肌に悩みをもつ女性
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

自分の肌の気になるシミ、どうにかケアしたくてもシミの種類が分からないと何を使って、どうケアしていけば良いのか困ってしまいますよね。

シミは種類によって原因や対処法が違うので、自分のシミを見極めることが大切です。

本記事では、自分のシミのタイプを見極めることができる早見チャートでの簡易診断や、シミの種類別に対処方法を紹介します。

また、できてしまったシミの悪化を防ぐために大切な日常のケアもぜひ実践してみてくださいね。

自分のシミの種類はどれか|早見チャートで見極め

一言でシミといっても、その種類は様々です。

自分にあるシミが何なのか、以下の診断チャートを使って確かめてみましょう。

シミ種類のセルフチェックチャート(新)

 

シミの種類と対処方法

シミの状態や発生時期などによって、シミの種類は異なり、また対処方法もそれぞれ変わってきます。

早見チャートで当てはまった自分のシミの適切な対処方法を知りましょう。

■「老人性色素斑」に当てはまった人はこちら
■「炎症後色素沈着」に当てはまった人はこちら
■「肝斑」に当てはまった人はこちら
■「雀卵斑(そばかす)」に当てはまった人はこちら
■「脂漏性角化症」に当てはまった人はこちら
■「花弁状色素斑」に当てはまった人はこちら

紫外線が影響する老人性色素斑(日光性黒子)

顔に光が当たっている女性

▼老人性色素斑の原因

老人性色素斑は、これまで浴びてきた紫外線によって肌内部に蓄積したメラニン色素が細胞に沈着して肌表面に現れたもので、いわゆる日焼けが原因のシミです。

通常はシミの原因となるメラニン色素が生成されても、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーによってメラニン色素が肌から排出されてシミにはなりません。

しかし、紫外線を浴び続けることでメラニン色素が過剰に生成されたり、ターンオーバーが乱れていたりすると、メラニン色素は排出しきれず肌内部に蓄積してしまい、加齢とともにシミとなって現れます。

▼老人性色素斑の特徴

老人性色素斑は主に顔や手の甲、腕など紫外線を浴びやすい部分に現れる茶色いシミで、大きさは1cm程度からそれ以下、形は円形やいびつなものなど様々です。

ごく初期の薄い老人性色素斑には美白化粧品が有効ですが、肌に定着してしまった濃いシミはレーザー治療が必要になります。

発症は30代以降が多く、紫外線を浴びるとさらに濃くなる傾向があるので、日焼け止めなどでの紫外線対策を欠かさず行いましょう。

ニキビ跡などの炎症後色素沈着

▼炎症後色素沈着の原因

炎症後色素沈着はニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が治まった後にできるシミのことです。

ニキビなどの炎症によって肌に刺激が与えられると、シミを作る工場のメラノサイトからメラニン色素が生成されるのですが、肌の生まれ変わるターンオーバーが正常に働いていれば、メラニン色素は肌から排出されてシミにはなりません。

しかし、睡眠不足や偏った食生活、保湿不足や摩擦のかけすぎといった間違ったスキンケアなどでターンオーバーが滞ってしまっていると、メラニン色素が排出されずに定着して炎症後色素沈着になってしまうのです。

▼炎症後色素沈着の特徴

炎症後色素沈着は赤色から黒色まで様々で、気にして肌を触ったり擦ったりして刺激を与えてしまうと、メラニン生成を高めてシミを悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

美白化粧品で美白有効成分を取り入れながらターンオーバーを整えるケアでシミの改善が期待できますが、紫外線はシミを濃くする可能性があるので、紫外線対策もお忘れなく。

ホルモンバランスが原因の肝斑

頬が気になる女性

▼肝斑の原因と特徴

肝斑は妊娠中やピル服用時などホルモンバランスの変動が影響してでき、特に30~40代の女性に多く、閉経前後の40~50代の更年期の人にも見られるシミです。

主に頬骨に沿って左右対称に現れることが多い肝斑ですが、上唇や下あごなどにも発生し、閉経後にはシミが薄くなる傾向があります。

治療法は、内服薬でトラネキサム酸やビタミンCを摂取する方法が最も効果が出やすく、そのほか美容皮膚科での施術では、レーザー治療のフォトフェイシャルや古い角質層を除去するケミカルピーリングも肝斑の軽減に役立ちます。

市販薬では、トラネキサム酸やL-システインなどメラニン色素の生成を抑える成分が配合されている、第一三共ヘルスケアのトランシーノシリーズが肝斑の改善薬としておすすめで、肝斑はホルモンバランスの乱れが原因で発症することが多いシミですが、紫外線を浴びたり洗顔時に擦りすぎたりすることで発症・悪化してしまうので、紫外線対策や肌を刺激しないスキンケアを心がけましょう。

遺伝による雀卵斑(そばかす)

鏡と女性の横顔の写真

▼雀卵斑(そばかす)の原因と特徴

雀卵斑はそばかすのことで、遺伝によってできる薄茶色の小さな点状に広がる先天性のシミです。

主に鼻や頬を中心に散らばるように現れ、幼児期から思春期にかけて目立つ傾向にあります。

紫外線の影響によって雀卵斑(そばかす)が濃くなることもあるので、日焼け止めや日傘などで紫外線対策をして雀卵斑(そばかす)の悪化を防ぎましょう。

遺伝的要因が強く、美白有効成分が配合されている美白化粧品を使っても雀卵斑(そばかす)には効果がでにくいので、雀卵斑(そばかす)の治療はレーザー治療など美容皮膚科での施術が必要です。

盛り上がったシミの脂漏性角化症

若い女の人とお婆さんが並んでいる画像

▼脂漏性角化症の原因と特徴

脂漏性角化症は、角質層の遺伝子異常によって肌表面に褐色に盛り上がったシミで、加齢に伴って現れることから老人性いぼとも呼ばれ、一般的には40代以降に発生します。

老人性色素斑が紫外線を浴びてさらにメラニン色素が生成されると、シミの層が厚くなったり盛り上がってきたりして脂漏性角化症というほくろのようなシミになります。

脂漏性角化症は悪性化して癌(がん)になることのない良性腫瘍なのですが、悪性黒色腫(メラノーマ)という皮膚がんの一種に非常によく似ているため、脂漏性角化症と悪性黒色腫(メラノーマ)を見極めるには皮膚科での診断が必要です。

脂漏性角化症の治療は、液体窒素やレーザー治療で異常な肌細胞を根本から壊して取り除く方法が最も有効ですが、紫外線の影響で発症するので、日焼け止めなどの紫外線対策は怠らないようにしましょう。

強烈な紫外線でできる花弁状色素斑

日差しを眩しそうにする女性のイメージ写真

▼花弁状色素斑の原因と特徴

花弁状色素斑は、日焼けすると肌が赤くなる人や色白の人、そばかすのある人にできやすいシミで、短時間で強力な紫外線を浴びる急激な日焼けによって肌内部が刺激を受けて過剰にメラニン色素が生成され、色素沈着してしまうことが原因です。

花弁状色素斑の見た目は、雀卵斑(そばかす)に似た花びらのようなシミですが、3mm~1cmくらいと雀卵斑(そばかす)よりやや大きめで、主に肩や背中などの上半身に現れます。

日焼けで肌が赤く炎症を起こすことを「サンバーン」といい、サンバーンを起こすほどの強力な日焼けは肌の遺伝子や細胞を大きく損傷させるので、肌に花弁状色素斑が定着してしまうと簡単には改善できません。

花弁状色素斑はできてしまうとレーザー治療など美容皮膚科での施術に頼るしかないので、花弁状色素斑を作らないために、日焼け止めなどの紫外線対策は徹底して行いましょう。

海水浴やキャンプなどのアウトドアでは水や汗などで日焼け止めが取れやすいのでこまめに塗り直し、日焼けの炎症が酷い場合は皮膚科で治療薬を出してもらうなどして少しでもメラニン色素の働きを抑えることが大切です。

シミに似ているアザの遅発性両側性太田母斑

鏡をみて悩む女性

▼遅発性両側性太田母斑の原因と特徴

遅発性両側性太田母斑は通常のシミより肌の深い位置の真皮層に色素沈着している遺伝性のアザで、対称性真皮メラノサイトーシスともいい、主に20代以降に頬や鼻、こめかみなどに現れます。

遅発性両側性太田母斑は、クマのような青色や灰色がかったものから雀卵斑(そばかす)や肝斑によく似た褐色のものまであるので見分けが難しく、シミとして治療し、効果が出ないことから遅発性両側性太田母斑だと気づく場合もあります。

真皮層に発生している遅発性両側性太田母斑は、肌の生まれ変わるターンオーバーでメラニン色素を排出することができないので、治療はQスイッチレーザーによるレーザー治療で真皮層にある色素細胞を壊す方法しか現在はありません。

遅発性両側性太田母斑が気になる場合は、皮膚科や美容皮膚科で相談して適切な治療を受けましょう。

シミのような黒ずみの摩擦黒皮症

ニキビが気になる女性

▼摩擦黒皮症の原因と特徴

摩擦黒皮症とは、肌が摩擦による刺激を繰り返し受けてメラニン色素が沈着し、ぼんやりと黒ずんだ状態をいい、メラニン色素が活性化しやすい色黒の人によく見られます。

体を洗うときにナイロンタオルや硬いブラシで強く擦っていたり、体に合わない下着を身に着けて肌が擦れていたりするなど物理的な刺激が原因で起こるので、摩擦黒皮症は主に足の付け根や腰回り、背中にできやすい黒ずみです。

通常のシミは肌の表面にメラニン色素が沈着したものですが、摩擦黒皮症の場合は摩擦の刺激によってメラニン色素が徐々に肌の表面から肌内部の真皮層に入り込んでしまったものなので、肌のターンオーバーでメラニン色素を排出して改善することができません。

摩擦黒皮症の治療は、皮膚科や美容皮膚科でのトレチノイン・ハイドロキノン療法やレーザートーニングというレーザー治療などが有効です。

シミの悪化を防ぐために大切なこと

指を指している女性

今できているシミを悪化させないためには、メラニン色素の色素沈着を防ぐことが大切です。

メラニン色素は紫外線や摩擦などの肌刺激だけでなく、ホルモンバランスの変動やストレスなどで自律神経が乱れてもシミを作る工場のメラノサイトを刺激して生成されます。

あらゆる面から肌のバリア機能を高めて、シミの悪化と新たなシミの沈着を予防しましょう。

普段の生活から摩擦を避ける

頬をさわる女性

肌が摩擦されると、肌に与えられた刺激からメラノサイトの働きが活性化してメラニン色素が生成されます。

肌が擦れてメラニンの生成が活発になるとシミができるだけでなく、今あるシミがさらに濃くなったり、メラニン色素が肌内部の真皮層に刷り込まれて摩擦黒皮症になったりする可能性があります。

顔や体は刺激を与えないようにやさしくケアして、肌への摩擦を減らしましょう。

日焼け止めなどの紫外線対策を万全に

日焼け対策 サングラス 帽子 日傘

紫外線による刺激はメラニン色素を生成して肌のシミを作り、今あるシミにも反応して濃くしてしまいます。

地上に届く2種類の紫外線のうち、UV-Aという生活紫外線は雲やガラス越しでも肌に届いてメラニン色素を生成し、季節に関係なく一年中影響します。

シミの種類を問わず、紫外線から肌を守るために日焼け止めなどの紫外線対策は万全に行いましょう。

美白化粧品でスキンケアを

スキンケアアイテム

美白化粧品に含まれる美白有効成分はメラニン色素の排出を促したり、メラニン色素の生成を抑えたりする働きがあるので、シミの定着を防ぐ効果が期待できます。

〈美白有効成分の例〉

メラニン生成を抑える

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • 4MSK
  • ビタミンC誘導体 など

メラニン排出を促す

  • エナジーシグナルAMP
  • リノール酸S など

メラニンを還元する

  • ビタミンC誘導体

ビタミン類で体の内側からケア

沢山のフルーツ

ビタミン類は肌の働きには欠かせない栄養素で、特に「ビタミンACE(エース)」と呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEはシミをケアするのに効果的です。

ビタミンAは、肌の代謝を活性化させて肌の生まれ変わるターンオーバーを促してくれるので、メラニン色素の定着を防いでシミの排出を手助けする働きがあります。

ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑えてくれるほか、メラニン色素を無色化する働きがあるのでシミ対策に有効です。

またビタミンEは、抗酸化作用があるので紫外線の影響で増えた活性酸素を除去して、体内のメラニン色素の生成を抑える働きがあります。

ビタミン類は食品以外にもサプリメントで摂取できるので、体の内側からケアしてシミの悪化を防ぎましょう。

肌のターンオーバーを整える

スキンケア中の女性

紫外線を浴びると、肌が乾燥してターンオーバーが乱れてしまい、メラニン色素の排出が滞ってシミとして定着してしまいます。

日々の食生活やスキンケア化粧品での保湿ケアなどで、肌の生まれ変わるターンオーバーを正常に整えて、メラニン色素が肌に溜まってしまうのを防ぎましょう。

この記事を書いた専門家

ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部