QuSomeレチノA
西村陽子プロフィール

エイジングケアとインナービューティーのスペシャリスト

西村 陽子

年齢とともに増えていくシワに働きかける成分として、有力なのが「レチノール(ビタミンA)」という成分です。

ビーグレンQuSomeレチノAは2種類のレチノールを配合し、気になる部分にピンポイントで働きかけるクリームです。

本記事ではビーグレンQuSomeレチノAの特徴や使い方、使用する際の注意点などを解説。また、口コミからその効果を検証します!

シワに働きかける「レチノール」とは?

笑顔の女性

目尻シワや眉間のシワなど、多くの女性を悩ませる「目立つシワ」。

シワは一度できてしまうと、なかなか改善が難しいので、できればシワができる前になんとか防ぎたいですよね。

シワに効く化粧品を探していると、必ず目にするのが「レチノール」という成分です。

「シワが薄くなった」「肌にハリが戻った」など、レチノールの効果を高く評価する口コミも多いので、気になっている人も多いのではないでしょうか?

レチノールとはどのような成分なのか、特徴や安全性などについて詳しく解説します。

レチノールはビタミンAの一種

フルーツと緑の野菜のスムージー

レチノールとはビタミンAの一種で、私達の体にも含まれている成分です。

レチノールは皮膚や粘膜、血液中など全身にある成分で、「皮膚や粘膜を健康に保つ」「網膜を正常に保つ」「免疫力を高める」といった働きをしています。

ビタミンAは大きく分けて「レチノール」「レチナール」「レチノイン酸」の三種類ありますが、体内にあるビタミンAはほとんどがレチノールの形で存在していて、レチノールが酸化したものがレチナール、さらにレチナールが酸化したのが「レチノイン酸」という風に、レチノールからレチナールやレチノイン酸が作られています(下図参照)。

レチノールの酸化

レチナールは網膜に働きかけて視力を正常に保つ働きがあり、レチノイン酸は細胞の増殖や分化をコントロールして、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

レチノールは肌の健康に大きく関わることから、様々な肌への効果が期待され、化粧品の成分として使われています。

レチノールの働きと特徴

スポイトと美容液

エイジングケア化粧品に配合されることの多いレチノール。レチノールが肌にもたらす美容効果は以下の3つです。

  1. 肌のターンオーバーを促進する
    レチノールには肌のターンオーバー(肌の一番表面にある角質層の生まれ変わり)を促す作用があります。
    肌のターンオーバーが正常に行われると、肌で作られたメラニン色素の排出がスムーズに行われるので、シミやそばかすなどを防ぐことができます。
    また、肌のターンオーバーが促進されると、肌に古くなった角質が溜まりにくくなり、毛穴詰まりやニキビを予防することができます。
     
  2. コラーゲンの生成をサポートする 
    肌は一番外側から表皮、その下に真皮という構造になっていますが、私達の肌のハリや弾力を作り出しているのが、真皮にある「コラーゲン」や「エラスチン」といった成分です。
    コラーゲンやエラスチンは真皮内にある「繊維芽細胞」が作り出していますが、加齢によってその生産量は減少し、肌のたるみやシワが発生します。
    レチノールには、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする働きがあり、肌のハリを保つ効果が期待されています。
     
  3. 皮脂の分泌を抑える
    レチノールには皮脂の分泌を抑える作用があります。皮脂の分泌が正常になると毛穴の詰まりが起こりにくくなるので、毛穴の黒ずみやニキビなどを予防する効果が期待できます。

レチノールの特徴

ポイント

レチノールは様々な美肌効果がある魅力的な成分ですが、「酸化しやすく、光(紫外線)によって変質しやすい」という弱点もあります。

変質したレチノールは、肌に刺激を与える可能性があるので、レチノールを化粧品に使用する際は、他の成分を添加、結合させることで安定化した状態にして配合します。

レチノールを安定化させたものはビタミンA誘導体と呼ばれ、ビタミンA誘導体にはいくつかの種類があります。

ビタミンA誘導体の例

  • パルミチン酸レチノール⇒レチノールにビタミンBの一種「パントテン酸」を添加して安定させたもので、市販の化粧品に配合されいてるレチノールで最も多い。
  • 酢酸レチノール⇒レチノールに酢酸を結合させて安定化したもの。
  • プロビオン酸レチノール⇒レチノールにプロビオン酸を結合させて安定化させたもの。
  • シラスフィアレチノール⇒レチノールに天然ビタミンEを添加して安定化させたもの。
  • レチノイン酸トコフェリル⇒レチノイン酸にビタミンEを融合させることで安定化させたもの。

レチノールとレチノイン酸(トレチノイン)の違い

メモとペン

レチノールが変化したレチノイン酸は「トレチノイン」という名前で、皮膚科でのニキビ跡や傷跡、シミなどの治療薬として使われています。

トレチノインはレチノールの約100倍の作用がある強力な成分ですが、肌荒れや肌の炎症などの副作用が起こることがあるので、化粧品には配合することが認められておらず、医薬品として医師の処方する場合のみ使用することができます。

言い換えると、レチノールはレチノイン酸(トレチノイン)の約100分の1の作用しかない穏やかな成分であり、そのため副作用などは起きにくい成分だということ。

レチノールは安心して使える成分だと言えるでしょう。

レチノールなら「ビーグレンQuSomeレチノA」がおすすめ

肌に様々な効果が期待できるレチノール。特に「しわ」や「たるみ」など加齢によって生じる肌悩みには魅力的な成分で、レチノールを配合した化粧品が数々販売されています。

レチノールは「酸化しやすく、光(紫外線)に弱い」不安定な成分であるため、化粧品を選ぶ際はレチノールの安定性を重視して選ぶ必要があります。

レチノールの安定性や浸透性、その他の配合成分などから見て、ハリツヤ編集部がおすすめできるのが、ビーグレンの「QuSomeレチノA」です。

QuSomeレチノAは「美的」「Richesse」や「GLITTER」と言った女性雑誌だけでなく、医学誌「診療と新薬」にも掲載されているように、その効果や品質が高く評価されています。

QuSomeレチノAについて、成分や特徴を詳しく見てみましょう。

薬学博士が開発した化粧品「ビーグレン」

医者に相談している画像

ビーグレンは、医薬品の皮膚への浸透技術を研究していた薬学博士ブライアン・ケラー氏が開発した化粧品ブランドです。

博士は「リボソーム」という微小なカプセルを化粧品に応用し、化粧品の成分を安定した形で皮膚の奥(角質層まで)浸透させることに成功しました。カプセルはQuSome(キューソーム)と命名され、ビーグレンの多くの化粧品に使用されています。

QuSomeレチノAに配合されているレチノールもQuSomeに入った状態で配合されているために酸化の心配がなく、肌への高い浸透性も実現しています。

またQuSomeカプセルは、何層にも重なった構造をしているため、肌に浸透してから少しずつ成分を放出する性質があり、成分が長時間作用するようになっています。

QuSomeレチノAの成分

タオルと小瓶

QuSomeレチノAには、二種類のビタミンA誘導体を始め、豊富な美容成分が配合されています。]

QuSomeレチノAに配合されている主な成分は以下のとおりです。

成分名

特徴・働き

レチノールプラス

肌のターンオーバーを整え、肌を柔らかくする。

レチノイン酸トコフェリル

レチノイン酸にビタミンEを添加することで肌への刺激を緩和した成分。肌のハリをサポートする。

トリフルオロアセチルトリペプチド

肌のハリや弾力をサポートする最新型ペプチド。

オーガニックシアバター

肌表面に密着し、肌の水分の蒸発を防ぐ。

スクワラン

皮脂に近い成分で肌なじみがよく、高い保湿効果がある。

アルギニン

アミノ酸の一種。高い保湿効果がある。

シロキクラゲ多糖体

キノコの一種シロキクラゲから抽出した成分。

高い保湿効果がある。

QuSomeレチノAは豊富な保湿成分や美容成分が配合されているので、シワへの働きかけだけでなく、肌の保湿やハリやツヤを取り戻す働きなど、様々な美容効果が期待できます。

QuSomeレチノAの特徴

QuSomeレチノAの最大の特徴は、働きの異なる二種類のビタミンA誘導体をQuSomeというナノサイズのカプセルに入れて配合していること。

QuSomeの働きによって、成分が安定した状態で、肌の奥深く(角質層まで)浸透し、シワやたるみにじっくりと働きかけます。

QuSomeレチノAはなめらかなレモンイエローのクリームで、肌なじみがよくしっかりと肌に密着します。

先の細いチューブに入っているので、肌の気になる部分にピンポイントで使うのにも便利です。

ビーグレンはアメリカ発の化粧品ですが、日本で販売されている化粧品は全て日本向けに造られていて、敏感肌の人も使えるように肌への刺激が少ない成分処方になっています。

ビーグレンQuSomeレチノAの口コミをチェック

ソファに寝ころびPCをいじる女性

年齢肌をサポートするレチノール配合のクリームQuSomeレチノA。肌への刺激も少なく、ビタミンAの安定性、浸透性も抜群です。

ここでは実際にQuSomeレチノAを使った人の口コミを見て、その効果や使用感を検証してみましょう。

QuSomeレチノAの良い口コミ

スマートフォンを操作している女性

QuSomeレチノAの口コミをいくつかのサイトで調べて見ましたが、なんと9割以上が良い口コミで、実際に使用した人の評価がとても高いクリームだということが分かりました。

具体的にどのような口コミがあるのかをまとめてみます。

シワに関する口コミ

鏡を覗き込み心配した表情を浮かべる女性

  • 一本使い切ったが、シワが明らかに目立たなくなってきた
  • 使いはじめて1週間、小じわが目立たなくなってきた
  • 半月ほど使用して、シワが薄くなってきているような気がする
  • シワが浅くなって、メイクが入り込まなくなってきた
  • 首のシワにも効果があった

「シワへの働きかけ」が期待できるレチノールだけに、多くの人がシワへの効果を感じているようです。早い人で1週間、多くの人が2~3か月の使用で効果を感じているようです。

また、「首のシワが改善した」という口コミを見て、「自分も試した」という人が多く、首のシワへの効果を感じている人もいました。

肌が変わってきたという口コミ

頬に手を当てて微笑む女性

  • 肌にハリが出てきたように感じられる
  • 肌が柔らかくなってきた
  • 肌のキメが整って、なめらかになってきた
  • 肌の弾力がアップしてきているのがわかる

QuSomeレチノAはレチノールの浸透率が高いので、肌の奥深く(角質層)に作用することができます。

使い続けることで、肌にハリが生まれたり、ふっくらと柔らかさがアップしたりと、肌質の変化を感じている口コミが多数見られました。

使用感に関する口コミ

UVクリーム塗る

  • ベタつかず肌なじみがいい
  • 伸びがいいので少量で済む
  • みずみずしい感じのクリームで塗りやすい
  • 臭いがないので使いやすい

QuSomeレチノAは伸びの良いテクスチャーで、「使いやすい」という声が多いようです。

少しずつ取り出せるチューブタイプなので、眉間のシワや目尻のシワなど気になる部分にピンポイントで使うのにも便利ですね。

肌への刺激に関する人の口コミ

頬を指さす女性

  • 肌への刺激は特に感じない
  • 敏感肌でも問題なく使えた
  • 肌が敏感な時でも安心して使える

レチノールは肌への刺激は強くない成分ですが、敏感肌の人など人によっては刺激を感じる場合もあります。

QuSomeレチノAの口コミでは、刺激を感じたという人はほとんど見当たりませんでした。

QuSomeレチノAの悪い口コミ

携帯を眺める女性

化粧品を購入する前にかならずチェックしたいのが、悪い口コミ。

悪い口コミは個人の意見の1つですが、化粧品の使用感や実力を知るのにとても参考になります。

QuSomeレチノAの悪い口コミはとても少ないですが、悪い口コミの内容について検証しておきましょう。

「効果を感じなかった」という口コミ

指でバツを作る女性の画像

  • 朝晩2回使用したが、さほど効果を感じられなかった
  • 深いシワには効果がなかった

どんな化粧品もそうですが、化粧品は医薬品と違って配合成分の効果は穏やかなので、すべての人にわかりやすい効果が出るとは限りません。

人によっては効果が現れるまである程度時間を必要とする場合もありますし、数ヶ月使っても変化を感じないという人もいるようです。

いわゆる「深いシワ」や「ほうれい線」は、シワが肌の表皮だけでなくその奥にある真皮という場所に達している場合が多く、化粧品の成分は表皮までしか届かないので、改善は難しい場合が多いです。

「肌に合わなかった」という口コミ

頬を抑えてうつむく女性

  • 2か月使用したが、毛穴が開いて角栓がひどくなった
  • 使い始めのはしばらくベタつきを感じた

レチノールは肌への刺激は穏やかなため、「刺激を感じた」「ヒリヒリした」といった口コミは見られませんでした。

ただし、人によってはベタつきを感じたり、毛穴が目立ったりと肌に合わないこともあるようです。

複数の口コミサイトから口コミを調査しましたが、QuSomeレチノAは全般に高い評価を得ていました。

肌への刺激や肌トラブルなどがあったという口コミも見当たらなかったので、安心して使えるレチノール配合化粧品だと言えるでしょう。

ビーグレンQuSomeレチノAの使い方と注意点

頬に手を当ててリフトアップしている女性

口コミでも高評価のQuSomeレチノA。「ぜひ使ってみたい!」という人も多いのではいでしょうか?

QuSomeレチノAの効果的な使い方を解説し、レチノール配合の化粧品を使う際の注意点についても紹介します。

QuSomeレチノAの正しい使い方

クリームを頬にのせる外国人女性

QuSomeレチノAはシワへの働きかけができるクリームなので、基本は気になるシワに重点的に使います。

もちろん、顔全体に使うこともできるので、シワの予防に顔全体に使う方法もおすすめです。

公式サイトによる使用方法

  1. パール一粒大を、気になる部分もしくは顔全体になじませる
  2. 細かい部分は指を使って押さえるようにして、さらになじませる
  3. 最後に手のひらを使って顔全体を包み優しく押さえる

レチノールは肌への刺激が強い成分ではありませんが、使用量は一日2回の使用で、一回パール大とされているので、肌トラブルを防ぐためにも使用量は必ず守るようにしましょう。

QuSomeレチノAは継続して使用することも可能で、敏感肌や妊娠中でも使用可能です。

また、QuSomeレチノAは単独で使用しても問題ありませんが、効果をより実感したいならビーグレンの他の化粧品とライン使いすることをおすすめします。

レチノール配合の化粧品を使用する際の注意点5つ

女性の医師がポーズを取っている画像

レチノールは作用が穏やかで、刺激の少ない成分ですが、使用にあたって注意してほしい点が5つあります。

  1. 日中は日焼け止めを必ず使用する
    レチノールは紫外線よって壊れやすい成分で、紫外線によって変質したレチノールは、肌に刺激を与える可能性があります。
    また、レチノールには肌のターンオーバーを促進する作用がありますが、肌のターンオーバーが早まると肌に溜まったメラニン色素が排出されるために、一時的に肌にメラニン色素が少ない状態になります。メラニン色素は肌を紫外線から守る働きがあるので、レチノールを使用しているときは必ず日焼け止めをしようするようにしましょう。 
     
  2. 目の周りの皮膚の薄い部分や粘膜には使用しない
    目の周りは顔の他の部分よりも皮膚が薄く、化粧品の成分の浸透率が高いので、レチノールは目の周りのクマなどへの使用は控えます。
    また、目や口などの粘膜部分はレチノールに刺激を感じる場合があります。使用しないよう注意してください。
     
  3. 他のレチノール配合化粧品や内服薬と併用しない
    レチノールを使用する際、他のレチノール配合化粧品と併用すると、作用するレチノールの量が合算されてしまい、肌トラブルなどが起こる危険性が高まります。
    また、市販のレチノール配合の内服薬と併用をする場合は、医師に相談の上使用するようにしてください。
     
  4. ピーリング後の使用は注意が必要
    ピーリングとは薬剤などを使って古くなった角質を取り去るスキンケアです。
    ピーリングを行った後の肌は、角質層が薄くなっていて、刺激を感じやすいので、レチノール配合の化粧品を使用する際は少量から使用するなど注意が必要です。
    特に医療機関でピーリングを受けた場合は、必ずレチノール使用にあたって医師に相談するようにしてください。
     
  5. 敏感肌の人はパッチテストを行ってから
    レチノールは肌への刺激は少ない成分ですが、敏感肌の人は刺激を感じる場合もあります。初めてレチノール配合の化粧品を使用する際は、パッチテストを行って、肌に刺激を感じないかどうか確認してから使用を始めるようにしましょう。
パッチテストのやり方
化粧品を腕の内側など目立たないところに少量付け、できればガーゼや絆創膏でカバーする。

化粧品を付けた直後と24時間後に刺激や赤み、かゆみがないかを確認し、異常があれば使用を中止する。

レチノAの初回購入はエイジングケア トライアルセットがおすすめ

ビーグレン エイジングケア トライアルセット

「QuSomeレチノAをぜひ使ってみたい」という人におすすめなのが、ビーグレンの「エイジングケア」トライアルセットです。

エイジングケア トライアルセットはQuSomeレチノAを含む5つのアイテムがセットになった年齢肌におすすめのセット。

レチノールの効果をより実感しやすいライン使いを、ぜひ体験してみてください。

【成分の高い浸透力&持続力が魅力のエイジングケアライン】
ビーグレンのエイジングケア トライアルセット

ビーグレン エイジングケア トライアルセット 1,944円(税込)送料無料

エイジングケア トライアルセットの内容

  • クレイウォッシュ[医薬部外品] 15g
  • QuSomeローション20mL
  • Cセラム 5mL
  • QuSomeレチノA 5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g
ビーグレン エイジングケアの特徴

  • QuSomeレチノAにはレチノールを含む二種類のビタミンA誘導体を配合
  • QuSomeローション(化粧水)には肌のバリア機能を高めるQuSomeアクティベートコンプレックスを配合
  • Cセラム(美容液)には肌の透明感を高めシミ・くすみを防ぐ「ピュアビタミンC」を配合

ビーグレンのエイジングケアラインは、シワに働きかけるQuSomeレチノAを始め、高い保湿効果が魅力のQuSomeローションやQuSomeモイスチャーリッチクリームなど、年齢肌をしっかり底上げする強力なラインナップが魅力です。

ライン使いをすることで、角質層が健康な状態になり、レチノールの効果もさらにアップ。365日返金保証付きなので、ぜひ一度トライアルセットでその効果を実感してみてください。

ビーグレンレチノAで早めのエイジングケアを

頬を抑えて微笑む女性

ビーグレンのレチノール配合化粧品QuSomeレチノAは、独自技術QuSomeによる成分の高い浸透性と持続力が特徴です。

口コミからも、シワやハリなどへの効果が十分期待できることが分かりました。QuSomeレチノAは年齢肌に悩む人にしっかり応えてくれる化粧品だと言えるでしょう。

ビーグレンの化粧品は365日返金保証が付いているので、迷っている人はまずはお試しのつもりでぜひ注文を!エイジングケアは始めるのが遅いと手遅れになることもありますよ。早め早めの対応で美肌を保ってくださいね。

この記事を書いた専門家

西村陽子プロフィール

エイジングケアとインナービューティーのスペシャリスト

西村 陽子

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、美肌食マイスター初級取得の美容ライター兼リサーチャー。
得意分野は美しく年齢を重ねるためのエイジングケアと栄養学・薬膳などのインナービューティー。
徹底したリサーチに基づく信頼できる美容情報を発信中。