ビーグレン ホワイトケアトライアルセットを手のひらにのせた様子
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

 ビーグレンで唯一、美白(※)への効果を持つ「QuSomeホワイトクリーム1.9」が含まれたスキンケアラインを一週間試せる、ビーグレン ホワイトケアトライアルセット。

本記事では、ビーグレン ホワイトケアのスキンケア化粧品を7日間試せるトライアルセットを、シミや肌のくすみに悩む20代後半の女性に実際に使ってもらい、シミへの効果の有無や使用感まで本音で口コミを答えてもらいました。

シミやそばかす、肌のくすみに悩んでいる人は、ビーグレン ホワイトケアトライアルセットを使用した実験者と悩みが近いので、是非参考にしてみてくださいね。

(※)シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑える

美白効果あり?ビーグレン ホワイトケアを7日間体験!

ハリツヤ
研究員I
7日間体験者のプロフィール

  • ハリツヤ研究員I
  • 20代後半/乾燥肌
  • 突然頬にできてしまったシミに悩む
  • 肌のくすみと乾燥が気になる

頬に突然できてしまったシミと、肌のくすみに悩むハリツヤ研究員Iは、ディセンシアの「サエルシリーズ」やキュレルの「ホワイトニングシリーズ」など、さまざまな美白化粧品を使ってきたという、美白化粧品マニア。

しかし、頬や目元・口元が乾燥してヒリつきなどの肌荒れを起こしやすい乾燥性敏感肌タイプの肌質なので、肌に刺激をもたらしやすい美白成分が配合された美白化粧品では、肌に合わないものもあったそうです。

ハリツヤ研究員Iがビーグレン ホワイトケアトライアルセットを使ってみて、7日間でシミの悩みに効果を感じられたかどうかや、使用感について本音でレビューをしてもらいました。

シミの悩みへの効果に関する感想

Q1:7日間使ってみて、シミの悩みに効果を感じましたか?

 頬にあるシミが気持ち薄くなったように感じますが、際立ってシミの悩みが解消できた!というほどまでは効果を感じませんでした。

実際にハリツヤ研究員Iが、ビーグレンのホワイトケアトライアルセットを7日間使ってみた写真のビフォーアフターはこちら。

ビーグレンホワイトケアを7日間

7日前の写真(左)は、写真の正面向かって左側の頬に茶色く1~2センチ程度のシミができてしまっています。

7日後の写真(右)を確認すると、肌全体が明るくなったようには感じますが、頬にあるシミは消えたり薄くなったりしているとはいえない結果となりました。

ビーグレン ホワイトケアトライアルセットには、QuSomeホワイトクリーム1.9という美白成分のハイドロキノンが配合された保湿クリームが含まれていますが、7日間の使用ではシミを薄くすることは難しいといえますね。

肌の調子に関する感想

Q2:7日間使ってみて、肌にどんな効果がもたらされましたか?

 頬にあるシミが気持ち薄くなったように感じますが、際立ってシミの悩みが解消できた!というほどまでは効果を感じませんでした。

「Q1:7日間使ってみて、シミの悩みに効果を感じましたか?」の問いの中で、シミのビフォー・アフター写真がありましたが、ハリツヤ研究員Iが言うとおり、7日間のホワイトケアトライアルセットの使用で、肌のトーンがあがっているのがわかりますね。

自分自身で肌色が明るくなったことを実感しただけでなく、いつも顔を見ている同居人の方からも肌が明るく見えるという言葉があったほど、誰が見てもビーグレン ホワイトケアの使用で肌のくすみがなくなったように見えるという結果が出ました。

また、乾燥して肌が荒れがちなハリツヤ研究員Iが使っても、全く乾燥を感じず、むしろしっとりと保湿されて肌のキメが整ったという声もあがるほど、ビーグレンのホワイトケアシリーズは保湿効果も高いことが分かりますね。

これからも継続して使いたい?

Q3:ビーグレン ホワイトケアのスキンケア化粧品を、継続して使い続けたいですか?

ぜひ使ってみたいです。

7日間でもこれだけ肌のくすみが消えて保湿力も十分で、どんどん肌の悩みが晴れていくように感じられたので、1か月・3か月と使っていったらどれだけシミが薄くなるのか、とても楽しみです。

私は今回のトライアルセットで購入を決意しました。

特に気に入った、クレイウォッシュ・QuSomeローション・Cセラムの3つをリピートしてみようと思います!

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットを7日間試してみて、7日間だけでも気になる肌のくすみと乾燥の悩みが改善されたことが実感でき、継続して使用すればさらに肌の悩みが改善できるのではという期待の声があがっていました。

単品購入して使ってみたいと答えていた、クレイウォッシュ・QuSomeローション・Cセラムの3商品について、合計で14,688円かかることを伝えると、「1商品あたり3か月程度持つのであれば、この効果の高さで妥当な金額なのでは」という声も聞けました。

ドラッグストアなどで購入できる手頃なスキンケア化粧品に比べると、ビーグレンは高額なスキンケア化粧品ではありますが、独自の技術や有効成が多く配合されていることからも高い効果が期待できます。

今まで使ってきた美白化粧品でシミや肌のくすみに効果を感じられなかった人は、ビーグレンのホワイトケアトライアルセットでまずは7日間試してみて、美白効果が得られるのかどうか納得してからリピートしてみてくださいね。

ビーグレン ホワイトケアの全商品を細かくレビュー

ビーグレン ホワイトケアシリーズを手のひらにのせている様子

ビーグレン ホワイトケアの7日間トライアルセットを体験して、7日間でどれだけシミの悩みを改善できたのか、肌にどんな効果がもたらされたのかが分かりましたが、各商品それぞれの使用感レビューも一緒にお伝えしていきます。

ビーグレン ホワイトケアの使用感レビューは、肌質の違う2人から口コミを集めてまとめを行っているので、自分の肌質に近い人の口コミを参考にしてみてくださいね。

ビーグレン ホワイトケアトライアルセットに含まれる商品

  • クレイウォッシュ(洗顔料)
  • QuSomeローション(化粧水)
  • Cセラム(美容液)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(美白クリーム)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)
ハリツヤ
研究員I
7日間体験者のプロフィール

  • ハリツヤ研究員I
  • 20代後半/乾燥肌
  • 突然頬にできてしまったシミに悩む
  • 肌のくすみと乾燥が気になる
ハリツヤ
研究員M
7日間体験者のプロフィール

  • ハリツヤ研究員M
  • 20代後半/敏感肌
  • 頬やフェイスラインにできた大人ニキビの跡が気になる
  • 肌のくすみと定期的にくる肌荒れに悩み

クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュを使用している様子

150g 4,212円(税込)

クレイウォッシュの特徴

  • 天然クレイ成分の「モンモリロナイト」が汚れを吸着しながら肌のうるおいを守って洗いあげる
  • 抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムが、肌荒れを防ぐ
  • スクワラン・ヒアルロン酸などの保湿成分配合で洗い上がりがつっぱらない

ハリツヤ研究員I(乾燥肌)のレビュー

クレイウォッシュは、さらっとした乳液やジェルのような感触で、オールインワンジェルで汚れを落とすような感覚で洗顔できて面白いと思ったのが第一印象。

使用後の乾燥は感じず、肌に薄くコーティングをしたようにつるんとした感触で、触り心地の良い肌質に生まれ変わったように感じます。

洗いあがった後は毛穴がきゅっと締まっているように感じ、今まであった「毛穴の開きによるザラつき」がないことに驚きました。

ハリツヤ研究員M(敏感肌)のレビュー

クレイウォッシュを初めて使用したときは、説明書などを見ずに洗顔を始めてしまったので、泡が立たないことにびっくりしました。

のちに泡立てずに洗顔するタイプであることを知ったので、使い方がもっとわかりやすく書いてあると嬉しいですね。

泡立てずに洗顔しても、肌に負担がかかるような感覚は全くなく、むしろ泡を立ててする洗顔よりも肌のつっぱり感がなく、汚れもすっきり洗えているような感覚。

生理前で敏感になっている肌に使っても刺激を感じませんでした。

クレイウォッシュの使用感まとめ

ビーグレン クレイウォッシュは、乾燥肌の人が使っても敏感肌の人が使っても、どちらも肌荒れや乾燥を気にせず洗いあげることができる洗顔料。

毛穴の汚れをすっきりと落とすのに、肌のうるおいを守ってしっとりとした使用感なので、どんな肌質の人でも使いやすいといえますね。

クレイウォッシュは泡立てずに、乳液状のゆるやかな洗顔料を肌の上でくるくるとなじませるように洗顔するのが正しい使用方法なので、初めての人は使い方を間違えないように、説明書を良く読んでから使ってくださいね。

QuSomeローション

ビーグレンのqusomeローションを使用している様子

120ml 5,400円(税込)

QuSomeローションの特徴

  • 肌のうるおいを17時間キープするほどの保湿力
  • 「QuSomeアクティベートコンプレックス」角質層に留まって、乾燥の原因にアプローチ
  • さらっとみずみずしく、角質層になじみやすい使用感

ハリツヤ研究員I(乾燥肌)のレビュー

QuSomeローションは、ほんの少しとろみがある化粧水で、使用している間もいやなにおいがなく使用できたのが、良いところ。

においをたっぷりつけてリラックス効果とうたっているスキンケア化粧品が多い中で、においに重きをおいていないところが私の中では安心感にもつながります。

保湿力も申し分なく、さらっとしすぎず、ベタベタしすぎずの使い心地で、使いやすい化粧水だと思いました。

ハリツヤ研究員M(敏感肌)のレビュー

Qusomeローションは、いつも使用している高保湿化粧水に比べてとろみが少なくて、本当に保湿できるのかどうか不安でしたが、問題なく保湿することができました。

肌に合わない保湿力の低い化粧水を使ってしまうと、夜保湿しても朝にはパリパリになって毛穴が開いてしまいますが、QuSomeローションでは乾燥は気になりませんでした。

QuSomeローションの使用感まとめ

ビーグレン QuSomeローションは、さらっとしてみずみずしい使い心地ながら、肌のうるおいはしっかりと守ってベタつきは防ぐという使いやすい化粧水。

夜保湿しても翌朝乾燥してしまうことがあった敏感肌のハリツヤ研究員Mでも、翌朝の乾燥が気にならないほど保湿力が高かったことが口コミからわかりますね。

肌になじませた後のベタつきもないので、混合肌で部分的なテカリやベタつきに悩んでいる人にもおすすめの化粧水ですよ。

Cセラム

ビーグレンのCセラムを使用している様子

15ml 5,076円(税込)

Cセラムの特徴

  • ピュアビタミンCが肌のキメを整え、毛穴の悩みやハリのない肌に働きかける
  • ピュアビタミンCをQuSomeカプセルに閉じ込め、角質層に長く留まる
  • 肌に塗った瞬間じんわりと温かい使用感がやみつきに

ハリツヤ研究員I(乾燥肌)のレビュー

Cセラムは、初めは「油・・?」というような印象で、肌に塗ったらオイリーにならないか心配でした。

しかし、実際に使ってみると肌に塗った箇所がぽかぽかと温かくなり、肌にしっかりとなじんでいくような感覚。

温感を利用して血行が悪くなりがちな顔をマッサージすると、肌のくすみやむくみもとれてとても良かったです。

ハリツヤ研究員M(敏感肌)のレビュー

Cセラムを初めて使ったときは肌がじわじわと温かくなるのに怖さすら覚えましたが、肌になじんでいっていたんだなあと実感できるくらいに、使用後の肌はしっとりすべすべになっていました。
オイルのような使用感で、ベタついてニキビができそうと思っていましたが、逆に肌のキメを整えてくれて、ニキビ予防にも肌のくすみの改善にも一役買ってくれたように感じます。
ただ、生理前の肌がデリケートな状態で使用したときは、ピリピリとしたかゆみのような刺激を感じました。敏感肌の人は使う前にパッチテストなどで刺激を感じないかどうか確認したほうが良いと思います。

Cセラムの使用感まとめ

Cセラムは、肌につけた瞬間のじんわりとした温かさが特徴の美容液で、使っていくうちに「この温かさが肌へのなじみを実感できる理由のひとつなのだ」という口コミがハリツヤ研究員Iとハリツヤ研究員Mの2人から寄せられました。

しかし、Cセラムに配合されたピュアビタミンCは酸性成分のため、敏感肌の人や生理周期などで肌荒れしやすい状態の人が使用すると、ピリピリとした刺激を感じることもあるので、使う前にパッチテストなどで刺激を感じないかどうか確認しましょう。

QuSomeホワイトクリーム1.9

Qusomeホワイトクリームを使用している様子

15g 6,480円(税込)

QuSomeホワイトクリーム1.9の特徴

  • 角質層になじんでいきやすいようにQuSome化されたハイドロキノン配合
  • ハイドロキノンの効果をサポートする3つの美容成分が肌に透明感をもたらす
  • 夜だけ使用するナイトクリーム

ハリツヤ研究員I(乾燥肌)のレビュー

QuSomeホワイトクリーム1.9は、柑橘系のにおいがするさらっとしたクリームで、伸びが良く、クリーム独特のベタつきがなかったのが好印象でした。
シミへの効果を7日間で実感することはありませんでしたが、肌のくすみの改善にはつながったように感じ、肌への刺激もなかったので使い続けてみたい商品のひとつです。

ハリツヤ研究員M(敏感肌)のレビュー

QuSomeホワイトクリーム1.9はレモンやオレンジのような匂いがするのですが、香料が配合されているタイプのスキンケア化粧品が苦手な人は、苦手に感じるにおいかもしれません。わたしはちょっと苦手です・・・。

特に刺激を感じることはありませんでしたが、気になっていたニキビ跡がすぐに消えたというわけでもなく、使用感がよかったので保湿クリーム代わりに塗っていたような感覚で使えました。

夜しか使用できないというのは、もっと大きく書いてもらいたいです。

使い始めた頃、朝も塗ってしまっていました・・・。

QuSomeホワイトクリーム1.9の使用感まとめ

QuSomeホワイトクリーム1.9は、クリームでありながらべたつきが少なく、伸びの良いテクスチャーで使いやすい一方で、においに関しては好き嫌いがわかれるという一面も。

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、肌の漂白剤といわれるほど強力な美白成分なので、敏感肌の人は使用する前にパッチテストをするなどの注意が必要です。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

Qusomeリッチクリームを使用している様子

30g 7,560円(税込)

QuSomeモイスチャーリッチクリームの特徴

  • シワやたるみをケアするエイジングケアもできる高保湿クリーム
  • 「QuSomeエイジリカバーコンプレックス」が角質層のすみずみまで行き渡り、肌のうるおいを閉じ込める
  • 濃厚でコクのある使用感で乾燥してカサついた肌をなめらかに整える

ハリツヤ研究員I(乾燥肌)のレビュー

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、乾燥しがちな私の肌にぴったりの保湿クリームでした。

なめらかな使い心地で伸ばしやすく、今まで使用してきたビーグレンのQuSomeローションやCセラム、QuSomeホワイトクリーム1.9の効果を閉じ込めるような使用感でした。

乾燥して化粧ノリが悪く、ひび割れがちだった頬のてっぺんも、ファンデーションが綺麗に乗ってツヤのある肌になったのが嬉しい!化粧崩れもしないのがさらに良かったです。

ハリツヤ研究員M(敏感肌)のレビュー

QuSomeモイスチャーリッチクリームはとにかく濃厚でリッチな使い心地で、ギトギトしそうなイメージでしたが、ベタつきは全く感じず、翌朝の肌がずっと触っていたくなるくらいしっとりもちもちでした。

刺激を感じにくく、油分が多すぎて化粧がのらないということもなかったので、朝の保湿にもぴったりな保湿クリームだと思いました。

QuSomeモイスチャーリッチクリームの使用感まとめ

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、QuSomeホワイトクリーム1.9の後に使用するより濃厚なコクのある保湿クリームですが、しっとりとしたうるおいを肌に閉じ込めつつもベタつきなどは感じさせない使用感です。

朝の保湿で使用すると化粧がのりにくかったり、化粧崩れが気になったりしますが、逆にしっかりと肌のうるおいが保たれることで化粧のりが良くなり、化粧崩れも最低限に抑えられるという女性に嬉しい声も。

乾燥による化粧崩れに悩む人におすすめしたい保湿クリームです。

ホワイトケアで得られるのは「美白」と「保湿」

頬に手をあてる女性

ビーグレンのホワイトケアシリーズで得られる効果は、「美白」と「保湿」の2つで、美白と保湿はシミをケアすることにおいて、切っても切り離せない大切なポイント。

美白成分が配合されているスキンケア化粧品を使う「美白ケア」と、肌の保湿力を高めて肌のターンオーバーのサイクルを正常にし、生成されたメラニンを肌の外に排出するための「保湿ケア」は、シミやくすみの悩みの改善をするのに必要不可欠なのです。

ビーグレンのホワイトケアで美白効果と保湿効果が両方一度に得られる理由を詳しく解説していきます。

ホワイトケアで美白効果が得られる理由

ビーチの女性

ビーグレンのホワイトケアで美白(※日焼けによるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ)効果が得られるのは、ビーグレン ホワイトケアシリーズには美白に有効な成分が配合されているから。

ビーグレンのホワイトケアシリーズのスキンケア化粧品に配合されている美白成分は以下の通りです。

商品名       

配合されている美白成分

Cセラム

アスコルビン酸(ピュアビタミンC)

QuSomeホワイトクリーム1.9

ハイドロキノン

Cセラムに配合されているアスコルビン酸はピュアビタミンCのことで、ビタミンCと同様にシミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、メラニンの色素が黒色になるのを元の無色の状態に戻したりする働きをします。

QuSomeホワイトクリーム1.9は、肌の漂白成分ともいわれるハイドロキノンが配合されているので、できてしまったシミを目立たなくする強力な美白成分です。

またQuSomeホワイトクリーム1.9には、シミ・そばかすへの効果が国に認められているハイドロキノンの他にも、肌の明るさを保つβホワイトが配合されているので、肌全体に塗りつづけることで、年齢を重ねてくすみがちな肌のトーンアップが期待できますよ。

ホワイトケアで保湿効果が得られる理由

保湿する女性

シミ・そばかすの原因であるメラニンを肌に定着させないためには、美白成分を用いてシミの根本にアプローチをかけるのはもちろん、肌のターンオーバーのサイクルを整えて、メラニンを肌の外へ排出させることも大切。

肌のターンオーバーのサイクルを整えるのには、保湿が重要な役割を担っていますが、ビーグレンのホワイトケアシリーズは保湿成分も豊富に配合されているので、肌のターンオーバーを整えてシミの予防・対策をするにもおすすめのスキンケアラインなのです。

ビーグレンのホワイトケアシリーズのスキンケア化粧品に配合されている保湿成分は以下の通りです。

商品名

配合されている保湿成分

QuSomeローション

  • QuSomeアクティベートコンプレックス

(ホメオシールド・アッケシソウエキス・VCエチル・EDP3)

QuSomeホワイトクリーム1.9

  • ハイビスカス花発酵液
  • ゲンチアナ根エキス

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

  • QuSomeエイジリカバーコンプレックス

(ポリアミン・アップレビティ・ラミリン・アクアエクストリーム・ハイビスカス花発酵液)

ビーグレンのホワイトケアシリーズの中でも特に保湿効果を発揮するのが、QuSomeローション、QuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeモイスチャーリッチクリームの3つ。

それぞれ豊富な保湿成分やビーグレン独自の保湿に特化した複合成分が配合されているので、ホワイトケアをライン使いしてスキンケアをした後の肌はしっとりもちもち。

「美白化粧品はさっぱりした使い心地が多くて、乾燥しやすい」というイメージを覆すような保湿力があり、肌のターンオーバーのサイクルを整えて、シミ・そばかすの原因のメラニンが定着しにくい肌に導いてくれますよ。

ビーグレン ホワイトケアを使う際の注意点

乾燥・保湿ケアが洗面所に並ぶ写真

ビーグレンのホワイトケアシリーズを使用する際には、3つのポイントに注意しましょう。

3つのポイントをクリアした上で使用すると、より安全にホワイトケアシリーズの効果を最大限に引き出すことができますよ。

洗顔は泡立てずになじませて洗う

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのホワイトケアシリーズに含まれる「クレイウォッシュ」は泡立てずに、肌になじませてくるくると優しくマッサージしながら使用するクレンジングジェルのような洗顔料。

顔をマッサージしていくうちに多少の泡が立ちますが、市販されている一般的な洗顔料のようにもこもこに泡立てて肌に摩擦をかけずに洗うものではありません。

顔に乗せたクレイウォッシュは指を滑らせるように優しくマッサージをしながら洗うのが最適な使用方法。

もこもこに泡立てなくても、滑りの良いテクスチャーのクレイウォッシュが肌に摩擦をかけず、不要な汚れだけ落とすので、肌のうるおいを守りながら優しく洗い上げ、シミの原因にもなる摩擦による刺激を防いで洗いあげることができますよ。

逆に、摩擦をかけて洗うとシミの原因を引き起こしてしまうので、摩擦を防ぐためには、パッケージの使用方法に明記されている1回の使用量(さくらんぼ大)を守って使いましょう。

1回に使用するクレイウォッシュの量が少ないと、顔と指先が直接触れてしまい、摩擦が起きて肌を刺激しかねません。
クレイウォッシュを使用する際は、使用量を必ず守って洗顔してくださいね。

ホワイトクリームは夜のみ使用

夜空にお月様

美白成分のハイドロキノンが配合されているQuSomeホワイトクリーム1.9は、他のホワイトケアシリーズのスキンケア化粧品が朝晩の使用を推奨されているのに対して、「夜のみ使用」と注意書きされています。

QuSomeホワイトクリーム1.9が夜だけの使用を推奨されているのは、配合されているハイドロキノンが昼間の紫外線によって肌に毒性のある成分に変性してしまうことにあります。

ハイドロキノンを塗った肌に紫外線が当たると、ハイドロキノンが持つ光毒性という副作用によって肌を強く刺激し、シミのケアをしているはずなのにメラニンをさらに生成させてしまいます。

ハイドロキノンを塗った肌に紫外線が直接当たらないように、日焼け止めを使用したり日傘を使ったりして紫外線対策をしたとしても、日中は室内にいても窓から漏れる日光でも紫外線は避けられないので、朝のハイドロキノン使用は避けるべきなのです。

夜のスキンケアで化粧水や保湿クリームを一緒に使い、肌をうるおいの膜で保護しながらシミのケアをするのに使うのが、ハイドロキノン配合化粧品の安全な使い方であるといえます。

敏感肌・アトピー肌は肌荒れ注意

ポイントを伝える女性

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、肌の漂白剤といわれ、シミが黒く見える原因であるメラニンの色素を白色に戻す、強力な漂白作用を持っています。

その強力な漂白作用によって、敏感肌やアトピー肌などのデリケートは肌の状態の人が使ってしまうと、ハイドロキノンの刺激によって肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

QuSomeホワイトクリーム1.9を使う際には、まず顔に塗る前に腕の内側などの目立たない箇所の肌に塗って24時間程度、赤みや湿疹・痛みが出ないかどうかを確認する、パッチテストを行いましょう。

パッチテストを行ってみても特に肌荒れを起こさなかったとしても、使い続けるうちに肌がどんどんと弱っていき、強い刺激に負けて肌荒れを起こしてしまうこともあります。

QuSomeホワイトクリーム1.9を使用して、肌荒れを起こしてしまったらすぐに使用をやめて、かかりつけの皮膚科や専門医に相談してくださいね。

ホワイトケアはトライアルセットでお得にお試し!

ホワイトケアシリーズは、単品購入をする前に自分の肌に合っているかどうかを試せる1週間分のトライアルセットが販売されています。

トライアルセットの中身は、クレイウォッシュ・QuSomeローション・Cセラム・Qusomeホワイトクリーム1.9、QuSomeモイスチャーリッチクリームが全て1週間分のミニサイズになっています。

ホワイトケアシリーズの使用感や肌に合うかどうかを知りたい人は、まずトライアルセットを注文して試してみるのがおすすめですよ。

ビーグレンの商品は店舗や楽天・Amazonなどの便利な通販サイトでの販売はされておらず、公式サイトからのみ注文・購入が可能です。

トライアルセットは1人1回に限り注文でき、1,944円で購入することができるのでリーズナブルにお試しできますよ。

この記事を書いた専門家

ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部