編集部2人が検証|雪肌精のBBクリームは肌荒れの原因になるのか

肌荒れ - update2019.02.25
雪肌精モイスト・ノーマル
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

新垣結衣さんがイメージキャラクターを務めている雪肌精のホワイトBBクリーム。

和漢植物由来の成分が持つ力で肌にうるおいを与え、「透明感」を引き出す効果があり、化粧水やクリームなどのスキンケア化粧品だけでなく、BBクリームなどのメイクアップ化粧品も高い人気があります。

しかし、雪肌精のホワイトBBクリームには「肌荒れを起こした」という口コミもあり、肌が弱い方や敏感肌タイプの方・肌荒れを起こしてしまっている方は、自分の肌でも安心して使えるのか不安に感じますよね。

本記事では、雪肌精のホワイトBBクリームについての特徴や配合成分、実際の使用感から、肌荒れの時や敏感肌タイプの方でも使用することができるのかどうかを、ハリツヤ編集部の敏感肌タイプの2人が検証しました。

また、雪肌精のホワイトBBクリームが使用できない方におすすめの、肌にやさしい成分でつくられた安心のBBクリームを3商品紹介するので、雪肌精のBBクリームを使おうか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

肌荒れ対策ができる?雪肌精のBBクリームとは

冬の象徴の美しい女性

雪肌精ホワイトBBクリームは、「スキンケアしながらシミ・くすみを自然にカバーする」とうたわれているので肌荒れしている時でも使えて、肌荒れの対策にも効果的なのではないかと期待がもてますよね。

雪肌精ホワイトBBクリームには、ノーマルタイプとモイストタイプの2つがあり、使用感の好みや肌質別に使い分けるのがおすすめですが、どちらにも肌荒れの悩みを改善に導く効果はあるのでしょうか。

雪肌精ホワイトBBクリームと雪肌精ホワイトBBクリーム モイストの2つの特徴をまとめて分析してみました。

雪肌精BBクリームの特徴

雪肌精 ホワイトBBクリーム

雪肌精 ホワイトBBクリーム モイスト

雪肌精 ホワイトBBクリーム雪肌精 ホワイトBBクリーム モイスト

30g 2,600円(税抜)

30g 2,600円(税抜)

【使用感】

  • 固めのテクスチャーで肌に伸ばすと、マット感が出てさらっとした使い心地

【使用感】

  • 柔らかめのテクスチャーで肌に伸ばすと、ツヤが出てうるおいのある使い心地

【おすすめの肌質】

  • 普通肌
  • 混合肌

【おすすめの肌質】

  • 混合肌
  • 乾燥肌
共通の特徴

  • 和漢植物エキス配合で肌荒れや乾燥から肌を守る
  • 1本で美容液・乳液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの6つの役割を果たす
  • SPF40/PA+++の日焼け止め効果で紫外線を防ぎ、日焼けによるシミ・そばかすを予防する

雪肌精ホワイトBBクリームはノーマルタイプもモイストタイプも配合されている成分はほとんど同じですが、雪肌精ホワイトBBクリーム モイストの方がより保湿効果を得るために和漢植物成分の「ボタンピ」や肌なじみを良くするための成分が配合されています。

肌荒れの悩みを落ち着かせるために和漢植物由来のハトムギエキスやトウキ根エキスなどが配合されているので、肌荒れ中でも悪化の心配なく使える商品であるといえます。

また、一方で「美白」や「透明感」を与える美白ケアができるイメージが強い雪肌精ですが、雪肌精ホワイトBBクリームのノーマルタイプにもモイストタイプにも、シミやそばかすの悩みに有効な美白成分は配合されていません。

商品パッケージにも「美白」という記載がありますが、あくまでもメイクアップ効果によってシミ・そばかすをカバーすることで色白な肌に見せるという意味で使われている言葉なので、シミ・そばかすの根本的な改善をもたらす美白効果は期待せず使用しましょう。

肌荒れする?治る?雪肌精BBクリームの口コミ

スマホの画像

雪肌精ホワイトBBクリームはメイクアップ化粧品ですが、「使用するたびに肌荒れの状態が落ち着いた」「肌荒れしにくくなった」というスキンケア効果を感じる良い口コミが寄せられています。

しかし良い口コミがある一方で「肌荒れを起こしてしまった」「肌荒れの状態が長引いてしまった」という悪い口コミも挙げられています。

雪肌精のホワイトBBクリームを使った方たちの本音の口コミを、良い口コミと悪い口コミに分けて、ツイッターから3件ずつピックアップしてみました。

雪肌精BBクリームの良い口コミ

雪肌精BBクリームの悪い口コミ

雪肌精BBクリームは肌荒れを起こすのか検証

実験する女性

雪肌精のホワイトBBクリームを使用した方の口コミを見ていくと、肌荒れの状態が落ち着いたり、肌荒れしなくなったという方と、肌荒れが起きてしまったりしたという方にわかれることがわかりました。

そこで、筆者の中川とハリツヤ編集部の佐々木の敏感肌2人が、実際に雪肌精 ホワイトBBクリームと雪肌精 ホワイトBBクリーム モイストを使用して、肌荒れを起こすのか・肌荒れの状態を悪化させるのかを検証。

また、配合されている成分上、肌荒れを起こしやすい成分がないかどうかも分析してみました。

検証項目

  • 肌につけた時の刺激性の有無
  • 配合成分による肌への影響

《雪肌精 ホワイトBBクリーム・ホワイトBBクリーム モイストの使用体験者》

中川プロフィール

佐々木プロフィール

1.肌につけた時の刺激性

使用体験者 中川 佐々木

《筆者・中川の使用結果》

雪肌精ホワイトBBクリームの刺激性

雪肌精ホワイトBBクリーム モイストの刺激性

サンカク

サンカク

中川
雪肌精ホワイトBBクリームも、ホワイトBBクリーム モイストのどちらも、肌につけてからしばらくして肌にピリピリとしたかゆみを感じました。

我慢できないかゆみではありませんでしたが、肌荒れの状態によっては肌荒れが悪化しそうな刺激があることを実感しました。

《ハリツヤ編集部・佐々木の使用結果》

雪肌精ホワイトBBクリームの刺激性

雪肌精ホワイトBBクリーム モイストの刺激性

バツ

バツ

佐々木
雪肌精ホワイトBBクリーム、ホワイトBBクリーム モイストの2つとも、肌につけた直後にヒリヒリとしたかゆみが止まらず、すぐに洗い流しました。

元々化粧品が肌に合いにくい敏感肌タイプですが、今回使用した2つの雪肌精のBBクリームは刺激が強いように感じました。肌荒れしているときだけでなく、敏感肌タイプの方にもおすすめできないBBクリームであるといえます。

雪肌精ホワイトBBクリーム・ホワイトBBクリーム モイストタイプを肌につけて、筆者の中川はしばらく時間が経ってから、ハリツヤ編集部の佐々木はつけてすぐに肌への刺激を感じました。

ベースメイク化粧品やスキンケア化粧品で肌荒れを起こしやすい超敏感肌タイプのハリツヤ編集部の佐々木は特に肌への刺激を強く感じたので、日頃から化粧品選びに気をつかっている敏感肌タイプの方は使用を避けるべきBBクリームといえるでしょう。

2.成分から分析

ゆがんだオイルの瓶

次に、雪肌精ホワイトBBクリーム・ホワイトBBクリーム モイストの全成分を見て、肌に負担をもたらして肌荒れを起こす可能性が高い成分が配合されているのかどうかを分析していきます。

雪肌精ホワイトBBクリームの全成分

水・シクロメチコン・酸化チタン・エタノール・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・パルミチン酸オクチル・PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール・ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・酸化鉄・フェニルトリメチコン・イソノナン酸イソトリデシル・ジステアルジモニウムヘクトライト・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル・ポリメチルシルセスキオキサン・ゲットウ葉エキス・トウキ根エキス・トコフェロール・ハトムギエキス・ベニバナ花エキス・メロスリア根エキス・BG・BHT・アルミナ・グリセリン・シリカ・ジメチコン・セスキオレイン酸ソルビタン・トリイソステアリン酸イソプロピルチタン・トリエトキシカプリリルシラン・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン・ラウリン酸ポリグリセリル-10・塩化Na・含水シリカ・フェノキシエタノール・メチルパラベン・香料・水酸化Al

雪肌精ホワイトBBクリームの全成分中、肌荒れを引き起こしやすい成分が7つ配合されており、肌荒れを起こす可能性があるため注意すべき成分に黄色くしるしをつけています。

どんな方にでも肌荒れを引き起こしやすいというわけではなく、肌のバリア機能が低下した肌荒れ中の方や敏感肌の方が使うと肌に刺激を感じやすいため、雪肌精ホワイトBBクリームは、肌荒れ中や肌の弱い方は使用を控えるべきBBクリームであるといえます。

雪肌精ホワイトBBクリーム モイストの全成分

水・シクロメチコン・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・エタノール・デシルテコラデカノール・ジメチコン・ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・グリセリン・PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・タルク・ジエチルアミノヒドキシベンゾイル安息香酸ヘキシル・BG・ゲットウ葉エキス・トウキ根エキス・トコフェロール・ハトムギ種子エキス・ベニバナ花エキス・ボタンエキス・メロスリア根エキス・BHT・DPG・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・(ジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー・アルミナ・ジステアルジモニウムヘクトライト・トリイソステアリン酸イソプロピルチタン・トリエトキシカプリリルシラン・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン塩化Na・含水シリカ・水酸化Al・メチルパラベン・香料・マイカ・酸化チタン・酸化鉄

雪肌精ホワイトBBクリーム モイストに含まれる注意すべき、肌荒れを引き起こしやすい成分は、黄色くしるしをつけた6つ。

肌荒れを起こしやすい6つの成分はいずれも、肌のバリア機能が下がった肌荒れ中の方が使ったときに肌に刺激を感じやすい成分なので、雪肌精ホワイトBBクリームと同様、雪肌精ホワイトBBクリーム モイストは、肌荒れ中の使用を控えるべきです。

結果|炎症を伴う肌荒れには不向き

鏡を見て悩む女性

雪肌精ホワイトBBクリームを実際に使用して、肌荒れを引き起こしやすくなっている状態の肌に使うと、刺激をもたらす可能性が高いことや、配合されている成分上でも、肌のバリア機能が低下している肌荒れ時には使用しない方が良いことが分かりました。

特に炎症を伴う肌荒れを起こしている肌に使うと、炎症を起こしている部分をさらに刺激して、肌荒れを悪化させる恐れがあるので、肌荒れしている時や、肌荒れを起こしやすい敏感な肌状態になっている時は雪肌精ホワイトBBクリームの使用は控えてくださいね。

また、敏感肌タイプの方が使っても、デリケートな肌に刺激をもたらして肌荒れを引き起こしやすくなってしまうので、使用を控えるべきであるといえます。

肌荒れを起こしにくいBBクリームの選び方

商品選びに悩む女性

雪肌精 ホワイトBBクリームと雪肌精ホワイトBBクリーム モイストは、配合されている成分上、肌に負担をもたらしやすく、肌荒れを引き起こしたり、肌荒れを悪化させたりしやすいため、肌荒れ中や敏感肌の方にはおすすめしにくいBBクリームです。

メイクアップで肌荒れを起こさないようにするためには、肌にやさしい成分でつくられたBBクリームを選んで使いましょう。

肌荒れを起こしにくいBBクリームは、以下の3つを基準に選ぶのがポイント。

肌荒れを起こしにくいBBクリームの選び方のポイントを、ポイント別に詳しく解説していきます。

肌荒れを起こしにくいBBクリームの選び方基準

  • 肌に刺激を与えやすい成分を使用していない
  • 保湿成分・美容成分が配合されている
  • 紫外線吸収剤を使用していない

1.肌に刺激を与えやすい添加物を使用していない

雪肌精ホワイトBBクリームと雪肌精ホワイトBBクリーム モイストには、肌への刺激になりやすい添加物が多く含まれているため、肌のバリア機能が低下した肌荒れ中の方や敏感肌の方が使うと肌荒れを起こしやすくなってしまうのです。

肌荒れを起こしにくいBBクリームを選ぶには、肌に刺激をもらたしやすい以下の成分が配合されていないかどうか確認してから購入してくださいね。

《肌に刺激を与えやすい成分の例》

石油系界面活性剤

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ポリエチレングリコール(ポリオキシエチレングリコールモノ脂肪酸エステルPEG)

防腐剤

  • ブチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • フェノキシエタノール

アルコール類

  • エタノール(エチルアルコール)
  • 変性アルコール

合成化学料

合成香料・合成着色料

石油系界面活性剤の中でも表にまとめた「○○硫酸ナトリウム」で終わる成分や、ブチルパラベン・プロピルパラベン・フェノキシエタノールといった防腐剤は、肌に刺激をもたらしやすいため、配合されていないBBクリームがおすすめです。

また、清涼感やさらっとした使用感を与えるために配合される、数多くの種類を持つアルコール類の中でもエタノール(エチルアルコール)・変性アルコールは、特に肌荒れ中のバリア機能が弱った肌には刺激を強く感じてしまうので、アルコール類不使用のものを選びましょう。

BBクリームを購入する前に、上に挙げた成分が配合されていないかどうか確認してみてくださいね。

2.保湿成分・美容成分が配合されている

保湿をする女性

保湿成分や美容成分が配合されているBBクリームは、バリア機能が低下した肌荒れ中の肌をメイク中もやさしくうるおして肌の保湿状態を保ってくれます。

肌のうるおいが保たれることで、乾燥によってゴワつきや皮むけなどの肌荒れを引き起こしていた肌がなめらかに整い、メイクをしながらスキンケア効果も得ることができるのです。

3.紫外線吸収剤を使用していない

日焼け止めを塗っている女性

市販されているBBクリームは商品によってどんな機能を持っているのか変わりますが、日焼け止めの効果もあるBBクリームを選ぶ際は、紫外線を防止するために用いられる紫外線吸収剤を使用していないかどうかを成分表示で確認しましょう。

紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を配合しているBBクリームなら、肌に負担をかけずに紫外線を防いで日焼けによる肌荒れを防ぐことができますよ。

購入しようと思っているBBクリームに、以下で紹介する紫外線吸収剤の成分が配合されてないか、配合されている紫外線防止成分が紫外線散乱剤なのかどうかを確認してみてくださいね。

注意が必要な紫外線吸収剤の成分例

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
肌に負担が少ない紫外線散乱剤の成分例

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

雪肌精BBクリームより低刺激で肌荒れ中に使えるBBクリーム

配合成分による肌への刺激があり、肌荒れを引き起こす可能性が高いといえる雪肌精BBクリームよりも、安心して使用することができるBBクリームの選び方を基準に選んだおすすめBBクリームを紹介します。

ナチュラグラッセ モイストBBクリーム

ナチュラグラッセ BB

27g SPF43/PA+++ 2,800円(税込)

ナチュラグラッセ モイストBBクリームの特徴

  • 肌に刺激をもたらしやすい成分不使用
  • 化粧下地からファンデーション効果まであり、一本でベースメイク完了
  • 石けんでも落とせてクレンジング料による刺激を防げる

100%天然由来にこだわったオーガニックコスメブランド「ナチュラグラッセ」のモイストBBクリームは、メイクアップをしながらスキンケア効果を得られる美容成分配合のBBクリーム。

バオバブの持つ効果によって健康な肌を作り出すための土台となる必須脂肪酸やビタミンを与え、トウキンセンカが肌を保湿・保護して肌荒れを防いでくれますよ。

肌に刺激を与えやすい石油系界面活性剤やパラベンを含む防腐剤、紫外線吸収剤や合成着色料を含まない、肌に負担の少ないBBクリームです。

【ナチュラグラッセ モイストBBクリームの仕上がり】

ナチュラグラッセ モイストBBクリーム レビュー

こっくりと濃厚なテクスチャーで、肌につけるとしっとりもちもちな肌の仕上がりになるので、乾燥による肌荒れに悩む方におすすめのBBクリーム。

本実験では、標準色の02番・自然な肌色を選びましたが、標準色でも明るめに感じたので、色選びの際は実物を販売している店舗で、自分のフェイスラインで色味を確かめながら色を選ぶのがおすすめです。

キュレル BBクリーム

キュレルBBクリーム

35g SPF28/PA+++ 参考価格:1,700円~2,000円

キュレルBBクリームの特徴

  • 紫外線吸収剤・香料・アルコールフリーで肌にやさしい
  • しっとりうるおって乾燥性敏感肌でも使いやすい処方
  • 1本で保湿・UVカット・化粧下地・ファンデーションの効果を持つ

キュレルのBBクリームは、乾燥性敏感肌の方のためにつくられているBBクリームなので、乾燥による肌荒れに悩む方におすすめ。

肌に負担をもたらしやすい紫外線吸収剤・香料・エチルアルコール不使用で、肌にうるおいを与える植物由来の保湿成分が配合されているので、肌のバリア機能が低下してしまったデリケートな肌に負担をかけずに、やさしくメイクアップすることができますよ。

 【キュレル BBクリームの仕上がり】

キュレル BBクリーム レビュー

クリームタイプですが、とろみの強いリキッドのような感じで、肌に伸ばしやすく薄付きに仕上がります。

ニキビ跡やニキビの赤みなどは隠れにくいですが、ナチュラルメイクが好きな方にはおすすめのBBクリームの仕上がり感だといえるでしょう。

フォルミュール プロテクトBBクリームマルチブロック

フォルミュール BB

30g SPF25/PA+++ 2,500円(税抜)

フォルミュール プロテクトBBクリームマルチブロックの特徴

  • 香料・パラベン・紫外線吸収剤・タール色素が不使用
  • 1本で美容液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ベースメイクの効果を持つ
  • センシティブブロッカーが刺激物質から肌を守る

皮膚の専門家が研究・開発に携わるドクターズコスメである「フォルミュール」のプロテクトBBクリームマルチブロックは、肌荒れの原因のひとつにもなる紫外線か乾燥を防ぎながらメイクアップできるBBクリーム。

香料・パラベン・紫外線吸収剤・着色料不使用で、肌に刺激を与えにくい成分でつくられているので、敏感肌や肌荒れ中の方も安心して使いやすいBBクリームです。

【フォルミュール プロテクトBBクリームマルチブロックの仕上がり】

フォルミュール プロテクトBB マルチブロック レビュー

カバー力が高く、ニキビ跡などの肌荒れをひと塗りで隠し、ツヤ肌に見せるほどのうるおい感も感じられるなめらかな仕上がり。

色味がひとつしかなく、グレーがかった明るめのオークル色なので、肌色が明るく赤みのある方におすすめで、肌色が暗めの方は顔の肌色だけ浮いて見えてしまうため不向きです。

肌色が暗めの方は、肌色に合わせてファンデーションの色を選べる、上で紹介した「ナチュラグラッセ モイストBBクリーム」のヘルシーベージュや「キュレル BBクリーム」の自然な肌色を使うのがおすすめですよ。

まとめ

手でバツをつくる女性

雪肌精 ホワイトBBクリームと雪肌精 ホワイトBBクリーム モイストは、敏感肌の2人が実際に使用してみても、配合されている成分を分析してみても、肌に刺激をもたらしやすく肌荒れを引き起こしやすいBBクリームであるといえます。

メイクアップ化粧品による肌荒れを防ぐために、肌にやさしい成分でつくられたBBクリームを使用して、肌に負担の少ないメイクアップを心がけてくださいね。

この記事をシェアする

おすすめ記事