ユースキンA
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

ユースキンとは、ユースキン製薬が販売している保湿クリームの総称のことで、大きくわけて「ユースキンA」「ユースキンI」「ユースキンS」の3つのシリーズがあります。

ユースキンシリーズの中でもひびやあかぎれに効く、黄色いクリームの「ユースキンA」はシミ対策にも効果的だという話がありますが、本当にシミ対策に使用できるのでしょうか。

本記事では、「ユースキンA」がシミの改善や予防に使えるアイテムなのかどうかを解説していきます。

ユースキンAがシミに効くといわれる理由

メモとペン

ユースキンAは保湿効果だけではなく、あかぎれやひび、しもやけの炎症を防ぐのに効果的な有効成分を配合した医薬部外品の保湿クリーム。

ただユースキンAのパッケージや公式ホームページには、「シミを消す」「シミを薄くする」といった効果や効能があるとは書いておらず、どうしてユースキンAがシミに効果的といわれるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

一体なぜ「ユースキンAがシミに効く」といわれているのか、2つの理由を解説します。

理由ビタミンCによる美白効果

ユースキンがシミに効果的といわれる理由の1つには、ユースキンAに含まれる「ビタミンC」がもつ美容効果が挙げられます。

ビタミンCは、シミの元であるメラニンの生成を抑制する作用とメラニンを還元してシミを薄くする作用があり、シミの予防・改善に効果のある成分なので、「ビタミンC」を配合しているユースキンはシミに効くといわれているのです。

しかしビタミンCは非常に壊れやすい成分のため、ビタミンCを配合した保湿クリームを肌につけても、ビタミンCがもつ本来の効果を得ることは期待ができません。

ビタミンCをスキンケア化粧品に配合する場合には、ビタミンCを肌表面の角質層まで届けられるように、人工的に改良した「ビタミンC誘導体」を配合している必要があります。

ユースキンに配合されている成分はビタミンC誘導体ではなく、あくまでビタミンCのため、できたシミを薄くしたり、シミを予防したりする効果は見込めないのです。

シミの改善を目的とするのであれば、ユースキンAではなくビタミンC誘導体を配合した「美白化粧品」を使用するのがおすすめです。

理由シミ予防にアプローチする保湿効果

ミルク背景をバックに女性が頬に手をあてている

ユースキンAがシミに効果的だといわれる2つ目の理由は、ユースキンAに含まれる保湿成分のヒアルロン酸ナトリウムやグリセリンが、肌にうるおいを与えるから。

保湿した状態の肌は、シミの原因となる紫外線から肌を守るバリア機能が高まることから、シミを予防する効果が期待できます。

また肌が保湿できていると、肌表面が垢となって排出され、新しい肌に生まれ変わる「肌のターンオーバー」が正常に働くため、シミのもとであるメラニン色素がスムーズに排出されるようになることも、シミができにくい肌づくりにつながるのです。

ユースキンAに含まれる保湿成分によって、シミを消したり薄くしたりすることはできないものの、シミを予防し、シミができにくい肌を目指したい人にとっては効果的といえますね。

シミ予防の効果を上げるユースキンの使い方

指をさす女性

ユースキンAの保湿効果によってシミ予防ができることがわかりましたが、ユースキンAを日々のスキンケアにどのように取り入れればいいのでしょうか。

以下では、シミを予防するために使うユースキンAの基本的なスキンケア方法と、保湿効果をあげるユースキンパックの方法を紹介します。

ユースキンAの基本スキンケア

ユースキンAの主成分は油性成分なので、肌に与えた潤いを蓋のように閉じ込めることはできるものの、肌そのものに水分を与えることはできません。

いくら肌に蓋をしても、化粧水や美容液で水分や美容成分を与えていなければ、肌内部が乾燥し、シミなどの肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

ユースキンAを肌になじませる前には、化粧水や美容液といったスキンケア化粧品を使って、忘れずに肌へ水分を与えるようにしてくださいね。

敏感肌や乾燥肌の人はユースキンAを使う前にパッチテストを

ユースキンAには、油分と水分を分離しないように混ぜ合わせる「合成界面活性剤」が配合されています。

ユースキンAに含まれる合成界面活性剤は、肌への刺激性は少ないといわれているものですが、敏感肌や乾燥肌など、ほんの少しの刺激で肌に赤みやひりつきが出やすい人が使用すると、なんらかの炎症を起こす可能性があります。

乾燥肌や敏感肌の人がユースキンAを使用するときには、事前にパッチテストを行い、肌に異常が見られないかどうか確認するようにしてくださいね。

②ユースキンパック

顔にパックを塗った外国人女性

ユースキンパックは洗顔したあとに、顔全体または部分的にユースキンAを塗って、肌にうるおいを与え、肌の血行をよくすることで、シミ予防につながる肌のターンオーバー(肌の生まれ変わりの周期のこと)を正常にする効果が期待できるパック方法です。

ユースキンAに配合されている「ヒアルロン酸ナトリウム」と「グリセリン」の保湿作用や、「ビタミンE」のもつ血行促進作用が、肌のターンオーバーを正常にします。

肌のターンオーバーが正常に行われると、シミの元であるメラニンが垢と一緒に排出されるため、シミの予防につながります。

ユースキンパックの方法

①洗顔をして皮脂や汚れを落とす

②ユースキンAを顔全体に塗って5~10分待つ
摩擦で肌にダメージを与えないように、多めにユースキンを手にとり、肌に塗りましょう。

③ぬるいお湯でユースキンを洗い落とす
お湯の温度が高いと肌に刺激になってしまうので、32~34度のお湯で洗い流しましょう。

④スキンケアを行って保湿をする
化粧水や美容液で水分やシミに働きかける美白成分を肌に与えてから、水分が蒸発しないように乳液や保湿クリームを塗って保湿をしてください。

ユースキンAを使ったシミ対策はおすすめできない

パンダの覆面をかぶった人がバツポーズをしている画像

ユースキンAはシミ予防に効果がありますが、シミに働きかける美白成分は配合されていないため、できてしまったシミの悩みを改善したい人にはおすすめのアイテムではないでしょう。

できてしまったシミの悩みを改善したいなら、ユースキンAではなくシミに働きかける美白成分が配合された商品を使うことがおすすめです。

シミ対策ならユースキンAより「美白化粧品」を

クレンジングが3つ並んでいる

ユースキンAには保湿効果や血行促進効果があり、シミを予防するための効果は期待できますが、できてしまったシミに対して働きかける効果期待できないため、シミに悩んでいて、シミを正しくケアしたいという方にはユースキンAより「美白化粧品」をおすすめします。

「美白化粧品」とはシミの原因になるメラニンの生成を抑えたり、メラニンを還元したりして、シミができるのを防ぐ成分が配合された化粧品のことで、国に認められた美白有効成分を配合した商品にしか「美白化粧品」とは表記できません。

美白有効成分には現在20種類ほどの成分が国に認可されていて、成分によってシミを予防するのに効果的なものや、できたシミを薄くするものがあります。

シミに効く美白有効成分

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • エナジーシグナルAMP

美白化粧水の記事はこちらシミの予防をしたい方には、メラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑える成分の「アルブチン」や「トラネキサム酸」が配合された化粧品を選んでみてください。

▼美白化粧水の記事はこちら

▼美白クリームの記事はこちら

まとめ

ユースキンAはシミのケアをするための商品ではないので、シミを薄くしたり消したりするシミ改善効果は期待できませんが、ユースキンAの保湿効果や血行促進作用でシミをできにくくする可能性はあります。

今あるシミの悩みを解決したい場合にはユースキンではなく、「美白化粧品」などシミに効果がある有効成分を含んだアイテムを使いましょう。