顔のシミが気になる女性
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

20代の頃はシミの悩みなんてなかったという人でも、30代に入るとシミの悩みを抱える方が急に増え始めます。

鏡に写った自分の顔を見ては「また、こんなところにシミができている」とため息をつく回数が増えている方もいることでしょう。

本記事では、30代でシミが増える原因を知り、どんなシミ対策をしたらシミを予防できるのか、できてしまったシミを改善する方法はあるのかを探りながら、30代女性におすすめの美白化粧品を紹介します。

※記事内の「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐことです。

 30代でシミが増える原因とは

30代でシミが増える原因は、紫外線やそばかす・ニキビ跡などの色素沈着に加え、女性ホルモンの影響や結婚・妊娠・出産・子育てといったライフスタイルの変化が大きく関係します。

シミのないきれいな肌を目指すために、30代に多いシミの原因を知り、シミ対策をはじめましょう。

シミができるメカニズム

シミの原因

原因①肌の代謝力・保湿力の低下

保湿をする女性

30代女性のシミは、肌のターンオーバーの乱れによる代謝力や保湿力が低下することが原因で発生します。

肌のターンオーバーとは、角層の下にある表皮の一番下の層でつくられる細胞が、約28日周期で表皮の上へと上がっていき垢となって剥がれていく皮膚が生まれ変わるサイクルのこと。

30代になると、ストレスや女性ホルモンの乱れから、肌のターンオーバーのスピードが遅くなっていきます。

肌のターンオーバーが乱れると、肌内部の新陳代謝が遅れ、肌のハリを保つ線維芽細胞の働きが鈍るためコラーゲンの生成がおろそかになり、肌の水分を抱え込むヒアルロン酸が減少してしまいます。

肌のハリが失われると乾燥しやすくなり、肌を守るバリア機能が低下するため、紫外線などの外的ダメージを受けてシミのできやすい肌になってしまうのです。

原因②女性ホルモンの影響

ヘアセットしながら子どもを抱いてアイロンをかける女性

30代女性のシミは、女性ホルモンの活性化や減少が影響します。

女性ホルモンは、卵巣ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」が代表的ですが、どちらも妊娠や出産と深いかかわりを持つホルモンです。

女性ホルモンの働き

  • エストロゲン(卵巣ホルモン)
    生理の周期を安定させ、女性らしい丸みを帯びた身体の形成や美肌、美髪効果があり、美しさや若々しさを保つ。30代後半から少しずつ減少しはじめ、シミやくすみなど肌トラブルに影響を及ぼす。
     
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
    基礎体温の上昇や、子宮内膜の成熟、妊娠の維持など妊娠や出産に関係のあるホルモン。皮脂の分泌が増え、メラニンを生成しやすくなるため、肝斑やくすみ、ニキビ等の肌トラブルが起こりやすくなる。

30代女性は、結婚・妊娠・出産・子育てなどライフスタイルが変わりやすい年代のため、このエストロゲンとプロエストロゲンのバランスが乱れて、シミができやすくなってしまいます。

肌を美しく保つエストロゲンは、25歳から30歳で分泌量の多さがピークを迎え、30代に入るとだんだん減少し30代後半からは一気に減り始めていくため、シミやシワ、たるみといった老化が進む原因となります。

また、プロゲステロンは妊娠すると増えるホルモンで、皮脂量を増やし、メラノサイトを刺激するためメラニンの生成を活発にしてしまいます。

プロゲステロンは、紫外線の影響を受けやすく、妊娠中はとくにシミができやすい傾向があるのです。

プロゲステロンは、出産すると減少して元の状態に戻りますが、産後は授乳や慣れない子育てに追われて肌のケアまで手が回らなくなってしまうという方が多いので、日焼け止めクリームを毎日欠かさず、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

女性ホルモンがアンバランスになりやすく、妊娠や出産する方が増える30代は、とくにシミ予防や対策が必要な年代といえるでしょう。

原因➂仕事や子育てによるストレス

ストレスで憂鬱な女性の画像

ストレスが原因で活性酸素が発生してシミの原因になる場合もあります。

とくに30代女性を取り巻く環境は仕事だけでなく、結婚・妊娠・出産・子育てなど様々で、疲れやストレスをためやすくなる年代です。

身体が強いストレスを感じると、ストレスによる刺激から身体を守ろうと「活性酸素」が大量に発生します。

活性酸素は、ストレスを緩和させるために悩が発生させる「副腎皮質ホルモン」を分泌する際に一緒に作られますが、酸化力が強い酸素で、シミの原因となるメラニンの生成を促し肌の老化を早めます。

ストレスを感じている時は活性酸素が皮膚を刺激し続け、紫外線を浴びた時と同じ状態が続き、シミが発生しやすくなってしまうのです。

30代女性におすすめのシミの対処法

30代女性のシミは、シミができる原因に合わせてシミを予防することに注力しながら、シミ対策やシミを改善するのが効果的です。

30代女性に多いシミの種類を知って、効果的なアプローチを始めましょう。

30代女性のシミの種類と対処法

30代女性に多いシミの種類は以下のようなシミです。

30代女性に多いシミの種類

  • 老人性色素斑(スポット斑)
    老人性色素斑は、紫外線を浴びた肌のターンオーバーが乱れてできるシミ。数mm~10mmくらいの丸い色素斑で、頬や額にかけてみられます。
    加齢により濃くはっきりとしてくるのが特徴で、30代から現れることが多いシミです。
    ※肌のターンオーバーとは、角層の下にある表皮の一番下の層でつくられる細胞が、約28日周期で表皮の上へと上がっていき垢となって剥がれていく皮膚の生まれ変わりのサイクルのこと
     
  • 炎症性色素沈着
    ニキビ跡や傷跡など、炎症による色素沈着によりおこるシミ。虫刺されの跡や毛抜きによる毛穴処理で毛穴周りが黒くなったりするのも、このタイプのシミです。
    30代からは、毛穴の開きやたるみが気になる方が増えますが、黒ずみのケアをしてもなかなか消えない場合は、シミの可能性があります。
    毛穴に触ってみて、ザラつきを感じるのであれば角栓が酸化して詰まった黒ずみで、ザラ付きを感じないのであればシミの可能性が高いので、シミ対策へと切り替えましょう。
     
  • 肝斑
    肝斑は、30代から40代にかけて発症することが多く、ストレスや女性ホルモンの乱れに影響されると考えられています。
    目や口の周り、ほほ骨に沿って左右対称に現れ、褐色や灰色のぼんやりとした斑が特徴で、妊娠中やピルの服用によるホルモンバランスの乱れにより現れる場合もあります。

シミができる原因によって、シミ対策が異なります。

また、美白化粧品などに含まれる美白成分が効かないシミもあるのでそれぞれに合った対処法を選ぶようにしましょう。

シミのタイプ

美白化粧品の効果

美白成分と効果

老人性色素斑

初期のものに有効で、定着したものは消えない。

炎症性色素沈着

効果あり。ビタミンC誘導体がおすすめ。

肝斑

効果あり。ピーリングや内服薬と併用すると改善が早い。

生活習慣の改善で30代のシミを防ぐ

ベッドの上に本や毛布が散らばっている様子の写真

30代女性のシミを防ぐには、自分の肌の状態と向き合い、生活習慣を整えることも大切なポイントです。次のチェック項目に当てはまる方はとくに注意しましょう。

  • ☑☑肌が乾燥しやすくなった
  • ☑☑肌がごわつくようになった
  • ☑☑シワやたるみが気になる

30代女性は、代謝力・保湿力の低下や女性ホルモンの影響を受けやすく、最も肌質に変化が出やすい年代のため、20代と同じ生活習慣を続けるのはおすすめできません。

シミの原因となるメラニンをためない肌を作るためには、以下のことに気を付ける必要があります。

シミを防ぐ生活習慣

  1. 栄養バランスを整え、肌のバリア機能を高めるポリフェノールやビタミンCが豊富な食品を摂る
     
  2. 良質な睡眠を取り、肌のターンオーバーが活性化する睡眠後3時間のゴールデンタイムにぐっすりと眠る環境を整える
     
  3. 軽い運動やストレッチなどで気分転換を図り、ストレスを貯めない生活習慣を心がける
     
  4. 肌の代謝力・保湿力を高め、美白成分の入った化粧品でスキンケアを行う

生活習慣を整えて、今からシミを予防しましょう。

美白成分が配合された化粧品とスキンケアで対策

花とスポイトと美容液の画像

30代のシミ対策は、シミの原因に合わせた美白成分が入った美白化粧品でスキンケアするのがおすすめです。

美白成分には「できてしまったシミにアプローチする美白成分」と「これからできるシミを予防する美白成分」の2つに分けられます。

できてしまったシミにアプローチする美白成分

  • ビタミンC誘導体
    肌の老化を予防し、シミに直接アプローチしてシミを薄く目立たなくする。ニキビ跡の炎症を防ぐ。
     
  • ハイドロキノン
    メラニンの生成を抑えて、シミを薄く目立たなくする。

シミを予防する美白成分

  • アルブチン
    コケモモから抽出された美白成分。メラニンの生成を抑える働きがあり、シミを予防する。
     
  • カモミラET
    カモミールに含まれる美白成分。メラニンを発生するメラノサイトに働きかけ、肌の炎症やシミを予防する。
     
  • トラネキサム酸
    人口アミノ酸を美容用に開発したもの。メラノサイトの働きを抑え、シミを予防する。
     
  • フラーレン
    メラノサイトの働きを阻害し、シミを予防する。ハイドロキノンの2100倍の美白効果が期待できる。

美白化粧品の成分表示を見て、これらの美白成分が入っているかどうかを確認しながら、シミにアプローチする効果が高い美白成分が入っている化粧品を選ぶことをおすすめします。

30代女性におすすめの美白化粧品5選

美白化粧品には、単品でも効果が期待できるものがたくさんありますが、30代女性のシミ対策には、より高い効果が期待できるライン使いがおすすめです。

アスタリストホワイト

アスタリフトホワイトのイメージ図

アスタリフト ホワイト 美白 トライアルキット 1,000円(税抜)約5日間分

セット内容

[アスタリフト ホワイト]
ブライトローション<美白化粧水>[医薬部外品](販売名:AL ホワイトローションh)18mL
エッセンス インフィルト<美白美容液>[医薬部外品](販売名:AL ホワイトエッセンスd)5mL
クリーム<美白クリーム>[医薬部外品](販売名:AL ホワイトクリームc)5g
パーフェクトUVクリアソリューション<UVクリア美容液 兼 化粧下地>5g

[アスタリフト]
ジェリー アクアリスタ<ジェリー状“先行”美容液>0.5g×10包

アスタリフト ホワイトの特徴

  • 化粧水に含まれる美白有効成分アルブチンがメラニンの生成を抑え、シミ・くすみを防ぐ。
  • 独自の成分「ナノAMA+」が角層をみずみずしく整えながら、くすみやシミのない肌へと導く
  • 紫外線カット成分D-UVガード配合の化粧下地が、紫外線による日焼けを防ぎ日中の肌をケアする

アスタリフト ホワイトシリーズは、化粧水に含まれる美白成分アルブチンがメラニンの生成を予防し、化粧水・美容液・クリームに含まれる富士フィルム独自の成分ナノAMAにより、シミの原因となるメラニンを生成するメラノサイトを休眠化させてメラニンの生成を抑制します。

トライアルセットに含まれる美容液 兼 化粧下地には、肌の奥深くまで入り込む波長の長い紫外線を防ぐ成分「D-UVガード」が配合されているため、いつの間にか浴びてしまっている日中の紫外線から肌を守ります。

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンホワイトケアトライアル

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット 1,800円(税抜)約2週間分

セット内容

クレイウォッシュ(15g)
QuSomeローション(20mL)
Cセラム(5mL)
QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

ビーグレン ホワイトケアの特徴

  • 美白成分「ビタミンC」配合の美容液が、できてしまったシミにアプローチして改善へと導く。
  • 美白成分「ハイドロキノン」配合のクリームが、できてしまったシミにアプローチ。
  • 独自の浸透テクノロジーで、美容成分をメラノサイトまで届けてメラニンの発生を制御してシミを予防・改善する。

ビーグレン ホワイトケアは、紫外線による肌ダメージを予防し、できてしまったシミにアプローチする有効成分「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」を配合した化粧品です。

独自の浸透テクノロジーQuSomeにより、メラニンを生成するメラノサイトまで有効成分を届け、30代女性のシミを予防しながら薄く目立たない肌へと導きます。

 ディセンシア サエル

サエルのイメージ図

サエル トライアルセット 1,480円(税込)約10日間

セット内容
サエル ホワイトニング ローション コンセントレート / 医薬部外品 (20mL)
サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート / 医薬部外品 (10mL)
サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート / 医薬部外品 (9g
[プレゼント]サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート / SPF50+ PA++++ (1包)
ディセンシア サエルの特徴

  • 化粧水、美容液配合の美白成分「アルブチン」がメラニンの生成を抑え、シミの原因にアプローチ。
  • 化粧水配合の有効成分グリチルリチン酸2Kが、肌内部の炎症を抑え、シミを予防する。
  • 美容液配合の美白成分「トラネキサム酸」が、炎症を引き起こす体内の酸素プラスミンを抑制してシミを予防する。

ディセンシア サエル シリーズは、紫外線によるダメージだけでなく、30代女性のストレスによるシミのメカニズムに着目した美白化粧品。

美白成分の「アルブチン」と「トラネキサム酸」配合で、メラニンを予防し、メラニンの酸化を防いでシミの発生を防ぎます。

ヒト型セラミドが肌の保湿力と肌本来のバリア機能を高めて乾燥を防ぎ、シミができにくい肌へと導きます。

 HANAオーガニック ブライトニング

HANAオーガニックURL

HANA オーガニック トライアルセット 1,400円(税抜)

セット内容

クレイ洗顔:20g
化粧水:15mL
美容液:3.5mL
乳液:8mL
UVベース:ピンク3.5mL
イエロー1包

HANAオーガニック ブライトニングシリーズの特徴

  • 抗菌、抗アレルギー作用を持つダマスクローズを主成分の化粧水、乳液でシミを防ぐ。
  • 和漢植物エッセンスが肌細胞の炎症を沈静し、肌のターンオーバーとメラニンの排出を促す。
  • クリームの植物エッセンスがシミの原因となる肌細胞の炎症を抑え、できてしまったシミを還元する。

HANA オーガニック ブライトニングシリーズは、洗顔から日焼け止め下地まで天然成分100%にこだわり、肌の炎症を沈めて再生力を高めるオーガニックローズ配合の美白化粧品です。

シミができやすく、炎症を抱えた肌細胞に働きかけ、肌のターンオーバーを促進しながらメラニンの排出を促し、肌本来の力を呼び覚まして肌環境を整えます。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルールラグジュアリーホワイトトライアルセット

アンプルール ラグジュアリー ホワイト トライアルキット 1,590円(税込)

キット内容:
ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ11(スポット集中美容液) 3ml
ラグジュアリーホワイト ローション(化粧水) 20ml
ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ(薬用美白美容液) 8g
ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル) 10g
ラグジュアリーホワイト 濃厚クレンジングミルクN(クレンジングミルク) 2包
ラグジュアリーホワイト ウオッシングフォームN(美容液洗顔料) 2包
アンプルール ラグジュアリーホワイトの特徴

  • 夜用美容液の美白成分ハイドロキノンを、マイクロカプセルに入れて安定化させ、シミに直接アプローチする
  • 美容液の美白有効成分アルブチンが、メラニンの生成を抑えてシミに直接アプローチずる。
  • 美白成分「ビタミンC誘導体」や「セレブロシ美白ド」入りの美容液がシミの発生を防ぐ。

酸素や光に不安定な美白成分ハイドロキノンをマイクロカプセルに包んで安定化させ、世界で初めて化粧品に配合したアンプルール。

夜専用ケアのスポット集中美容液が「新安定型ハイドロキノン」をシミまで届けて直接アプローチします。

薬用美白美容液には、ハイドロキノンの効果を高めてメラニンの生成を抑えるアルブチンやビタミンC誘導体などが含まれているため、シリーズで使用することで、より一層のシミ予防やシミ改善の効果が期待できます。

30代からでも間に合うシミの予防法

笑顔の女性

30代からは、できてしまったシミの改善をするだけでなく、これからできるシミの予防を本格的に始めましょう。

30代女性の肌は、20代女性の肌と比較して、肌の代謝力や保湿力が下がり、女性ホルモンの影響を受けやすくなるため、肌のターンオーバーが乱れやすくなる年代です。

30代でシミ予防を始めて、この先の40代、50代でシミのできにくい肌を目指しましょう。

紫外線対策でシミを予防する

日差しを避けるために帽子をかぶっている女性

30代の肌は、肌の生まれ変わりのサイクルである肌のターンオーバーが乱れやすくなるため、紫外線対策が欠かせません。

屋外だけでなく、室内まで入り込む波長の長い紫外線があるため、顔や首回りはもちろん、手の甲や腕、脚など肌が露出する部分には日焼け止めクリームを欠かさず塗るようにしましょう。

屋外に出る場合は、UV効果のある日傘や帽子、衣類などで紫外線から肌を守り、UVケアを怠らないことをおすすめします。

抗酸化作用のある食品を摂取する

肌の老化を促す活性酸素を防ぐためには、活性酸素の発生を防ぐ抗酸化作用の高い食品を積極的に摂り、身体の中からもシミ対策を心がけましょう。

抗酸化作用の高い食品は、下記の通りです。

抗酸化作用の高い食品

  1. ポリフェノールを多く含む食品
    ブルーベリー・クランベリーなどのベリー類、大豆、赤ワイン、アマニ油、そば、緑茶など
     
  2. カロテノイドを多く含む食品
    ほうれん草・ニンジン・パプリカなどの緑黄色野菜、エビ、カニ、サーモン、ますなど
     
  3. ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食品
    ビタミンA・・・モロヘイヤ、にんじん、バシル、あしたば、ほうれん草など
    ビタミンC・・・パブリカ、アセロラ、ケール、レモン、いちご、キウイフルーツなど
    ビタミンE・・・ひまわり油、オリーブ油、すじこ・いくら、カボチャ、モロヘイヤ、大根の葉など

サプリメントを摂取する

サプリメントのイメージ画像

最近シミが増え始めたのは、仕事や食生活の乱れからくる栄養不足が原因なのではと感じたら、活性酸素の発生を抑える抗酸化作用の高いポリフェノールやカロテノイド、ビタミン類をサプリメントで補うのも効果的です。

市販でも購入でき、美容皮膚科などで処方してもらうことも可能です。

最近では「飲む日焼け止め」と称して、身体の中からUVケアができる紫外線対策用のサプリメントもあるので、日焼け止めクリームと併用するのもおすすめです。

まとめ

両手を頬にあてて微笑む女性

30代女性におすすめのできてしまったシミにアプローチするシミ対策とシミ予防は以下の通りです。

  • シミができる原因と対処法を知り、それぞれのシミに効果的なケアでシミを薄く目立たなくする
  • 美白成分が入ったスキンケアでシミを改善しながら、これからできるシミを予防する。
  • 毎日の紫外線対策を徹底して行う。
  • 活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化作用の高い食品を摂取する。
  • 食品から摂取できない場合は、抗酸化作用の高い栄養素をサプリメントで摂取する。

自分に合ったケア方法を見つけて、今からシミ対策を始めましょう。

この記事を書いた専門家

宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

広告代理店を経て35歳で独立。フリーランスの編集ライターklug(クルーク)の名前で活動・執筆中。女性誌やwebを中心に美容からファッションまで、丁寧な暮らしを大切にする女性のためのライフスタイル提案を得意としています。現在は、30代からのエイジングケアを専門として研究中。

肌質混合肌