貼る針がほうれい線に効く理由|自宅でできる簡単ケアも紹介

ほうれい線 - update2019.02.25
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

鏡に写った自分の顔にほうれい線が刻まれていたら、悲しい気持ちになりますよね……。

しかし、スキンケアだけで肌の老化を止めるのは難しいと思う方悩んでいることでしょう。

ほうれい線をはじめとした肌の老化には「針」で肌にハリや弾力を増やすというアプローチができます。

針は2種類あり、鍼灸院で受けられる美容目的の「美容鍼」と、自宅ケアができるヒアルロン酸針や円皮針などの「貼る針」です。

本記事では、2つの針の違いを紹介したうえで、ほうれい線に効く美容の「貼る針」の効果について詳しく解説していきます。鍼灸院に行かなくても自宅でできるケアがあるので参考にしてくださいね。

ほうれい線に効く2つの「針」

美容鍼を受けている女性

美容家や美意識の高い女性たちの間で、ほうれい線やシワの改善に「針」が注目されています。

一つは、TV番組『ヒルナンデス』(日本テレビ)や『にじいろジーン』(フジテレビ)など、多くのメディアや美容雑誌で取り上げられているほうれい線に効く「美容鍼」。

もう一つは、美容雑誌の「MAQUIA」や「VOCE」などに取り上げられ、一晩でほうれい線やたるみを引き上げる美容効果の高い「ヒアルロン酸針」や、通販サイトや鍼灸院などで販売されている小さな針が付いた丸いパッチの「円皮針」などの「貼る針」です。

鍼灸院で受けられる「美容鍼」と、自宅ケアによる美容目的の「貼る針」の違いを表でまとめてみました。

 

美容鍼

ヒアルロン酸針
(貼る針)

円皮針
(貼る針)

手法

針を刺す

ヒアルロン酸を注入

針を刺す
(針がないものもある)

所要時間

約2~20分
※針を刺している時間

約5時間
就寝時に貼ることを推奨

所要時間は設けていないが1日で貼替ること

価格

4,000~20,000円程度

4,000~6,000円程度

1,000~3,000円程度

ほうれい線への効果

鍼で刺激することでコラーゲンの生成を高め肌にハリを取り戻します。

ヒアルロン酸を直接角質層まで届けてハリを取り戻します。

鍼で刺激することでコラーゲンの生成を高めてハリを取り戻します。

具体的にどんな違いや効果があるのか見ていきましょう。

美容鍼・鍼灸のほうれい線への効果

ほうれい線が気になっている女性

美容鍼とは美容鍼灸ともいわれ、美容を目的とした鍼灸治療のことです。

美容鍼は、肌の表面からアプローチするのではなく、細胞や血管、神経を刺激して身体の内側に働きかけ、顔の筋肉(表情筋)や細胞に直接にアプローチしてほうれい線を引き上げる効果が期待できます。

美容鍼で肌の内側の神経を刺激すると、エステや美容器具では届かなかった肌の奥にある表情筋や細胞に直接刺激を与えるため、肌組織や細胞が活性化します。

細胞や組織が活性化すると肌の修復作用が働き、凝り固まった表情筋をほぐしてリンパや血流の流れを促進するため、肌の代謝がアップするのです。

肌組織に直接アプローチするため、一度の施術でほうれい線やたるみが引き上がったと即効性を感じる方も少なくありません。

美容鍼に使用する鍼

長さ・・・3cmと1.5cmの針が主流で、皮膚の厚みによって使い分ける

太さ・・・0.14mm~0.18mm程度で髪の毛の太さと同じ位

美容鍼の施術にかかる所要時間・・・2~10分程度

美容鍼は針を刺すときにチクッとする痛みを感じることはありますが、何も感じない箇所もあり、施術そのものには痛みはほとんどありません。

美容を目的とした美容鍼は、鍼灸の施術と同じように鍼灸の国家資格を所持した店舗で受けられます。

セルフケア用の美容鍼「円皮針」もあり、鍼灸院や薬局、通販での購入も可能です。

美容鍼で肌本来の回復力を促すと、以下のような美容効果が期待できます。

美容鍼に期待できる美容効果

  • 皮膚を刺激してコラーゲンの生成を高める
    紫外線や重力、加齢によりコラーゲンの再生が低下した肌を美容鍼で刺激すると、細胞が活性化するため、肌本来の回復機能が高まります。
    細胞が自らの力でコラーゲンを作り出そうと働きかけ、肌のハリやツヤ、潤いがアップするため、たるみが解消されほうれい線が引き上がるのです。
  • 表情筋を刺激してリフトアップ
    顔の筋肉である表情筋は、ストレスや疲れ、加齢により凝り固まって引き下げられていきますが、美容鍼で表情筋を刺激すると筋肉のコリがほぐれます。
    表情筋のコリがほぐれると、筋肉がしなやかになるので肌がやらかくなり、肌の引き締め効果やリフトアップ効果が高まり、ほうれい線の引き上げ効果が期待できます。
  • ツボを刺激して新陳代謝を高める
    美容鍼でツボが刺激されると、リンパの流れが整って老廃物が流れやすくなり血流を整えます。
美容鍼によるツボ押し効果

  • 肌や細胞に栄養が行き渡るため、肌の代謝がよくなり、肌のターンオーバーが整う
  • 肌のハリやツヤがアップして、たるみやほうれい線のできにくい肌へと導く

美容鍼には高い美容効果が期待できますが、肌への刺鍼は鍼灸師の資格や経験、技術が必要です。

初めて鍼を試す方は、鍼灸院や鍼灸師による施術を受けることをおすすめします。

貼る針のほうれい線への効果

【貼る針1】ヒアルロン酸針付きシート

「ヒアルロン酸」針付きシートは、ヒアルロン酸から作られた針状のマイクロニードルパッチを肌に貼る化粧品です。

針の形状をしているため「針」と呼ばれるヒアルロン酸針ですが、鍼灸の鍼とは用途が違い、美容成分を直接肌に届けることを目的としています。

ここでは、「ヒアロディープパッチ」を例に紹介していきます。

ヒアロディープバッチ写真

■ヒアルロン酸針で美容成分を注入

ヒアルロン酸は分子が大きく、角質層の奥まで浸透させるのが難しいため、医療現場で使われているマイクロニードル技術によるヒアルロン酸の「針」が開発されました。

突起型の「針」の形状をしたヒアルロン酸のため、「針」と呼ばれていますが、突起型の針そのものが、ヒアルロン酸や美容成分で構成されている「溶ける針」です。

ヒアルロン酸が角質層に届いた後は、角質層内の水分によってじわじわとヒアルロン酸針は溶け出し、数時間かけて肌に浸透(※)し、ほうれい線やたるみの気になる肌をふっくらとハリのある肌へと導きます。

 ※ヒアロディープパッチの場合。各メーカーにより、ヒアルロン酸針が異なるため浸透時間も異なります。

 ■角質層までヒアルロン酸を届けて潤す

ヒアルロン酸針は、針そのものがヒアルロン酸でできている溶ける針です。

一枚のシートに、何百本ものヒアルロン酸の針を並べて敷き詰めてあるため、一回の使用で多くのヒアルロン酸をダイレクトに角質層の奥まで届けることができます。

ヒアルロン酸針により、質層まで届けられたヒアルロン酸や美容成分は、5時間かけてじっくりと肌の角質層に浸透していきます。

角質層まで浸透したヒアルロン酸は、1週間程度は効果が持続するため肌の引き上げ効果が期待でき、週に1~2回続けて使用することで肌への保湿効果やほうれい線の引き上げ効果も高まります。

ほうれい線やたるみを改善するには、週1回の使用で1ヶ月から3ヶ月程度は続ける必要があります。

ヒアルロン酸で作られたマイクロニードルは、皮膚のバリアを突破させて美容成分を届けるため、肌に貼りつけた瞬間にチクッとした痛みを感じる場合がありますが、その後は痛みを感じることはほとんどありません。

ヒアルロン酸針付きシートの多くは、一枚のシートに何百本ものヒアルロン酸の針を並べて敷き詰めたシート状になっているため、一度の使用で多くのヒアルロン酸をダイレクトに角質層の奥まで届けることができ、ほうれい線やたるみの気になる肌にハリやツヤを与えることができるのです。

「貼る針は痛くない?」製造元に直撃取材

「ヒアルロン酸針」についてもっと詳しく知るために、ヒアルロン酸針「ヒアロディープパッチ」を製造販売している「北の快適工房」の田辺さんにインタビューしてみました。

 

宮本
「美容鍼」と「ヒアルロン酸針」との違いを教えてください。
田辺さん
ヒアルロン酸の針は「ヒアルロン酸」から作られている溶ける針で、ミクロ単位の極細の突起型ニードルの形状をしているため「針」と呼ばれています。

実際は鍼ではなく、美容鍼のように神経や筋肉を刺激するわけではありません。

保水力が高く、肌にハリやうるおいを与えるヒアルロン酸を、マイクロニードル技術を使って角質層の奥まで浸透させるのが「ヒアルロン酸針」の目的です

宮本
ヒアルロン酸針を貼りつける時や貼っている間の痛みはないでしょうか。

「就寝時に使用」となっていますが、眠れないほどの痛みはありませんか

田辺さん
実際にヒアロディープパッチを貼ると少しチクッとしますが、マジックテープを手で触った時の感触です。ヒアルロン酸針が溶ける間はチクチクとした感触が続きますが、だんだんと気にならなくなると思います
宮本
確かにヒアロディープパッチを肌に乗せた瞬間は少しチクッとしますね。一瞬チクッとしましたが、すぐに痛みが消えました
田辺さん
稀にヒアロディープパッチを貼って5時間たっても痛みがあるという方がいますが、ヒアルロン酸が肌の奥に透していく時も同じような感触を感じる場合があり、しっかりとヒアルロン酸が肌に入っていく効果が実感できている証拠です

ヒアルロン酸針を実際に使ってみた

ヒアルロン酸針は、美容鍼とは異なる目的で作られた針で、ほうれい線やシワなどが気になる肌の角質層までヒアルロン酸や美容成分を届けて、肌のハリやツヤをアップする効果が期待できます。

実際にヒアロディープパッチ1回の使用でほうれい線がどこまで引き上がるのか、ハリツヤ研究員がヒアロディープパッチを試してみました。

ヒアロディープパッチの使用感評価
宮本
ヒアロディープパッチは、初めて使用します。針と聞いていましたが、使用中の痛みはまったくありませんでした。

朝起きた後にシールの跡がついてしまったのが気になりました。いつもよりメイクのりがいいなと感じましたが、ほうれい線や頬のたるみが引き上がる効果は感じられなかったです。

1回の使用では効果を感じるのは難しいかもしれないですね。

ヒアロディープパッチの製造元・北の快適工房の田辺さんによると、ヒアロディープパッチでほうれい線を改善するためには、3~4週間継続して使用するのがおすすめだそうです。

ヒアロディーバッチは、スペシャルケア的な使い方もできるため、イベントがある日やデートの前日に使うと、ハリツヤ研究員が感じたように肌のうるおいがアップしてメイクのりがよくなる効果が期待できます。

肌に赤みが出る、異常な痛みがある場合は、速やかに使用を中止して医師や専門家に相談してくださいね。

【貼る針2】円皮針

円皮針は、絆創膏付きのシールタイプの貼る針で、鍼灸院で使用されている医療機器です。

鍼灸師が症状によって刺入しますが、肩コリがひどい場合など自宅ケア用として処方する場合によく使われるため、「鍼灸師による処方」の他「自己責任による自宅ケアやセルフケア」を目的として使用する場合に限り、薬局やネットでも購入することができます。

針を浅く皮下に刺入して、時間を置くことで効果が期待できる円皮針は、顔にも使用できるため美容鍼としての使用も可能です。

円皮針による刺激で表情筋のコリをほぐし、リンパの流れや血行を促進する効果が期待できるので、ほうれい線ケアを目的とした使い方ができます。

円皮針をほうれい線ケアとして使用する時は、夜寝る前や時間に余裕のある休日を利用して、1回限りで貼り替えるようにしましょう。

「針がなくても効果あり」鍼灸師に直撃取材

自宅ケアができる市販の鍼は、鍼灸院の他、薬局やネットで購入できます。

市販の鍼灸・美容鍼にはいくつかの種類があるので、プロの鍼灸師に初心者でも試しやすい鍼をアドバイスしてもらいました。

 

宮本
美容鍼や貼る針の自宅ケアについて伺います。

美容を目的とした美容鍼が人気ですが、自宅で美容鍼はできますか。ネットで販売している「鍼灸用の円皮針」でセルフケアを行うことはできるのでしょうか?

鈴木先生
円皮針を使ったセルフケアによる美容鍼は可能です。

針がついている円皮針については、医療類似行為としてお金を取って行うのは違法ですが、自己責任で行う自宅やセルフケアならば可能という立ち位置になっています。

円皮針は当院でも扱っています。楽天などの通販やドラックストアで一般向けに販売されているものもありますが、割高の場合が多いようです

宮本
針のついた円皮針を顔に刺すのには抵抗があるのですが、大丈夫でしょうか。注意点などはありますか?
鈴木先生
顔に行っても問題ないですよ。ただ、円皮針は鍼灸の施術用に開発されたものなので、セルフケアの場合は、針の長さが0.6mm以上だと、プチっと赤く内出血的な感じになってしまったり、違和感や痛みを感じたりする場合があるため、あまりおすすめはできません。
宮本
パイオネックスゼロ」など、針が付いていない円皮針もあるようですね。針つき、針なしの円皮針では美容効果が違うのでしょうか
鈴木先生
セルフケアの場合は、美容効果に大きな差はないと捉えていただいて大丈夫です。針がついていない円皮針であれば、医療類似に当たらないのでセルフケアにもおすすめですよ

市販の針を使ったセルフケアで「美容鍼」の効果が期待できるのは嬉しいですね。

ただしセルフケアによる美容鍼は自己責任となるため、貼りつきの円皮針を自宅で使用する場合は鈴木先生がすすめる0.6mm以内の針の長さの円皮針を選びましょう。

顔に針を刺すことに抵抗があるという方がセルフケアを行う時は、まずは針のないタイプから試して、美容鍼に慣れてきたら鍼を刺入するタイプで試すのがおすすめです。

円皮針を実際に使ってみた

実際にハリツヤ研究員が、針なし(接触型)のパイオネックス・ゼロを使って、一度の使用でほうれい線がどこまで引き上がるのかを試してみました。

パイオネックス・ゼロの使用感評価
宮本
円皮針は初めて使用します。パイオネックス・ゼロは針がついていない接触型のため、使用中の痛みはまったくありませんでした。何の変化もなかったのが正直な感想です。1回の使用では効果を感じるのは難しいかもしれないですね

ハリツヤ研究員がパイオネックス・ゼロを1回使用した結果は、1度の使用のみでは効果はあまり感じられなかったという結果になりました。

円皮針の効果の感じ方には個人差があり、1度で疲れがとれたという方や、体がポカポカしたという方など感じ方には個人差があるようです。

ほうれい線ケアにおすすめの貼る針3選

頬を抑えて微笑む女性

【ヒアルロン酸針】ヒアロディープパッチ

ヒアロディープバッチ写真3,980円(税込)/北の快適工房

ヒアロディープパッチの特徴

  • 1シート750本のヒアルロン酸突起型ニードルで、頬のたるみにアプローチ
  • ヒアルロン酸針の技術により、ヒアルロン酸を肌の角質層の奥まで届けて浸透させる
  • 厚生労働省指定の「抗シワ試験」に合格。小じわやほうれい線を目立たなくする効果が期待できる

針の長さが200マイクロメートル(0.2㎜弱)の微細な突起型ヒアルロン酸針により、粒子の大きいヒアルロン酸を確実に角質層の奥まで届けて浸透させます。

週に1回の使用で効果が持続し、3~4週間でほうれい線が薄く目立たなくなり、リフトアップ効果が期待できます。

【円皮針(針なし)】パイオネックス・ゼロ

2,200円(税込)/楽天市場価格
12mm(ゼロバイオレット)/9mm(ゼロオレンジ)

パイオネックス・ゼロの特徴

  • 鍼灸院でも使用されている針先がなく皮膚に刺入しない接触タイプ。
  • 針先の代わりにステンレスで押圧して、気になる部分にアプローチ
  • 針で刺入しないので、針に苦手意識がある方や顔にも安心して使用できる。

鍼灸院でも使用されている「パイオネックス・ゼロ」は、針に苦手意識がある方でも施術しやすい針先のない接触タイプ。

美容鍼灸としても使用でき、セルフケアや顔などデリケートな部分へのアプローチが可能です。

無菌維持されたカートリッジタイプの個別包装になっているため衛生面も安心です。

【円皮針(針あり)】セイリン円皮針

1,942円(税込)/楽天市場価格

セイリン円皮針の特徴

  • セルフケアも可能なシール付きの針がツボを刺激して筋肉のコリをほぐす
  • 顔の筋肉に刺激を与えて、肌本来の修復力を促す
  • 一度の施術で頬のたるみが解消され、リフトアップ効果が期待できる

鍼灸院でも使用されている円皮針は、0.3~1.5mmほどのステンレス製の針がついた貼るタイプの針。

円皮針の針先で筋肉やツボを刺激して、コリをほぐし血行やリンパの流れを整えます。

ほうれい線に沿って貼ることで、頬のたるみを解消してほうれい線の引き上げ効果を高めます。

まとめ

スマホ片手でOKする女性

ほうれい線に効く2つの針について紹介しました。

ほうれい線やシワ改善に効果が期待できる2つの針は、次の2タイプがあり、それぞれ目的が違います。

鍼灸院や自宅で施術する鍼灸の「美容鍼」、セルフケアの貼る「円皮針」

→表情筋のコリをほぐし、肌の代謝を高めてハリやツヤを取り戻し、頬のたるみやほうれい線を引き上げる。

自宅ケアによる美容目的の「ヒアルロン酸針」

→保湿効果の高いヒアルロン酸や美容成分を角質層まで届け、肌にハリやつやを与える

どちらも自宅ケアが可能で、1回の施術で頬のたるみやほうれい線の引き上げ効果が期待できます。

ただし、セルフケアによる「美容鍼」の使用は注意が必要です。

使用上の注意

  • セルフケアでも安心の鍼がついていない鍼を選ぶ
  • 鍼がついている場合は、鍼の長さが0.6mm以下を使用する

美容効果が期待できる針を正しく使用して、頬のたるみやほうれい線のない肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

おすすめ記事