肌に悩みをもつ女性
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

「まだ10代だからシミは関係ない」「そばかすはできてもシミはできない」と思っていたのに、顔にシミが現れてしまったら…「10代なのになぜ?」とショックを受けるかもしれませんが、10代でもシミができる場合があります。

ただ、10代のシミはまだ薄く、早めに対処すれば改善できる場合が多いので、今すぐシミ対策をはじめましょう。

本記事では、できてしまった10代のシミの原因と対処法を知るとともに、10代のシミの悩みに沿った美白化粧品を紹介します。

※記事内の「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐことです。

 10代でシミができる原因と対処法

シミは、メラニンという色素が肌に染みついてできる薄黒い斑点で、原因や症状によって対処法が異なります。シミの原因や症状がわかると、どんな対処法が効果的なのかを判断しやすくなります。

原因と対処法①紫外線

紫外線を浴び続けると、次のような流れでシミが作られていきます。

シミの原因とメカニズム

シミの原因

  1. 紫外線を肌に浴びると、皮膚の一番下にある色素形成細胞(メラノサイト)が反応する
  2. 細胞を守るために、メラノサイトがメラニン色素を発生させるサインを出す
  3. メラニン色素が黒くなることで、日傘のような役目を果たし、細胞を紫外線からブロックする
  4. 正常な肌は、角質と一緒にメラニン色素を排出できるが、紫外線を浴び続けた肌はDNAが壊れ、過剰に作り過ぎたメラニン色素を排出できずにシミとなる。

10代の肌は新陳代謝がよく、肌のターンオーバーが正常に働くため、常にピンと張りのあるキレイな肌が作られると思われがちですが、日焼け止め対策をしていない肌や、部活などで毎日紫外線を浴び続けていると、メラノサイトが反応しメラニンが過剰に生成されてシミができる原因となります。

屋外スポーツやアウトドアで紫外線を浴びることが多い人は、毎日日焼け止めを使い、1日3回程は日焼け止めを塗り直して、紫外線対策に気をつけましょう。

紫外線が原因でできるシミの対処法

腕に日焼け止めを塗っている女性

紫外線には、肌の奥まで届く紫外線A波(UVA)と肌が赤くなる紫外線B波(UVB)がありますが、どちらの対策にも日焼け止めが有効です。

紫外線の波長の種類

  • 紫外線A波(UVA)
    肌の奥まで届く紫外線が紫外線A波です。日焼けなど肌に急激な変化を与える紫外線B波に比べ、紫外線A波は波長が長く、肌の奥まで到達するため、少しずつコラーゲンを壊してシミやしわの原因となります。
    地球を太陽光線から守るオゾン層を通り抜けやすく、紫外線B波に比べると20倍もの量が地上に降り注ぐ上に、窓ガラスや雲も簡単に通り抜けるため、曇りの日や屋内でも紫外線対策が必要です。
     
  • 紫外線B波(UVB)
    肌を赤くする紫外線が紫外線B波です。波長が強く、肌表面の細胞に強い刺激を与えるため炎症を引き起こしやすく、皮膚がんやシミの原因となります。
    ただ、紫外線Aに比べて波長が短く、オゾン層や雲を通り抜けることができないため、地上に届く量は少量なのでUVケアや日傘などである程度は防ぐことができます。

紫外線が強いといわれる春から夏だけでなく、室内にいても紫外線対策が必要なので、一年中日焼け止めを塗って紫外線対策を怠らないようにしましょう。

日焼け止めには、ローションタイプや化粧下地を兼ねるもの、汗や皮脂汚れに強いものなど様々なタイプがあるので、自分の肌質に合った日焼け止めを見つけることをおすすめします。

部活やアウトドアなどで紫外線を浴びる人は要注意

ウォーキングしている女性

とくに、部活が屋外スポーツで強い紫外線を浴び続けた人にシミが現れる場合が多いようです。

紫外線対策をしていたとしても汗で流れてしまうため、2~3時間おきに日焼け止めを塗り直すなどシミ対策を行い、とくに注意が必要するようにしましょう。

原因と対処法②メイク

濃いメイクをした女性が手で顔を隠している

10代でシミができる原因の一つが「メイク」です。

小学生の頃からおしゃれやメイクに興味を持ち、メイクが大好きという方も少なくないと思いますが、濃いアイシャドウやチークを使い、刺激の強いクレンジング料で肌をこすり続けると色素沈着を起こし、やがてシミの原因となってしまいます。

また、香水やヘアケア用品などに含まれる精油や香料の中には、紫外線に当たると化学反応を起こして酸化し、シミの原因になるものがあるので気をつけるようにしましょう。

メイクが原因でできるシミの対処法

メイクによるシミは、正しいクレンジングを行い、美白成分の入った化粧品でスキンケアを続ければ防ぐことができます。

正しいクレンジング方法を行う

顔を洗う女性

  • アイメイクやリップは専用リムーバーでオフしておく
  • クレンジング料をメイクによくなじませる
  • 1分程度で洗い上げる
  • やさしく洗う
  • クレンジング料が肌に残らないよう、充分に洗い流す
  • タオルでゴシゴシこすらず、水分を吸い取るように拭く
     

正しいクレンジング方法を詳しく知りたい方は「【種類別に紹介!】肌をいたわる正しいクレンジングの4つのポイント」も合わせてご覧ください。

クレンジングしやすいファンデーションを使う

ファンデーションと花びらの画像

メイク用品の色素沈着を防ぐために、色素の強いメイクは避け、ナチュラルメイクを心がけるなど、クレンジングしやすいファンデーションやメイク用品を選ぶのもおすすめです。

クレンジングしやすいファンデーション

  • BBクリーム
  • ミネラルファンデーション

BBクリームは日焼け止め、化粧下地、ファンデーションを兼ねているため、紫外線対策をしながらメイクが楽しめます。

シミが気になる部分に重ねづけもできますし、強いクレンジング料を使わずに落とせるので肌の負担を軽減できます。

ミネラルファンデーションは、ミネラル成分から作られる敏感肌にも使えるファンデーション。

界面活性剤やシリコンを使用していないファンデーションで、ダブル洗顔やクレンジング不要のものが多く、肌に負担をかけないのが特徴です。

ただし、商品によってはUV効果が弱いものもあるので、日焼け止めと合わせて使うようにしましょう。

原因と対処法➂生活習慣と食生活

寝起き 女性

生活習慣や食生活の乱れもシミやそばかすの原因となります。

正常な肌を作るためには、ターンオーバーという肌が生まれ変わるサイクルを正常に保つ必要があります。

表皮の下は、肌をつくる細胞の生産工場のようになっていて、角層の下で生まれた細胞は約28日かけて角層の上へと上がっていき、垢となって剥がれ落ちていきます。

日焼けをしても、表皮が傷ついても、正常な肌を保てるのは、この肌のターンオーバーのおかげです。

ただ、肌の細胞は眠っている間に作られるため、寝不足や不規則な生活、肌をつくる栄養が充分でないと肌のターンオーバーが乱れシミの原因となります。

若いから大丈夫と、毎日ゲームやネットに夢中になって夜更かしをしたり、スイーツや揚げ物、インスタントラーメンばかりを食べたりと、不規則な生活や栄養バランスが偏った食生活をしていませんか。

シミやそばかすに期待できるサプリメントもありますが、15歳未満が服用していけないサプリメントもあるため自己判断での服用はやめましょう。

できるだけ、栄養バランスの整った食事を心がけ、規則正しい生活を心がけてくださいね。

生活習慣や食生活が原因でできるシミの対処法

シミを予防するには、バランスのとれた食生活と生活習慣の改善が必要です。

生活習慣を見直そう

  • シミ予防に効果的なビタミンCが豊富な野菜・果物を食べる
  • 揚げ物やスイーツより、塩味のシンプルな肉や魚を食べる
  • 夜更かしを避け、規則正しい生活を心がける
  • 清潔な部屋、衣服、寝具で過ごす
シミ予防に効果的なビタミンCが豊富な野菜・果物を食べる

食事をする女性のイメージ画像

まずは、野菜、果物、豆、海藻、魚、肉などをバランスよく食べられる食生活を心がけましょう。

とくに、シミを予防するビタミンCが豊富に含まれている野菜と果物がおすすめです。

  • 野菜・・・トマト、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草
  • 果物・・・レモン、グレープフルーツ、柿、イチゴ
     

一人暮らしで自炊をしている方は、コンビニやスーパーに行けばサラダが売っていますし、冷凍食材の野菜もあります。

野菜が余るなら、酢漬けや野菜ジュースやスムージーにして摂取することもできるので、ビタミンCの多い食事を心がけましょう。

揚げ物やスイーツより、塩味のシンプルな肉や魚を食べる

まぐろの刺身

から揚げやショートケーキなど、油をたくさん使う料理は脂肪を分解するビタミンが消費されるために皮脂量が増え、肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素をため込みやすくなってしまいます。

シミだけでなくニキビや肌あれの原因となるため、できるだけ控えるようにしましょう。

肉や魚は皮膚をつくるために欠かせないたんぱく質です。

素材の味わいが感じられる塩味など薄味のものを選び、1食につき、70~80gを目安に摂るのがおすすめです。

切り身魚なら一切れ、サラダチキンは1パック、卵1個程度を目安に摂取しましょう。

  • 肉や魚・・・サラダチキン、ローストビーフ、しゃぶしゃぶ、カルパッチョ、刺身、焼き魚など。
  • 糖分・・・なるべく控える。おすすめは、和菓子、ドライフルーツ、ハチミツなど。
     

油を使う時は、オリーブオイルやココナッツオイルなど、肌の酸化を抑えて肌をやわらかくする成分が含まれている油がおすすめです。

夜更かしを避け、規則正しい生活を心がける

シミだけでなく、きれいな肌を作るためには良質な睡眠が欠かせません。

睡眠不足になると、肌のターンオーバーのサイクルが乱れるため、シミの元となるメラニン色素をため込みやすくなります。

シミを予防し、改善するためにも夜更かしは避け、規則正しい生活を心がけましょう。

衛生面に気を配り、清潔な部屋・衣服・寝具で過ごす

清潔にされた部屋の画像

病気や感染を防ぐために、手洗いやうがいが必要ということはわかっていますが、同様に衣類も汚れているので、掃除や洗濯が必要です。

汚れた衣類を部屋に置きっぱなしにしたり、疲れているからと着替えないで寝てしまったりすると、当然部屋や寝具が汚れ、不衛生で肌にも良くない環境になっていきます。

寝具については、毎日洗濯できないために、寝ている間に付着した汗や皮脂で汚れている可能性があるため、汚れが肌に付着して肌荒れやニキビができやすく、シミの原因へとつながります。

今から衛生面に気を配り、清潔に過ごす生活習慣を身に着けて、20代になっても30代になってもシミができにくい肌を目指しましょう。

10代のシミには美白化粧品がおすすめ

10代のシミは、まだできたばかりのものが多いため、早めに対処すれば改善できる可能性が高まります。そのためには、シミにアプローチする美白成分が入った美白化粧品によるスキンケアが欠かせません。

どんな美白成分がシミに有効なのか紹介します。

シミにアプローチする美白成分  

成分表示を気にする女性

美白成分とは、メラニン色素が作られる際に肌内部で起こる反応を、どこかで抑える働きを持つものを指します。

美白成分にはシミに効く成分はいくつかありますが、10代におすすめの美白成分は厚生労働省が認めている「医学部外品」と呼ばれる美白成分が配合されているものです。

シミにアプローチする美白成分

  • ビタミンC誘導体・・・肌の美白効果の高いビタミンCを肌に吸収しやすくしたもの。シミの元となるメラニンの生成を防ぎ、ニキビ等の炎症を防ぐ。
  • アルブチン・・・コケモモから抽出された美白成分。メラニンの生成を抑え、シミを予防する。
  • カモミラET・・・カモミールに含まれる美白成分で、メラノサイトへの情報伝達を阻害して肌の炎症やシミを抑える。
  • トラネキサム酸・・・止血剤として使われている人口アミノ酸を美白成分として開発したもの。メラノサイトへの情報伝達を阻害してシミを防ぐ。
    など

美白化粧品とうたわれている商品でも、シミにアプローチする有効成分が含まれているかどうか成分表示を確認し、美白成分が入っている化粧品を選びましょう。

シミのタイプとシミにアプローチする美白成分

シミのタイプによって、美白成分によるアプローチが効果的なシミとあまり効果が期待できないシミに分けられます。

シミのタイプ

美白効果

美白成分と効果

 

老人性色素斑

 

初期のものに有効で、定着したものは消えない。

紫外線の影響で発生し、数mm~数十mm大の丸い色素斑。加齢に伴い現れるシミだが、10代でも現れることがある。

 

雀卵斑(そばかす)

 

遺伝的要素が強く薄くならない場合が多い

皮膚のメラノサイトが変質してできるシミ。子供から大人までに現れ、肌に紫外線を浴び続けることで増える。

 

炎症性色素沈着

 

効果あり。ビタミンC誘導体がおすすめ。

ニキビ跡や傷跡が茶色く色素沈着したもの。虫さされや脱毛の跡がシミになる場合もある。

 

肝斑

 

効果あり。ピーリングや内服薬と併用すると改善が早い。

肝斑は、女性ホルモンのバランスが崩れた時に額や頬、目や口の周りに左右対称に現れる褐色のシミ。

女性ホルモンの影響による「肝斑」はビタミンC誘導体が有効で、ニキビ跡や傷跡にできた「炎症性色素沈着」早めの美白化粧品でお手入れするとその分改善が早くなる場合が多いようです。

「老人性色素斑」と「雀卵斑」は、効果がある場合とそうでない場合があります。

10代女性におすすめのシミ消し美白化粧品4選

10代におすすめの美白化粧品を紹介します。

どの商品も美白成分や肌のシミを予防する有効成分が入っているものばかりなので、続けやすい価格帯や自分の肌に合う商品を見つけてくださいね。

資生堂 アクアレーベル ホワイトアップセットN

アクアレーベル ホワイトアップセットN

資生堂 アクアレーベル ホワイトアップセット N1,200円(税抜)

セット内容

  • ディープクリアクレンジングオイル<メイク落とし> 20ml
  • ホワイトアップ ホワイトクリアフォーム<洗顔フォーム> 20g
  • ホワイトアップ ローションII しっとりタイプ 18ml
  • ホワイトアップ エマルジョンII しっとりタイプ 18ml
資生堂 アクアレーベル ホワイトアップシリーズNの特徴

  • 洗顔フォームに配合されたホワイトクレイパウダーがメラニン含む古い角質を落とし、肌のターンオーバーを整える
  • ローションとエマルジョンに配合された美白成分「m-トラネキサム酸」が、メラノサイトの活性化を効果的に抑えシミやそばかすを防ぐ。
  • ローションとエマルジョンに含まれる保水バリア機能を守るベビーアミノ酸(D-グルタミン酸)がうるおいのある肌へ導く
    ※シリーズで使用した場合。すべての商品に効果があるものではない

アクアレーベルのホワイトアップシリーズは、美白の有効成分「m-トラネキサム酸」を含む美白化粧品です。

シミ、そばかすを防ぎ、うるおいに満ちた明るい肌へとサポート。

10代にも求めやすい価格と優れた品質で、シミに悩む肌を整えてシミのない肌へと導きます。シリーズで使いたい方にもおすすめです。

ちふれ 美白化粧水VC・美白乳液VC

ちふれ 美白化粧水・乳液VC

ちふれ 美白化粧水VC 180ml 800円/詰替用 700円(税抜)
ちふれ 美白乳液VC 150ml 800円/詰替用700円(税抜)

ちふれ美白化粧水VCと美白乳液VCの特徴

  • 美白成分安定型ビタミンC誘導体配合の化粧水と乳液がメラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ
  • 肌の炎症を抑える有効成分グリチルリチン酸2K配合の化粧水が、ニキビや肌あれに悩みがちな10代の肌を整えシミの原因を防ぐ
  • 肌荒れ防止成分グリチルレチン酸ステアリルが、シミの原因となるニキビ跡や肌荒れのないしなやかな肌へと導く

美白成分安定型ビタミンC誘導体配合の化粧水と乳液が、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを予防します。

10代にも続けやすい価格で、思春期ニキビができやすい肌を整え、できてしまったシミの改善にも効果が期待できるビタミンC誘導体が今あるシミを改善へと導きます。

コーセー雪肌精

薬用雪肌精

コーセー 薬用 雪肌精 200ml 5,000円(税抜)

コーセー 薬用 雪肌精の特徴

  • 弱酸性で肌にやさしい和漢植物エキス配合の薬用美肌ローション
  • ニキビの有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが、ニキビやシミを予防し、乾燥によるくすみを防ぐ
  • カサつく肌のキメを整え、メラニンの生成を抑えながら、シミやくすみのない透明感のある肌に整える

美容雑誌MAQUIAの2017下半期でくすみ部門1位に輝いた化粧水です。和漢植物エキス配合でシミの元となるメラニンの生成を抑え、透明感のある肌へと導きます。

同シリーズの乳液や美容液、洗顔フォームもあり、シリーズでも使えます。10代にはやや高額なので、化粧水のみの使用もおすすめです。

ディセンシア サエル 

サエルのイメージ図

ディセンシア サエル トライアルセット 初回限定価格 1,480円

セット内容

  • サエル ホワイトニング ローション コンセントレート / 医薬部外品 (20mL)
  • サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート / 医薬部外品 (10mL)
  • サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート / 医薬部外品 (9g)
  • [プレゼント]サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート / SPF50+ PA++++ (1包)
ディセンシア サエルの特徴

  • 美白成分アルブチン配合のローションが、シミの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する。
  • 肌の炎症を抑える有効成分グリチルリチル酸2K配合のローションが、美白成分が浸透しやすい肌へと整える。
  • ローションの保湿成分をヒト型セラミドで包み込み、有効成分を角質層の奥まで浸透させ保湿効果を高める。

美容成分や保湿成分を抱え込み角質層の奥まで浸透させ、シミの原因となるストレスによるダメージを肌の内側からケアしてシミを防ぐローションです。

乳液と化粧水が一体となったローションタイプで肌にうるおいを満たし、シミのできにくい肌へ導きます。

10代にも試しやすい価格で10日間のトライアルセットがあるので、自分の肌との相性を試してみるのもおすすめです。

10代のシミ対策は家族や周囲のサポートが必要

手をつなぐ

10代でシミができてしまったら、一人で悩まずお母さんや家族に相談して早めのケアを心がけましょう。

これまで、シミの対処法を紹介してきましたが、どの対処法を試しても効果がない場合やシミがどんどん濃くなっていく場合は、シミではない皮膚の病気の可能性もあります。

また、経済的に安定していない10代にとっては、美白化粧品の購入はおこずかいだけでは厳しい場合もあるでしょう。

周囲に悩みを相談し、精神的にも経済的にもサポートを受けながら、シミ対策をしてくださいね。

まとめ

指をさしている看護師

最後に10代でシミができてしまった時の対処法をまとめます。

  • シミ予防のために紫外線対策は毎日行う
  • 部活やアウトドアなど、紫外線を地用時間浴びる時はこまめに日焼け止めを塗り直す
  • シミや色素沈着の原因となる濃いメイクや刺激の強いクレンジング料は避ける
  • 身の回りを清潔に保ち、シミのできにくい生活環境を整える
  • 規則正しい生活と食生活を心がけ、シミのできにくい肌をつくる
  • 美白成分が入ったスキンケアでシミにアプローチしながら、シミを改善・予防する
     

10代でしっかりとシミを対処して改善し、この先もシミのない美しい肌を保ちましょう。