実験する女性
熊谷優子プロフィール

オーガニック化粧品のプロフェッショナル

熊谷 優子

顔のシワは女性の深い悩みのひとつですが、「トレチノインという成分が顔のシワを目立ちにくくしてくれる!」という噂を耳にしたことはありますか?

トレチノインという成分には、肌の新陳代謝を促したり、肌の表皮の下にある真皮のコラーゲンを増やしたりする効果があるため、肌にハリと潤いを与えて、シワが目立たないふっくらとした肌を作ってくれます。

本記事では、顔のシワに効くと噂のトレチノインとはどのような成分なのか?なぜ顔のシワに効くのか?トレチノインはどこで買えるのか?などについて調べてみました。

トレチノインとは?

顎に人差し指を当て首をかしげる女性

トレチノインは、肌の新陳代謝を促し、肌の老化の原因となる酸化を防ぐ抗酸化作用のあるビタミンAの誘導体のことで、アメリカではシワ・ニキビの治療医薬品として政府機関のFDAに認可されています。

日本では、トレチノインは厚生労働省に認可されていないため、化粧品や医薬部外品の成分としての使用はできず、美容皮膚科などで医師により処方されることが必須です。

トレチノインの前段階のビタミンAであるレチノールやレチノールエステル配合は化粧品の成分として使用できますが、トレチノインの約100分の1の作用しかなく、保湿程度しか効果は期待できないといわれています。

顔のシワを何とかしたいという方は、レチノールやレチノールエステル配合の化粧品を使うより、トレチノインを医師に処方してもらった方が効果は期待できるでしょう。

ここからは、トレチノインの効果について詳しく説明していきますね。

トレチノインの5つの効果

クリーム

美容皮膚科で医師に処方されることで入手できるトレチノインですが、トレチノインには、下記の5つの効果が期待できます。

トレチノインの効果
  1. 古い角質をはがすピーリング効果
  2. 肌の新陳代謝をよくして、肌の生まれ変わりを促進
  3. 毛穴の中にある皮脂を分泌する皮脂腺の働きを抑制
  4. 肌の表皮の下にある真皮のコラーゲンを増やし、皮膚の張り、小ジワを目立ちにくく
  5. 表皮でヒアルロン酸などの粘液性物質を増やし、みずみずしさを保持

トレチノインは、古い細胞をはがし、肌の新陳代謝を促進させるため、古い細胞と一緒にシミの原因となるメラニン色素を排出する効果があり、顔のシミを薄くしてくれます。

また、トレチノインは、毛穴の中にある皮脂を分泌する皮脂腺の働きを抑制するため、皮脂分泌が過剰になりオイリーな肌や皮脂が毛穴に詰まってニキビになりやすいニキビ肌の方に対しても、根本的に改善する効果が期待できます。

トレチノインは、顔のシワに対しては肌の表皮の下にある真皮のコラーゲンを増やし、表皮でヒアルロン酸などの粘液性物質を増やすため、肌に潤いとみずみずしさを与え、シワを目立ちにくくしてくれるのです。

このように、トレチノインは顔のシワだけではなく、シミやニキビにも効果がある成分として、美容皮膚科などで処方されています。

トレチノインがシワに効くつの2つの理由

鏡で眉間のシワを指さす女性

トレチノインは、シミやニキビの改善にも効果がある成分ですが、顔のシワに効く理由について詳しく掘り下げて説明していきますね。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す

トレチノインは、表皮のヒアルロン酸や表皮の下にある真皮のコラーゲンを増やす効果があるため、肌にハリと弾力を与えて顔のシワを目立ちにくくしてくれます。

年齢を重ねると、肌の表皮の下にある真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸が減少して、肌の潤いやハリがなくなることで老化し、顔にシワやたるみができあがってしまうのです。

トレチノインは、コラーゲンやヒアルロン酸を作っている真皮の繊維芽細胞に直接働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進するので、肌にハリと弾力がよみがえり、シ顔のシワを目立ちにくくさせて内側からふっくらとした肌を作ります。

肌の新陳代謝をよくして肌の生まれ変わりを促す

保湿する女性

トレチノインは、肌の新陳代謝をよくして肌の生まれ変わりを促す効果があるため、シワができやすい古い細胞を新しい細胞に新陳代謝して、顔のシワを目立ちにくくしてくれるのです。

肌は約28日の周期で新しい細胞に生まれ変わっていますが、年齢を重ねると、肌の新陳代謝が遅くなり、透明感や水分保持機能が低下した古い細胞が肌に長く留まりやすくなります。

古い細胞は新しい細胞と比べると機能が劣っているため、乾燥しやすく、ハリや弾力が失われてシワになりやすいので、肌の新陳代謝を促し細胞を新しくするトレチノインは、顔のシワの悩みに効果的なのです。

自己判断での使用は危険!トレチノインの副作用

指でバツを作る女性

顔のシワを改善する効果のあるトレチノインですが、自己判断での使用は危険なので、必ず医師の指導のもとに使用するようにしましょう。

トレチノインの副作用①肌の炎症や皮むけ

頬に手をあてる女性のアップ画像

トレチノインは、肌の新陳代謝をよくして肌の生まれ変わりを促す効果があるため、トレチノインを使用すると、細胞が未発達のままに肌の表面に押し上げられてしまうという特徴があります。

未発達のままの細胞は、刺激に弱く敏感になっているため、肌がすぐに炎症を起こしたり、紫外線のダメージでカサカサに乾燥したり、皮膚が皮むけするなど一見肌トラブルのような症状が出てきますが、しばらくすると落ち着いてくることがほとんどです。

トレチノインの副作用②炎症後の色素沈着

鏡をのぞきこむ外国人女性

トレチノインは、肌の新陳代謝をよくして肌の生まれ変わりを促す効果があるため、トレチノインを使用すると、細胞が未発達のままに肌の表面に押し上げられ、紫外線などの影響を受けやすくなります。

肌の表面に押し上げられた未発達の細胞が、無防備に紫外線のダメージにさらされると、色素沈着を起こしてシミができたりシミが悪化してしまったりする可能性があるので、美容皮膚科では予防のためにシミに有効なハイドロキノンが一緒に処方されることもあります。

トレチノインを使用すると、肌が赤くるなどの副作用は必ずといっていいほど出てくるので、トレチノインの濃度や塗る頻度、保湿や日焼け予防などの生活習慣も含めて、医師の指導のもとでトレチノインを使用するようにしましょう。

トレチノインの副作用③胎児に悪影響

かごの中の赤ちゃん

トレチノインを過剰摂取すると、胎児の脳や頭部に奇形を引き起こすという実験報告もあるため、妊娠予定の方や妊娠中の方や授乳中の方は、念のため使用しないようにするか、医師の判断に従うようにしてくださいね。

シワ対策のためのトレチノインはどこで手に入れられる?

医者たち

トレチノインは、日本では、厚生労働省に認可されていないため、日本の化粧品や医薬部外品には配合成分として使用することはできず、美容皮膚科などで医師により処方してもらう必要があります。

他にも、自分で使うために海外からトレチノインを個人輸入するという方法もあり、美容皮膚科などでは5gで5,000円程度かかりますが、個人輸入であれば5gで1,000円程度と比較的安価に入手できることが多いです。

ただ、美容皮膚科などで医師に処方してもらう方が、シワの程度によるトレチノインの濃度調整や、炎症や皮がむけるなどの副作用に対する対処などを医師に任せられるため、不安なくトレチノインを使用することができます。

トレチノインを顔のシワの悩みのために使用したいのであれば、無料カウンセリングなどで美容皮膚科の医師に副作用や費用などについてしっかり説明してもらってから、トレチノインを処方してもらうかどうかを判断しましょう。

まとめ

頬を抑えて微笑む女性

顔のシワに効くと噂のトレチノインがどのような成分なのか、なぜトレチノインが顔のシワに効くのか、トレチノインはどこで買えるのか、などについて説明しました。

トレチノインは、肌の新陳代謝を促してコラーゲンやヒアルロン酸を増やす効果があるため、肌にハリと弾力を与えて顔のシワが目立ちにくいふっくら肌を作ってくれる成分ですが、日本では認可されていない成分のため、医師から処方されることが必須となります。

トレチノインを個人輸入することも可能ですが、肌が炎症を起こしてしまったり皮がむけてしまったりなどの副作用があるため、必ず美容皮膚科などで医師の指導のもと使用するようにしてくださいね。