようにしましょう。

皮脂分泌が活発で酸化しやすい

鼻をつまむ女性

皮脂の分泌量が多い鼻は毛穴が酸化しやすく、毛穴に溜まった皮脂汚れなどが黒ずみや炎症を招いて肌を刺激し、シミの原因となるメラニン色素を作り出します。

紫外線は肌に活性酸素を発生させて皮脂の酸化を引き起こし、肌のバリア機能を低下させるので水分と油分のバランスが乱れて肌の乾燥を招きます。

バリア機能が低下して肌が乾燥すると、肌はかえって皮脂を過剰に分泌させてしまい、酸化した毛穴がターンオーバーの乱れから皮脂汚れや古い角質を詰まらせてニキビなどの炎症を起こすのです。

ニキビの炎症や紫外線は肌刺激からメラニン色素を生成するため、ニキビ跡の色素沈着やメラニン毛穴と呼ばれる毛穴の黒ずみに繋がります。

また、皮脂が気になるからと洗顔などで鼻の皮脂を必要以上に洗い流す行為も肌を乾燥させ、皮脂の過剰分泌や肌刺激によってメラニン色素を生成してシミを作ります。

鼻の皮脂分泌をコントロールして肌のバリア機能やターンオーバーを正常にし、シミの色素沈着を防ぎましょう。

鼻のシミへの対処方法

鼻にできたシミはスキンケア化粧品での日々のケアのほか、美容皮膚科などでの施術でケアする方法が挙げられます。

シミの種類ごとに適切な対処をして、少しでもシミを排出したり、悪化しないよう予防に努めたりしましょう。

皮脂分泌をコントロールして毛穴ケア

コットンを頬にあてる女性

鼻は顔の中でも皮脂の分泌量が多い部位なので、スキンケア化粧品や生活習慣、食生活などから皮脂の過剰分泌を防いでうまく調整しましょう。

食生活の面では、ビタミンB群をはじめとするビタミン類を積極的に摂取するのがおすすめです。

皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2や抗酸化作用のあるビタミンAは毛穴の酸化を防ぎ、ビタミンEは肌の生まれ変わるターンオーバーを促してシミの色素沈着を防いでくれます。

生活習慣では、上質な睡眠を取ったりストレスを溜めこまないようにしたり適度な運動をして自律神経を整えることで、ホルモンバランスの乱れによって過剰分泌してしまう皮脂を抑えます。

さらに、毎日の生活で使うスキンケア化粧品を活用して肌のバリア機能を整えるのも効果的です。

毛穴ケアにおすすめのスキンケア化粧品

ビーグレン毛穴ケアトライアルセット

有効成分の浸透力が高いb.glen(ビーグレン)

価格1,944円(税込)

セット内容

  • クレイウォッシュ 15g
  • QuSomeローション 20ml
  • Cセラム 5ml
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム 7g

ビーグレンの毛穴ケアトライアルセットは、毛穴ケアに特化したセットなので毛穴の詰まりを解消して肌のバリア機能を高め、皮脂をコントロールして毛穴をキュッと引き締めてくれます。

洗顔料の「クレイウォッシュ」は天然クレイのモンモリロナイトが肌の古い角質や汚れだけを吸着して洗うため、肌に必要なうるおいと皮脂を残し、化粧水の「QuSomeローション」は肌環境を整える美容成分と水分を角質層に与えて長時間留まります。

美容液の「Cセラム」は潤った肌に高濃度のビタミンCを効率よく馴染ませて皮脂バランスを整え、保湿クリームの「QuSomeモイスチャーゲル」はみずみずしい保湿力で肌に備わる水分を蓄える力にアプローチするので肌のバリア機能を高めるのに最適なセットです。

美白化粧品でケア

美白化粧品は肌内部に発生したメラニン色素の排出を促したり、メラニン色素の生成を妨げたりする美白有効成分が含まれているのでシミの発生や悪化を予防する効果が期待できます。

特に、ハイドロキノンという成分が配合されている美白化粧品は、色素沈着しているシミを薄くする働きがあるので鼻のシミ改善におすすめです。

おすすめの美白クリーム

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレンQuSome ホワイトクリーム

価格6,480円

QuSomeホワイトクリーム1.9の特徴

  • ハイドロキノンをビーグレン独自の浸透技術「QuSome」で肌に低刺激で届ける
  • 夜専用のクリームでQuSome化ハイドロキノンがスピーディにシミを薄くする
  • シミやそばかす、炎症後色素沈着に効果的

おすすめの美白美容液

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

アンプルール トライアルセット

価格10,800円

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110の特徴

  • アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」を高濃度で配合した部分用美容液
  • 「新安定型ハイドロキノン」をマイクロカプセル化して肌刺激を軽減
  • 抗炎症成分や抗酸化作用、メラニン色素の生成を抑える成分も併せて配合
 

このほかにも、クレンジング料や乳液などおすすめの美白化粧品を紹介しているので是非チェックしてみてくださいね。
 

イオン導入で有効成分を浸透

イオン導入は微弱な電流を肌に流してビタミンCなどの美白有効成分を効率よく肌に届け、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えたりメラニン色素の排出を促したりする効果があります。

美容皮膚科での施術のほか、イオン導入は美顔器などの美容家電を使って自宅で毎日手軽に行うことができます。

おすすめのイオン導入美顔器

ブロードイオントライアルセット

価格29,800円(税込)

セット内容

  • イオン導入ブロードイオン(美顔器)
  • スキンロジカルアミノシーローション(イオン導入化粧水) 150ml
  • コインマスク 15個

イオン導入器ブロードイオンは、顔型のフェイスパッドで顔全体を一度に覆うことが可能なので1回で効率よくケアができ、手間なく毎日短い時間で手軽にイオン導入を継続できるのが魅力的な美顔器です。

小鼻などの細かい部分は美顔器本体のプレートを使えば、気になる部分もくまなくケアできます。

イオン導入用の化粧水は、ビタミンC誘導体やコラーゲンの主成分であるアミノ酸が配合されており、肌のバリア機能を高めてシミを改善・予防に効果的です。

また、イオン導入だけでなくイオン導出機能も付いているので、普段のクレンジングや洗顔では落としきれない汚れも取り除けます。

1回のケアが15~30秒とわずかな時間でできるブロードイオンで、シミに効率よくアプローチして悩みを解消しましょう。

レーザー治療など美容皮膚科での施術

美容皮膚科ではレーザー治療をはじめとした様々な治療をシミの種類に合わせて行うことができます。

施術の金額や回数はそれぞれ異なりますが、確かな効果を発揮してくれます。

種類

効果

有効なシミ

ケミカルピーリング

酸性の薬品を塗り、乱れたターンオーバーを正常に促してメラニン色素を排出する。

肌負担が少なく、ダウンタイムがない。

効果は緩やかで2週間おきに5~6回の施術が必要。

費用は1回5,000~10,000円

老人性色素斑

炎症後色素沈着

フォトフェイシャル(IPL治療)

レーザーより刺激の少ない光を照射して肌表面のメラニン色素を壊す。

シミだけでなく光を照射した肌の赤みやシワが改善される。

肌負担が少なく、ダウンタイムがない。

効果は緩やかで1か月おきに5回程度の施術が望ましい。

費用は1回10,000~30,000円

老人性色素斑

炎症後色素沈着

雀卵斑(そばかす)

Qスイッチレーザー

シミにピンポイントで照射して肌深部のメラニン色素を破壊する強力なレーザー。

アレキサンドライト、ルビー、ヤグの種類がある。

1週間ほどのダウンタイムが必要。

1回の照射でほとんど消失する。

費用は1cmあたり10,000~30,000円

老人性色素斑

炎症後色素沈着

雀卵斑(そばかす)

脂漏性角化症

炭酸ガスレーザー

局部麻酔をしてレーザーを照射し、シミの組織を蒸発させて切除する。

痛みや腫れはほとんどなく、1~2週間で完治する。

費用は1cmあたり5,000円程度

脂漏性角化症

レーザー治療やフォトフェイシャル、ケミカルピーリングの施術後は肌のバリア機能が一時的に低下し、紫外線の影響を受けやすいので日焼け止めなどで紫外線対策を徹底しましょう。

レーザー治療後は医師の指示に従い、シミを再発させることのないように気を付けてくださいね。

トレチノイン・ハイドロキノン療法

医者に相談している画像

ビタミンA誘導体のトレチノインはターンオーバーを促したり、皮脂の分泌を抑えてヒアルロン酸などの分泌を高めたりする働きがあり、メラニン色素の排出を促します。

ハイドロキノンはメラニン色素を破壊したりメラニン色素の集まりを分解してシミを消したり薄くする効果があります。

トレチノイン・ハイドロキノン療法はシミに直接塗布する外用療法で、皮膚科医の処方の元、トレチノインとハイドロキノンを同時に使用してシミの原因となるメラニン色素を壊してシミ部分を漂白するので、シミの状態に合わせて量を調節でき、治療費も比較的安価です。

ニキビ跡などの炎症後色素沈着は完全消失が期待でき、そばかすやシミも薄くなります。

トレチノイン・ハイドロキノン療法は、皮膚科や美容皮膚科での施術が可能なので、まずは専門医に相談してみましょう。

紫外線対策で鼻のシミを悪化させない

鼻にできるどの種類のシミに対しても紫外線は悪影響を及ぼし、シミを悪化させてしまいます。

悪化を防ぐためにも、また新たなシミを作らないためにも、日焼け止めなどでのこまめな紫外線対策は怠らないようにしましょう。

紫外線対策に限らず、肌のターンオーバーを正常に働かせてメラニン色素を排出するための保湿や美白ケア、ビタミン類の摂取なども積極的に行ってシミが沈着しないような肌環境を目指してみてくださいね。